最近話題のバズフェイトンチューニングシステムですが
「開放音で平均率とは違うチューニングをし、サドルの位置も通常のオクターブ調整より僅かにズラすことによりすべてのフレットで完璧なコードの響きを実現・・・」
ということらしいですがこんなことは絶対に不可能なはずです。実用としてギターの音程がさほど正確にはならないということは無視しても、理論上でも不可能なはずです。
完全なコードの響きとは純正率で調整されたときと同じものだということだとすると、純正率は特定のスケールにのみ対応しているものですからどんなコードでも完璧な響きというのは成り立ちません。では一体どんな調整なのでしょうか?平均率以上にすべてのコードが正確に響く新しい調整なのでしょうか?このシステムについてどなたか納得できる説明をご存知なら是非教えてください。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (4件)

こんにちは。


僕は「バズ・フェイトン・チューニング・システム」というのは開放の音とハーモニクスの音のズレを少なくするものだと思っています。
実際にKORG「DT-7」のバズ・フェイトン・チューニング・システムを使用したチューニングをするとそのような印象を受けると思います。
    • good
    • 0

純正律のずれはおっしゃる通りですが、バズフェイトンチューニングシステムとはそのずれを解消するものではなく弦をおさえた時に生じるギターの構造上の問題によるピッチを解消するものらしいですが。

。。 

それにしてもいったいどう言う仕組みになっているのやら..たいへん興味があります。
こういう事だそうです。


参考URL:http://isweb25.infoseek.co.jp/art/trjohnny/thubu …
    • good
    • 0

Buzz Feiten Tuning System


初耳なのでちょっと検索してみましたが、論理的な説明をしているところは見付かりませんでした.
詳しいことは公開されてないというような記述もみつけましたが。

あと、KORGのチューナー DT-7が対応しているそうですが。

ところで、私が見た説明には完璧なコードの響きとはかかれていませんでした.
確かに,理論上全てのコードを完璧な響き(純正な音程と仮定)となる調律は存在しないと思いますが,
元々はそういう意味のチューニングではないように思えますね.

また、過去にも・・というか平均律以前に全ての和音が魅力的(?)に響く音律はあります。
平均律は悪平等のようなもので,どれも同じ様に和音が綺麗とは言えないという特徴がありますが、
単純に言えば,コードCとコードDでは音程が異なるということで、どの和音も平均律よりはるかに綺麗に響く音律というのがいくつも考案されています。
もし、興味があれば古典調律とかヴェルクマイスターとかキルベンガーとかをキーに探してみてください.

また、完全と定義できるのは純正な音程のみでしょうが、魅力的な響きとか,美しい響きはかならずしも完全な響きとは同じでないことにもご注意を.


それから、純正な音程というか和音は、コードとしてはいいですが、それで旋律を弾く場合はだいたいは、魅力的な旋律にはならないようです。
例えば,ドレミファソラシドと音階を弾く場合は、ハ長調の純正律の音程よりは、平均律のほうが好ましく聞こえます.
これは、和音の純正を保つための各音の間隔がかなりばらばらになるためですし、この種の音階の場合は半音を狭くすると、心地よく聞こえますが、こうするを和音は純正なものから離れていきます。
    • good
    • 0

 それはおそらく売り文句でしょう。

ヤマハあたりが言いそうな感じですね^^;。
でも研究を重ねた末の事だとは思いますので,一応いい感じには仕上がっているんじゃないでしょうか?。(私は知らないで言っているんですが)(笑)
 完璧の定義はw0721さんのおっしゃっている「純正率で調整されたときと同じものだということだとすると、純正率は特定のスケールにのみ対応しているものですからどんなコードでも完璧な響きというのは成り立ちません」でいいと私も思いますよ^^。
 それを可能に出来るシステムは,瞬時に各弦のテンションを機械的に調節して,完璧なハーモニーを作り出すようなものでしょう。でもそれには大前提が必要で,人間が常に各弦を同じ圧力で押さえる事。そのテクニックがないと無理ですね。
 でもそれは今のギターでも出来ますよ。
 フレットレスギターがそうですね。
 それを考えるとフレット付きギターでも各弦の音程を<弦単位・指単位>で調節する事はある程度は可能です。
 
