あなたの人生に効く作品がみつかる手書きのカード♪>>

最近、読書を始めようと思っているのですが、
ほとんど読む機会がなかった(というよりあまり読書が好きでなかった・・・)ので、どういうものを選べば良いのかわかりません。
(1)あまり難しくないもの(学生の時に現代文が苦手でした・・)
(2)ベタベタの恋愛ものではないもの
(3)あまり長編でないもの
などの条件を満たしたオススメの小説を教えてください
ちなみに映画では、感動系やサスペンス(ミステリー)などが好きです

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (11件中1~10件)

 読書というのは非生産的に見えながら、実は自らの心の肥やしとなる、非常に有益なものです。

大変よいことと思います。

「ビタミンF」(感動)
http://www.7andy.jp/books/detail?accd=30724616
 直木賞という作家の賞はご存知かと思いますが、その賞をとった作品です。7つの短編小説からなっていますので、読みやすいです。「心に効くビタミンを」という方針で書かれています。

「博士の愛した数式」(感動)
http://www.7andy.jp/books/detail?accd=31609399
 数学を愛する数学者とそのもとへ派遣された家政婦と息子の話です。私は数学がまったく出来ず、大嫌いな教科でもあったのですが、この本を読んで数学を見直しました。途中途中で少し読むのが退屈になるかもしれませんが、ぜひ最後まで読み通していただきたい作品です。

「となり町戦争」(サスペンス)
http://www.7andy.jp/books/detail?accd=31474178
ある日突然、となり町との戦争が始まる、という変わったお話です。しかし、そこには足音も立てずに忍び寄ってくるという、戦争の恐怖があり、考えさせられる作品です。

もうひとつ重松作品を。
「卒業」の中の『あおげば尊し』(感動)
http://www.7andy.jp/books/detail?accd=31334916
これは中篇ばかり4つほど入っていますが、中でもこの作品を私は推します。ビタミンFとは又違った感動があります。
    • good
    • 0

池袋ウエストゲートパーク[石田衣良]


私もあまり読書は好きではなかったのですが短編ですし展開も早いので一気に読めてしまいました。すこし若者むけかもしれませんが。
あと個人的には山田悠介さんのパズルなどもおすすめです。
    • good
    • 0

わたやりささんの「インストール」はどうでしょう?


程よい長さで、いい意味で、そんなに深い意味は無く(ミステリーや
恋愛ものは、読んでいる途中でいろいろ考えてしまって、疲れませんか?)
暇つぶしにはピッタリだと思います。
    • good
    • 0

こんにちは。


短編集とか、アンソロジー本が読みやすくて良いと思います。
ホラー系が多いんですが・・・。
アンソロジーだと好きな作家さんを見つけることもできますし。
気に入らなかったら飛ばして読んでも(笑)

短編で読みやすい

乃南アサさん「家族趣味」
http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4101425 …

綾辻行人さん「眼球綺譚」
http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4087470 …

新堂冬樹さん「吐きたいほど愛してる」
http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4104732 …


アンソロジー本

「花月夜綺譚」
http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4834250 …

「翠迷宮」
http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4396331 …
    • good
    • 0

割と短めの…ホラー(といってもそれほど怖くはありません)になってしまうのですが、こちらはいかがでしょうか?


乙一「夏と花火と私の死体」
先日、長編が苦手という知人に貸したところ、おもしろかったと言われたので…。
    • good
    • 0

>映画では、感動系やサスペンス(ミステリー)などが好きです



とのことなので、その好きな映画のノベライズ版などから入ってみてはどうでしょうか?
有名映画なら多分出ていると思うのですが……。

あとはサスペンス・ミステリー系の定番を読んでみるとか?
洋物ならコナン・ドイルやアガサ・クリスティーですかね。
洋物が苦手だとしたら……三谷幸喜監督の「古畑任三郎」とか。
他にもたくさんあると思いますので、書店の「サスペンス・ミステリー」のコーナーで探してみてください。

まずは好きなジャンルの本から手に取ってみてはどうでしょうか。
読み始めてから「あまり合わない」と思ったらとりあえずそこでやめて、他の本を読み始めても構わないと思います。
まずは「読む」ことに慣れるのが先かと思います。

