私の父からの質問です。
『 2年前に亡くなった独身の兄が住んでいた家と土地を
  隣家の人が買いたいと言ってきた。
  この機会に土地を手放し、そのお金を兄弟で分けようと思うが
 手続きはどのようにすればよいか 』
...ということです。
よろしくお願いします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (4件)

 #3の方の解答のとおりだと思いますが、お父さんや叔父さん、叔母さんたちが地理的にばらばらな場所にいらっしゃるのであれば、お金の配分の仕方がどうあれ、不動産の近くにお住まいの方お一人の名義にされるのがいいと思います。

というのも、相続登記の印鑑証明書には有効期限がないのに対し、売買登記のそれは、登記申請日の3ヶ月以内の日付のものでないといけないからです。誰か一人、送付が遅れている間に、最初に用意した方の証明書が使えなくなるなど、細かいことのように思われるかもしれませんが、大きなトラブルの元にもなりかねないことなのです。 また、買主さんの立場になれば、売主が複数、しかもそのうちの何人かとは、会う機会もなく不動産購入、というのはいろいろ問題の多いことですから。
 それで、お金はみんなで配分しても、税務署から贈与とみなされるということは、こういった事例の場合ありません。上記のような事情から、便宜、認められているようです。
 あと、相続登記と、売買登記をいっぺんにするのは控えたほうがいいです。というか、司法書士が嫌がると思います。これも、買主さんに対する配慮になるんですが、細かい説明は省きますが、危険性を伴うことなので。まず、間違いなく相続登記を済ませた後、代金決済と売買登記申請を同日にします。
 あとは、関係当事者の方の中にお一人でも、税理士さんがお知り合いにいらっしゃれば、かかってくる税金の概算をしてもらえるのでいいのですが、買主さんの税金については、幸い隣家のかたが買主さんなので、ご近所のみなさんで、比較的最近に購入されている方に聞けば、坪数割で、素人でもだいたいの見当はつくとは思います。売主側には、譲渡所得税がかかってきます。控除適用の有無なども、事前に確認しておいてください。 
 司法書士に依頼するときは、登記簿謄本のほかに、不動産の固定資産の評価証明をやれば、登記費用を見積もってもらえます。
 契約書には、売買金額に見合った、印紙を貼らなければいけませんが、領収書は、個人間の売買については貼る必要がありません。
 
 
    • good
    • 0
この回答へのお礼

お礼が遅くなってしまい、申し訳ありません。
話が無事軌道に乗ったようですのでご報告します。
結局すべて司法書士の方にお任せすることになったのですが
みなさんからいただいたご回答やアドバイスにより、
質問したり確認したりするポイントがよく分かって
話がスムーズに進んだようです。
私自身は直接関わっておりませんが、それでも随分勉強になりました。
本当にありがとうございました。
今年一年、みなさんにとって良い年となりますように!

お礼日時:2002/01/06 22:05

●中間省略登記というのは、登記法上あまりよいことではないので、やめましょう。

登記は実体を忠実に表すという責務があるので、中間省略が横行すると、実体からかけ離れるのでやめましょう。
●質問の事項ですが、この場合まず相続登記をします。
生前売買ではないので、相続登記です。遺産分割書は必要ないです。質問からすると、土地を売った金を分割するのですからまず、相続登記して、父の兄弟と共に共有状態にします。ちなみに添付書類は、申請書副本と相続証明書
住所証明書、司法書士への委任状です。
●そして、その後、兄弟と隣家の人と売買契約を交わします。共有者全員持分全部移転をします。添付書類は原因証書と印鑑証明書、登記済証、隣家の人の住所証明書と司法書士への委任状ですね。
●もちろん、相続登記と売買に伴う共有者持分全部移転登記は一緒にできます。詳しくは司法書士へお聞き下さい。
    • good
    • 0

相続とか名義変更などの手続きは必要なのでしょうか?>


 中間省略ですれば、登記は必要ありませんが、この不動産を相続人が確かに相続したとの相続証明書(遺産分割協議書・相続権利者全員の実印が要ります)が必要です。司法書士にいえば作ってもらえます。不動産売買の登記のときの書式は下記の一番下(10)の原因を売買にかえたものに準じます。

参考URL:http://www.geocities.co.jp/WallStreet/2418/f03.h …
    • good
    • 0

前提条件があります。



 1 無くなった「独身のお兄さん」に実子がいない事、
 2 その無くなった「独身のお兄さん」が、誰かの養子になっていない事
です。

 上記の条件がととのっていれば、その土地は、貴方のお父さんの兄弟(姉妹)と
お父さんの、両親のものです。
 この、皆さん、全員の話し合いで、全員の合意があれば、売却可能です。
 あとは、代襲相続の問題も発生している可能性もありますが、
 この関係者全員の合意が得られそうであれば、「司法書士」事務所で、
 遺産分割協議書の作製、戸籍集めを依頼すれば、容易に進んでゆきます。

 とりあえずは、その全員の合意が得られるか否かの問題です。

この回答への補足

ここで さらに質問です。
家と土地は、亡くなった ( 父の ) 兄の名義になっているのですが
売却にあたって、相続とか名義変更などの手続きは必要なのでしょうか?

