ソロモンの解答にあったんですけど、トルエンとNBSとROORを反応させると臭化ベンジルができるみたいなんですけど、NBSってN-ブロモコハクサンイミドですか?どういう反応機構なんでしょうか?参考になるHPとかあったら教えてください。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (3件)

NBSはN-ブロモコハク酸イミド、N-Bromosuccinimideです。


一緒に入れるROORとは過酸化ベンゾイルなどの過酸化物のことですね。

反応は過酸化ベンゾイルがラジカル開始剤となってラジカル機構で反応します。

NBSはトルエンのMe基などの臭素化ではラジカル機構で進みますが、マロン酸の臭素化などではイオン機構で進みます。

Webページでこのあたりの説明はあまり見当たらないようですね。教科書等のハロゲン化の項や、ラジカル反応の項を調べてみてください。

参考URLはこのケースにはあまり参考にならないかも・・

参考URL:http://www.geocities.co.jp/Technopolis/2515/chem …
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ああ~やっぱりラジカルですか~。ラジカル反応は習ってないのでテストに出ないと思います。ありがとうございました。

お礼日時:2001/12/23 23:36

略語に関しては、以下の参考URLサイトは参考になりますでしょうか?


「Chemistry Library」

http://cgi.chem-station.com/user-cgi-bin/listman …
(有機略号データベース)

反応機構に関しては、有機化学の基礎の成書を見てください。

ご参考まで。

参考URL:http://129.79.137.107/cfdocs/libchem/titleu.cfm
    • good
    • 0
この回答へのお礼

微生物でもお世話になりました。(^-^;
これからもよろしくお願いします。

お礼日時:2001/12/23 23:34

同じの使ってるのですが、下巻ですか?


何章くらいでしょうか。

この回答への補足

19章の675ページ、問題19・8の(e)の反応です。

補足日時:2001/12/22 23:29
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q臭化ベンジルの保管方法

 こんにちは。
 臭化ベンジルの保管方法についての質問です。
 
 これから実験に臭化ベンジルを使用しようと考えています。そこで、本やネットで取り扱い方法について調べたり先生にも聞いてみたのですが、具体的な保管方法がわかりませんでした。
 
 臭化ベンジルは催涙性があり、漏れ出すと多くの人が涙すると聞きます。また、MSDSを見たところ「防爆仕様冷蔵庫に保管」と書かれており、非常に不安です。

 具体的な保管方法についてご教授下さい。よろしくお願いします。

Aベストアンサー

いずれの量でも「ガラスアンプルに封管」が原則です。
出来れば、蒸留仕立の臭化ベンジルを一回に使用する予定量の1.2倍ずつ乾燥したアンプルに詰めて熔封します。
余った分はアルカリ性アルコールと反応させて廃溶媒と共に処分します。

Q反応機構について質問させていただきます。図に示した2つの反応機構につい

反応機構について質問させていただきます。図に示した2つの反応機構についてですが、

1)はまずmethylamine hydrochlorideが作用してエナミン構造をとりその後NaH(OAc)3により還元というながれでよろしいのでしょうか?またなぜここはNaH(OAc)3のような還元剤を使ってるのでしょうか?オレフィンがあるためそこを還元しないようこの還元剤を使ってるのでしょうか?

2)これはアミンの水素を引き抜いてアニオンにした後オレフィンに求核攻撃するのでしょうか?またはホルムアミドがなんらかの動きをして行くのでしょうか?

どちらかでもいいのでアドバイスなどよかったらお願いします。

Aベストアンサー

まず、MeNH3Clはメチルアミンの塩酸塩ですよね。塩酸塩になってにるのだから、MeNH3Clの窒素上には非共有電子対をもっていませんよね。だから、MeNH3Clには求核性を持ちません。MeNH3Clに求核性を持たせるために、トリエチルアミンを加えて、MeNH2にしています。メチルアミンにすれば、求核性をもちますので、基質であるカルボニル化合物と反応して、イミンを形成をします。イミンの形成反応は、可逆反応であり、イミン形成と同時に水を生じます。したがって、イミンの形成に少しでも平衡を傾けさせるために硫酸ナトリウムにより水を除去していると考えられます。
イミン形成後にイミンをNaBH(OAc)3よりアミンへと還元しています。NaBH(OAc)3という還元剤を用いるのは、反応性を低い還元剤をつかったほうが、副反応の恐れが少ないからでしょう。

 
下のほうはマンニッヒ反応のようなことが起こっているのではないかとおもいます。

Q反応条件下の異なる1-buteneと臭化水素との反応

院試の内容で,

1-buteneと臭化水素との反応において遮光条件下と光照射条件下における主生成物が異なる。このときのそれぞれの反応機構を示せ。

と書かれているのですが,なぜ条件変更によって主生成物が異なるのか,分かりません。

ここからは私の考えです。
熱力学支配,速度論支配に関する問題だと考えていて遮光条件下では中間体が安定するような生成物,光照射条件下では最終生成物が熱力学的に安定となるような生成物が得られる。
最終生成物は1-chlorobutaneか2-chlorobutaneと考えていますが,熱力学的にはどちらも同じだと考えます。それか1-buteneがプロトン化した後,Br-イオンが中間体のプロトンを引き抜くのでしょうか?考えれば考えるほどドツボにはまっています。