後は絵本とか。
子供向け、とか思ってバカにしてはいけません。
大人になってから読んでも感動する作品だってありますから。
    • good
    • 0

最近の中で一押しの作品があるので よかったら


「花まんま」朱川湊人と言うかたの作品です。
オカルトをモチーフにしたすばらしい本です。
久々に号泣した作品でもありました。内容もわかりやすくおもしろい作品です。まだ 新しい作品なので 簡単に手に入るとおもいます。 
    • good
    • 0

読書はその人に合う合わないがあるので、難しいですね。


 本を読み慣れた人なら、活字を読むと言うことになれていますので、少々合わなくてもそのほんの面白みを感じるところまで簡単にたどり着けるようです。
 でも、本を読み慣れていない人は、その面白みを感じる所に辿り着く前に活字を読んでいること自体に苦を感じるようです。
 私自身、中学時代に先生に紹介された名作を読もうとしたのですが、どうしても頓挫してしまい、徐々に活字に対してアレルギーのようなモノを感じて居ました。
 夏目漱石や、十五少年漂流記など、最初の数十頁で、挫折しました。
 でも、兄が読んでいた吉川英治の三国志を何となく読み始め、あの分厚い本を読破しました。
 自分でもあんなに分厚い本を全部読めた事自体不思議でしたが、苦手な活字がどうでもいいと感じるほど私を引きつけるような内容でした。
 私の場合、従来苦手だった活字を忘れさせるほど魅力を感じたのはどうも、歴史だったようです。
 それからは歴史小説は片っ端から読み始め、何時しか活字に対しての抵抗を全く感じなくなっていました。
 そうなると好きな歴史物以外も平気で読み続ける事が出来るようになり、幅広いジャンルの本を読むようになりました。
 読んだ本を売ったり捨てたりする週間がないので、
気が付けば本棚に2千冊ほどの文庫本が並んでいます、
そのうち100冊ほどはグインサーガですが・・・
 とりあえず、本を読み始めてあまり面白みを感じなければ、途中でやめて、置いておくのも一手です。
 そして、自分が本当に面白いと感じる分野に出会って、何の気構えもなしに読書自体を楽しめるようになってから、途中でほったらかしていた本を改めて読むのもいいと思います。
 一冊薦めるとすると、軽さ深さ面白さ読みやすさで、中島らもの「ガダラの豚」ですね。
 私が最近読んだ本で面白かったのは宮城谷昌光の「楽毅」です。
 暇があれば、何度でも繰り返し読んでいるのが「孫子」と「荘子」何度よんでも深いです。
    • good
    • 0

星新一のショートショートがいいです。


短いのですぐ読めます。
でも中身は深いのですよ。
検索したら、いっぱい出てきますよ。
    • good
    • 0

1.夏目漱石「坊っちゃん」


2.北杜夫「どくとるマンボウ航海記」
3.O・ヘンリー短編集
4.森村誠一の短編集も面白い。
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q警察官が犯人の誘拐事件の小説を探しています

以前読んだ本なのですがタイトルが思い出せません。

ある町で連続誘拐事件が起こります。小さな女の子ばかりが誘拐され、殺害されてしまいます。
内容は警察官側の視点と犯人側の視点で交互に描かれます。
犯人は昔自分の娘を誘拐されて殺された過去があります。犯人は別の女の子を身代わりにして自分の娘を蘇らせる儀式のために誘拐をしています。
読んでいる時は警察官の視点と犯人の視点は同じ時系列のように見えますが、実は犯人は捜査をしていた警察官で、犯人側の視点は警察官の視点の一年後、最初の事件の被害者は警察官の娘で、事件は未解決です。

ラストシーンで犯人が捜査していた警察官だとわかるのですが、何とも哀しいラストだったのが印象的でした。
もう一度読みたいのでわかったら教えてください。

Aベストアンサー

多分、貫井徳郎「慟哭」だと思います。

Q村上春樹の小説を読んでみたいです。 私は小説を読むことが好きで色々と読んでいたのですが、村上春樹さん

村上春樹の小説を読んでみたいです。
私は小説を読むことが好きで色々と読んでいたのですが、村上春樹さんはノルウェイの森しか読んだことがありません。以前までは大丈夫だったのですが最近はグロテスクな表現やハードボイルド系の小説が苦手で、山田悠介さんや太宰治などは読めなくなってしまいました。そういった表現がないものでオススメを教えて下さい。

