印刷していて思ったのですが、なんか不思議な気がしました。インクジェットプリンタはどの様に印刷しているのでしょうか?
いまだに、モニターに画像が映る仕組みも理解していないのですが(笑)、理工の知識をもってない素人にもわかるように説明していただけるとありがたいです。宜しくお願いします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (5件)

再回答です。


どうでも良いですが、今日は寒いですね。ここには暖房器具がなくてふるえてます。

Q/すると、エプソンはうるさいけどキャノンは静かってことになるんでしょうか?

A/そうですね。エプソンは最近のモデルはかなり静音になっていますが、やはりキャノンなどに劣ります。それは印刷の仕方が異なるためです。

Q/ノズルはどれほど小さくてどれほどの数がついているのでしょうか?

A/最新のプリンタでは一色(カラー)あたり96ノズル(エプソンの最上位)、512ノズル(キャノン最上位)292ノズル搭載(HPプリンタの最上位)とされています。
一色あたりですから、
HPなら×3色カラー+モノクロ(モノクロも確か同一)
エプソンなら×6色カラー+モノクロ(モノクロも同一)
キャノンなら×5色カラー+モノクロ(モノクロも同一)
となります。

Q/すごい針よりも細いもの、髪の毛のようなしんをイメージしているのですが、実際はどのようなものですか?

A/エプソンのプリントカートリッジにはヘッドは付いてませんでしたよね。HP製プリンタなどにはインクカートリッジにヘッドが一体化されているのですが、穴は当然見えません。
サイズとしては、0,xxマイクロメートル以下の単位でしょう。一回のインクドロップ(インク粒の放出)に使われるインク量はだいたい2~5ピコリットルとなりますから、このぐらいのサイズですね。

Q/小さい穴がなにかに開けられており、そこからインクが噴出されるんでしょうか?

A/そうです。印刷用のヘッドにミクロン単位の穴があります。そこからインクを放出します。
ミクロ単位で作られているため、インクの粒子も決められたサイズでないとヘッドが目詰まりすることがあります。
(だから、純正インクを推奨するメーカーが多いのです)

ちなみに、インクもエプソンとHP、キャノンは異なります。HPやキャノンは顔料系インクを使っており、耐水性に強く耐光性も高いです。特に専用紙、普通紙に限らずそこそこ綺麗に印刷できます。(HPは全機が採用、キャノンは一部旧機種などで染料)
これは、レーザープリンタなどでも使われます。

対して、エプソンは染料系で耐水性に弱いが専用紙を使うと顔料系より遙かに綺麗という特徴があります。その反面浸透率が高いため、普通紙などではにじみやすいなどがあります。(エプソンのビジネス向け上位機を除く)

ご存じでしたか?
    • good
    • 0
この回答へのお礼

>ご存じでしたか?
いや、ゼンゼン知りませんでした!すごく勉強させて頂きました!ありがとうございます!
>どうでも良いですが、今日は寒いですね。ここには暖房器具がなくてふるえてます。
 今日はマジで寒かったです、。ここには暖房機はあるのですがつけてません(笑
服と靴下を着れば耐えれるので、、。
ついに六甲山に雪がかかりました(僕は神戸に住んでるのです)
いよいよ冬が本格的ですね。寒いけど、季節を楽しみましょう!
ありがとうございました!

お礼日時:2001/12/22 20:56

どのように印刷ですか・・・


そうですね。
まず、パソコンソフト上でイメージを私たちが形として作成しますよね。
その画像を印刷する命令を出します。
すると各プリンタドライバがその画像や文字情報をプリンタのカラープロファイル(色表現情報)を元にプリンタ印刷に合った画像に変換します。
これはドライバ側もしくはプリンタ側で処理されます。

処理された画像はプリンタに転送されます。
(処理の一部はプリンタで行われます)
ここで作成させる情報はたとえば右端から何番目は何色と何色をどのくらい混ぜ合わせなさいと言う命令で構成されます。(これでデジタル情報ですから0,1の2進データですけどね)
その情報を元に今度は
プリントヘッドにどのインクをどの程度どこで出しなさいと言う命令を出します。

そして、プリントヘッドがその情報を元にドットあたりのインク量と色の種類を調節しながら印刷します。


とりあえず、参考サイトをご覧ください。キャノンのBJプリンタ(ピクサス)の仕組みです。
http://www.canon.co.jp/technology/basic/index.html
(参考サイトを直接見られないときは上を)
これでいかがでしょう。

