寒くなると足と手の指先にしもやけができます。入浴後にはクリームをつけてマッサージ、手袋厚手の靴下と気を付けていますが、改善なしです。よきアドバイスをおねがいします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (5件)

冷えるのを防ぐために、寝る時に靴下を履く、という方法があります。

けっこう、布団から足先だけ出たりするらしいし、「足は第二の心臓」といって、血液循環に関わっているのですが、寝ていると動きが悪いので、血液循環が悪くて、冷えてきやすい、とか。手先も、ということであれば、バーゲンの軍手かな?とにかく、清潔なもので。

(ただし、妻には嫌われましたが。)
日常的には、「足の冷えない不思議な靴下」というのが、薬局に置いてあるのですが、買ったことはありません。効果はどうなのでしょう。
    • good
    • 0

基本的には血液循環強化に「ビタミンACEとB」を。

脳血液循環剤として欧州では20年以上前から使われている「ギンコ(イチョウの葉からの)」も末梢循環にはこうかがありました。 
血管・各臓器・細胞の材料として、「アミノ酸」が現在は安く、又経口で簡単に使えるのでお勧めです。 特に日本製は純粋で、実感できる程度に変化があります。

循環促進用とかではなく、「運動時用」となっており、其の目的に私も使っていますが、
「VAAM」は運動しなくても、私は20分程度後に顔が暖かくなり、友人は手足が暖かくなるとか、人によって違うようですが・・。定価は200円ですが、コストコなどでは120円程度まで値下げしています。

味の素のアミノバイタルプロはまずいけど、運動後に効果がありますが、暖かい気はしません。
海外からも色々購入しましたが、このような変化はありませんでした。

食事としては、臭いもの、「ネギ」とか「ニンニク」そして韓国料理で有名になっている「唐辛子」も効果があります。 ただ、胃の弱い人の多い日本人は「生でネギ」を食べる程度が良いのではないかと思います。


風呂は部屋が温められるなら、臍迄のお湯に入り30分程度。

又、温冷浴は自律神経強化に効果があります。
温冷浴:最初に水(18度から20度程度。出来る程度でOK)、次にお湯(気持ちよい程度)に入る。此れを4回から7回程度行う。シャワーでもOKだし、手足だけでも良い。
全身の温冷浴は夏から始めると楽に出来ます。

運動は年齢が分からないのですが、脈拍を120から130程度に出来るのを30分から1時間程度できれば、週に2回以上すればよいと思います。

服装は締め付けないものを。現在機能性の下着や服が多くでていまして、体を冷やす汗を外側に放出するものや汗により温度を上げてくれるもの、光に当てると5度程度温度を上げてくれる(らしい。これから試験します)セーター等もありますね(ユニクロで24日まで990円だったかな)。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

さっそく実行したいとおもいます、ありがとうございあました

お礼日時:2001/12/23 12:02

あまりに厚手の手袋や靴下というのは,逆に圧迫によって末端の血流を阻害しそうな気がしますネ‥


靴の中,つま先の部分にトウガラシ(鷹の爪)を一本いれておくのもよいでしょう。
今日から始められるとよいことがあります。
今日は柚子湯の日ですが,別に普通の湯で結構ですから,手や足を浸けて,次いで,水につけるということを2~3分ずつ3回ほど繰り返してください。
これによって寒冷刺激に対しての耐性がつき,予防にもなりますし,また,しもやけになってしまった場合は改善もみとめられますヨ。
以上kawakawaでした
    • good
    • 0
この回答へのお礼

とうがらしは 直接いれてもよいのですか?

お礼日時:2001/12/23 12:04

わたしも、子供の時によくしもやけができました。

いまでも、冬になると、とくに手足は冷えて悴むほどです。ビタミンEとかも処方してもらったこともありますが、根治には至っていません。わたしは、外へでるときは、下着からコートまで合わせると、5~6枚着込んでいることもあります。治療的には、漢方専門のクリニックで、季節にあわせて薬をもらっています。もう2年ぐらいになりますが、主訴であった皮膚病の方は、ずいぶんよくなりました。
体質的なものでなかなか、よい治療法はないらしいです。
お大事にしてください。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございました

お礼日時:2001/12/23 12:04

こんにちわ。


しもやけは、温度差によって引き起こされます。
ゆえに、保温に努め局所マッサージを行なうのが第一選択なのですが
それでは改善されない模様なので、治療法を。
ビタミンEの外用や内服、消炎鎮痛剤、かゆみ止め、桂枝茯苓丸などの漢方薬が有効です。
お医者さんに行くと、もっと効能の高い薬を処方してもらえるかもしれませんが。
また、多汗症の場合は通気性のよい靴をはき、靴下を頻回に替える必要があります。
私の母も、よくしもやけでひび割れてとても痛そうなので気持ちはわかります。
お大事に。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございました

お礼日時:2001/12/23 12:05

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qしもやけ対策ってどうされていますか?