>平均率以上にすべてのコードが正確に響く新しい調整・・・。
 それは人間の指先で可能だと思います。
 私はコードを押さえる時に,ある指は強く,ある指は弱く,ある指は斜めだから多少ブリッジ方向に力を加えたり,あるいはその逆に0フレット方向に引っ張ったりと・・・。
 多少音程を変えてよい響きを探していた時期がありました。
 純正率との差と言っても,押さえる力の加減でそれが相殺されてしまっては元も子もないですからね。そこまでこだわって初めて有効なシステムではないかと思いました。
 
 
    • good
    • 0

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qギターのメジャーコード毎の響き方、感じ方

ギターでのメジャーコードの感じ方について以下2つの疑問があります。
・コードの感じ方は万人にとって共通か?
・コードそれぞれの響きに意味合いを感じるのは何故か?

以下詳細です。

例えば、メジャー、マイナーなどの感じ方は一般的に以下のように表現されると思います。
メジャー→明るい響き
マイナー→暗い響き
セブンス→不安定な響き
メジャーセブンス→オシャレな響き
(※「いや違う」という方も勿論いるかもしれませんが・・)

同様にメジャーコードの響きをそれぞれ、以下のように感じるのですが、誰にとっても似たように感じるのでしょうか?
異なる方はどのように感じているでしょうか?
C→安定的、まじわりの無い感じ
D→叙情的
E→真っ直ぐに明るい感じ
F→無機質な感じ
G→叙情的だけど高貴的
A→明るいけど、少しオシャレな感じでもある
B→うまく表現できません

また、何故それぞれのコードをこのように感じるかについて、
音楽理論や脳科学、心理的な観点から説明頂けたら嬉しいです。

※質問者は、20代男、ギターは趣味で数年嗜んでいる程度で、
 全く楽器を嗜まない人よりは少し音感があるくらいだと思ってます

ギターでのメジャーコードの感じ方について以下2つの疑問があります。
・コードの感じ方は万人にとって共通か?
・コードそれぞれの響きに意味合いを感じるのは何故か?

以下詳細です。

例えば、メジャー、マイナーなどの感じ方は一般的に以下のように表現されると思います。
メジャー→明るい響き
マイナー→暗い響き
セブンス→不安定な響き
メジャーセブンス→オシャレな響き
(※「いや違う」という方も勿論いるかもしれませんが・・)

同様にメジャーコードの響きをそれぞれ、以下のように感じる...続きを読む

Aベストアンサー

えっと…まあ言いたいことは分からないでもないです。
>メジャー、マイナーなどの感じ方は
コード入門(理論というより)の説明にはそういう風にかかれることも多いし、私もそういう感覚はあります。(個人的にはマイナーは「暗い」より「悲しい」ですが)なので一般的にそういうものというのはあると思います。
ただ、曲の構成によって、メジャーコードが暗く、マイナーコードが明るく聞こえるなんてのはいくらでもあると思うし、コード単体でそういいきられると「いや、それは違う」と私はいいたくなる部分はあります。
>同様にメジャーコードの響きを
思うに、これって、ギターのオープンコード主体のコードのイメージじゃないかと思うのですが…たとえば、Cコードをオープンコードじゃなくて、
バレーコードで押さえてみると、又違った響きになるでしょうし、
半音上げでチューニングして、Eコードのポジションを引いたとき、本当に上で書いたFと同じイメージを感じるとは思えません。
要するに、解放弦の使われ方や音の並びで、イメージが変わるということじゃないかと思います。
で、

Qバズフェイトンチューニングシステム搭載のギター実際に使っている方いますか?

バズフェイトンチューニングシステムというのがあるというのを聞いたのですが
実際に搭載しているギターを使っている方っていますでしょうか?