Aベストアンサー

「回転木馬のデッドヒート」はどうでしょうか。
読みやすいわりに奥の深い短編集です。

下記の書評の中で同じことを書いてる人がいますが、私が初めて読んだ村上春樹の本で、結局今でもこれが一番好きです。

書評
https://www.amazon.co.jp/%E5%9B%9E%E8%BB%A2%E6%9C%A8%E9%A6%AC%E3%81%AE%E3%83%87%E3%83%83%E3%83%89%E3%83%BB%E3%83%92%E3%83%BC%E3%83%88-%E8%AC%9B%E8%AB%87%E7%A4%BE%E6%96%87%E5%BA%AB-%E6%9D%91%E4%B8%8A-%E6%98%A5%E6%A8%B9/dp/4062749068

Q大人の恋愛小説のおすすめは?

大人の恋愛小説のおすすめってありますか?
いろいろ教えてください

Aベストアンサー

五木寛之作品はいかがでしょうか。

『哀しみの女』←画家のエゴン・シーレのエピソードと絡めたものです。シーレの絵は見たことあるような・・・って程度でも大丈夫!
http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/search-handle-form/250-2440023-5456242

『レッスン』←これは映画になりました。
http://movie.goo.ne.jp/movies/PMVWKPD28358/story.html

 五木さんて最近人生論を書かれているのでそのイメージが強いですが、小説で大人の女性を描くのがものすごく上手い人ですよね。熱いコーヒーなんか飲みながら読むと、ちょっと優雅な気分になります(笑)。

Q読書の秋 読書の秋ですね。私は一冊読んで好きになると、その作家さんばかり読んでしまうのでどうしても偏

読書の秋
読書の秋ですね。私は一冊読んで好きになると、その作家さんばかり読んでしまうのでどうしても偏りが出てしまいます。
そこで、皆さんのおすすめの作家と作品、出来れば感想(短くネタバレ無しで)を教えて下さい。吉田修一さん、湊かなえさん、浅田次郎さん、瀬戸内寂聴さんは、かなり読んでしまったので他の作家さんでお願いします。

Aベストアンサー

庄子薫のものが最近また文庫で読めるようになりました。『さよなら快傑黒頭巾』、『赤ずきんちゃん気をつけて』などは人気があります。昭50年頃に圧倒的な人気を得た作品ですが、不思議なことに、今読んでも古くない。軽妙な語り口がいいです。

柴田翔『されどわれらが日々』。これまた超ロングセラーで静かに読まれ続けています。この作品を嫌う老人もいるけれど、若さっていいな、と感じさせる純文学です。

レイモン・ラディゲ『肉体の悪魔』。少年が書いた世界的傑作です。三島由紀夫なども絶賛しています。心理描写がおもしろいです。

ナサニエル・ホーソーン『緋文字』。罪を犯してしまった牧師の苦悩が見事に描かれています。

シオドア・ドライサー『シスター・キャリー』。いなかで育った娘が都会に出てきて、さまざまな経験をする。都会とは何か?富とは何か?成功とは何かを考えさせられる作品。

フィッツジェラルド『グレート・ギャツビー(華麗なるギャツビー)』。繁栄の1920年代、だれもが富の追及に夢中になっていた時代、超越的な理想主義を追い求めた主人公の姿が、悲しくも美しい。

参考までに。

庄子薫のものが最近また文庫で読めるようになりました。『さよなら快傑黒頭巾』、『赤ずきんちゃん気をつけて』などは人気があります。昭50年頃に圧倒的な人気を得た作品ですが、不思議なことに、今読んでも古くない。軽妙な語り口がいいです。

柴田翔『されどわれらが日々』。これまた超ロングセラーで静かに読まれ続けています。この作品を嫌う老人もいるけれど、若さっていいな、と感じさせる純文学です。

レイモン・ラディゲ『肉体の悪魔』。少年が書いた世界的傑作です。三島由紀夫なども絶賛しています。...続きを読む

Q質問です!!! おすすめは小説はありますか? おすすめの小説家は誰ですか?