この季節になるといつもしもやけに悩まされて困っているのですよねー。血行障害だといわれて、お風呂の中で両手の指先や、両足の指先をしっかりと揉み解したりして自分なりの対策をなんとかしているのですがどうにも上手くいきません。結局現実はかきむしって余計に悪化させているのですよねー。

特に夜眠るときなんて痒くって痒くってたまりません。なんとかこの状態から抜け出せる方法がないかと色んな人に聞いてみても皆さん悩みはいっしょなんですが特にこれといった解決策は持ち合わせていらっしゃらないようです。それだけにこうやってインターネット上で皆さんからのご教授を頂けたらとても嬉しいです。

Aベストアンサー

質問者のnobu3 さん自身も書かれていますが、しもやけは血行障害です。

「手足をよくもんで」とあるのですが、指先の方にむかってもみほぐしをしているのではありませんか。
血行障害になる場合は、そこに老廃物などが蓄積していることがあると考えられます。ですから、その老廃物をとる意味でも、指先から体の中心に向かってもみほぐしをおこなってみてください。老廃物がとれれば、おのずと、そこに血流がながれていくことになるはずです。一度ためしてみてください。また、指さきだけでなく、手のひらや足の裏、もう少し体に近い部分つまり手首や足首あたりも同様にもみほぐしてください。これは、運動などで筋肉痛になった時のもみほぐしかたですが、あながち、まとはずれでは無いと思います。

あと、中国の気功の考え方ですが、気脈の流れがとどこおっているという考え方があります。その考え方を応用すると手であれば、腕の付け根から、指先に向かって流れがあると考えてみてください。そして、今度、指先にまでその流れがあると感じたら、その流れが、体の中にもどってくると考えてみてください。はじめのうちは、何がなんだかわからないとおもいますので、左手であれが右手で、肩から順にに右手で腕をなぞりながら指先へ、そして、指先から今度は肩へと右手でなぞってみてください。中国では、気功師という人がそれぞれの人の気脈の乱れを判断して治療しているということを聞いたことがあります。中国の漢方薬がすぐれていることもあるので、あながち、うそでは無いと思うので、勧めています。

さらに、手袋や靴下を重ねてもあまり暖かくならないはずです。それは、もともと、血流が流れにくくなっているからです。これは、薬剤師や医師と相談して薬を決めてもらいたいのですが、とんがらしの成分で、血管を広げる性質の物が含まれている軟膏のようなもの(ハンドクリームのようなもの)があるはずです。これをつけてから、靴下や手袋をはめるようにしていれば、かなり、血行がよくなり、暖かくなると思います。

私は、「しもやけ」ではなく「あかぎれ」で苦労したことがありますが、これは、ハンドクリームをかかさないようにして、防げるようになりました。
おつらいでしょうが、がんばってください。

助言にでもなれば、幸いです。tukitosan でした。

質問者のnobu3 さん自身も書かれていますが、しもやけは血行障害です。

「手足をよくもんで」とあるのですが、指先の方にむかってもみほぐしをしているのではありませんか。
血行障害になる場合は、そこに老廃物などが蓄積していることがあると考えられます。ですから、その老廃物をとる意味でも、指先から体の中心に向かってもみほぐしをおこなってみてください。老廃物がとれれば、おのずと、そこに血流がながれていくことになるはずです。一度ためしてみてください。また、指さきだけでなく、手のひらや足...続きを読む

Qしもやけについて

母が冬になると足先の指が赤くなって痛痒く悩んでいます。持病があり、内服薬は飲めないので、市販のお薬を色々試していますが、なかなか治りません。良い治療法方がありましたら教えて下さい。

Aベストアンサー

市販の薬だとエスエスの新コルジール軟膏ですね.

身内か親しい家に赤ちゃんがいれば,使用後の産湯に手を浸けときます.何回かやるとよくなります.

末梢血行不良ですのでVEなんかいいのですが,飲む薬駄目なら,VEを含む食品を摂ります.