補足日時:2001/12/22 21:25
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご回答ありがとうございます。
1、2はクリアしています。
父の両親はすでに亡くなっております。
土地を売却してそのお金を分けるという点については
兄弟の意見は一致しているそうです。

お礼日時:2001/12/22 21:24

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q親や親の兄弟、親の母などがが亡くなった時、自分は全ての財産が不要な場合

親や親の兄弟、親の母などがが亡くなった時、自分は全ての財産が不要な場合どうすればいいのか?


いろいろ調べましたが、要するに「相続放棄だけすればOK!」なんでしょうか。


(1)相続人が誰かなんて現時点で知ることが可能なんでしょうか?

http://oshiete.goo.ne.jp/qa/6172364.htmlで、
回答番号:No.5で、「質問者さま以外に相続人がいた場合にはその人に相続権利が発生しますので、事前にでも放棄することを伝えておかないと、その人に借金の相続がまわってしまい迷惑をかけることもあります。」とありますが、相続人が誰かなんて現時点で知ることが可能なんでしょうか?



(2)遺留分の放棄と相続放棄の違いの理解

教えてもらったり調べたりした中でまとめました。
■相続放棄→遺留分の放棄もへったくれもありません。正も負も含めて全て放棄すること。

■遺留分の放棄→亡くなった人をAさんとしてその相続人が3人、BCDとします。
        Aが「相続財産はBとCに全て与えDには一銭も与えない。」
        と遺言書を書いていても、Dには一定の相続権があります。これが遺留分。


遺留分の放棄というのはAが生きてる時に、A以外の人(相続人?であってる??)が、「俺はめんどくさいことには関わりたくないし、正も負の財産も全ていらん!!!」っていう時に家庭裁判所に申し立てればできるってことで、理解はあってますか?

これは何人か相続人が存在する場合のみに「遺留分の放棄」をしておくと上の例では、Dは受け取らない意思があるので、拒否できるってことなんでしょうか?

どういう時に「遺留分の放棄」をしておく必要があるんでしょうか?


(3)そもそも、相続人とはどういう基準で決まるんでしょうか?

 現在、親(母・父・子)の3人暮らしです。
 母方 → 叔母のみ
 父方 → 叔父・叔母とも他界
 こういう状態ですが、子である自分は父・母が亡くなった時に相続人が自分になるってことで理解はOKですか?


(4)父や母の負の支払いなどは子が面倒みないといけないのか?
 現在、父は破産宣告をして「弁護士費用・県民税や市民税などの住民税の延滞・他の人の借金」
 母は友人から借りた借金などがある(実際にあるのかどうかは何も話さないので不透明な部分がある)
 仮に、母も父も亡くなってしまう或いは亡くなる前でも、このような自分に一切関係の無い負の支払い の面倒をみないといけないのでしょうか?
 亡くなった時や、亡くなる前に面倒を見なくてもいいようにする方法はありますか?


■■■要するに自分が望んでいること■■■
1.誰が亡くなった時でも、その人に正や負の財産があろうとも「自分は一切受け取りたくない」
2.(4)にでもあるように父・母にはお金に纏わる事柄がたくさんあり、自分に一切何も降りかからないよ  うにしておきたい。
3.「遺留分の放棄」というのがあることを知ってから、「とにかく親であろうと自分と関係ない正や負  の財産」のことで、「遺留分の放棄」をすることで自分を守ることが出来るのであれば、即にでもし  ようと思ってますが、「遺留分の放棄」はどういう時にすればいいのでしょうか?
4.難しいことを考えなくても、亡くなった時を知ってから相続放棄をすればOK!なだけなんでしょう   か?
  この相続放棄は、亡くなった人が「自分(質問者)に○○を上げます」などの遺言があった場合のみ  すればいいんでしょうか?
  それでも、遺言などが無くても、現在3人暮らしなので、父・母が亡くなった時に相続放棄すればい  いだけなんでしょうか?



