初めて利用させていただきます。
私はある代理店から車を購入しました。前の車の保険が切れてしまう日から代車を貸して頂いています。ただそれは、一般の代車ではなく、ある営業マン個人の車なのです。そして昨日車の輪留めに前のバンパーがぶつかり、傷を作ってしまいました。(持ち主の方が改造しており、その事で下を擦ると言うよな話は一切聞いて降りませんでした)
そして、同じく昨日その代理店に傷を見せに行くと、私が保障しなければならないので、修理代は払うようにとのこと。
納得いきません。私が自ら個人の車を代車として欲した訳ではなく、代理店の都合で勝手に個人の車をよこして、尚且つ「あくまでも個人の車なので修理代をお支払い下さい」とは。
しかも、代車の受け渡しの時に保険の事などの説明も一切受けていません。

明日購入した車が来る為、再び代理店に行きその話し合いもするのです。
本当に緊急で申し訳ないのですが、私が支払うべきなのかどうか、法律関係に詳しい方、是非教えて下さい。宜しくお願いします

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (2件)

1の方と同じく 賠償する必要はあります。



>私が自ら個人の車を代車として欲した訳ではなく、代理店の都合で勝手に個人の車をよこして、尚且つ「あくまでも個人の車なので修理代をお支払い下さい」とは。
しかも、代車の受け渡しの時に保険の事などの説明も一切受けていません。

会社の車だったら賠償する必要は無いとお考えですか?
代車はあくまでも あなたの都合で”貸してもらった”わけです。
個人の車が嫌ならば借りなければいいのです。

保険についてもあなたが確認する必要があります。
これは運転者としてあたりまえの事です。

自分勝手な考えは 改めるべきです。
    • good
    • 0

残念ながら修理代は払う必要があるでしょう。

代車が会社のものか個人のものかはこの際関係ないと思います。
代車なら傷つけても盗難に遭っても事故を起こしても車の販売会社(代理店)が責任を持つということはありえません。代車を借りるとき、自分の保険は切れているので万が一の場合は販売店の保険でカバーしてくださいと申し出ましたか?

これまで車を持ったことのない人(勿論保険にも未加入)が納車までの間、車を貸してもらうことがあるとすれば、保険が無い旨断り、対人、対物、自損保険は販売店が支払う(加入している)ことを確認しなければ、運転することが出来ないでしょう(するべきではない)。
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q個人事業の 確定申告の やり方が よくわかりません どのように したら よいですか

個人事業の 確定申告の やり方が よくわかりません どのように したら よいですか

Aベストアンサー

勉強すれば分かります。
誰でもやってる事だから。


確定申告とは?初めての方に1から分かりやすく説明
http://biz-owner.net/kakutei/hajimete

白色申告での帳簿づけの方法
http://biz-owner.net/shiro/yarukoto

国税庁>…>事業主と税金
http://www.nta.go.jp/taxanswer/shotoku/shoto316.htm

頑張って下さい。v(^^;

Q夫婦で共同の財産ではなく、個人的な財産はあくまでも個人のものでいいでし

夫婦で共同の財産ではなく、個人的な財産はあくまでも個人のものでいいでしょうか??

夫や妻が死にそうな時に相手は財産がありませんでした、という時どうなるのですか??


それで何の助けもせず死なせた場合何か罪に問われるのですか??

罪になる場合、それが夫婦だからですか??
夫婦でなければ罪にはならないですか?!

Aベストアンサー

個人的な財産はあくまでも個人のものです。
結婚する前から有していた財産などがこれに当たります。
結婚後に得た財産は、通常は夫婦が協力して得た財産は通常は共有財産となると思います(学説は色々ありますが、少なくとも離婚の際の財産分与の対象になります)。
婚姻の際に夫婦財産契約を締結した場合には、その契約の内容次第だと思います。

相手が死にそうなときに相手には財産がありませんでした、というのは質問の趣旨がいまひとつ分からないのですが、医療費は日常家事債務にあたり、連帯責任となるので他方配偶者にも支払い義務が生じます。

夫婦には扶助協力義務があるので、何もしないで死なせた場合には、保護責任者遺棄致死罪に問われる可能性があると思います。
夫婦でなくとも、病者を引き取り自宅に同居させたときは、病人が保護を必要とする限り継続して保護すべき義務が生じるなど、一定の場合によっては保護責任者になるので、一概には言えません。

・・・そもそも何を求めて結婚するのでしょうか。

Q副業での個人事業の場合、屋号名義と個人名義で2種類確定申告が必要ですか?