Qしもやけとひょうその違い

皮膚科に行ったところ、霜焼けと診断されました。
似ている症状に「ひょうそ」もあると思うのですが、その見分けは皮膚科で解るものでしょうか?
パっとみて、霜焼けと診断されたのですが、皮膚科医は見てその違いをすぐ解るものでしょうか?

Aベストアンサー

NO.2です。

爪の下が化膿していればひょうそ。一見して分かります。
ヒョウソは軽い内なら抗生物質で散らせますが、化膿が進んでいると切開です。
若い頃数回経験しました。いずれも注射一本で散らして貰いました。
素手で汚い仕事をしていると、ごく小さな傷口からバイ菌が入り化膿します。
ヒョウソの痛さはとてもキーボードになど触っていられません。

Qしもやけについて

かなりひどいしもやけ(赤く腫れて割れてしまっている)に効く薬を教えて下さい。ちなみに、ワーファリンを服用しています。
今のところ都合が悪くて病院に行けないので、とりあえず応急措置として一般薬を使用してみようと思っています。

Aベストアンサー

しもやけの部位はどこでしょうか?
手ですか?

ワーファリンは。。血液凝固防止薬ですね。
(個人差や程度の差はあるとおもいますが出血すると止まりにくくなってしまっているかもしれませんね。)

飲み薬に関してはワーファリンが血液自体に関連する薬なのでNo.1さんのおっしゃるように医者か薬剤師に相談したほうがいいと思います。
(しもやけなら一般的には血行をよくするためにビタミンEとかを飲んだりすると思うんですが。。)

塗り薬なら経皮吸収による相乗作用や飲み合わせによる副作用はまずないとおもいますので、病院に行く時間がないのでしたらまずは市販の塗り薬でしのいでください。
まず、『尿素配合』のものはやめてください。
尿素は肌の潤い成分なんですが、傷があるときや赤くなってしまった肌には刺激が強すぎます。しみたり、余計に炎症がひどくなってしまったりします。

オススメの塗り薬ですが、お近くの薬屋・ドラッグにどの薬が在庫としてあるかわからないので、成分名で書かせてもらいます。
パッケージの裏を見て選ぶときの参考にしてください。(わからなければお近くのスタッフさんに聞いてみましょう)

かゆみ⇒『ジフェンヒドラミン』『塩酸時フェンヒドラミン』『クロタミトン』などのかゆみ止め配合のものを。

炎症⇒『グリチルリチン酸~』『シコン』などの消炎剤を配合したものを。

炎症がひどいとき⇒『~ヒドロコルチゾン』『~プレドニゾロン』『~デキサメタゾン』などのステロイド性消炎剤を配合したものを。ステロイド剤は上記のような成分のほかにもいろいろあります。見分け方は箱のどこかに『副腎皮質ホルモン剤配合』『ステロイド剤配合』などとかいてあればそうです。
ちなみにステロイド剤は強力な消炎効果とともにかゆみをおさえる効果もあります。

血行促進⇒『~トコフェロール』『トウガラシチンキ』などを配合したものを。トコフェロールはビタミンEのことです。

殺菌消毒⇒『イソプロピルメチルフェノール』『~グルコン酸クロルヘキシジン』『サリチル酸~』『フェノール~』などを配合したものを。

皮膚軟化・修復⇒『酸化亜鉛』配合のものを。

皮膚の修復⇒『アラントイン』配合のものを。修復力は酸化亜鉛よりも強めです。

はいっ。成分でいえばこんなかんじになるとおもうんですが、これすべてが入った都合のいい(?)薬なんでありません。
自分に必要な成分をみて総合的な処方を見て決めてください。
わかりにくいところがあればまた聞いてください。わかる範囲で補足します。

しもやけの部位はどこでしょうか?
手ですか?

ワーファリンは。。血液凝固防止薬ですね。
(個人差や程度の差はあるとおもいますが出血すると止まりにくくなってしまっているかもしれませんね。)

飲み薬に関してはワーファリンが血液自体に関連する薬なのでNo.1さんのおっしゃるように医者か薬剤師に相談したほうがいいと思います。
(しもやけなら一般的には血行をよくするためにビタミンEとかを飲んだりすると思うんですが。。)

塗り薬なら経皮吸収による相乗作用や飲み合わせによる副作用はまず...続きを読む

Qしもやけ 【画像あり】 冬や雨の日には必ずと言っていいほどこうなります。 でも、すぐにひく時もあれば

しもやけ

【画像あり】

冬や雨の日には必ずと言っていいほどこうなります。
でも、すぐにひく時もあれば長い時もあります。



これって霜焼けですか?

