「真空中の静電場および静磁場を規定する、それぞれ2つづつの基本法則の内容
を簡潔に説明せよ。」

という問題について是非回答をお願いします。

A 回答 (2件)

どうやらレポート問題みたいですね。

#1さんが数式の回答を与えてくれているので、私はヒントだけ。

「マクスウェルの電磁方程式を物理的に説明せよ」というのがこの問題の趣旨です。(勿論数式も書きくだした上で)それぞれの数式が何を意味しているのか考えてみてください。

最も単純な例、divB=0:本質的にソース(磁荷)が無いので磁場の発散は無い。
    • good
    • 0

真空中のマックスウェルの方程式のことですね。



静電場
divD=0(電場のクーロンの法則)
rotE+(∂B/∂t)=0(ファラデーの電磁誘導の法則)

静磁場
divB=0(磁場のクーロンの法則)
rotH-+(∂D/∂t)=0(アンペールの法則)

ただし
D=εE
H=B/μ
ε:真空の誘電率
μ:真空の帯磁率

ちょっと自信ないです。
正確に「静」だと時間微分の項はいらないです。
また、真空中とはいいながら、アンペールの法則の右辺は0では
なく電流iにするべきかも。。。
その辺は、出題者が何を意図しているのかによりますが。。。
(私だったら、これから電磁波の式を導かせようと思う。)
    • good
    • 0

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード


人気Q&Aランキング

おすすめ情報

カテゴリ