今、高校生でやっと力学がおわったところです。
この冬もとい3学期に一年の総復習としてまとめをしてみたいと
思っております。そのための物理(1)Bの問題集を購入しようと
思っております。条件をそろえさせてもらえば・・・

●絶対的に問題が多い。
●馬鹿丁寧なほどの解説がある。
●各単元ごとに公式などのまとめがある。
●単元の最後に受験問題のような演習問題がある。
●ピンキリ(簡単なのから難しいのまで)問題がそろっている

ちょっとかぶっている部分もありますがこんな条件の問題集をさがしております。
誰か知っておられる方またはこんな問題集はいいという自分が買った
問題集などを教えてください。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

問題」に関するQ&A: 小学生の問題行動

A 回答 (3件)

条件に当てはまるかどうかは分からないが,


私が受験で総復習の時に使った「前田の物理」(上,下)は,
解説が分かりやすく,きっちりまとめてあるので,おすすめです。
    • good
    • 0

Z会の基礎物理問題集なんてどうでしょう?



僕の友達これしかやらずに京都大学の理学部に合格していたよ。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご回答ありがとうございます。
Z会というのは難しいイメージがあってちょっと僕向きではないようなきがします。

お礼日時:2001/12/22 14:49

書かれている条件のような問題集は、


「前田の物理」しかないでしょう。
私も「前田の物理」に1票!
    • good
    • 0

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q等電位線の単元の問題なのですが・・・

アルミホイルで等電位線をみつける実験をしました。
それについてる設問なのですが、教えてください!

アルミ箔上の点(x,y)における電位がV(x,y)であるとする。このとき位置(x,y)上にある電子に働く電気力はどのような式で与えられるか。

という問題なのですが、
V=qV
(V=Edより)
=qEd
を先生はヒントとしてくれたのですが、何がなんだかさっぱりです。
ほかの設問は先生に聞いたりしてどうにか頑張ったのですが、これは出来ませんでした・・・。(時間切れ)
よければ教えてください!

Aベストアンサー

Fx=e*dV/dx Fy=e*dV/dy
ではないですか。
ちなみにdV/dx,dV/dyはX,Y方向の電位勾配=電界です。eは電子の素電荷(マイナスです)

Q磁気学の演習問題サポートお願いします

電気磁気学の教科書を勉強していて

「半径5cm、巻数200回の円形コイルが、一様な磁界中で、磁界に垂直な軸のまわりに毎分1500回転している。コイルに発生する交流電圧の周波数はいくらか。」

という問題でつまづいています。

半径をa、起電力をUとすると
U=∫[0→a]rωBdr=(1/2)ω(a^2)B
を出してみましたが、毎分1500回転をどう使えばいいかわかりません;
速度を使う式といえば、速度v、磁場内の長さをlとして
U=vlB
このような式しか知りません。
この先に進めるためのヒント等宜しくお願いしますm(__)m

Aベストアンサー

電気磁気学とやらは全然詳しくなく、回答になってませんが。

求めるのは周波数ですよね。寸法や巻き数に関係なく、
コイルを通過する磁束(磁界)がどう変化するかを考えればよろしいのでは?
コイルが1回転するうちに磁束は
0→ある方向に徐々に強く→ピーク→徐々に弱く→0→徐々に強く→逆方向ピーク→徐々に弱く→0
というサイクルを繰り返すわけですから。
コイル両端に発生する電圧も、ピーク位置はそれとずれますが同じサイクルで
変化するのでは?

求める周波数の単位は普通 ヘルツ Hz (サイクル/秒)を使うと思います、
あとは「毎分1500回転」と単位あわせをすればよろしいのでは?

Q電気磁気学の演習問題で困っています

電気磁気学の教科書の演習問題で、

「コイルLと抵抗Rの直列回路がある。コイルLのそばに永久磁石があり、Φ[wb]だけの磁束がコイルと鎖交しているとする。いま、磁石を十分遠方に遠ざけるときに、抵抗Rの中を通過する全電気量を求めよ。」

答えはΦ/Rになるそうです。

Φ=LI
L(di/dt)+Ri=0

など式を立てては見たのですが、これ以上先に進めません。
先に進むためのヒントなどお願いしますm(__)m

Aベストアンサー

コイルにはコイルに流れるものによる磁束と磁石からの磁束が交差しています
このうち磁石だけからの磁束をp(t)とすると

-p'(t)=L・i'(t)+R・i(t)
この両辺をtについて[0,∞]の間積分すると
p(0)-p(∞)=L・(i(∞)-i(0))+R・∫[0,∞]dt・i(t)
i(∞)=i(0)=0かつp(∞)=0,p(0)=Φ
だから
∫[0,∞]dt・i(t)=Φ/R

Q物理Iの問題集に載ってた問題なのですが・・。

物理Iの問題集に載ってた問題なのですが・・。

t3 = t1+t2 = (l/V+v)+(l/V-v) = 2lV/V^2-v^2

AB間を1往復する時 総合でかかった時間を求める問題なのですが、
(l/V+v)+(l/V-v)
(AからBまで行くときにかかった時間)+(BからAまで行くときにかかった時間)
ここまでの式は納得できるのですか、最終的に足して往復時間を求めるとき、
なぜ2lV/V^2-v^2になるのか腑に落ちません。
2l/2V=l/vではだめなのですか?
単純な四則計算間違いなのでしょうか。 (V+v)*(V-v)はv^2-v^2でしょうが、それと関連性はあるんでしょうか。

身勝手な質問ですが回答よろしくおねがいします。

Aベストアンサー

l/(V+v)+l/(V-v)
の変形はまず通分すると分母は(V+v)*(V-v)=v^2-v^2となります。分子は
l*(V+v)+l*(V-v)
になるのでvを含む項が消えて2lVとなります。

Q久保亮五著「大学演習 熱力学・統計力学」の問題で

こんにちは。
上記問題集の第3章 例題【5】について質問させてください。
解答部分の式(3)と(5)それぞれにおいて、
左側の不等式から直ちに右側の結論(比熱と偏微分の正負)が導出される理由がわかりません。
安定条件が常に成り立つためには、不等式の各項が正とならなければならないという理由でしょうか?
どなたか教えていただけると助かります。

Aベストアンサー

仰る通りの解釈で良いでしょう。


人気Q&Aランキング

おすすめ情報