いろいろと家庭の事情から焦っている現状です。
あまり法律に関しては理解力も浅い方なので、出来るだけ簡単にご回答いただければ幸いです。

長くなりましたが、よろしくお願いいたします。

親や親の兄弟、親の母などがが亡くなった時、自分は全ての財産が不要な場合どうすればいいのか?


いろいろ調べましたが、要するに「相続放棄だけすればOK!」なんでしょうか。


(1)相続人が誰かなんて現時点で知ることが可能なんでしょうか?

http://oshiete.goo.ne.jp/qa/6172364.htmlで、
回答番号:No.5で、「質問者さま以外に相続人がいた場合にはその人に相続権利が発生しますので、事前にでも放棄することを伝えておかないと、その人に借金の相続がまわってしまい迷惑をかけることもあります。」とあり...続きを読む

Aベストアンサー

 先に結論だけ。ご両親のどちらか一方が亡くなったら相続放棄。他方も亡くなったらまた相続放棄。これでご両親の財産(正も負も)を一切相続しないことになります。ただ、仏壇や墓などの祭祀財産は、相続放棄の有無に関わらず、祖先の祭祀を主催すべき者が承継します(通常、ご両親の祭祀を主催するのは、いずれは子さんである質問主さんになるでしょう)。

 以下だらだらと遺留分などについて説明。

 遺留分は、被相続人の遺言によっても処分できない相続人の相続持分です。実際には、遺留分を侵害されるような形で贈与や遺言がなされた場合に、遺留分減殺請求権の行使という形で遺留分を相続することになると思います。
 遺留分の放棄は、遺留分減殺請求の対象となる贈与や相続分の指定等があっても、遺留分減殺請求権が行使できなくなる、というだけです。相続自体は通常通り生じます。したがって、遺留分を放棄していても、相続人となり、遺言などで相続分の指定がなければ法定相続による相続が発生します。
 遺留分の放棄は、相続開始(被相続人の死亡)の前であれば、家庭裁判所の許可を受けることにより、放棄ができます(民法1043条1項)。相続開始後であれば、遺留分減殺請求権を行使しないのであれば、遺留分放棄となんら変わりません。

 相続放棄は、自分のために相続の開始があったことを知った日(自分が相続人であると知った日。同居の親であれば、亡くなった日でしょう)から原則3ヶ月以内に、家庭裁判所に相続放棄の申述をします(民法915条1項、938条)。遺言が無くても、ご両親のどちらかが亡くなった場合には質問主さんは相続人になると思うので、相続したくないのであれば、相続放棄をする必要があります。

 先に結論だけ。ご両親のどちらか一方が亡くなったら相続放棄。他方も亡くなったらまた相続放棄。これでご両親の財産(正も負も)を一切相続しないことになります。ただ、仏壇や墓などの祭祀財産は、相続放棄の有無に関わらず、祖先の祭祀を主催すべき者が承継します(通常、ご両親の祭祀を主催するのは、いずれは子さんである質問主さんになるでしょう)。

 以下だらだらと遺留分などについて説明。

 遺留分は、被相続人の遺言によっても処分できない相続人の相続持分です。実際には、遺留分を侵害されるよ...続きを読む

Q亡くなった兄弟に音信不通の妻子がいる場合

自分のことではなく、知識として知りたいのでよろしくお願いします。

自分(A)の兄が亡くなったとして、兄に、離婚はしていないもののずっと行き来がなく、所在も分からない妻子がいた場合、
相続の連絡などは(A)がする必要があるのでしょうか?
この場合、(A)には兄の婚姻後の戸籍などを取得することができるでしょうか。
また、兄の財産処分などはどのようにすることになるのでしょうか。

Aベストアンサー

>知人の場合は親も亡くなっていて、私が話を耳にした時点では(兄)の戸籍も取れなかったらしいですが、司法書士に頼めば大丈夫なんですね。

親・子の戸籍謄本は無条件で取れますが、兄弟の戸籍(親の戸籍に記載されている兄弟ではなく親の戸籍から分かれた後の戸籍)の謄本を取得するには、それを必要とする理由が必要です、その理由が妥当と判断されれば交付されますが、ほとんどの場合認められません

司法書士・弁護士でも無条件ではありません、その戸籍の調査を必要とする相続人の調査等で無ければ認められません

>仮にですが、(兄)の死を知っている親族が、お金と手間暇をかけてまで妻子を探す気がない(仲が悪く関りたくない等)場合、(兄)の家、土地、車などは物理的に放置することになるのでしょうか?自分の物にするかは別にして、誰かが片付けない訳にはいかないように思うのですが。

そのまま置くしか有りません
(尤も土地家車等所有権移転に印鑑証明付きの申請を必要とするもの以外は、文句を言われた時に逃げない覚悟があれば、処分できないことはありません、民事の範囲です)

Q亡くなった祖父名義土地の家に暮らす母は自己破産できないのか?