指を曲げると麻痺したような感じになりヒリヒリします。


手がかなり赤いです。

裏の面も表の面も腫れていてヒリヒリしてます



これってしもやけですか?それともなんか違うものなのでしょうか?

Aベストアンサー

しもやけじゃないかなという気がします
すぐに引くようなものではないし。
すでにあるように、寒冷じんましんやアレルギーの可能性を考えたほうがいいかも

指さきは露出していて、雨の日に濡れたりしやすいからでは

私の場合は耳たぶなんかから出やすいです

外出時はなるべく冬は手袋などして、寒暖差がないようにしたほうがいいでしょうね。
防水のものとか。

Qしもやけについて教えてください。

今年、初めてしもやけというものになりました。
というより、しもやけみたいなものが出ました。

しもやけってどんな物なのか良く分かりませんが、
きっとそうかな?とおもいます。

右足の薬指がちリリと痛くて、少し赤黒くなっています。
さわると少し堅いような気がします。
まだかゆいと言ったことはないのですが、
友達は、それはしもやけだというのです。
暖かくなるとかゆくなるから、良くマッサージして、薬を塗らなくてはいけないと言うのです。

どんな薬がいいのでしょうか。
ほっておいたらどうなるのでしょう。

あまりにも有名なしもやけの話、
知らなかった私にどなたか教えてください。

血行が悪くなるとかかると言われましたが、歳を取ったと言うことなのでしょうかねえ・・・・。

ちょっと寂しい・・・。

Aベストアンサー

しもやけは痛がゆくてつらいものです。ご質問の変化がしもやけかどうかという問題はありますが、しもやけの場合には保温に努めるという日常の注意が必要となってまいります。

 しもやけは低温刺激による皮膚及び皮下組織の炎症ですので、起きてしまったところは刺激しないよう保護しなくてはなりません。マッサージなどしすぎて傷つけないよう注意すべきです。軽い変化(部分的に赤くなる程度)でしたら市販のかゆみ止めなどにて数日保護すれば一週間程度で改善します。少しつらいなと感じるようでしたら、皮膚科ないし近くの内科などで外用剤(ヒルドイド軟膏ユベラ軟膏アンダーム軟膏など)と痒み止めとして抗ヒスタミン剤をもらうのがよろしいかと思います。

 近年暖房設備や家屋の改善にて通常の生活をしている方にしもやけが多発することは多くありません。特に変わったこともしていないのにしもやけが多発する方もおりますが(女性に多い)、体質的に末梢血管の抵抗が高く、皮膚の血流が低下し易い方が多いようです。
 レイノー現象と言って膠原病などの症状として手指の血流が低下する場合もありますが、まれな病気であり、冷たい刺激で手指が蒼白になることより、通常のしもやけとは区別されます。このような症状の場合には内科または血管外科を受診する必要があります。

 予防としては保温に努めることが必要ですが、毎年起こる方は、秋口より血管拡張剤のユベラニコチネートという薬を飲み出すことである程度予防できます(病院診療所ならたいてい処方します)。市販のビタミンEでは血管拡張作用がほとんど無いため、期待するほど予防にはなりません。

しもやけは痛がゆくてつらいものです。ご質問の変化がしもやけかどうかという問題はありますが、しもやけの場合には保温に努めるという日常の注意が必要となってまいります。

 しもやけは低温刺激による皮膚及び皮下組織の炎症ですので、起きてしまったところは刺激しないよう保護しなくてはなりません。マッサージなどしすぎて傷つけないよう注意すべきです。軽い変化(部分的に赤くなる程度)でしたら市販のかゆみ止めなどにて数日保護すれば一週間程度で改善します。少しつらいなと感じるようでしたら、皮...続きを読む

Qしもやけ

しもやけの対策法教えてください。お願いします!

Aベストアンサー

対策法というのは予防なのでしょうか?
それとも、なってしまったしもやけの応急処置法なのでしょうか?