ちなみに、K-1さんがおっしゃるもの「バブルジェット」これはキャノンの商標です。
発熱によってインク滴を気泡化して泡を弾いてインクを吹き付けるのですが、これはサーマルインクジェット(HPの商標)でも利用しています。

対して、エプソンは振動型となります。


もし何かあれば補足を・・・

参考URL:http://www.canon.co.jp/technology/basic/bj_print …
    • good
    • 0
この回答へのお礼

>発熱によってインク滴を気泡化して泡を弾いてインクを吹き付けるのですが、これはサーマルインクジェット(HPの商標)でも利用しています。
対して、エプソンは振動型となります。
 なるほどです。すると、エプソンはうるさいけどキャノンは静かってことになるんでしょうか?僕のエプソンはガックンガックンゆれて、うるさいです(笑)結果は綺麗に印刷できるんですが、、。
>もし何かあれば補足を・・・
ご親切にありがとうございます。
では、。ノズルはどれほど小さくてどれほどの数がついているのでしょうか?下の方の回答で、点描画という表現がなされていたのですが、すごい針よりも細いもの、髪の毛のようなしんをイメージしているのですが、実際はどのようなものですか?むしろ小さい穴がなにかに開けられており、そこからインクが噴出されるんでしょうか?

お礼日時:2001/12/22 15:26

こんにちわ。

某OA機器サービスマンです。
インクジェットの構造は先に回答していただいた方のとおりです。

それでどうやって絵柄が印刷されるかというと、よく美術の授業で点描写という絵の描き方があった事を覚えていますか?
つまり「点」を繋げれば「線」になり。集めれば「絵」になるというものです。
パソコンは、印刷したいものをすべて「点」と「色」に分解し、縦軸と横軸の座標をプラスしてプリンタに指示します。プリンタのインクは、「黒、赤、青、黄」で、紫の場合は「「赤」+「青」を併せて噴射しなさい」という命令をします。
それで1枚の画像が印刷されます。また、カラー印刷に時間がかかるのは、点で印刷していることと、同時にインクを混ぜると互いの色が混ざり汚くなるので数回に分けて同じところを印刷するので遅いのです。
最近は「フォトインク」なるものがあり、「3色」→「5色」のカラーインクもあり、これは色の微妙な調整ができるので、デジカメや写真の印刷は綺麗にできます。

また、文字はパソコンの中に「文字コード表」という1文字のデータがあります。これはどの機種も統一されており、この文字コードを座標とともにプリンタに指示するとプリンタ内部の文字コードに併せ印刷します。指定フォントの場合は、文字コード+指定フォントの補正部分を指示します。
パソコンもプリンタも文字コードを持っていて、点ではなく番号で連絡するのでカラーより早いのです。

しかし、ネット画像とかの画像交じりの文字の場合は、カラーと同じ点描写印刷なので、「文字」というより「絵」として判別されます。(ハードコピーとか)

長くなりましたが、いかがでしたか?
    • good
    • 0
この回答へのお礼

>長くなりましたが、いかがでしたか?
かなり来ました!ガシャーン!(くだらない表現ですが、、)というかんじで、大まかを理解できました。よくこのようなものをつくれたものだと、感心しています。ありがとうございました!

お礼日時:2001/12/22 15:16

基本的には、小~さなノズルがたくさんついていて「ここではこの色を紙に吹き付ける」みたいな細かい作業をしていると思えばいいのではないでしょうか。

あとはどうやってノズルからインクを出すかに何種類かあるのだと思います。

参考URL:http://www.zdnet.co.jp/special/0111/printer_03_0 …
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご回答ありがとうございます!
>小~さなノズルがたくさんついていて
 すごい小さなノズルがイメージされているんですが、やはり、噴射したしずくで描いているのであればかなりの、かなりのものですよね。
たいへん参考になりました!参考URL、ありがたくいただきます!

お礼日時:2001/12/22 15:14

要はインクを霧吹きのように噴出させているわけですが、


この噴出法に何種類かあります。
1)ノズル部分を熱すると気泡が発生する。
  この圧力でインクを出す。
  「バブルジェット」とも呼ぶ。
2)ノズル部分に電気で振動する金属が仕込んである。
  この振動でインクをだす。

基本的にはこんなものでしょうか。

この回答への補足

早速のご回答ありがとうございます!
インクが出る。そして、何故あのような文字や、絵、図の形が印刷されるんでしょうか?型紙があるわけでもないし(笑)
もしよろしければ、もう一度お願いしてよろしいでしょうか。

補足日時:2001/12/22 14:38
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qレーザーとインクジェットプリンターの違いとは?

