痔になりやすい生活習慣とは?

取引先への支払時、支払指定日が休日の時はどのように支払をしてらっしゃいますか。

当社では、今まで休日の前(結果、支払指定日よりも前に)だったり後だったり割と曖昧に実行してきていたようです。私は、厳密な指定がなければ翌営業日の支払かな、と漠然と思っていました。

先日より経理を見ることになり、この辺のルールをきちんと作りたいと考えているのですが、何か根拠になる資料(支払日が休日に当たる場合は翌営業日の支払でも問題ないという法的な解釈など)は無いでしょうか。

皆様のお知恵をお借りしたくよろしくお願いします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (3件)

規定はありません。

現金支払の場合休日でも対応が可能となりますが銀行振り込みによる支払は、支払う側で月末の休日に振込み日を指定しても銀行の処理日は翌営業日となりますので、取り扱いようがありません。また、月末の支払としている場合は月末が休日だからといって前日に支払うのは資金繰り等から難しい場合もでてきます。
月末が休日の場合の支払の扱いについて気になるなら、御社の経理規定あるいは支払規定にはっきり規定されたら如何ですか?
    • good
    • 2
この回答へのお礼

ありがとうございます。
規程を作成する際に記載したいと思います。

お礼日時:2006/01/12 08:54

支払日は、あくまで契約による物ですから、契約書にそのことが書いていない場合、規定はありません。


(「○○日まで」となっていれば、当然支払日前となります。)

ただ、現実的にいって、今まで、それで通っていたのですから、相手に指摘されなければ、そのままでいいと思います。

税金、電話料金など、銀行振り込み、自動引き落としが前提となっている場合、翌営業日という考えが一般的です。

しかし、取引先との場合、支払日=相手の締め日 の時は、その締めに間に合わず、翼月繰り越しとなる場合が多いです。
実質的には、影響しませんが、経理が煩雑だと感じるのでしたら、支払日前に払う方がすっきりします。
    • good
    • 8
この回答へのお礼

ありがとうございます。
休日前の支払で統一することも検討してみます。

お礼日時:2006/01/12 09:38

金利が高い時代は意識して、休日の翌日支払いとしているところが多かったと思いますが、低金利時代の今は、休日の前日に支払ってあげた方が、取引先へのイメージアップ効果が大きいと思いますね。

    • good
    • 1
この回答へのお礼

ありがとうございます。
おっしゃる効果も考えて、前日支払で統一することも検討してみます。

お礼日時:2006/01/12 09:40

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q手形や期日指定支払の際の起算日について教えて下さい

みなさま、こんにちは。

支払手形や期日指定支払(振込)で20日締め、翌月16日起算、サイトは120日、支払日16日というような条件があるのですが、あまり理解できないので
どうか助けて下さい。

普通企業の締め日と起算日はいっしょにしないものなのですか?
20日に締めたら、その日を起算日にした方が楽なような気がするのですが。

またサイトが120日にもかかわらず、支払日が16日とあれば、支払日が優先
されるのでしょうか?
2月のように短い月を含む時は計算が大変そうですね・・・

どんなことでも結構ですので、教えて下さい。
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

>支払手形や期日指定支払(振込)で20日締め、翌月16日起算、サイトは120>日、支払日16日

例えば、3月10日に\100、同月15日に\200の取引があった場合、20日で締めます
ので翌月4月16日に\300の支払手形を振り出します。(支払手形で支払います)
また、サイトが120日なので8月16日に取引銀行の口座から\300引き落とされます。
それから「支払日16日」というのは「翌月16日起算」とイコールじゃないですか?

>普通企業の締め日と起算日はいっしょにしないものなのですか?

起算日の意味をどうとらえていますか?
例えば、末締め翌月末現金振込、という支払条件なら実質30日サイトの期日支払
と同じですから、締め=起算日になるでしょう。
支払手形の場合だと振出日=起算日ですね。先ほどの例なら16日が振出日です。
(通常、手形による支払日=振出日になると思います。)

>またサイトが120日にもかかわらず、支払日が16日とあれば、支払日が優先
>されるのでしょうか?

これはおそらく何かの間違いでしょう。

>2月のように短い月を含む時は計算が大変そうですね・・・

通常、30日を1ヶ月とします。企業によっては実日数による計算を行うところも
あります。

>支払手形や期日指定支払(振込)で20日締め、翌月16日起算、サイトは120>日、支払日16日

例えば、3月10日に\100、同月15日に\200の取引があった場合、20日で締めます
ので翌月4月16日に\300の支払手形を振り出します。(支払手形で支払います)
また、サイトが120日なので8月16日に取引銀行の口座から\300引き落とされます。
それから「支払日16日」というのは「翌月16日起算」とイコールじゃないですか?

>普通企業の締め日と起算日はいっしょにしないものなのですか?