博識のある方,ご解答の程,よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

>遮光条件下と光照射条件下における主生成物が異なる
これが「答えだ」と気付かぬあなたは化学をやめなさい。こんなの光があればラジカルだし、遮光すれば極性反応。私の既に物故した恩師の、さらにその恩師が七十年前に見付けた「酸素効果」と同じ。

Q反応系内で発生する臭化水素の除去方法

芳香環と臭素を反応させる反応(求核置換反応)で反応途中から発生するHBr(臭化水素)のみを系外へ追い出したいのですが、何かいい方法はありませんか?ちなみに反応は室温でしか行えません。

Aベストアンサー

系に窒素ガスを流し、出口側に水酸化ナトリウム、同カリウム、あるいは水酸化カルシウムなどの固体を詰めたチューブを取り付けます。
これで大体除けます。

Q反応速度式に合う機構の検討:最初の反応が速い反応

実験で求めたオゾンの分解の反応速度式は、オゾンについて二次であり、酸素分子について逆向きに一次である。
2O3(g)→3O2(g)
(反応速度)=Δ[O3]/Δt=k[O3]^2/[O2]

つぎの機構が実験で求めた反応速度式に適合することを示し、実験で求めた速度定数を反応素過程の速度定数と関連づけよ。
O3(g)k1⇄k-1O2(g)+O(g) 速い、可逆
O(g)+O3(g)k2→2O2(g) 遅い、律速
2O3(g)→3O2(g) 全反応

この問題を解くときに、解を見たのですが、「律速段階の反応速度式は(反応速度)=k[O][O3]であり、この反応の化学量論からオゾンの消費の全反応速度は、律速段階の反応速度の2倍になる。」とあって、以下のような式が続くのですが、どうして2k2になるのかがわかりません。
(反応速度)=-Δ[O3]/Δt=2k2[O][O3]

Aベストアンサー

2段階目の反応が律速、ということはつまり、
1段階目の反応が2段階目の反応よりも速いということを意味します。
極端な話、1段階目の反応は、2段階目の反応より例えば1億倍くらい速いとイメージしてください。

さて、このオゾンの分解反応は可逆反応であり、
O3 ⇄ O2 + O
の反応は速やかに平衡に達し、[O3]と[O2][O]の比は一定になります。
『O3は消費されるし、O2は増えていくじゃないか』とお思いかもしれませんが、
1段階目の可逆反応は2段階目よりも遥かに速いので、
2段階目の反応の時間スケールで見ると、1段階目の反応は十分速やかに平衡に達するといえます。
とはいえ、完全な平衡に達している(濃度の増減が完全に止まっている)わけではないので、
これから『見かけの反応速度』というものを考えます。

1段階目の平衡状態にある中から、2段階目の反応が1回だけ起こって、
酸素ラジカルOとオゾンO3から酸素分子O2が2分子生じたとします。
すると、1段階目の平衡の状態から分子数に変動が生じるため、
平衡が少しずれてオゾンから酸素分子とラジカルが生じます。
この『反応1回分の変動』を埋めるために起こる反応はせいぜい『見かけで』反応1回分です。
実際には反応速度が速いので(先ほどの反応速度1億倍の例で言うと)1億分子くらい
反応しているのですが、逆反応も9999万9999回くらい起こっていて、
その差分の1回分だけが『見かけの反応速度』として観測されます。

つまり、2段階目の反応が1分子進行すると、1段階目の反応も(見かけ上)1分子進行するわけです。
そのため、1段階目の反応は非常に反応速度が大きいのに、
(見かけ上は)遅い2段階目の反応と同じ速度で反応する
という現象が発生します。
これが『律速段階』という言葉の由来です。(遅い段階の速度が反応全体の速さを律する)

ここで、1段階目の反応も2段階目の反応も共に
『オゾンを1分子消費する反応である』という点に着目しましょう。
1段階目の(見かけの)反応速度は2段階目が同じ速さで進行するので、
(1段階目の(見かけの)反応速度) = (2段階目の反応速度) = k2[O][O3}
そして、オゾンは1段階目の反応でも2段階目の反応でも1分子ずつ消費されるので、
オゾンの減少速度-Δ[O3]/Δtは、
-Δ[O3]/Δt = 2k2[O][O3]
となります。

2段階目の反応が律速、ということはつまり、
1段階目の反応が2段階目の反応よりも速いということを意味します。
極端な話、1段階目の反応は、2段階目の反応より例えば1億倍くらい速いとイメージしてください。

さて、このオゾンの分解反応は可逆反応であり、
O3 ⇄ O2 + O
の反応は速やかに平衡に達し、[O3]と[O2][O]の比は一定になります。
『O3は消費されるし、O2は増えていくじゃないか』とお思いかもしれませんが、
1段階目の可逆反応は2段階目よりも遥かに速いので、
2段階目の反応の時間スケールで...続きを読む


人気Q&Aランキング

おすすめ情報