初歩的な質問で恐縮です。自分でも調べたのですがなかなか難しくわかりません。どうか噛み砕いて教えてください。レーザープリンターとインクジェットプリンターそれぞれの特徴と、お互い比較して勝っている点、劣っている点教えてください!

Aベストアンサー

 構造的な特徴はすでに述べられているので割愛。

 レーザープリンタは普通紙を主な印刷用紙とします。そのため、印刷コストはインクジェットよりも安価で、普通紙へのモノクロ印刷ではインクジェットを上回る鮮明さを発揮します。カラーの場合でも写真レベルでなければかなり鮮明な印刷が可能です。
 ただし、プリンタの構造上ラベル用紙などのバリエーションは少ないです。
 本体の価格もインクジェット並のものが近年登場しています。消耗品は相変わらず高価で、本体価格の半分位するものもありますが、その分一回の交換で大量印刷が可能です(大抵A4版で6000枚程度)。
 欠点は機体が大きいことと、消費電力でしょうか。もっともコスト計算には含まれていますが、原則としてアースが必要になりますので、場合によっては設置費がかかることもあり得ます。
 トナー+普通紙の組合わせと云うことで、耐水性はありませんが屋内で保存する分にはかなり長い期間の保存が可能でしょう。

 インクジェットの場合は、基本的に専用紙、または専用に加工された用紙を使いますので、どうしてもランニングコストがかかります。ただ、用紙のバリエーションは豊富です(顔料系インクを除く)。
 総じて小型ですが、インクの耐用期間が比較的短く(大抵半年程度)、一回の交換で印刷できる枚数もレーザーほど多くないので、印刷枚数が多い場合は頻繁にカートリッジを交換しなければいけなくなります。
 インクの種類によって耐候性や耐水性に差がありますが、写真レベルの印刷には向いています。

 構造的な特徴はすでに述べられているので割愛。

 レーザープリンタは普通紙を主な印刷用紙とします。そのため、印刷コストはインクジェットよりも安価で、普通紙へのモノクロ印刷ではインクジェットを上回る鮮明さを発揮します。カラーの場合でも写真レベルでなければかなり鮮明な印刷が可能です。
 ただし、プリンタの構造上ラベル用紙などのバリエーションは少ないです。
 本体の価格もインクジェット並のものが近年登場しています。消耗品は相変わらず高価で、本体価格の半分位するものもありますが...続きを読む

Qプリンターの仕組み

プリンターの仕組みについて教えてください。

まともな印刷用紙であれば純正用紙以外にもメーカー問わず(コクヨとかフジフィルムとか)どうして一枚ずつきちんと給紙できるのですか?(用紙はメーカーによって材質や厚みが違うはず)

どうして用紙を印刷位置に来るまで用紙を送り、印刷位置が来ると用紙送りをピタッ止めて、その場所にヘッドが印字するということが正確にできるのでしょうか?この給紙ローラーとプリントヘッドの連携プレイはかなりすごいと思うのですが?

プリントヘッドのインク吐出ノズルは肉眼で見る事出来ますか?個人的にはCDやDVDの溝(ピットとランド)のように非常に微小で肉眼では見えないのでは?と勝手に思い込んでしまってますが実際にはどうなのでしょうか?またどのような配列でノズルは並んでいますか?

インクの残量はどうやって調べているのですか?

エプソンのプリンターを現在使ってますが、ノズルの詰まりを確認するために、ノズルチェックプリントを行ったときいつも思うのですが、なぜ斜めの線が印刷されるのですが?ノズルが何箇所くらい詰まっていたらクリーニングを行ったほうがいいですか?

長々となりましたが宜しくお願いします。

プリンターの仕組みについて教えてください。

まともな印刷用紙であれば純正用紙以外にもメーカー問わず(コクヨとかフジフィルムとか)どうして一枚ずつきちんと給紙できるのですか?(用紙はメーカーによって材質や厚みが違うはず)

どうして用紙を印刷位置に来るまで用紙を送り、印刷位置が来ると用紙送りをピタッ止めて、その場所にヘッドが印字するということが正確にできるのでしょうか?この給紙ローラーとプリントヘッドの連携プレイはかなりすごいと思うのですが?

プリントヘッドのインク吐出...続きを読む

Aベストアンサー

>どうして用紙を印刷位置に来るまで用紙を送り、印刷位置が来ると用紙送りをピタッ止めて、その場所にヘッドが印字するということが正確にできるのでしょうか?この給紙ローラーとプリントヘッドの連携プレイはかなりすごいと思うのですが?