質問です!!!

おすすめは小説はありますか?

おすすめの小説家は誰ですか?

Aベストアンサー

おすすめの小説

若竹七海さんの「クール・キャンデー」(祥伝社文庫)
主人公は女子中学生の渚。兄嫁がストーカーに襲われ重傷を負い、そのストーカーが殺されたことから、渚の兄にストーカー殺しの嫌疑がかかります。渚は、一生懸命、兄の無実を証明しようとするのですが・・・・・・

宮部みゆきさんの「長い長い殺人」(光文社文庫プレミアム)
一人の男と、ある新妻が殺された事件。二つの事件には関係がないように見えましたが、被害者たちには莫大な保険金がかけられていました。中年の刑事が、この事件の謎に迫ります。

北山猛邦さんの「『アリス・ミラー城』殺人事件」(講談社文庫)
絶海の孤島に建つアリス・ミラー城。。何人かの探偵がこの城に招かれます。彼らへの依頼は、城のどこかに隠された鏡、アリス・ミラーを探し出すこと。ところが、探偵たちは一人また一人と殺されていき・・・・・・

東野圭吾さんの「悪意」(講談社文庫)
人気作家が殺され、犯人はあっけなくつかまります。犯人は犯行は自供しますが、動機に関してはけっして語ろうとしません。そのかわり、犯行に関する手記を書きます。担当の加賀刑事は、その手記に興味を持ち、犯人の秘められた真の動機に迫っていきます。

井上夢人さんの「ラバー・ソウル」(講談社文庫)
ビートルズの評論を書くことだけが生きがいだった醜い男、鈴木誠。彼は、ふとしたことから、美しいモデル、美縞絵里と知り合います。その日から、彼女のストーカーと化し、その模様を克明につづる鈴木。はたして、その行き先に待っているものは?

恩田陸さんの「チョコレートコスモス」(角川文庫)
タイプの全く違う二人の少女たちが、あるオーディションを目指して努力します。演劇に青春をかけた二人の物語。

特に、おすすめの小説家。

若竹七海さん、恩田陸さん、井上夢人さん

おすすめの小説

若竹七海さんの「クール・キャンデー」(祥伝社文庫)
主人公は女子中学生の渚。兄嫁がストーカーに襲われ重傷を負い、そのストーカーが殺されたことから、渚の兄にストーカー殺しの嫌疑がかかります。渚は、一生懸命、兄の無実を証明しようとするのですが・・・・・・

宮部みゆきさんの「長い長い殺人」(光文社文庫プレミアム)
一人の男と、ある新妻が殺された事件。二つの事件には関係がないように見えましたが、被害者たちには莫大な保険金がかけられていました。中年の刑事が、この事件の謎...続きを読む

Q本を読むことで得られること、小説を読む意味とは

私は本が大好きです
特に主人公の気持ちの細かな描写や、主人公というフィルターを通しての風景描写など
つい感情移入して、映画を見るより本で泣きますし、いろんな感情が湧き出ます

本を読んでいると周りからは「いいことだ」「俺(私)はできない」と言われます
なぜ?と訊くと、本を読むことで疑似体験が得られるからだ(実体験しなくても本を読むことで同じような経験が得られる)、と口々に言います
ネット調べても同じことが書かれていました。

そこで疑問に思ったことは、小説は架空の話であり、疑似体験にしても作者自身が体験していないことを創造して書いています。それを読む読者は、果たして本当に疑似体験が得られるのだろうか、ということです

質問に入ります、小説は架空の話なのに読者は疑似体験が得られるのか?
又、疑似体験が得られないのであれば読書はただの娯楽であり意味のもたないものなのでしょうか?(何が得られるのか)

本を読むことで確実に文章力はつきますけど私が言えたことではないですね(笑

Aベストアンサー

まず、言葉の意味として……

「擬似」というのは、
1 本物によく似ていてまぎらわしいこと。
2 そっくりまねをすること。
というのが、辞書の定義です(デジタル大辞泉より)

つまり、「本当の体験に似ている」のであれば、それは「疑似体験をしている」といえるのではないでしょうか?