僕はかなりチューニングのずれが気になる方で
ほんの少しずれても気になるほうです。
使っているギターはSCHECTERのEX-V CTM FRTというやつで
アームが付いていてさらにアップが出来るように
ザグリが入っている感じなのである程度狂い易いのは
しょうがないかなとは思っています。

しかしローフレットが合いにくいというか複音や和音で
弾くと音痴な感じが顕著になります。
オクターブチューニングはしています。

チューニング自体が狂いにくくなるのと
バズフェイトンチューニングシステムを導入して
良い音程が得られるのは無関係なんでしょうか?

つまり

バズフェイトンチューニングシステムを導入して
ギターの音自体はあって複音や和音も
綺麗に鳴ってもチューニング自体が狂いやすく
その良い状態が維持できないなら意味がないのかな?
という意味です。

アーミングがしたいなと思ってSCHECTERのギター買ったのですが
気分が変わってアーミング全然使わないし調整や弦交換大変だし。
違うギターに買い換えようかなと思ったこともあり
この相談をいたしました。

よろしくお願いします。

バズフェイトンチューニングシステムというのがあるというのを聞いたのですが
実際に搭載しているギターを使っている方っていますでしょうか?

僕はかなりチューニングのずれが気になる方で
ほんの少しずれても気になるほうです。
使っているギターはSCHECTERのEX-V CTM FRTというやつで
アームが付いていてさらにアップが出来るように
ザグリが入っている感じなのである程度狂い易いのは
しょうがないかなとは思っています。

しかしローフレットが合いにくいというか複音や和音で
弾くと音痴な感じ...続きを読む

Aベストアンサー

自分はフェイトンチューニングシステムのギターを持っている訳ではありません、が、少しばかり調べてみた事はあります。ただその前に細かい話しで恐縮ですが、ちょっと言葉の意味でどうかな?という点があるので、それについて。

チューニングのずれが気になる、とありますが、ご質問の傾向から考えると、アームの操作によるチューニングのずれの問題よりも、押弦した時の「ピッチ(音程)のずれ」が気になるという意味ではないかと推測しましたので、その線で考えてみます。

ローフレットで音痴な感じがする問題は、開放弦の支点(つまり0フレット)となるはずのナットのエッジが、正しいスケールの位置よりも遠くなっている可能性が高く、しかも12フレットの音を基準にした、いわゆるオクターブ調整をした事でスケールが長くなって、開放弦と12フレット以外で音痴の状態にあると考えられます。

そこで試しに開放弦の音は無視して、あくまでもフレットで押弦した音だけをチューナーで見ながら「ブリッジの調整」をしてみて下さい。実際は全フレットで見る必要はなく、5フレットと12フレットの2カ所でも十分です。おそらくブリッジのコマは以前と違った位置になるはずで、ある程度の調整が取れるとローポジションの音痴な感じは格段に少なくなると思います。

このような調整をしたギターは、ほとんどの位置のフレットで押弦したピッチは概ね良好で、開放弦のピッチだけがズレた状態になっているはずです。(一般的な開放弦のチューニング法が使えなくなりますが・・・)

たいていのギターでナットの溝の状態が適切であれば、この押弦したピッチとの誤差はかなり少なく、実際の演奏でほとんど違和感はないと思います。ですからこの誤差が大きいという事は、ナットに何らかの問題があると考えるのが自然です。ご質問のギターにはフロイドローズが使われているようですが、このロックナットのシステムは、取り付けの状態が悪いと開放弦の0フレットとなるべき位置がズレる可能性が高いのです。実際には工場で取り付けた状態がベストというのは稀で、何らかの修正(角度&高さ)が必要なものだと、自分は考えています。

ナットの部分はブリッジの調整とは勝手が違うので、ある程度の経験を積んだ人でなければお勧めできません。できればリペアショップで診断を受けて調整(修正)してもらう方が確実に思います。

フロイドローズのシステムを使ったギターは、自動車で言えばレーシングカーですから、買ってすぐに使えるものではありません。入念なセッティングが必要です。また、フェイトンチューニングシステムが有効になるのも、まずギターそのものが適切にセッティングされていることが大前提で、これを使って補正できる誤差というのは「ほんの僅か」です。

