赤ちゃんが歯を持って生まれました。産科の先生はそのままでいいとおっしゃいました。歯科の先生は哺乳の障害になるなら削った方がいいといわれました。歯科ではレントゲン撮影もするそうです。生後1ヶ月の赤ちゃんにX線は影響ないでしょうか?また削った方がいいのでしょうか。今舌が歯に当たって白くなっていますが赤ちゃんは痛がってなくことはありません。でも歯がだんだん硬くなっているので心配です。ご存知の方は教えてください。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (1件)

僕は男ですが。

長男は三歳ですが生まれたときに歯が生えてました。こういうのは魔歯(まし)っていうそうですね。聞こえは悪くて嫌ですが。ただ現在は真っ直ぐきれいに生えそろってきていますし、カミさんも最初は少し痛がってたりしてましたが、産婦人科ではあなたと同じくそのままでいいと言われました。そのうち気にならなくなったみたいですし、不都合が無ければそのまま頑張ってみてはどうですか?ただしうちのチビは歯茎が歯のようになってて赤い色をしていました。色んなケースがあるでしょうからあくまでも参考程度にしてくださいね。それとレントゲンそのものは大丈夫ですよ。赤ちゃんに影響の無い程度になってますから。これはレントゲン技師の友人が言ってましたから自信有りです。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご回答ありがとうございます。初めての子どもなので何でも不安で仕方ありません。私の方は我慢できそうなのでしばらく様子を見てみようと思います。ありがとうございました。

お礼日時:2001/12/22 14:31

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q魔歯または真珠歯について

二歳の男の子を持つ親です。産まれたときに、下の前歯二本が立派に生えていました。一本はしっかりと、もう一本はぐらぐらしていました。その病院の小児歯科では、赤ちゃんがその歯を飲み込んでしまってはいけないので抜いた方がよいと言われ、翌日には抜いてしまいました。しかし、4ヶ月検診や1歳半検診では、その歯は抜かなくても良いものだと聞きました。1歳半検診時に、「三歳になったら、レントゲンを撮って永久歯の芽があるかどうかを確認して、なければ歯を作らなければならない。」と指導されました。他の歯が生えそろった今、今後の歯並びの問題や、抜いた歯の場所の確保など、どんなところに相談すればよいのか、専門の良い先生がいるのか、私達は歯については全く知識がないので、ご存じの方は教えて下さい。
 

Aベストアンサー

とりあえず、保健所に電話して、聞いてみるのが言いかと、思います。
親切で、なんでも教えて、くれます。
だから、「こういう症状ですが、この近くで、いい病院、歯科医など、ありませんか?」と、尋ねてみてください。

いいお医者さんが、見つかると、いいですね。
そうそう、うちの子も、下の乳歯が、2本足りないのです。
うちも、いかなきゃね。

Q歯を削るときなんで痛く感じるのですか? 歯を削るだけなら痛くないのに

歯を削るときなんで痛く感じるのですか?
歯を削るだけなら痛くないのに

Aベストアンサー

歯は基本的に硬組織と呼ばれる硬い結晶で出来ています。一番表面はエナメル質と呼ばれ この硬い結晶成分のみでできています。この部分は削っても痛みは全くありません。
2層目は象牙質(dentin)と呼ばれやや硬い組織で出来ています。そして歯の中央・最深部は歯髄・いわゆる神経と呼ばれる軟組織(普通の神経・血管組織)となっています。
この2層目の象牙質には 歯髄から細い繊維が入り込んでいてエナメル質直下まで 神経組織が伸びています。従って 歯を削る時にこの象牙質を削ると いっしょに神経組織まで削ってしまう事になり 強い痛みを発する事になるんです。普通 象牙質だけを削るよりも、この神経繊維の末端・つまりエナメル質と象牙質の境目を削る時の方がはるかに強く痛みを感じますねぇ~ 痛みを感じない部分から突然痛みを感じる部分に入った瞬間に急激な痛み・あの独特の痛みがあるわけです。
もちろん 歯を削る時の痛みは、神経だけの問題ではありません。タービンと呼ばれる機器・ドリルによって削る事が多いですが、この切削具の振動・回転する摩擦熱等が歯の知覚組織に伝わる事も痛みの原因となります。最近では、タービンを使わないレーザー光線による切削も多くなり、削る時の痛みは大幅に軽減されています。また、機器の振動を抑える工夫もなされており、機器の振動と似た振動を他の箇所に与える事により、痛みの閾値を上げてしまう(わかりやすく言うと 振動で神経を麻痺させて痛みを感じにくくする事)方法も行われています。