例えば、閉鎖された空間で主人公が凶悪な化け物に追いかけられる、というホラー小説を読んだとします。勿論、現実的にはあり得ない設定である、と言えるでしょう。
でも、それを読んで主人公と一緒になって、迫りくる化け物に恐怖を感じたり、はたまた、どうやったら脱出できるだろうか? と考えたのであれば、それは立派な「疑似体験」といえるのではないでしょうか? 勿論、その作家の腕が良くないと、「いや、そうは思わないだろう」となってしまうのは間違いないですが。その意味では、むしろ、小説などの方が、ハードルが高い、ということではないでしょうか?

Qオススメのミステリー小説、幻想小説

最近ミステリーにハマりました!
が、生憎このジャンルには疎いのです。(^^;;
宜しければ、皆様のオススメのミステリー小説を教えて下さい。
推理小説だけでなく、なんだかミステリーっぽい小説、ミステリーじゃないけどとにかくオススメな小説でも何でも大歓迎です。

あと、幻想小説も探しています。
こちらはあまり見つけないので、切実です。

↓ミステリー小説、幻想小説で私が好きな作品。
 以下の著者の、別の作品も勧めてくださってOKです。
有栖川有栖「マジックミラー」
加納朋子「コッペリア」
月への梯子「樋口有介」
皆川博子「蝶」
他にジャンルだと、ファンタジー、ヤングアダルト、児童書が好きです。
日本文学だと芥川龍之介、志賀直哉、宮沢賢治。ドイツ文学、ミヒャエル・エンデやヘルマン=ヘッセなども。
参考までに、私は女子大学生です。

Aベストアンサー

ミステリと幻想小説、と聞いて浮んだのが中井英夫です。
ミステリとしては「虚無への供物」が良いかと思いますが、「とらんぷ譚」は幻想小説としておススメですよ。

幻想小説で他におススメは内田百けん(けんは「門+月」)です。「冥途」や「東京日記」、面白いですよ。

Q30代の男がはじめて小説を読むのに、なにかオススメの小説などあるでしょ

30代の男がはじめて小説を読むのに、なにかオススメの小説などあるでしょうか?
官能小説以外であればジャンルは問いません。短編小説でもかまいません。
ただ、初めてなので難しいものは・・・。
よろしくお願いいたします!

Aベストアンサー

既出のだと、星新一のショートショートがお奨めです。
阿刀田高のショートもいいと思います。

■今野敏
□警察もの
安積班シリーズ、ST 警視庁科学特捜班、隠蔽捜査シリーズ、潜入捜査シリーズ
□武道もの
聖拳伝説、孤拳伝、虎の道竜の門、ボディーガード工藤兵悟シリーズ
□特殊能力もの
奏者水滸伝シリーズ、特殊防諜班シリーズ
□SF
宇宙海兵隊ギガース

Q成人男性でも読めそうな恋愛小説を紹介してくれませんか?

成人男性でも読めそうな恋愛小説を紹介してくれませんか?
ポルノ小説ではなく恋愛小説です。(エロ描写はあってもいいですが・・・)
ラノベと携帯小説はなしでお願いします。

時代背景は現代ですね。

よろしくお願いします。

Aベストアンサー

質問者様が実際いくつぐらいかわからないのでなんとも…ですが

若めの方なら中村航
ある程度なら東野圭吾・石田衣良・吉田修一
初老なら渡辺淳一

あたりですかねぇ…

Q私が今、読みたい小説があります。その小説は7年前、担任の先生に借りて読まさせて頂いてました。しかし、

私が今、読みたい小説があります。その小説は7年前、担任の先生に借りて読まさせて頂いてました。しかし、主人公の下の名前しか覚えていません。名前はヘブンかヘヴンで若い女の子です。小説自体は厚めで文庫本の少し大きいサイズでした。冊子は柔らかく、カバーはつるつるの素材でした。主人公は表で見た記憶だと、黒髪ロングの子です。挿し絵があったかどうかも曖昧です。
これだけの情報だと、やはりわかる人はそうそういないでしょう…。わかる方はご回答、宜しくお願い申し上げます。

Aベストアンサー

「サムライガール」かな?https://www.lib.adachi.tokyo.jp/young/tokusyu/tokusyu-kako/tokusyu-kako1102.html


人気Q&Aランキング