起算日の意味をどう...続きを読む

Q月末締めの請求書を送るタイミングについておしえてください。

月末締めの請求書を送るタイミングについておしえてください。
月末締めで請求書を送る場合、その月の末日までに請求書を送るのが普通でしょうか?
翌月になってからでもよい場合、翌月の何日頃までに送るのが一般的ですか?

例えば、5月末締めの場合、
「5月31日必着」や「6月1週目くらいまでOK」などのご意見が欲しいです。

相手会社から特にルール指定がない場合の一般的なご意見をお願いします。

個人事業を営んでいますが、毎月納品確認がギリギリになるものあり、
翌月の月初になってしまいます…。これは失礼なことでしょうか?

よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

>月末締めで請求書を送る場合、その月の末日までに請求書を送るのが…

月末締めの意味は、月の末日の取引分まで記載すると言うことです。
したがって末日に送るというのは事実上不可能です。

>翌月になってからでもよい場合、翌月の何日頃までに送るのが…

月末の翌日以降、請求書ができ次第なるべく早くということです。
個人事業レベルなら最大 1週間もあればじゅうぶんできるかと思いますけど。

Q期日現金とはどういうものなのでしょうか?

決済条件で

検収月末締翌月末60日手形
検収月末締翌月末60日期日現金

とあります。

ここでいう期日現金とは、どういうことなのでしょうか。

仮に60日後に現金ということであれば、
検収月末締翌月末60日期日現金といわずに
検収月末締翌々々月末現金でもいいのではないでしょうか。

または期日現金とは、手形のように銀行がその60日間、
いかなる場合も保証してくれるという意味なのでしょうか。

また単純な質問ですが、ここでいう期日とはどういう意味なのでしょうか。


有識者の方、ぜひともお答え下さる様よろしくお願い致します。

Aベストアンサー

手形を発行するにあたって、当然負担が発生します。(発行事務、用紙代、管理、印紙税負担等)それを削減するために近年は大手企業を中心に「手形決済」から「期日現金支払」へ変更するところが増えているようです。

>ここでいう期日現金とは、どういうことなのでしょうか。
>ここでいう期日とはどういう意味なのでしょうか。
手形を発行しないが手形を発行したと同じ効果を持たせるため、90日後とか120日後などの決められた期日に代金として現金を銀行振込みする、ということです。信用取引のうえ成り立つ性格のものですが、やはり力関係が背後にあると言えます。

>または期日現金とは、手形のように銀行がその60日間、いかなる場合も保証してくれるという意味なのでしょうか。
=してくれません。

期日現金支払は手形とはちがって、割引きや回し手形ができないデメリットがあります。
でも、「ファクタリング会社」(売掛債権の支払保証や買取りを引き受けるサービスを提供する会社)を間に挟んめば、期日以前でも所定の手数料を払えば代金を受け取ることもできます。(手形割引きに該当します)
ファクタリング会社は大手都市銀行系の6社が主力で、銀行に問い合わせれば教えてくれます。

このような意味でも取引先が支払い条件を変更してきた時点でその背後にある事情を掴むのは重要なことだと思います。

因みに建設業界では下請業者利益保護のため手形支払から期日現金支払の変更は禁止事項です。(下請法)

手形を発行するにあたって、当然負担が発生します。(発行事務、用紙代、管理、印紙税負担等)それを削減するために近年は大手企業を中心に「手形決済」から「期日現金支払」へ変更するところが増えているようです。

>ここでいう期日現金とは、どういうことなのでしょうか。
>ここでいう期日とはどういう意味なのでしょうか。
手形を発行しないが手形を発行したと同じ効果を持たせるため、90日後とか120日後などの決められた期日に代金として現金を銀行振込みする、ということです。信用取引のうえ成...続きを読む

Q金融機関の「振込翌日扱い」はいつ入金されるですか?

金融機関によって、午後○○時以後の振込は翌日扱い
となってるですが、実際に相手口座に入金されるのは翌
日どういう時間帯でしょうか?
日付変わった時点とか、朝3時ごろとか、いろんな話を
聞いたことあるですが、ご存知の方教えて頂けますでしょうか?
宜しくお願い致します!

Aベストアンサー

翌日ではなく、現実は翌営業日ですね。
土日祝日の銀行取り扱いはありませんので。

振込みの場合、相手先銀行の営業が開始されるまで、着金にはなりません。
処理状態によるとは思いますが、翌営業日の午前中くらいと言うことでしょう。

通常の窓口振込みで翌朝3時はまずありません。

朝3時に入金になるようなものは、予約振込みのもので、大体5営業日前位に振り込み日指定で電算登録(コンピューター登録)で登録されたものです。
ただ、この場合でも3時に入金になるというのも銀行によって変わります。
三井住友銀行だと結構早い時間に振込みになる事もありますが、銀行によっては朝8時半過ぎ、9時などに入金されたりします。