さて、通常の治療で歯を削る時は、神経のある歯(虫歯が小さい場合)や 神経を取る処置の場合、麻酔を使うことがほとんどでしょう。
えまく麻酔が効けば 痛みは全く感じなくなります。ただ、歯科の麻酔は歯の神経を麻痺させねばなりません。歯の神経の出口は 歯の根の先端・つまり骨の中にあるんです。
これを麻酔することはなかなかに難しい事なんです。普通 顎の骨は硬く厚い骨が多く なかなか麻酔薬が内部に浸潤してくれません。かなりの力を入れて圧力をかけないと 硬い骨を通り越してくれませんので、歯科の麻酔はそれだけでも痛いのです(^o^;...この時 骨の厚さによって麻酔が効く効かないが別れますね~
実は同じように 歯のエナメル質の厚さによっても削る時の痛みに差があるのです。例えば同じ歯でも、切端部・先っぽの方はエナメル質が厚いので少々削っても痛みません。逆に根元に近い部分はエナメル質が薄く 象牙質がすぐ直下にあるために痛みが感じやすいと言えます。
また、年齢によっても痛み方に大きな差があります。歯は生えたばかりはまだ幼弱で 歯髄が大きく象牙質が薄いのです。それだけ削る時に神経に近くなってしまい痛みが出やすいですねぇ~
逆に生えてから何十年も経った歯は・・・・つまり老人の歯は 多少削っても痛みません。これは長い間に神経が退化したり象牙質が石灰化して硬化したために 痛みを感じる神経が退化して・あるいは無くなってしまったからです。麻酔を使わずにどんなに削っても 全く痛まないことも しばしばあります。

いずけにしても痛みの感じ方には大きな個人差があります。痛いと感じたなら 左手を挙げて・・・・・ヽ(;^^)/ まぁ、歯科医師にお伝え下さい。

歯は基本的に硬組織と呼ばれる硬い結晶で出来ています。一番表面はエナメル質と呼ばれ この硬い結晶成分のみでできています。この部分は削っても痛みは全くありません。
2層目は象牙質(dentin)と呼ばれやや硬い組織で出来ています。そして歯の中央・最深部は歯髄・いわゆる神経と呼ばれる軟組織(普通の神経・血管組織)となっています。
この2層目の象牙質には 歯髄から細い繊維が入り込んでいてエナメル質直下まで 神経組織が伸びています。従って 歯を削る時にこの象牙質を削ると いっしょに神経組織...続きを読む

Q離婚原因=破綻原因?

有責配偶者とは夫婦関係の「破綻原因」を作った人のことを言うと聞きます。
そこで
民法770条の「離婚原因」と「破綻原因」は同じ意味なのでしょうか?
それとも離婚原因だけど破綻原因でない
あるいは破綻原因だけど離婚原因ではない
ということはありうるのでしょうか?
よろしくお願い致します。

Aベストアンサー

法律ではなく国語の問題というか、破綻という言葉の意味をよくわかっていらっしゃらないのだと思います。

破綻と離婚が同じ意味ではないように、破綻原因と離婚原因も同じ意味ではありません。破綻させるというのは、婚姻生活をまともに続けられない状態にさせることを指す言葉であり、離婚するというのは、婚姻生活を終わらせるという手続きを指す言葉です。
で、離婚原因(離婚事由)というのは、相手が認めなくても法的に離婚する理由になる条件のことです。夫婦生活の破綻は離婚事由になり得るわけですが、破綻の原因が離婚事由にはならないでしょう。

たとえば、些細なことで喧嘩して口を利かなくなり、長期にわたって妻が実家に帰って別居しているとします。
こういう長い別居状態を婚姻生活が破綻していると言いますが、「破綻原因」は「些細な喧嘩」ですよね。しかしどう考えても、「些細な喧嘩」は「離婚事由(離婚原因)」にはなりませんよね?民法では些細な喧嘩で離婚していいなどとは定めてません。

というわけで「破綻原因」は「離婚事由」とは違います。ではさっきの例で離婚事由になるのは何かというと、「妻の長期にわたる別居」です。些細な喧嘩は確かに破綻の原因かもしれませんが、それでは離婚できませんし、離婚事由になるのは破綻することそのものですからね。

「些細な喧嘩」=「破綻原因」
「長い別居」 =「離婚原因」

これでお分かりでしょうか?

別な視点からですが、別居したり口聞かなかったり浮気したりと、明らかに婚姻生活が破綻していても離婚しない人もいます。また、破綻という言葉は相応しくない状況、例えば、相手が重い精神病などの場合など、離婚事由になる場合もあります。この点で考えても、破綻原因と離婚原因は同じ意味にはなりえませんね。
それぞれ言葉をちゃんと考えてみるとわかることだと思います。

法律ではなく国語の問題というか、破綻という言葉の意味をよくわかっていらっしゃらないのだと思います。

破綻と離婚が同じ意味ではないように、破綻原因と離婚原因も同じ意味ではありません。破綻させるというのは、婚姻生活をまともに続けられない状態にさせることを指す言葉であり、離婚するというのは、婚姻生活を終わらせるという手続きを指す言葉です。
で、離婚原因(離婚事由)というのは、相手が認めなくても法的に離婚する理由になる条件のことです。夫婦生活の破綻は離婚事由になり得るわけですが...続きを読む

Q前歯の4本削り今は仮歯です。虫歯の治療中で、歯の神経は残ってます。今年は歯医者に行けないので、仮歯が

前歯の4本削り今は仮歯です。虫歯の治療中で、歯の神経は残ってます。今年は歯医者に行けないので、仮歯が欠けてしまい、残ってる仮歯も取れそうです。すぐに歯医者には行けないので取れたらどう対処すればいいでしょうか?教えてください!