実は、用紙の端についてはそんなにすごくないのです。ふちなし印刷では、用紙の端ぎりぎりまで印刷するのではなく、はみ出るように印刷して、はみ出た分はスポンジで吸収しています。

厳密に管理されているのは、ヘッドが横に動くのに対して印刷するタイミング、そして少しずつ紙を送る量です。

特にエプソンのヘッドのノズルは解像度が低いことがわかります。
しかし、印刷の解像度は高いのです。
何をしているかといえば、例えば90ノズルのヘッド(180dpi)を横に動かし1回印刷した後、紙を少し(ヘッドのノズルのピッチの数分の1)動かして、同じ90ノズルをすこしずらして印刷することにより、360dpi、720dpi・・・の印刷が可能となります。当然インクのドットは紙上では重なります(他社プリンタでも同じ)


>プリントヘッドのインク吐出ノズルは肉眼で見る事出来ますか?個人的にはCDやDVDの溝(ピットとランド)のように非常に微小で肉眼では見えないのでは?と勝手に思い込んでしまってますが実際にはどうなのでしょうか?またどのような配列でノズルは並んでいますか?

DVDの場合は、1μmを切るサイズですが、
エプソンのヘッドののノズル径は20μm前後です。
髪の毛が100μm程度ですので、目で見て見えないことはないかと思いますが、有るか無いかわかるだけでしょう。


>エプソンのプリンターを現在使ってますが、ノズルの詰まりを確認するために、ノズルチェックプリントを行ったときいつも思うのですが、なぜ斜めの線が印刷されるのですが?


ノズルチェックは、ヘッドのノズル1つ1つにつき「詰まり」をチェックする必要があります。ノズルは用紙縦方向に並んでいますが、180dpiとか360dpiでならんでいて、そのまま印刷をすると肉眼では判別することができません。


そこで、全体を数(例えば10)ブロックに分け、上から1、1+10、1+20・・・番目のノズルで印刷したあと、ヘッドを横にずらし2,2+10,2+20・・・番目のノズルで印刷し、更にヘッドを横にずらし、10,10+10,10+20・・・番目のノズルで印刷し、全ノズルの印刷状況を肉眼で見えるようにするわけです。

実際のヘッドでは、各色が1列か2列のノズルになって並んでいます。



http://www.ricoh.co.jp/printer100/01shikumi/shikumi-top.html
http://www.tdk.co.jp/techmag/knowledge/200409u/index.htm

>どうして用紙を印刷位置に来るまで用紙を送り、印刷位置が来ると用紙送りをピタッ止めて、その場所にヘッドが印字するということが正確にできるのでしょうか?この給紙ローラーとプリントヘッドの連携プレイはかなりすごいと思うのですが?

実は、用紙の端についてはそんなにすごくないのです。ふちなし印刷では、用紙の端ぎりぎりまで印刷するのではなく、はみ出るように印刷して、はみ出た分はスポンジで吸収しています。

厳密に管理されているのは、ヘッドが横に動くのに対して印刷するタイミング、そし...続きを読む

Qプリンターの仕組みや構造を解説してるサイトを教えて

会社で使用してるプリンターがときどき紙詰まりなどを起こします。周りの人がいつも直そうとするんですけど、私から見ると、よくわからずにとりあえずいろいろいじってるような気がします。できれば仕組みを理解してきちんと直せるようになりたいので、プリンター(会社で使うような大きいやつにも通用するような)の仕組みや構造を解説しているサイトを教えてください。(探したのですがなかなかよいサイトが見つからなかったので質問しました。)

Aベストアンサー

プリンタの修理屋です。

まず、取説を良く見ることです。
ユーザーレベルで対応できることは全て書かれているはずで、そこに書かれていないことは、してはいけないことなのです。
また、機種によって原理は一緒でも構造が異なり、安直に構造を説明できないという事情もあります。

「会社で使用してるプリンター・・・」「よくわからずにとりあえずいろいろいじってるような・・・」ということで大きな複合機を想像しましたが、こういった機械の場合は保守契約に入っているケースもありますので、サービスマンが来たときにレクチャーしてもらうのもいいでしょう。


普通のインクジェットプリンタとか、デスクトップに乗る程度のレーザープリンタでは、質問のような悩みも少ないとは思います。

いずれにしても、取説を読み直すのは重要です。


人気Q&Aランキング