教えて下さい。 昨年、週末副業で個人事業を始めました。これまでの給与所得者(不動産収入ありで毎年確定申告)としての個人名義での確定申告と、開業時に届け出た屋号名義での確定申告の、2通(種類)の「確定申告書B」を提出する必要があるのでしょうか? それとも、合算してひとつの「確定申告書B」を提出すればいいのでしょうか?

Aベストアンサー

確定申告は個人名で行うので、確定申告書は1通です。
所得額は、個人の所得全てを合算して計算するので、事業単位に決算書を作成して、確定申告書に所得額(給与・不動産・副業)を記入し、合算して算出します。

Q法定代理と110条の基本代理権その2

判例が「基本代理権」に法定代理を含むとしたことで、ハードルが高くても、適用の余地を残していると思われますが、このことの理由がよく分かりません。
そうすることが、妥当な結論であるということだと思いますが、(1)法定代理人であれば、不当なことはしないであろうという相手方の信頼を保護する必要性、(2)法定代理が私的自治の補充ということで、本人の利益(保護)にあるのに対して、相手方を保護する手段がない場合には、本人と法律行為をする人がいなくなってしまい、却って本人の利益にならないということが背景にあるのでしょうか?

Aベストアンサー

判例は、実質的に「正当な理由」で精密に審査するのを良しとするのであって、「基本代理権」の要件の方では特に絞らない方向性だと思う。近年の判例では、保険の勧誘代理という事実上の事務を任せられていた者にも「基本代理権」ありとしたものがあり、それとも整合性がいくであろう。

だから、(1)(2)もどちらも間違っていないとおもわれるが、そういう理由について詳しく述べている本はないであろう。


なお、公法上の代理権は基本代理権でない。という古い判例があるが、あれは特殊事案である。(寝たきりの母親(本人)が、看病をしていた息子に印鑑証明書の発行の代理をまかせていたところ、住む家を売却されたという事案。)
判例は母親を勝たせたかったから、「公法上の代理権は基本代理権にあたらず、110条は成立しないとした。」
しかし、権利外観法理が確立した現在では、かようなことをせずとも、本人に帰責性なし。で処理できたはずであり、結論は妥当だが、論理的ではないとい批判の対象となっている。

Q個人事業の確定申告とその事業主の確定申告

初めて質問させて頂きます。ご回答よろしくお願い致します。
■今年春より個人開業したいと思いますが、確定申告についてお尋ねします。事業所得と個人所得があると聞きましたが・・・。

■確定申告は、その個人事業所の「事業所得についての確定申告」とその個人事業所より給与をもらっている「個人(開業者本人)の確定申告」をしなければならないのでしょうか。

■年間売上が何千万となる可能性はなく、数百万でもどうか・・といったところです。したがって事業所得から従事者個人(開業者本人1名)の給与を経費として差し引くと事業所得はほとんど残らないことになりますが・・・。

■それであれば、事業所得の確定申告は不要で、その個人所得のみを確定申告すれば良いのでしょうか?それとも個人事業所はその開業者個人と一体と見なし、個人所得の確定申告だけで良い・・ということなのでしょうか?ご回答よろしくお願い致します。

Aベストアンサー

>事業所得と個人所得があると聞きましたが…

誰に聞きましたか。
そのような考え方はありません。

>その個人事業所の「事業所得についての確定申告」とその個人事業所より給与をもらっている「個人(開業者本人)の確定申告」を…

そのようなことはありません。

>事業所得から従事者個人(開業者本人1名)の給与を経費として差し引くと…

自分で自分に給与を払うことはありません。
事業で得たお金を生活費に回すことは「事業主貸」と言い、給与ではありません。

>それとも個人事業所はその開業者個人と一体と見なし、個人所得の確定申告だけで良い…

そういうことです。

税金について詳しくは、国税庁の『タックスアンサー』をどうぞ。
http://www.nta.go.jp/taxanswer/index2.htm

Q代車のレンタカーに擦り傷があり、免責を支払えと言われて

代車のレンタカーに擦り傷があり、免責を支払えと言われて
困っています。

駐車場でドアをぶつけられて修理にだしました。

相手の100パーセント過失で保険で治すということです。

代車で使用した車がレンタカーで、返却時に擦り傷があり、

免責5万円の支払いを請求されて、困っています。

自分の車の傷も気づかないくらいの小さなもので、修理の必要もなかったし、

代車がレンタカーというディーラーの説明もありませんでした。

そもそも、迷惑したのは私です。

先方の保険会社は、私の車の修理費用は認めるけれども、

レンタカーの免責5万円は関係ありません、ということです。

私はレンタカーを貸してくださいと頼んでもいませんし、

借用の契約もしていません。

勝手に代車をよこしたディーラーを訴えてもいいものでしょうか?