Aベストアンサー

仮歯は折れやすい物です。時間を作って歯科にいくことです。
どうしても何回も行けないのであれば仮歯を作ってもらってください。
また、仮歯の間は前歯では柔らかい物しか食べない要注意が必要です。

Qラテン語で「非自己原因」はどう言うのでしょうか。

「自己原因」(自己の存在、本質的性質、変化・運動の原因となっている物質)としての実体は causa sui というそうですが。(この「自己原因」理解で間違っていましたら、御訂正下さい。)
「自己原因」でない物質即ち「非自己原因」は、non causa sui とでも言うのでしょうか。

Aベストアンサー

非自己原因ではなく
causa sui に対立することばとしては

causa alterius 他者原因

が適切だと思います。文脈によっては使える使えないが
あるでしょうが。

Liber est qui est causa sui, et non causa alterius.

Q質問です。歯が痛くて歯医者に行きました。レントゲンを撮り、全体の歯を見てこれからこういう治療をし

質問です。
歯が痛くて歯医者に行きました。
レントゲンを撮り、全体の歯を見てこれからこういう治療をしていきましょうと言われ、終わりました。
痛み止めと化膿止めの薬をもらい終了です。
ちなみに痛みの原因は被せ物が取れて虫歯が出来ているとのことでした。
これが普通なんですか皆様教えてください。

Aベストアンサー

化膿止めの薬が出たということは化膿してるんですよね。
そして痛みもあるってことですから、薬で痛みと化膿を抑えてから
治療を始めるのは普通だと思いますよ。
そのままだと麻酔も効かない可能性高いですしね。

Q植物の根が腐っている原因について

植物の根が腐っている原因について

育てているキュウリが根が腐っているように見えます
原因は水のやりすぎでしょうか。

肥料のやりすぎの原因もありますか。

どちらが原因か調べる方法はないでしょうか。

回答よろしくお願いします。

Aベストアンサー

どうして根が腐っているように見えるのですか。例えば葉が萎れていたり
葉が枯れていたり、そのような現象が起きているためなのでしょうか。

根腐れには水の与え過ぎが原因である事もありますし、肥料の与え過ぎで
根枯れを起こして根が駄目になる事もあります。しかしキュウリの栽培を
している環境や土壌の事を何も書かれていませんから、原因が水か肥料か
を答える事は出来ません。

畑なのかプランターなのか、土に何を混ぜているのか、水遣りの回数とか
肥料の与え具合と種類、それと栽培をしている環境を書かれないと判断を
する事は出来ません。

もしかしたら水でも肥料でもなく、病害虫の発生が原因である事も可能性
としては十分にあります。

とにかくあなたの情報を待つしか回答手段はありません。

Q歯医者で歯を削られたときの歯の欠片はどうなってるんですか?

歯医者で虫歯とか、形を整えたりする際に歯を削ったりしますけど、
あの削ったのってどうなってるんですか?
普通に食べてたりします?
お願いします

Aベストアンサー

水を掛けながら削るので、削られた粉末が水に溶けた状態で口の中に貯まります。
それを助手の方が吸引器で吸い取っていますし、処置のあと口を濯いたりしているので、殆ど残る事は無いでしょう。

仮に飲み込んでしまっても何の毒にもならないので心配はいりません。

Q原因菌の検出と推定原因菌の検出はどう違うの?

抗菌薬の論文で見かけた言葉なんですが、
そもそも推定原因菌とはどのレベルの話なんでしょうか?

「検出された原因菌(推定原因菌を含む)」とあれば、どういうことをいっていますか?
「原因菌」の方は、「サンプルから分離培養して原因菌はXXと判明(同定)」されたことかなと理解していたんですが、あってますでしょうか?
だとすると、「推定原因菌」は菌種が特定できなかったということなんでしょうか?
それはどういう場合に起きますか?

たくさんありますが、詳しくご教授いただけると大変助かります。
宜しくお願いします。

Aベストアンサー

文脈がわからないので推定ですが、

特殊な培養法(嫌気培養など)を採用しないと検出できない細菌があります。
それらの細菌の関与が疑われるときにははじめからそれを推定して
特殊な培養法で検出を試みるわけです。
それが推定原因菌ということではないかと思います。
ですから推定原因菌の見込みが当たって特殊な培養で検出されれば同定できます。

Q顔を小さくしたいので審美歯科で歯を削って小さくしてもらえるのでしょうか?

顔を小さくしたいので審美歯科で歯を削って小さくしてもらえるのでしょうか?

Aベストアンサー

こんにちは

成長期が終わっていると歯を削ってもだめかも知れません
一番いいのは成長期前に奥歯を抜くと小さくなると聞きますけど
成長してしまうと骨格はほとんど変わりませんから

歯科で矯正してもらってはどうですか?


人気Q&Aランキング

おすすめ情報