DV(ドメスティック・バイオレンス)への対処法の
本を探しているので、良い本があれば是非、教えて
下さい。よろしくお願いします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (3件)

「誰にもいえない夫の暴力」鈴木隆文・石川結貴・著(東京弁護士会・企画協力)/本の時遊社発行・星雲社発売(1700円+税)などはいかがでしょうか。


 目次を紹介します。
第一章から三章 ドメスティックバイオレンスの実態・現実・原因
第四章 被害を受けた人のできること。第五章 被害を受けた人への援助と回復など・・・ほか、現行制度の問題点、法律相談Q&A、男性側への取り組み、予防と教育、女性の自己実現、将来に向けて、などが書かれていて、私にもわかりやすかったです。
    • good
    • 0

DVやアディクション関係サイトを検索すると、いろいろと情報が得られます。

本ではありませんが、以下のURLやそのリンク先にも情報はたくさんあるかと。
とりあえず、翻訳本をいつくかご紹介します。
DVの理解とそこから抜け出す方法として有効と思われる本です。

スーザン・フォワード著の「ブラックメール」(NHK出版)などはいかがでしょう。DVの元凶となるパートナーや親子関係の心理的コントロールについて、またそうした心理操作から被害者が自分を解放するための方法等が書かれています。
また、同じ著者の本で「毒になる親」(講談社α文庫)は、DVの根底となる親子関係を探る上で有効かと。DVはそれ自体に無自覚で、意識的に断ち切る努力をしないと、次々に世代間連鎖をおこしている可能性が大だからです。
ロビン・ノーウッド著「愛しすぎる女たち」(読売新聞社)も、お勧めします。

DVは、単に警察等を介入させれば解決するという問題ではなく、被害者自身が相手と自分自身が「はまってしまった悪循環」から出ていかないと、再び被害者自身が、同じ事を繰り返す恐れもあります。
そういう意味でご紹介しました。

的はずれだったらごめんなさい。

参考URL:http://www.tfnetjapan.org/index.html
    • good
    • 0

『ドメスティック・バイオレンスと家族の病理』 中村正著


(出版社)作品社 (発行年)2001年5月25日 (価格) 2200円

わたし自身は、この本を読んでいません。
この作品の前の著作「男らしさ」からの自由、かもがわ出版は読みました。平易な書き方であり、著者はDV問題に早くから関わっていた方だと思います。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございました。

お礼日時:2001/12/23 17:36

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qこの様な本を探してます

この様な本を探しています。


・人のためになる事をする事の大切さを書いてる本
・感謝の大切さを書いてる本
・物やお金を持つ事ではない、本当の幸せについて書いてる本


上の様な条件で、尚かつ・宗教、または宗教チックではない本。 宗教チックでないというと難しいですが、神様がどうとか宇宙の法則がどうとか書いてない本。(そういったものを否定している訳では全くありません) ・人に与えたり、感謝したら成功する。だからそうしよう!みたいな成功哲学本じゃない本


なかなか無いかもしれませんが、オススメをご存知の方、良かったら教えて頂けたら嬉しいです!!

Aベストアンサー

 あなたのために、ということだけならば、そのような本はたくさんあるでしょう。

 しかし、世界中の誰にとってもそのような条件に当てはまる本は、世界中にたった2冊しかありません。
 (とは言っても、僕の守備範囲内での話です。)
 オーソドックスに過ぎるかも知れませんが、

 宮澤賢治『銀河鉄道の夜』

 および、

 サン=テクジュベリ『星の王子様』

 あなたが提示した条件への回答が、直接書かれているわけではありません。
 しかし、直接の言葉ではなくても、主人公たちの生き方や在り方の中に、しっかりと示されています。
 ですから、熟読と、さらに味読がお薦めです。

Q恋愛物の本を探してます。

久々に恋愛物を読みたいと思ったのですが、
なかなか希望にあう物がないので質問させていただきます。

読みたいのは恋愛小説なんですが、
普通の『出会いから始まる』物ではなくて、
『今つきあってる若しくは結婚してる人との恋愛』を読みたいんです。

つまり、
『順風満帆な現在』からの未来の不安等を書いた恋愛物が読みたいんです。


ちょっと難しい設定かもしれませんが、
なるべくたくさん読みたいので教えて下さい。
よろしく御願いします。

Aベストアンサー

江國香織さんの「きらきらひかる」はいかがでしょう?妻も夫もある問題を抱えており、設定は少し奇抜ですが、純粋な恋愛小説です。

Q推薦入試の面接に向けて本を探してます

知り合いの息子さん(高校生三年生)が11月に某大学の推薦入試を受けます。入試には面接があるとのことで、面接対策として時事ニュースを一通り勉強させたいが何かいい方法はあるかと相談を受けました。そこで、皆さんにお聞きしたいのですが、最近のニュース(過去一年間くらいで話題になったもの)をすごくわかりやすく解説した書籍、あるいは雑誌、サイト等はありますか?ご存知の方がいましたら、教えてください。

Aベストアンサー

私が短大に入ってから就活用と、編入対策用として読んでいるものがあります。
就活用ですが、時事ニュースを1通り勉強するにはいいと思います。

月間新聞ダイジェストという本があって、これは前月の各社の新聞のメイン記事などがまとめられてる本で、
新聞を読みたいけど、よくわからないって場合には良い本だと思います。
あと、この雑誌の別冊で半年に1回出る「最新時事用語&問題」という本はその半年にあったメインのニュースが見開き1ページにまとめられていてわかりやすいです。

Q勉強が出来る脳を鍛えるための本を探しています

私は今、公務員試験の勉強をしているのですが、20科目以上も勉強して覚えなければならないのでかなり苦戦しています。

書店で売られている「頭が良くなる」や「脳を鍛える」系の本の中で何かお勧めのものはありますでしょうか?
お勧めする理由や特にどの部分を読むべきかなど、詳しく教えていただけると助かります。

ご回答よろしくお願いします。

Aベストアンサー

こんにちは。

私は専門知識のない一般人ですが、数多くの脳科学・心理学に関した本(勉強法を含む)を読んできました。その中でハッキリと言えることは、他の回答者さまもおっしゃっているように「とんでも本」が多いということです。「○○の方法」というのは単なる商業目的である場合がほとんどです。

しかし、とんでも本だからといって全くの根拠がないものでもないようです。というのはどの本にも研究された結果の脳の性質に基づいた方法だからです。
ここで注意していただきたいのは「脳を鍛える方法」と銘打った本は、あくまでも「研究により解明されてきた脳の性質を利用した著者独自の考案(方法)」です。ですからまったくの机上の論理(空論)だけのものもあるということです。
その方法が、絶対に効果があるという確証はありません。なので、どんな方法であれ盲目的に信じるのは危険じゃないかと、一言付け加えておきます。

さて、前置きが長くなりましたが、これでは何の解決にもならないのでアドバイスをします。
まず、読んだ本の中で共通して言われている記憶に関する脳の性質を抽出します。これを知らずして効果のある方法は得られないからです。ご質問では「頭が良くなる=記憶力」ということのようですから、記憶力を高める部分について。

(多くの本に共通する記憶に関する脳の性質)
・記憶には大きく分けて「短期記憶」と「長期記憶」がある
・「長期記憶」に大きく関係するのは「短期記憶」を司る「海馬」である
・「海馬」に繰り返し保持された記憶は「長期記憶」となる
(効果的な勉強法について)
・声に出して覚える
・夜勉強したことを朝に復習する

まとめると、暗記ものは何度も反復して長期記憶にする。声に出して覚えたり復習をちゃんとする。地道に勉強するのが一番確実ということになるだろうと思います。
私も他の回答者さまと同じ意見です。

また、どうしても本が読みたいという場合は、和田秀樹氏の著書をあたってみてはいかがでしょうか。
精神科医であり受験勉強法でも有名な和田氏は数多くの勉強法に関する本を出しています。とんでも本に比べると、地に足の着いた現実的かつ効果的な勉強方法なので、まぁ安心かなと個人的には思います。
対象が学生か、時間が限られ効率的な勉強を必要とする社会人かによって、ニーズに合わせた本が数多くあります。amazonなどでご自身に合った本を探してみてください。

長々と失礼しました。

こんにちは。

私は専門知識のない一般人ですが、数多くの脳科学・心理学に関した本(勉強法を含む)を読んできました。その中でハッキリと言えることは、他の回答者さまもおっしゃっているように「とんでも本」が多いということです。「○○の方法」というのは単なる商業目的である場合がほとんどです。

しかし、とんでも本だからといって全くの根拠がないものでもないようです。というのはどの本にも研究された結果の脳の性質に基づいた方法だからです。
ここで注意していただきたいのは「脳を鍛える方法」...続きを読む

Q【至急】次のような本を探しています!!

大学の課題で、「何をするにもまずは“手本”を真似し、反復することが大事だ」という筆者の意見に対して、自分の意見を述べるというものがあります。ただ自分の意見を述べるだけでなく、参考文献が必要です。


私は、「手本も確かに大事だが、手本を真似するだけでは自分で考える力が身に付かない。まずは自分なりにやってみて、うまくいかなければ、その理由を自分で考えることが必要。その過程で、手本を参考にすべき」という意見です。

そこで、この意見を根拠づけるような、本を探しています。
「自分で考える力」など、私の意見に関連する本がありましたら、教えてください。

なかなか参考文献が見つからず困っているので、ぜひ、皆さんの力を貸していただきたいです。
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

森博嗣「人間はいろいろな問題についてどう考えていけば良いのか」(新潮新書)
などはどうですか。


このカテゴリの人気Q&Aランキング

おすすめ情報