ぶつけられて迷惑をうけた私が支払うのは納得いきません。

その場で これくらいの傷は気にしませんよ、と 修理なんか

しなければよかったと思います。

どなたか、よい方法を教えてください。

Aベストアンサー

レンタカーは原則、契約を交わした者すなわち借りた人や
会社との契約になります。この場合は個人や団体に関わらず
「第三者への又貸し」は規約違反条項にあると思います。

またレンタカー所有、貸し出したリース会社が本当に
請求したか否かも不明ですし前の条項に違反している事実の確認
なども必要です。至急、リース会社の問い合わせと連絡を
した方が良いですね。それで連絡先やリース会社を教えない時は
不当な感じが大いにあると考えます。

当たり前に言えば、あなたと貸し出した者との貸し借りについての
契約は書面などで交わしていないと思います。

貸借は、実際にあなたと車屋の間に発生したことになり
責務は確かに当事者同士のやりとりですが、この場合は勝手に
又貸しした車屋にも責任は生じています。

万が一、あなたも代償を支払いが生じるならば車屋も
リース会社には半分は責任があると考えます。

あまりにも一方的にあなただけに責任を押しつけているので
あれば、リース会社の確認とリース会社の見解や意見などを
正確に確認して、同時にあなたの意向をリース会社にも述べる
べきです。

そもそも該当の傷についてはあなたの責任において
できた傷かも不明ですし、確たる証拠も無いはずです

リース会社など貸し出し時に借り主に立ち会ってもらい
あらかじめ傷の有無や傷や不都合のある箇所を確認してもらい
そして借り主の署名を頂きます。

あなたが借りたときにそのような事実はあったのでしょうか?

もしそのような事実がなければ一方的な言いがかりになります。
場合によっては「詐欺」などの犯罪行為に該当するかもしれません

ちなみに保険会社の見解や対応はその通りであり、
立場的に考えても関与できないものでしょう。

レンタカーは原則、契約を交わした者すなわち借りた人や
会社との契約になります。この場合は個人や団体に関わらず
「第三者への又貸し」は規約違反条項にあると思います。

またレンタカー所有、貸し出したリース会社が本当に
請求したか否かも不明ですし前の条項に違反している事実の確認
なども必要です。至急、リース会社の問い合わせと連絡を
した方が良いですね。それで連絡先やリース会社を教えない時は
不当な感じが大いにあると考えます。

当たり前に言えば、あなたと貸し出した者との貸し借りについて...続きを読む

Q個人での確定申告・・・

派遣で働いているものですが、派遣会社へ期限内に確定申告書を送付することが出来ませんでした。
その場合、来年一月下旬に個人で確定申告をすることになっています。
個人での確定申告って難しいものですか?
経験された方の経験だどお教えください。

Aベストアンサー

個人での確定申告は簡単です。

通常は以下のURLからパソコンで書類作成をクリック後、書面提出をクリックして、『既にご利用環境を確認済みの場合、こちらのチェックボックスから全ての項目に一括でチェックを入れることができます。』の下の以下のチェックボックスにチェックを入れ、

□このパソコンの環境における、下記のチェック項目については、全て確認済みです。

書類を作って印刷し、役所へ持っていくだけです。

https://www.keisan.nta.go.jp/h24/ta_top.htm

Q強制執行、差し押さえ。財産、勤務先などは一切、不明。(弁護士など法律家を一切立てず、自分一人で裁判、手続きを行う場合)

強制執行、差し押さえについて。相手の財産、所得、勤務先などの情報は一切、不明。(弁護士など法律家を一切立てず、自分一人で裁判、手続きを行う場合)

(1)裁判、手続きを全て自分で行い、かつ、相手の財産、所得状況がまったくわからない場合、
強制執行、差し押さえは可能なのでしょうか。
裁判所に申請するだけで、裁判所もしくは該当機関があいての財産、所得状況を調べてくれるのでしょうか。

(2)裁判、手続きを全て自分でする場合。
強制執行、差し押さえをしたいが、相手の財産、所得状況や、勤務先がわからない場合、
どういった方法で調べることができますか。