亡くなった祖父名義土地の家に暮らす母は自己破産できないのか?

年金生活者の母に借金があることが発覚しました。
金額は6社から200万ほどです。

法テラスを通じて紹介してもらった司法書士事務所の方と
自己破産をするのが最善策とのことで、話を進めていましたが

家族で住んでいる(母、私、弟、弟の家族、妹)なくなった祖父名義の
自宅の土地が2000万円の価値があるため、自己破産ができないかもしれない
ということです。

これまで、名義変更をせず、相続するばずの父もその間亡くなってしまい
まだ祖父の名義のままになっていました。

母のようなケースでは、やはり自己破産できないのでしょうか。

200万円の借金を返済するとなれば
弟は結婚しており、余裕がないため、
私一人が負担することになります。

自己破産できると思っていましたが
できないとなれば、自分にとって大変な負担になってきます。。

どなたか、ご回答宜しくお願い致します。

Aベストアンサー

No.1さんの云うように、相続人であるか否か、あるとすれば、持分権を換価すればどれだけになるかで変わってきます。
「相続するばずの父もその間亡くなって」と云うことですが、相続人は父だけではないでしょう。
父も持分権とすれば、その子も持分権のはずです。
ですから、持分権は何分の1か何十分の1か、わからないです。
その権利を法律上計算し、2000万円を、例えば、10分の1の権利があるなら同額で破産はできず、それ以下の持分権ならば破産は可能です。
何しろ、相続権を祖父の死亡時まで遡り計算しなければ正解は出せないです。
なお、専門家は司法書士ですが、これだけ遡るにはすこぶる煩雑になるので費用は数十万円となると思います。
そうだからと云って、そのままにしておけば、債権者で代位して持分権は競売されます。

Q亡くなった親の借金を調べるには...

 1年間地元の親の介護や病院の世話をして、おそらく借金はしていないだろと思うのですが
 亡くなった親の借金を調べるには、どのようにすれば良いのでしょうか?
 通帳もすべて私が管理していましたし、借金と言えば銀行のローンのみで私がすべてて続きました。
 株も口座を閉鎖しました。

 99%借金はしていないと思うのですが...

Aベストアンサー

連帯保証人も含めた保証人についてはわかりませんが、
カードや信販ローン、無担保融資とかなら、個人信用情報を開示すればよろしいかと思います。

個人情報保護法から、たとえ家族であっても開示は厳しいですが・・・
理由によっては可能との一文を読んだ記憶があります。

全銀協、CIC、CCB、全情連(テラネト含む)を見れば、
ほぼ分かると思います。
本人開示でありませんから、事前に問い合わせて、
手続き方法や必要書類の確認はされた方がいいと思います。

それでも、出てくるときは出てきますけど・・・

Q亡くなった父名義の土地の売買

現在、父と義母は健在で、父に2人の子があります。父が先に亡くなった場合、義母名義にせず、父名義のままの土地を義母が亡くなってから、子が相続、売買はできるのでしょうか?
以前、義母とは養子縁組か、遺言書に書いてもらわない限り、義母の財産は相続できないとこちらで回答は頂いています。それができるなら、義母承認に上、土地問題はそうして、預貯金はたいしてないので、黙っておろすという方法がいいのではと、父から聞かれていますので、アドバイスお願いします。

Aベストアンサー

#1ですが、追記しておきます。

父死亡後、相続財産が未分割状態で残っている状態で義母が死亡した場合には、「子」及び「義母の相続人全員」で「父」の未分割の財産の分割協議を行わなくてはならなくなります。

はっきり言いましてこの協議はもつれます。
義母の相続人にとっては棚ぼたであり、協議がすぐに整わなくても全く困りません。
これに対して「子」の側は、協議が整わないと困りますので、結果として非常に感情的な対立が生じてしまうと言うことがよくあります。

そうならないようにするためには、父が生存中に「遺言書」を可能な限り公正証書で作成しておくことです。
遺留分を侵害しない範囲での遺言であるならば、完全に有効となり、父の死亡後誰が文句を言っても遺言書どおりに相続することが可能となります。


人気Q&Aランキング

おすすめ情報