最新閲覧日:

こんにちは。
早速なのですが、ロールシャッハと箱庭療法について
学ぶにあたりおススメの書籍を教えてください。
近々実際にその分野で心理検査する職業につきます。
その時役に立つ教典を教えてください。

A 回答 (3件)

 学派もあり、適合するかどうかわかりませんが、臨床心理学の分野では、(先だって文化庁長官に就任した)河合隼雄氏の本を推薦します。

ユング派の臨床心理療法士で、著編作は数え切れないほど(300タイトル以上?)あります。
 私も持っていますが、箱庭療法については
箱庭療法研究2 河合 隼雄・山中 康裕 編著 1985 \3,000 誠信書房
箱庭療法研究1 河合 隼雄・山中 康裕 編著 1982 \3,000 誠信書房
箱庭療法入門 河合 隼雄 編        1969 \2,000 誠信書房
があります。発行年は古いですが、河合隼雄氏がまだ新進気鋭の若い時期のものであり、この人が日本に臨床心理療法を広めたようなものなのでここから足がかりにしていただくとして勘弁してください。
 ロールシャッハの本は持っていませんが、やはり河合氏編著で
これからのロールシャッハ 辻 悟・河合 隼雄・藤岡 喜愛 編著 1987 \1,553 創元社
臨床場面におけるロールシャッハ法 河合 隼雄 著 1969 \3,500 岩崎学術出版社
があります。多分今も出版されてますし、大きい図書館にもあるはずです。
 河合氏の本には、他にも一般向けのおもしろい著作がたくさんあるので、関連図書をお読みになると勉強になるでしょう。
    • good
    • 1

そうでしたか(・_・;)、それは大変失礼しました。

わたしも心理学を専門に学んだわけではないので、「コレダ!」という本をご紹介することはできないんですが、わたしの知り合いが、やはり、meromeroさんと同じような質問を心理学の教授にしたとき、彼は自分の研究室に置いてあった本の中から「読みやすそうなものを」と言いながら、なにやら一冊の本を選んで渡していました。当時、わたしは、そのことについてあまり興味がなかったものですから、その本の題名は覚えていません。ただ、meromeroさんの先生がおっしゃった「自分に合ったもの」というのは、まずは「読みやすそうなもの」で良いのではないかな?と思いました。出版社や著者が信用に足るか、調べて、自分で読みこなせそうな本を一冊マスターすると良いのではないでしょうか?わたしの知り合いも、「一冊マスターするといいよ」と言われていました。

今回は、あまりお役に立てなくて、申し訳ありません。
    • good
    • 0

ロールシャッハテストを習得するには、半年くらいかかるって心理学の先生に聞いたことがありますが、大丈夫ですか??本格的にやられるのでしたら、臨床心理学の大学院に入るか聴講生としてもぐりこむかしないと、ちょっと危険な気がします。

ロールシャッハテストの図版は、訓練を受けていない人には公開しないという原則があるみたいですし…。

この回答への補足

jumeさん、すみません!(>△<)急いでいたもので大事なことを書き忘れていました。
本当にすみません(;_ _ )
心理学は学んだ上での話です。実際ワタクシは短大、その他で心理を3年学びました。心理学専門ではありませんがある程度は把握しているものとお考え下さい。
その上で、ぜひ「コレだ!」というものを教えていただきたいのです。
実際色々と本屋やネット上を徘徊しましたが、多くの書物があるため「…どれを?」という感じなのです。
先生には「自分に合ったものを」といわれましたが…、
それもどうかと…。
説明がかなり省けまして申し訳ございませんでした。
よろしくお願いします。

補足日時:2001/12/24 22:23
    • good
    • 0

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード


このカテゴリの人気Q&Aランキング

おすすめ情報

カテゴリ