しもやけとは冷たい状態に長時間さらされることによって、四肢の末端や鼻や耳などの血流が滞り、最終的には毛細血管や細胞が破損してしまった状態または、その一歩手前の状態のことです。つまり、凍傷ですネ。

原因が寒さによる血行障害ですから、防止するためには寒くならないように、また、風をうけて熱が奪われないようにすればよいのですネ。或いは、血行を維持できるようにすればよいのです。

水で濡れた状態の部分は熱が奪われ続けますから、濡れた部分はきれいに水分を除きましょう。
風を受けたり、或いは、冷気に直接さらすと熱が奪われますので、布1枚でもよいので、覆ってください。
トウガラシを靴や靴下の先に入れておくというのも効果的です。
それでも、しもやけになってしまったら‥
温めて血流を良くしてやればいいのですネ。
脇の下や股に患部を挟むか、或いは、40℃以下程度のぬるま湯(熱い湯はダメです)に20~30分つけてやるというのがお勧めです。また、身体の中から温めるために、暖かいスープなどの飲み物を摂るようにしましょう。
絶対にしてはいけないことは、患部を強くこすって温めようとすることです。それをすると患部は非常に強いダメージを受けてしまいますからネ。
以上kawakawaでした

対策法というのは予防なのでしょうか?
それとも、なってしまったしもやけの応急処置法なのでしょうか?

しもやけとは冷たい状態に長時間さらされることによって、四肢の末端や鼻や耳などの血流が滞り、最終的には毛細血管や細胞が破損してしまった状態または、その一歩手前の状態のことです。つまり、凍傷ですネ。

原因が寒さによる血行障害ですから、防止するためには寒くならないように、また、風をうけて熱が奪われないようにすればよいのですネ。或いは、血行を維持できるようにすればよいのです。

...続きを読む

Qしもやけ?指に斑点が

 もともと私は手足に汗をかきやすく、冷え性なのですが
最近になって手の指が腫れてきました。右手は指先が真っ赤になって
腫れ、左手は何故か第二関節から手のひらの間の部分が
腫れています。曲げにくくて仕方がありません。
 そしてさらによく分からないのが、指に虫にさされたような
斑点がぽつぽつと出来ることです。かすかにはれているようですが、
大して痛みはありません。
 やはりこれらの症状はしもやけなのでしょうか?
そして冷え性やしもやけ改善にむけて何かアドバイスがありましたら
回答よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

しもやけが出来るほど寒い外にいたり
冷たいものを触っていたりするのですか?

わたしは以前そういう症状が出たことはありますが
すぐにおさまりました。
わたしはアレルギーがあるのでそのせいのようです。
あなたにもその可能性があるかもしれません。
気になるなら一度皮膚科への受診をおすすめします。

それから冷え性に関することはネットを調べたり
すればたくさん改善方法がのっているはずです。
冷え性は珍しいことではありませんからすぐ分かるはずです。
ご自分で探してご自分に合う方法を見つけてください。

ちなみに、半身で15分くらいぬるいお湯につかると
血行が良くなるとは聞いています。
だいたい39~40℃くらいです。

Q耳がしもやけ

冬になると耳がしもやけになります。何かいい対策法はないでしょうか? 私は冷え性で、特に末端が冷たいです。

Aベストアンサー

以下の参考URLサイトは参考になりますでしょうか?
「しもやけ」

ご参考まで。

参考URL:http://homepage1.nifty.com/jibiaka50/simoyake.htm

Qこれって、しもやけ…でしょうか?

今朝、電車の中で、両手の人差し指から親指側半分が、赤くなっているのに気が付きました。
家に帰ってからそのことを母に話すと「いわゆる、しもやけじゃない?」と言われました。
今朝は確かにものすごく寒かったと思いますが、これまでしもやけになった記憶が無いので(もしかしたら雪遊びなんかをした子供の頃にはあるかもしれませんが)よくわかりません。

特に痛みや痒み等は無く、赤くなっているだけなのですが、もししもやけだとしたら、どんな改善方法や予防方法があるのでしょうか?

Aベストアンサー

私も、しもやけには20代までよくなりました。両手・両足の指がしもやけになったのは10代半ばまででしたが。
しもやけになると、暖かくなる午後の室内ではとても痒くなるものです。泣いてすむなら泣きたいくらい痒く、かといって赤く腫れている部分を掻きむしると傷が出来るので、とても辛い想いをしたものです。

しもやけになるのは、患部がもともと血行不良の所で尚かつその部分を冷やしすぎたから起きるものなので、治療・予防はその逆を行えばいいわけです。子どもの頃は、3日連休の時などこたつに出来る限り籠もり治したものです。

平日の予防・治療には、朝起きてすぐ温湿布などを患部に貼り、その部分をストーブなどにかざして暖めて靴下や手袋をはめ、なりそうな部分や患部を冷やさないようにしていました。

質問者様がしもやけであれば、しもやけの出来た周辺は元々血行不良気味であると思われますので、血行不良を改善することが大切と思われます。しもやけ自体については、上記の方法で予防・治療できると思います。


人気Q&Aランキング

おすすめ情報