自分はフェイトンチューニングシステムのギターを持っている訳ではありません、が、少しばかり調べてみた事はあります。ただその前に細かい話しで恐縮ですが、ちょっと言葉の意味でどうかな?という点があるので、それについて。

チューニングのずれが気になる、とありますが、ご質問の傾向から考えると、アームの操作によるチューニングのずれの問題よりも、押弦した時の「ピッチ(音程)のずれ」が気になるという意味ではないかと推測しましたので、その線で考えてみます。

ローフレットで音痴な感じがす...続きを読む

Q平均律と純正律の違いは凡人の耳でも聴き分けできる?

平均律と純正律の意味を最近知った者です。
まったく同じ曲をそれぞれの調律法で演奏したデータを聴き比べたのですが、あまり違いがわかりませんでした。
一箇所、明らかに響きの違う和音は見つけましたが、それ以外はどちらも違和感なく聴けたし、どこがどう違うのかわかりませんでした。
これって、絶対音感を持つ人のように、周波数の微妙な違いも聴き分けるような耳を持ってないとわからないのですか?
そんな私は絶対音感持ってません。
日ごろ耳コピー演奏を好きでよくやり、音感はどちらかと言えば良い方だとは思いますが、絶対音感テストにあるような、同じ「A」の音でもわずかな周波数のズレとかになるとまったくわかりません。
純正律と平均律の違いを実感してみたいです。

Aベストアンサー

音階ではほとんどの凡人?は聞き分けられませんが、和音なら体感できます。
多分、質問者さんは、ギターを弾かれると思います。
純正の協和音というのは、もともと自然界にある倍音を鳴らしたもので、当然によく溶け合います。クロマチックチューナーがあれば、ギターで純正な和音を簡易的に体験するのは簡単です。
まず各弦をチューニングメーターで完全に合わせます。
次に、第6弦の4フレットのハーモニクスを鳴らします。(実際は、4フレットより2mmほどナットより、3.9フレットあたりです。)
これが、第6弦の開放弦ミ(E)に対する、純正長三度のG#(ソ#)の音です。
このときに、クロマチックチューナーなら、「G#」と表示され、かなり低いところを示します。(「もっと上げなさい!」という表示になるはずです。)もちろん糸巻きは触ってはいけません。
その表示を覚えておいて、今度は第3弦の1フレットの音ソ#(G#)を、覚えておいた表示になるように合わせます。本来のチューニングからかなり下がりますが、それで正解です。要するに第3弦1フレットのG#を第6弦Eに対する純正長三度に合わせるのです。そうしておいて、ローコード「E」を押さえ、ドロ~ンと鳴らします。非常に各弦が溶け合った柔らかい響がします。まるで6本の弦が1本になったような響です。この響が純正な協和音にかなり近いものです。いかがでしょうか?非常にマイルドな響に感じませんでしょうか?一流の弦楽合奏団が合奏でEコードを弾けばこんな風に響きます。
そして次にローコード「C」を押さえ、第5弦からドロ~ンと鳴らしますと、「これがC?」と思うほど濁った響がします。
せっかく「E」がキレイに響いても、「C」がこれでは、ギターとしては使い物になりません。ここから第3弦を少し上げると、また聞き慣れた「C」の響に戻ります。このときに第3弦の開放をチューナーで測定すると「G」と表示され、もとのチューニングになります。「E」を弾くといつもの「E」の響に戻っています。これが平均律の響です。特別に良く響くコードも無ければ、特別に聞き苦しく濁るコードもなくなり、「平均にまあまあ」な響となります。各音どれも平均にまあまあ合格点になるようにと微調整した結果が平均律ということです。
先ほどの体験のとおり、第3弦を少し下げた結果の、純正に近い「E」と、濁った「C」の響の違いが聞き分けできなければ、残念ながら純正ハーモニーを味わうことは不可能です。なお、上記の体験は、目分量で第3弦を下げても体感できます。第3弦は相当下げても「E」コードの響は濁りません。しかし、「C」を弾くとヒドイことになります。それで大体感じは分かると思います。

音階ではほとんどの凡人?は聞き分けられませんが、和音なら体感できます。
多分、質問者さんは、ギターを弾かれると思います。
純正の協和音というのは、もともと自然界にある倍音を鳴らしたもので、当然によく溶け合います。クロマチックチューナーがあれば、ギターで純正な和音を簡易的に体験するのは簡単です。
まず各弦をチューニングメーターで完全に合わせます。
次に、第6弦の4フレットのハーモニクスを鳴らします。(実際は、4フレットより2mmほどナットより、3.9フレットあたりです。)
これが、...続きを読む

Qピアノ曲(ジャズ)の採譜 -正確なコードとスケールを導き出す方法-

耳で聞いてピアノ曲を採譜するにあたって、コードとスケールで困っています。コード表記のないピアノ曲の正確なコードをどのように判断すればよいでしょうか。また、使用されている正確なスケールをどのようにして判断すればよいでしょうか。

たとえば、ピアノ曲で作曲者は、メロディー(右手)に好きなコード(左手)をたくさんのコード選択肢(普通のコード、代理コード等)から選択していますが、このような普通のコード、代理コード、スケールなどが複雑なピアノ曲の正確なコード、正確なスケール、正確なキーを導き出して採譜するにはどのようにしたらよいでしょうか。

一般的にベースでコードを導き出すという方法がありますが、コードやスケールの本は、たくさん読んではいますが、良く理解できないので、宜しければ教えて頂ければ幸いです。

Aベストアンサー

私が読んだ本は・・・
ただ『和声学』という言葉は初めて耳にしたかもしれません。
■やはり、そうですか。。。
どうも、たくさん読んでおられるわりに。。。と思ってましたが、
「肝心」な勉学がまだ。。。のようですね。

『和声学』とは、現在の作曲の主流である「和声法」の理論です。
それより前は、「対位法」という理論ですが、私のような「マニア向き」です。爆!
簡単にいいますと、
「対位法」とは、敬愛なる「バッハ」大先生の以前の音楽理論。
「和声法」とは、敬愛なる「バッハ」大先生の以後の音楽理論。です。

なので、詳しいことは、「バッハ」先生にお尋ねください。。。f(^^
(要するに、アナリーゼせよ。。。ということです)
ただ、今でも、「対位法」は、「和声法」と融合し生きずいていますが。。。


私も作曲・編曲をするときがあるのですが、ほぼフィーリングで弾いてみて・・・
■「フィーリング」で結構なんですが、「フィーリング」でらちが明かない場合は、
「音楽理論」が頼りです。。。(^^;
ちなみに、「音楽理論」は、主役にする必要はありませんが、
「音楽理論」を勉強すれば、力強い助っ人になってくれるはずです。


なるほど、いわゆるトニックに帰結する「カデンツ」は分かるのですが、「コードの連結」は初めて聞く言葉かもしれません。
■「カデンツ(機能進行)」とは、「機能」と呼ばれる、「主要3和音」のこと。
「Tトニック。Sサブドミナント。Dドミナント」でしたね。。。

さらに、サブコードを加えると、「ダイアトニックコード」になります。
そして、原則では、「+2。+4(-5)。+6(-3)」度の「コード進行」が可能です。

「II-V-I」は、「+4(-5)」の連続ということになりますね。。。
ただし、「Iは、どこへ連結(進行)してもいい」です。また、
変終止(IV→I)。という特殊な例外もあります。


いわゆる、トライアドのことですね。確かに先に「3和音」から探すというのが原則でしょうね。
■私も耳コピできませんので。。。爆! あいづちを打つことしかできませんが、
まずつける「基本コード」を探すのは、まず、大事ですね。
後は、四苦八苦してください。。。(^^

私もクラシック(ショパン、ラフマニノフ等)は弾きますが、分析したことがないので分かりません。
ただ、クラシックはJAZZに比べて、和音が素直(不協和音が少ない)なので、
ドビュッシーの練習曲のような複雑なものは大変かもしれませんが、比較的見つけ易いかも知れませんね。
■ですね。
とにかく、「コードづけ」。。。やってみてください。いい勉強になりますし、
コツ。。。もわかってきます。

>「作曲」の勉強をもうちょっと、やられたらどうでしょう。
>また、「和声学」の勉強は必須だと思う
色々親切に教えて頂き有難う御座いました。
宜しければ、私のような初心者でも分かるような「和声学」や「コードの連結」、
「作曲」のお勧めの本(参考書)を紹介して頂ければ嬉しく思います。
■自分は、以外にも、「和声学」の本。参考書を買ってないです。
ですが、よい初心者用のサイトがあります。

このサイトは、初心者用ですが、「本格的」ですので、しっかり勉強してください。
また、「ソフト」版も、おすすめです。内容は、さらに濃いですので。。。
ちなみに、PCは、「XP」でも、動きますので。。。(^^;
http://www5d.biglobe.ne.jp/~sak/sak/index.htm
http://www.vector.co.jp/soft/win95/art/se048457.html
「作曲法」(無料です。。。)

これを攻略するには、大変な努力。勉強が必要ですが。。。?
自分のために。。。乗越えてください。

貴方の文面からして、「努力家」。。。のような気がしますので、
ほぼ、完全に理解するには、本気で勉強しても
「★何年」もかかりますが、くじけず。。。やりとげてください。
特に、「ソフト」版

ちなみに「和声学」の本は、専門書になりますが
http://www.ongakunotomo.co.jp/catalog/detail.php?Code=102050
http://www.ongakunotomo.co.jp/catalog/detail.php?Code=102060
http://www.ongakunotomo.co.jp/catalog/detail.php?Code=102070
有名ですが、読んだこともなければ、見たこともないので。。。
無理には、すすめませんが。。。(^^;

音大生さんが使う音楽理論書ですね。。。f(^^
私は、「対位法」の音楽理論が好きなもんで。。。
(あの。。。間違っても、だからといって「対位法」の参考書、買わないように。。。あはは)(^^;

私が読んだ本は・・・
ただ『和声学』という言葉は初めて耳にしたかもしれません。
■やはり、そうですか。。。
どうも、たくさん読んでおられるわりに。。。と思ってましたが、
「肝心」な勉学がまだ。。。のようですね。

『和声学』とは、現在の作曲の主流である「和声法」の理論です。
それより前は、「対位法」という理論ですが、私のような「マニア向き」です。爆!
簡単にいいますと、
「対位法」とは、敬愛なる「バッハ」大先生の以前の音楽理論。
「和声法」とは、敬愛なる「バッハ」大先生の以...続きを読む

Qレスポールタイプのノブ(ボリューム、トーン等の調整する4つのつまみ)はどうやってはずすんですか?

僕の使っているギターはhttp://www.digimart.net/inst_detail.do?instrument_id=DS00466921
です
ノブ(ボリューム、トーン等の調整する4つのつまみ)を交換したいんですけど、普通に上に向けて引っこ抜けば、外れますか?

Aベストアンサー

このタイプのノブであれば、ポットの軸との摩擦ではめ込まれているタイプなので、上に引っ張り上げるだけで外れるはずです。

なお、ノブを外す時には、丈夫な布を用意して、その布を二つ折りにして折り目の方をノブの下に挿し入れ、その状態から布でノブをくるむようにした上で布が外れないようにひねって固定し、その布を引っ張り上げるようにすると、比較的簡単に外れると思います。
はめ込む時は、ノブの数値などを見ながら方向を合わせ、軸にかぶせて押し込むだけで装着できるでしょう。もし、ノブの装着が緩くなった場合は、軸の割れ目を押し開くようにしてからノブをはめると、タイトにはまるようになると思います。

参考まで。


人気Q&Aランキング

おすすめ情報