(3)裁判、手続きを全て自分でする場合。
強制執行、差し押さえ、資産の売却などは自分でするのでしょうか。
裁判所などどこかの機関がしてくれるのでしょうか。

Aベストアンサー

(1)調べてくれない。したがって強制執行はできない。

(2)ケースバイケースだろうから、ここで一般論を答えられる人はいないと思う。
勤務先を調べるなんて、その人を知っている人に聞くか、自分で尾行でもするかだね。

(3)強制執行等は自分ではできない。申し立てによって裁判所がやる。

この辺で概要がわかるよ。
http://www.courts.go.jp/saiban/syurui/minzi/minzi_02_01.html

Q個人事業主で給与所得者の確定申告について

現在給与所得者にして、個人事業も行っているものです。
税務署に青色申告の申し出は行ってあります。
この場合、確定申告に必要なのは確定申告書Bのみでいいのでしょうか?

市販の確定申告ソフト(やよい)を使用したところ、給与所得に対応する入力が見つからなかったので、多少困惑しています…。

よろしくご回答をお願いいたします。

Aベストアンサー

>確定申告に必要なのは確定申告書Bのみでいいのでしょうか…

「青色申告決算書」が必用です。
http://www.nta.go.jp/tetsuzuki/shinkoku/shotoku/yoshiki01/shinkokusho/13.pdf

あと、給与の「源泉徴収票」や、生保などを掛けているならその「控除証明書」なども。

>市販の確定申告ソフト(やよい)を使用したところ、給与所得に対応する入力が見つからなかったので…

それは、「青色申告決算書」を作成する過程でしょう。
事業所得と給与所得とは、青色申告決算書ではなく「確定申告書 B」で合算します。

Q養育費を一切支払わないと言われました・・・(長文です)

離婚をすることになり、離婚前に子供(7ヶ月)の養育費と面会について
公正証書を作ろうと思っていたのですが、今日あった話し合いの場で
夫と夫の実家の家族から、「子供には今後一切会わない。だから養育費も支払わない」
と言われました。私は現在無職で、時期柄、保育所にすぐ入れる保障もありません。
離婚の際の財産分与としては、子供名義の預金100万円と、夫婦の預金を折半した50万円です。
義父は、子供名義の100万円を養育費として見てくれと言っています。
「その提案を受け入れなければ、調停をする。調停になればアンタは絶対負けるよ?」
(産後、体調が悪かったので家事が疎かになってしまっていた事だと思います)
「養育費を払うくらいなら、子供はこっち(義父母)が引き取る。裁判してでも親権はもらう」
とも言われ、とても不安でなりません。
夫は「子供の記憶の中から俺を消したほうが子供のためだ。養育費なんか払っていたら
こっちだって忘れられなくなる」と言っています。
離婚調停で、親権が脅かされるくらいなら先に離婚して、時間を置いてから
養育費の請求の申し立てをした方がいいのかとも思いますが
養育費の取り決めは離婚前にしておいた方がいいのでしょうか?
また、調停や養育費の支払い申し立てをした場合、義父母も同席したりするのでしょうか?
本当に切羽詰っています。どうか宜しくお願い致します。

離婚をすることになり、離婚前に子供(7ヶ月)の養育費と面会について
公正証書を作ろうと思っていたのですが、今日あった話し合いの場で
夫と夫の実家の家族から、「子供には今後一切会わない。だから養育費も支払わない」
と言われました。私は現在無職で、時期柄、保育所にすぐ入れる保障もありません。
離婚の際の財産分与としては、子供名義の預金100万円と、夫婦の預金を折半した50万円です。
義父は、子供名義の100万円を養育費として見てくれと言っています。
「その提案を受け入れなければ、調停を...続きを読む

Aベストアンサー

子供は実の父親、母親に扶養してもらう権利が民法で規定されており、判例によりこれは非常に強い権利となっています。またこの扶養を受ける権利は処分できない、つまりたとえ父親や母親の間で約束を取り交わしてもその約束は無効で、扶養する義務を逃れることは出来ないとまで民法で規定しています。

なのでどんな弁護士がついても到底養育費を支払わなくても良いという方向に持っていくことは出来ないでしょう。
また子供をどちらが引き取るのかという点については、子供にとって一番良い形を選びます。
お子さんが小さく、これまで育児を母親が主体となって進めていた場合には、環境変化が小さくなるように母親に親権を与えるのが普通です。
これも覆すのは用意ではないでしょう。

以上のことからまず話し合いがつかないようであれば、裁判所に調停を申し立ててください。
相手もいきなり裁判は出来ませんのでまずは調停になります。
(調停前置主義といい、調停が不調に終わって初めて提訴できます)


人気Q&Aランキング

おすすめ情報