Q請求書の支払い期限について

請求書に記載する支払い期限についてのルールまたは常識を教えてください。請求書の発行日または到着予想日から何日くらいの猶予を持って支払い期限を設けるのが適当なのでしょうか。30日とか45日とかを頻繁に見かけるようですが何かルールがあるのでしょうか。
ご助言お願いいたします。

Aベストアンサー

取引相手によって期限の定め方が異なると思います。
企業相手の取引などでは大方相手方の支払いサイトによることが多いと思います。
個人相手の取引では大方請求書が届いてから2週間から1ヶ月の期限を定めているところが多いいようです。

支払期限のルールは中小企業法で6ヶ月以内と定められているようですので、
その期限内で支払がされれば法律に抵触することはありません。

私の経験から企業相手の支払いサイトは
請求書締め日後30日~60日が多く、
最近の傾向は、支払サイトが30日以上に伸びる傾向があります。
企業相手の取引では相手方の支払いサイトにあわさせざるを得ない場合があります。

Q土日が銀行引き落とし日になった時、翌日の月曜日になりますが、振込が土日

土日が銀行引き落とし日になった時、翌日の月曜日になりますが、振込が土日になった場合も月曜日に振込まれますが、その場合どちらが先になるのでしょうか?

Aベストアンサー

振込み予約や引き落とし予約がされている場合、入金が先で出金が後のようです。ただ、、、引き落としは朝一作業だけではなく、残高不足の場合は何度も確認されていますので、その日の内に入金されれば問題は無いはずですよ

Q契約書の印紙の消印は、甲乙2社が押すべき?

契約書の印紙の消印は、甲乙2社が押すべきなのでしょうか?
片方が押せばOKなのでしょうか?

Aベストアンサー

印紙の消印については、最初の回答者の述べるとおりだ。片方でよい(印紙税法基本通達64条)。印紙税法3条2項に定める連帯納税は、いずれかの者が全額を納税すればよいことを意味するのだから、ここからもいずれかの者が消印をおこなえばよいと結論づけることができる。社会通念上もこれで足りる。

なお、印紙を押印により消すことは、正確にはご質問のとおり消印と呼ぶ。割印ではない。また、契約書に貼付して印紙税を納税する場合の印紙については、消すことが法律上義務付けられている。「押しても押さなくても良い」にも「押してはいけないものもある」にも該当しない。

Q相殺の領収書について

当社からA社に60000円の請求があります
A社から当社には10000円の請求があり
相殺でということで50000円の振り込みがありました

A社からは10000円の相殺分の領収書が届いており
本日当社にも10000円の相殺分の領収書を発行願いますというFAXがきました。

いままで相殺はあまりしたことはなく
領収書の発行もしたことはありません

同じ額の領収書が行き来するのは変ではないですか?
頭がこんがらかってしまいました

どなたか教えてください

Aベストアンサー

本来は6万円の領収書を発行するところでしょうが
振り込み分(5万円)は領収書が不要で残りの1万円
分の領収書を発行すればよいのでしょう。

Q「お取引先様各位」は正しいですか?

多数の取引先に対して通知文書を発行する際に、「お取引様各位」という宛名は正しいのでしょうか?
「お取引様」で「様」をつけて、更に「各位」とつけると重複するような印象を感じたのですがいかがなものなのでしょうか?(○○各位殿 みたいな印象)
過去の回答に「お客様各位」という使い方があるようなことがあったのですが、「お客様」は客+様じゃなくて「お客様」という代名詞のような扱いなのかしら・・?と思ったりしたので新たに質問させていただきました。
ネット検索したのですが、まちまちなので・・
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

難しいですよね。
「お取引先 各位」「お得意先 各位」のレベルでよい、とは思いますが・・
「お取引先様 各位」はちょっと「くどい」感じを受けますね。
「各位」には、ある程度の「敬称」を意味として含んでいるはずなので、失礼ではないように思われます。
バカ丁寧な宛先の書かれた文書にも拘らず、内容が「支払いの督促」だったら、意味ないですしね(笑)

「お客様 各位」は、対象がいわゆる「ビジネスの相手」ではなく、不特定多数の客なので、おかしくはないでしょう。
「お客様へ ~ お知らせ」でもいいわけですし。

その他のいろいろな、ビジネス文書の記入方法をまとめたページを見つけました↓ので、ご参考に・・

参考URL:http://www.ddart.co.jp/businessletter.html

Q日曜って銀行振り込みできますか?

 土日祝日って銀行振り込みできますか?
 あとやっぱり平日でも振込みができるのって5時までですか?

Aベストアンサー

 他の方が答えているとおり、普通の銀行は送金手続きは出来るけど、着金は翌営業日(月曜)と言うのが普通です。平日の午後3時以降の扱いも同じで、送金手続きは出来るけど、着金は翌営業日。

 ジャパンネットバンクは、ジャパンネットバンクに口座を持つ同士。郵便局は、郵便局に口座を持つ同士の振り込みは、土日祭日に付いても平日と同じく、振り込みと着金が即日に実施されます。


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング