人気マンガがだれでも無料♪電子コミック読み放題!!

現在、大学生のものです。
最近、授業で「短資会社」というものの
存在を知り、興味を持っているのですが、
就職先としてや、業界としては
どうなんでしょうか?

A 回答 (2件)

短資会社の本来的な機能は、短期金融市場の仲介役です。

都市銀行を中心とした金融機関と、生保や投資信託などの機関投資家の間で、主として1年未満の資金の貸し借りを取り持ちます。関係会社ではNo.1さんのおっしゃるような外国為替や、金利スワップやキャップ・フロアなどの金利デリバティブを取り扱ったりします。

ご存知の通り、ゼロ金利政策・量的金融緩和政策が長期間にわたって続いた結果、日本の短期金融市場はその機能が麻痺した状態が続いています。そのため、短資会社の存在感は相対的に薄れてしまいました。また、金融機関同士が資金のやり取りをするDD取引が増えたことも、短資会社にとってはネガティブな要因でした。

今後については、今春以降の量的金融緩和政策の解除が規定路線となってきており、数年のうちにゼロ金利政策も解除されるでしょう。短期金融市場の機能回復とともに、短資会社の存在意義はクローズアップされる場面はあると思います。

就職先として良いかどうかは一概には言えませんが、かつては高い給料水準でした。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

ご返答ありがとうございます
ゼロ金利解除後の短資会社の動向は非常に
きになります。
これからもっと勉強して、自分の選択筋の
一つになればと思います。

お礼日時:2006/01/21 18:50

いわゆる、円=ドル交換をする会社ですよね。


機械化された金融業界の中でも職人芸のところがあります。
ただ、長い先を見ると、機械化されてしまいそうな気が…。
私見ですのですいません。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

外為ブローカーもグループでやっている
会社が多いのですね。
勉強になりました。
ありがとうございました。

お礼日時:2006/01/21 18:51

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング