今なら家電が全品9%OFF!

9歳になる体重2.4kgのパピヨンです。

5日の木曜から急に食欲がなくて震えて様子がおかしく
あわてて診察していただいた所、41度ほど熱がありました

犬の体温は38~39度で、40度を越えると食欲がなくなるから
熱を下げましょうとの事で、点滴と解熱の注射の治療を受けました。
(抗生物質と解熱の注射と仰ってました)
同じ治療で3日間通った時に平熱になり
見た目はいつも通り元気になった感じでした。

しかし、その2日後、また食欲がなくなりグッタリとしていたので
病院に連れて行くと、また40度以上の熱がありました
注射をして帰ると、しばらくして食欲も出て動き始めるのですが
翌朝になるとまたグッタリしてしまい
また注射をしてもらうという繰り返しです。

今日は注射をしてもらった後も、しんどそうな状態で
時折、息が荒くなって口を開けて呼吸をして
顔をあげなくなってしまい、不安です・・・

ただの風邪だといいのですが、あまりに続くと
年齢的な事も含め、不安で仕方ありません

7日間、そのような注射の治療を受けているのですが
体に負担というか、問題はないのでしょうか?
また、他に考えられる病気はありますか?

よろしくお願いします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (7件)

こんにちは。

獣医です。別の獣医も受診されるべきでしょう。

「熱がある」という事実だけで病気の診断を行うことが出来ないのは、人間の場合と同じです。やはり症状に応じて必要な検査を行い、病気を特定することが必要だと思います。解熱剤の注射は対症療法でしかなく、原因を取り除く治療ではありませんから、これを繰り返しても発熱の元となっている原因は取り除かれません。

解熱剤は、種類にもよりますが、あまり続けると胃腸障害を引き起こす場合もあります。何より、検査もせずに解熱剤の投与を続ける獣医の対応はあまりよろしいとは言えません。転院を考えるべきタイミングではないかと思います。
    • good
    • 13
この回答へのお礼

ご回答、どうもありがとうございます。
まとめて申し訳ございませんが
上記に経過を書かせて頂きました。

転院先の先生もnyanzowさんと同じことを仰っていました。
まだ40度以上あるのですが、まず原因の炎症をおさえましょうとの事で
打ち続けるのも問題ある、と解熱剤はうってないんです。

気付いてあげるのが、少しでも早ければと後悔しています。

お礼日時:2006/01/15 18:07

#5のものですが転院されたとのこと、ひとまず悪いところがわかっただけでも良かったですね。


ところでどの内蔵かわかりませんが、炎症を起こしているということは「体の免疫力」が落ちているということです。早く病気を治すには化学療法と並行して犬の持っている免疫力を何とか上げてやることです。
私の犬はがんですがこの方法で良くなりましたので、ご参考までにURLをご覧になってください。
いろいろな事例が載っています。

参考URL:http://www.digiplan.co.jp/live/index.html
    • good
    • 5
この回答へのお礼

通院が必要でなくなった時に締め切らせていただこうと思い
ご報告が遅くなって申し訳ございませんでした。

あれから、また食欲がなくなって熱も下がらず
通院だけの治療では難しいかもしれないとの事で
しばらく入院をさせて、家でも食べられるようになってから
また通院の治療に切り替えました。

こちらに投稿してから完治するまで、1ヶ月以上もかかりましたが、
今では、熱も出なくなり食欲も元通りで元気になりました。

転院した病院は、いつもすごく丁寧な診察や説明をしていただき、
徐々に回復していくのがわかりました。

療養中、甘やかしたせいか、少しわがままになっていますが(笑)
こちらでアドバイスを拝見して転院させて本当によかったです。

皆様、どうもありがとうございました。

お礼日時:2006/03/01 11:32

 お礼文拝見致しました。

まだ不安は残る様ですが、ちゃんと検査も出来て良かったですね。
体力回復など、時間が掛かるでしょうが、きっと元気になりますから、
しっかり見守ってあげてくださいね。看病疲れで、自分が倒れないようにも
気をつけて下さい。おだいじに…。
    • good
    • 4
この回答へのお礼

先程、先生のアドバイス通りの食事を与えると立ち上がって
しっぽを少しふりながら自ら美味しそうに食べてくれました。
最初の通院を始めてから、久しぶりに、こんな姿をみたような気がします。

昨日まで、ぐったりしたまま動こうともしなかったのに
御飯を食べた後、私の膝の上に乗ってこようと
ヨロヨロっと近づいてきてくれました。・・・涙が出ますね。

あんまり無理して動いて欲しくないんですけど
そんな気持ちになってるって感じただけで嬉しいです。

この子が元気になるまで、倒れるわけにはいきません(笑)
お心遣いどうもありがとうございました。

お礼日時:2006/01/15 19:23

もう質問されて1日経ちましたが、他の獣医さんに連れて行ったでしょうか。


犬は5歳を過ぎるといろいろな病気が出てきます。
どんな病気でも熱が出たり食欲が落ちることがあります。あごの下や足の太ももの後ろのリンパ腺が腫れてませんか。
病気によっては手遅れになる場合もありますので、大至急他の医者で見てもらってください。
    • good
    • 3
この回答へのお礼

検査をする事もなく解熱剤と点滴を投与するばかりで
「熱が下がらなくおかしい、わからない」という診察で
だんだんと不安と苛立ちがありました。

産まれた頃からお世話になっている病院だったので
なかなか踏ん切りがつかなかったのですが
最初の体力がある頃に回復しなかった治療を
「わからない」と言いながら続けられるかと思うと
絶対に良くなる事はないと思い、昨日、転院させました。

皆様のアドバイスを拝見して本当に良かったです。

レントゲンと血液検査の結果、内臓が炎症を起していて
それ以外の部分では問題がある所は見当たらないとの事で
診察していただきました。

あとは無事に回復してくれる事を願うばかりですが
依然、40度以上の熱がある状態で体力も
かなり消耗していますので油断できない状態です。

いつもは元気に飛び回っていた小さい体が病気と闘ってる姿をみると、
本当に辛いですが頑張って乗り越えてもらいたいと思います。

どうもありがとうございました。

お礼日時:2006/01/15 17:50

ともかく、転院です。


・一番良いのは、背景にある病気(あれば)の得意な所。
・しかし、判る訳ありません。
・そこで、検査設備の充実している病院。
・ネットで検索し、必要なら隣県も!
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご回答、どうもありがとうございます。
まとめて申し訳ございませんが
上記に経過を書かせて頂きました。

はい、ネットで調べました!便利な世の中に感謝です。
行った感じも凄く丁寧な先生で、患者さんも待ち合いに入りきらないくらいでした。

まだまだ油断できない状態ですが、出来る事は精一杯やってあげたいので
気持ちがスッキリした分、転院させて良かったと思います。

お礼日時:2006/01/15 18:14

これは心配です。


ただの風邪ならいいのですが・・・。風邪でもしばらく熱が続く場合はあります。
しかし・・・1週間の間にその他の検査はしましたか??血液検査や尿検査は全身状態を把握するためにしておくべきでしょう。あと風邪というなら咳、くしゃみ、鼻水はあるのでしょうか?そこから気管支炎に発展してないですか??
あと熱以外の症状はないですか??下痢・嘔吐、飲水量、尿、歩き方など。
その他あげたらきりがないですけどとりあえず治療をやめると再発するなら原因をしっかり見つける段階に進んだ方がいいと思います。
    • good
    • 2
この回答へのお礼

ご回答、どうもありがとうございます。
まとめて申し訳ございませんが
上記に経過を書かせて頂きました。

1週間の間には検査という言葉は出なかったのです。
転院先の先生も検査をしていなかった事に驚かれていました。
もっと、しっかりと飼い主が判断するべきでした。

お礼日時:2006/01/15 17:58

 風邪だとは思うのですが、それが悪化して、肺炎になってませんか?


一度、他の病院での検査もされた方が良いと思います。それも早急に。
    • good
    • 2
この回答へのお礼

ご回答、どうもありがとうございます。
まとめて申し訳ございませんが
上記に経過を書かせて頂きました。

ちょっと気になる呼吸音をする事があるのですが
聴診とレントゲンで見る限り、肺は問題なかったようでした。

お礼日時:2006/01/15 17:53

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q愛犬が亡くなりました。自責の念でいっぱいです。(長文です)

愛犬が亡くなりました。自責の念でいっぱいです。(長文です)

7月30日、妹のように可愛がっていた愛犬(14才の小型犬)が亡くなりました。
8才の時に心臓が弱い事が判明し、以来心臓の薬と気管支拡張剤を服用していましたが、それ以外は大きな病気もした事がなく、高齢になっても食欲旺盛で比較的元気でした。

しかし7月6日深夜、愛犬の呼吸がやや速く浅いことに気づき、翌朝病院に連れて行きました。血液、レントゲン検査の結果、肺に炎症があり、気管支が繊維状になっているとの事で、その日は皮下注射をし、抗生剤、去痰剤等を処方されました。
食欲は普段と変わらず、ぐったりしている感じもなかったのですが、数日様子を見ていても呼吸の速さが落ち着かないので、7月10日再度病院へ。血液検査をしたところ、肺の炎症は半分くらい治まっているとの事でした。ここから数日間も、呼吸は速く時折辛そうにはしていたものの、食欲、元気の喪失は見られなかったので、「年令も年令だから治るのに時間がかかるのかな」くらいに思い、様子見の日が続きました。
けれど7月16日深夜から早朝にかけ、息苦しさで眠れないような状態になり翌朝また病院へ。先生に入院を相談してみたのですが、うちの子の性格を考慮した場合、入院はストレスがたまり返って悪化する可能性もあるので、自宅で酸素ハウスのレンタルをしてみてはとアドバイスされ、早速その日からレンタルしました。ほぼ丸1日ハウスに入っている状態ではあったものの、その間は呼吸もだいぶ落ち着いてはいました。
ですが、7月22日頃からそれまで旺盛だった食欲、元気が徐々に減り始め、ついには何も口にしなくなってしまったので、7月27日病院へ行きました(負担を考え、愛犬は連れて行きませんでした)。
今までの薬にステロイドを加えた物と、特別療法食のフードを処方されたところ、薬の効果がてきめんで、少しずつですがフードも食べてくれ、目の力や立ち上がる足の力も出てきて、しばらく思わしくなかった愛犬の体調が、これでようやく回復に向かっていくのだと希望を持ちました。
なのに、その3日後、あの子の心臓は止まってしまいました。

亡くなるほんの数分前、ハウスの中からきょとんとした顔で私や家族の事を見つめていて、特におかしな様子は見られなかったのに、その次に愛犬を見た時には苦しそうにあえぎ、体が痙攣し、数回息を大きく吸い込んだ後、そのまま眠りについてしまいました。わずか3分くらいの出来事でした。
きっとよくなると信じていたので、容体の急変にどうしていいか全く分からず、最期泣きながらただ名前を呼び叫ぶだけしかできなかった自分が心底憎いです。例えばあの時、酸素ハウスのホースを口に直接くわえさせていたら、人工呼吸や心臓マッサージをしていたら、もしかして今もあの子は私の隣にいたかもしれない……。そう考えると、14年間家族に幸せを与え続けてくれた愛犬を、見殺しにしてしまった気持ちにさえなります。
またタイミングの悪い事に、6月頃から私自身の体調があまりよくなく、病気の愛犬の世話を思うようにしてあげられなかった事も、とても申し訳なく思っています。私の看護は落ち度や手抜きだらけだったような気がして、心の中が後悔と罪悪感で埋めつくされています。もっとああしてあげればよかった、こんな飼い主であの子は本当に幸せだったのだろうか、助けてあげられなかった罪をどうやって償っていけばよいのだろうかと。
ステロイドで回復の兆しは見えましたが、結果亡くなってしまったという事は、体もきっと相当辛かったのだと思います。その辛さも私はあまり理解してあげていませんでした。
最後の方、私は嫌がる愛犬に無理やり薬を飲ませたり、不安気な表情を見せてしまったりしたので、
「お姉ちゃん、何でこんな意地悪をするの。お姉ちゃんなんか嫌いだ」
もしかしたら、そんな風に思わせたまま旅立たせてしまったのかなとも考えます。
体や精神がばらばらになりそうな程悲しくて、あの子のいない世界で生きていくのが本当に辛いです。あの子のいない世界は、色も光もない、絶望でしかありません。
長い長い文を書いてしまってすみません。読んでもらえただけでとても嬉しいですが、何かアドバイス等頂けたら幸いです。

愛犬が亡くなりました。自責の念でいっぱいです。(長文です)

7月30日、妹のように可愛がっていた愛犬(14才の小型犬)が亡くなりました。
8才の時に心臓が弱い事が判明し、以来心臓の薬と気管支拡張剤を服用していましたが、それ以外は大きな病気もした事がなく、高齢になっても食欲旺盛で比較的元気でした。

しかし7月6日深夜、愛犬の呼吸がやや速く浅いことに気づき、翌朝病院に連れて行きました。血液、レントゲン検査の結果、肺に炎症があり、気管支が繊維状になっているとの事で、その日は皮下注射をし、...続きを読む

Aベストアンサー

14歳だったら大往生です。muuneeさんもワンちゃんも本当にがんばったと思います。最後は家族と一緒に看取ってあげたんですよね。ワンちゃんにとっては最高のお別れです。ご自分に至らないところがあった、と思われる気持ち、愛犬のみならず、愛する物を亡くした人なら誰でも思うことですが、よくわかります。でもあの時チューブを口に入れてあげたり、心臓マッサージをしてあげて、何が大きく変わるでしょうか。後2~3日、あるいは1週間、1ヶ月長く生きるかもしれません。でもそれがワンちゃんにとって幸せだったと思いますか?もしかしたら後遺症で体の自由が全く利かなくなってしまったかもしれないし、いずれ、苦しみを和らげるためにmuuneeさんが悲しい決断をしてあげなくてはいけなかったかもしれません。お話だと、ワンちゃんはそう長く苦しむことなく、ご家族の顔をきょとん、と見つめた後痙攣をし、なくなったとのこと。muuneeさんのお気持ちもわかりますが、ワンちゃんはもう限界だったのです。もう、がんばらなくて良いんだよ、安らかに眠ってね、本当に今までありがとう。とワンちゃんに心の中で語りかけてあげてください。8歳で異常が見つかってから14歳まで生きた。十分ですよね。本当にお二人とも一生懸命がんばったんです。

14歳だったら大往生です。muuneeさんもワンちゃんも本当にがんばったと思います。最後は家族と一緒に看取ってあげたんですよね。ワンちゃんにとっては最高のお別れです。ご自分に至らないところがあった、と思われる気持ち、愛犬のみならず、愛する物を亡くした人なら誰でも思うことですが、よくわかります。でもあの時チューブを口に入れてあげたり、心臓マッサージをしてあげて、何が大きく変わるでしょうか。後2~3日、あるいは1週間、1ヶ月長く生きるかもしれません。でもそれがワンちゃんにとって幸せ...続きを読む

Q原因不明の熱でのステロイド治療について

トイプードル(雄)9歳、2.8kgです。

昨年末ごろから、突然食欲がなくなり40度前後の発熱が続き、
病院では抗生物質を数種類変え、様子をみながら飲み続けていましたが
熱は下がらず、血液検査ではALPが800、白血球の数値が38000ほどありました。

発熱しだしてから、嘔吐、下痢、血尿など目に見えて悪いという症状は一切なく
自己免疫疾患、関節系の病気、心臓(の弁が逆流?)が疑わしいとの事ですが
血液、尿、便、エコー、レントゲンなどの検査でも
これが発熱の原因、というものが特定できない状況だそうです…。

原因がわからないだけに、病気によっては体内の細菌が増えてしまい逆効果になる事があるとの事で
最初はステロイドの薬は処方されなかったのですが、ステロイドの薬を飲んだところ平熱に戻り、
食欲も増し(ステロイドの副作用といわれました)普通に生活できるようになりました。
それから毎日、抗生物質とステロイドの薬を飲み続けています。

しかしステロイドを始めて丸3ヶ月になり、長期服用するのも副作用が心配ですし
発熱もなくなりましたし、徐々にですが最近は白血球の数値がさがってきていて
前回の診察で白血球の数値が17000になった所で
2週間ほど1日おきに投与して、徐々に服用を中止してみましょうという事になったのですが
6日目で40度の熱が出てしまいました。薬を飲ませると翌日は、また平熱に戻りました。

やはり、このままステロイドを飲み続けるしか方法はないかな、、、
でも副作用を考えると心配で…と考えてしまいます。
寝顔をみてたら、いろいろと考えて何だか辛くて…。

何を質問したいのか、よくわからなくなってしまいましたが
なにかコメントをいただければ幸いです。

トイプードル(雄)9歳、2.8kgです。

昨年末ごろから、突然食欲がなくなり40度前後の発熱が続き、
病院では抗生物質を数種類変え、様子をみながら飲み続けていましたが
熱は下がらず、血液検査ではALPが800、白血球の数値が38000ほどありました。

発熱しだしてから、嘔吐、下痢、血尿など目に見えて悪いという症状は一切なく
自己免疫疾患、関節系の病気、心臓(の弁が逆流?)が疑わしいとの事ですが
血液、尿、便、エコー、レントゲンなどの検査でも
これが発熱の原因、というものが特定できない状況だ...続きを読む

Aベストアンサー

昨年末からとのことなので、質問者様(飼い主様)の
心労が蓄積されているのでしょうね。
おそらく・・獣医さんとの話し合いや他の病院へ行くことは
ご質問者様は、すでに考えていらしゃっることと思います。

「寝顔をみてたら、何だか辛くて…。」

一番吐き出したかった言葉のような気が致しました。
高齢にさしかかる年齢でもあり、重たいものが
ドッカリとご質問者様の心に圧し掛かっているのでしょう。
その不安を「愛情」と呼ぶのでしょうね。
その不安も受け止めてくれる獣医さんだといいですね。
お恥ずかしい話ですが私は介護の疲れや不安が重なって
獣医さんの前で号泣したことがあります。
そのことがあってから獣医さんとの関係も
一層スムーズになりました。
ご質問者様の心労を一番ご理解いただけるのも
もしかしたら獣医さんかもしれませんよ。

なんだか何の役にも立たない回答になってしまいましたので
専門家ではありませんが心臓について少々。

心臓には4つの部屋があります。
その部屋には扉があります。(この扉が弁膜)
この扉が開かない状態を「狭窄症」
この扉が閉じない状態を「閉鎖不全」
「弁の逆流の疑い」とおっしゃったのは
おそらく閉鎖不全のことで
「僧帽弁閉鎖不全」は小型犬や
加齢に伴い老犬に発生する心臓病です。

いずれにしろ早く原因がわかって
熱が下がることを心から祈っています。
そしてご質問者様、
病気や介護で不安を抱えていらっしゃる飼い主様は
実は少なくありませんから
そういう方たちとお気持ちを分かち合われることも
お心のためにはいいと思いますよ。
がんばってくださいね。応援しています。

昨年末からとのことなので、質問者様(飼い主様)の
心労が蓄積されているのでしょうね。
おそらく・・獣医さんとの話し合いや他の病院へ行くことは
ご質問者様は、すでに考えていらしゃっることと思います。

「寝顔をみてたら、何だか辛くて…。」

一番吐き出したかった言葉のような気が致しました。
高齢にさしかかる年齢でもあり、重たいものが
ドッカリとご質問者様の心に圧し掛かっているのでしょう。
その不安を「愛情」と呼ぶのでしょうね。
その不安も受け止めてくれる獣医さんだといいですね...続きを読む

Q犬の血液検査のCRP値の異常について

4歳のボーダーコリー(雄)を飼っています。去年暮れあたりから、寝起きのときだけに後脚がびっこをひくような感じがあり、かかりつけの病院で検査してもらったところ、レントゲン所見では異常がなく、血液検査でCPK2000オーバー、CRP4.4と出ました。一応、消炎剤で様子を見たところ、後脚については症状はおさまり、CPKはほぼ正常になったのですが、CRPは依然として下がりません。
症状としては、まだすこし寝起き時に後脚にぎこちなさは残るような気がしますが、それ以外に目立ったところはなく、食欲もあり、いつも通り元気です。
このような場合、何か病気が進行していることが考えられるのでしょうか?
うちの子は、ひどく神経質で、病院にいくとなると震えだしたり、待合室でもひどく落ち着きがなかったりします。特に、病院後の散歩のうんちが下痢ぎみだったり、膜がかかったようなうんちをする場合もあり(本人は全くもって元気ですが)、少なくとも腸に何らかの影響(ストレス)を与えているように思うのですが、これがCRPの数値に出てきているということは考えられるのでしょうか。
病院でも何も症状がないので様子を見ることぐらいしかできないのですが、どなたか同様な症状の子の経験がある方がいましたら、お教え下さい。

4歳のボーダーコリー(雄)を飼っています。去年暮れあたりから、寝起きのときだけに後脚がびっこをひくような感じがあり、かかりつけの病院で検査してもらったところ、レントゲン所見では異常がなく、血液検査でCPK2000オーバー、CRP4.4と出ました。一応、消炎剤で様子を見たところ、後脚については症状はおさまり、CPKはほぼ正常になったのですが、CRPは依然として下がりません。
症状としては、まだすこし寝起き時に後脚にぎこちなさは残るような気がしますが、それ以外に目立ったところ...続きを読む

Aベストアンサー

(^_^) こんにちは。3年前に腎臓病で17才の愛犬を亡くしました。

あくまで可能性のひとつ、仮説のひとつとして聞いてほしいのですが。

>寝起きのときだけに後脚がびっこをひくような感じがあり
>食欲もあり、いつも通り元気です。
>病院後の散歩のうんちが下痢ぎみだったり、膜がかかったようなうんちをする場合もあり

・・・ココのへんに、ウチのコのときの経験がチョットかぶる点があり、ひっかかるのです。
ウチのコが腎臓病が発覚したときなのですが・・・後ろ足を少し引きずっていて、捻挫とまちがえて病院に連れて行きました。
起き抜けや散歩の出かけはじめのころは足を少し引きずっているのですが、しばらくすると普通のなんでもない歩き方に戻ります。食欲もあり、とても元気にしていたので「捻挫でもしたのかナ?」と思いました。でも転んだとか、ぶつけたとかの心あたりは、まったく無いので、とても不思議でした。

うちのコが運が良かったのは、たまたま獣医さんが腎臓病の治療に自信を持っている先生だったことです。尿検査をすると、すぐに結果が出ました。ほどなくして多飲多尿やお漏らしの症状があらわれてきました。

腎臓は肝臓とともに「沈黙の臓器」といわれ、なかなか症状がオモテにでてこないので、腎臓病は、しばしば発見がおくれる病気です。主治医は、血液検査では腎臓病は発見することは出来ないと言います。腎臓は細胞の一部が損なわれても、残った細胞が倍の働きをして補ってしまうため、表面上は犬は元気になんともなく過ごしています。
血液検査でBANなどの数値が変化するのは、すでに腎臓の細胞が4分の3くらい損なわれていて、かなり重症になってからだそうです。

ウンチを包んでいる膜は腸壁がはがれたものです。腸に過剰な負担が、かかってしまっている証拠です。ウチのコもよく、そういうことがありました。コレがさらに悪化すると腸壁から出血を起こして、血便が出るようになるのだそうです。腎臓は解毒の器官ですから腎臓が機能低下を起こして弱りはじめていると、他の解毒器官である肝臓や大腸に、余分に負担がかかります。その結果という可能性もあります。
ただし、もしかしたらば・・・治療に消炎剤だけでなく抗生物質を使っているのかもしれません。そのせいで、下痢をするのかもしれません。ウチの主治医は抗生物質を使ったアトは、必ずビオフェルミンを飲ませておきなさいと言いますよ。

同じ「沈黙の臓器」といわれる肝臓ですが、肝臓は正しい治療をうければ、再生するのにくらべて、腎臓は一度損なわれた細胞は2度と再生しません。消しゴムのように磨り減っていく一方なのです。ココが腎臓病の怖いところなのですが。一方で食事療法などが効果的で飼い主の努力次第で、かなり寿命をのばすことも出来る病気でもあります。
とりあえず尿検査をしてみては、いかがでしょうか?オシッコに試験紙を浸すだけのカンタンな検査です。初期~中期の腎臓病の発見には尿検査が有効だそうですから。

CRP値とは炎症性の病気を疑う数値だそうですね。通常は関節炎などを疑うべきなのでしょうが。万が一、もしかして・・・腎臓が腫れていて・・・という仮説です。

(^_^) こんにちは。3年前に腎臓病で17才の愛犬を亡くしました。

あくまで可能性のひとつ、仮説のひとつとして聞いてほしいのですが。

>寝起きのときだけに後脚がびっこをひくような感じがあり
>食欲もあり、いつも通り元気です。
>病院後の散歩のうんちが下痢ぎみだったり、膜がかかったようなうんちをする場合もあり

・・・ココのへんに、ウチのコのときの経験がチョットかぶる点があり、ひっかかるのです。
ウチのコが腎臓病が発覚したときなのですが・・・後ろ足を少し引きずっていて、捻挫...続きを読む

Q老犬が何も食べません

13歳になるラブラドールです。
ここ一ヶ月で急激に衰えました。
獣医さんによるとひどい腎不全で夏まで持たないと言われました。
腎臓以外の機能はまったく正常らしいです。
点滴をすると2~3ヶ月くらいまで持たせられるかもと言われましたが、病院が嫌いでひどくおびえるので、あんなにストレスを与えるぐらいなら家で寝かせておいてやろうということになりました。
しかしここ一週間くらいほとんど食べなくなり、ついに昨日はお味噌汁を一口なめた以外、水しか口にしていません。
腎不全にお味噌汁は致命的だと思いますが、お肉やパンなど以前は好きだったものも嫌がり、柔らかいものなど思いつく限り食べさせようとするのですが、食べてくれません。
ただ、食べ物を持って行くと興味を示し匂いはかぐので、食べようという気はあるようです。
体力が落ち、立ち上がることもできなくなりました。
そこで皆さんにお聞きしたいのですが、食欲がなくなってもこれだけは食べたよという食べ物があれば教えていただきたいです。
獣医さんにはこの際体力を最優先されるためにもどんなものでもやった方がいいといわれたので、人間用の食べ物も与えようと思います。
よろしくお願いします。

13歳になるラブラドールです。
ここ一ヶ月で急激に衰えました。
獣医さんによるとひどい腎不全で夏まで持たないと言われました。
腎臓以外の機能はまったく正常らしいです。
点滴をすると2~3ヶ月くらいまで持たせられるかもと言われましたが、病院が嫌いでひどくおびえるので、あんなにストレスを与えるぐらいなら家で寝かせておいてやろうということになりました。
しかしここ一週間くらいほとんど食べなくなり、ついに昨日はお味噌汁を一口なめた以外、水しか口にしていません。
腎不全にお味噌汁は...続きを読む

Aベストアンサー

こんにちは…。
とても心配ですよね、同じ様な状況を経験したものです。
ウチの犬もどんな好物さえ受け付けてくれなくなったため、獣医師の指導により以下のような方法で食事を与えました。
まず獣医さんに注射器型のスポイド(恐らく薬を飲ませるのが本来の目的の器具だと思います、テルモ製でした)の口を広げてもらったものを頂きました。
それで手作りの流動食を吸い上げ、犬の口の横の方から流し込んでやりました。
ウチの場合は中型犬ですのでラヴラドールの食事量は判りませんが、与えた内容について記しておきます。

●ドロドロに炊いた白米のお粥(ミキサーで液状にします)
●よく煮たレバー(少量のお湯を足してミキサーにかけペーストにします)
●犬用粉ミルク(エスビラックを使用しました)
●鶏卵や鶉の卵
●人肌に温めた牛乳
●お湯でふやかしてミキサーにかけたドッグフード
●裏ごししたカッテージチーズ

これらを組み合わせ、ミルクセーキにしたり、サプリメントを加えたりと色々と工夫し、日に数回に分けて与えました。
飲み込む力があれば、撫でながらや言葉をかけながら飲ませてやると何とか飲んでくれるようになりました。
器官に入らないように姿勢や流し込む速度には注意してくださいね。
ウチの犬は幸いにも快方に向かいましたが、病状やアレルギーなど色々あると思いますので、あくまでも参考にして下さい。
最終的には獣医さんの指示を仰いだ方が良いと思います。
私が参考にした本は「犬と猫のための手作り食(ドナルド・R・ストロンベック著)」です。
医学的な根拠をベースに、食材や内容量等がかなり詳しく書かれていたのでとても参考になりました。
パンが好きならミルクでふやかしてミキサーでペースト状にしたらどうでしょう(蜂蜜を混ぜたりして)?
粘性の強い食材のときは、ケチャップやマスタードなどを入れる容器の口の先をを切って(口径を広げるため)使用したりもしました。
正直大変でした、でも頑張って欲しいと思います。
応援していますね…。

こんにちは…。
とても心配ですよね、同じ様な状況を経験したものです。
ウチの犬もどんな好物さえ受け付けてくれなくなったため、獣医師の指導により以下のような方法で食事を与えました。
まず獣医さんに注射器型のスポイド(恐らく薬を飲ませるのが本来の目的の器具だと思います、テルモ製でした)の口を広げてもらったものを頂きました。
それで手作りの流動食を吸い上げ、犬の口の横の方から流し込んでやりました。
ウチの場合は中型犬ですのでラヴラドールの食事量は判りませんが、与えた内容について記...続きを読む

Q前夜まで元気だった犬が翌朝急死

コリー系ミックス11歳♂のことです。
長文恐れ入ります。

3日前の朝7時、犬の吐く音で目が覚めました。
見ると、黄色い液体と、白い泡、そこにケチャップ色の血が混じっていて、犬はぐったりしていました。
お水を差し出しても顔を背け、リードを見せても動こうとしません。(普段は飛び起きて散歩に行こうとします)

しばらく様子を見ていましたが、3~5秒に1回ほど、お腹のあたりがビクンと痙攣し、その勢いで排便。見ると、ウンチの最後のほうに血が混じっていました。

吐いたものと血便を持って9時からの動物病院に連れていき、症状を話しましたが、呼ばれたのは9時半過ぎ。
それまでの間にどんどんぐったりしていき、先生に見せると「消耗しきってるな。もうダメかもしれない」。
そしてほどなく息を引き取りました。

先生に「田んぼか畑に行かなかった?」と聞かれました。
確かに前日19時半頃、車での長い移動中におしっこをさせるため、ちょっと田んぼのまわりを歩かせました。
それを言うと、
「除草剤とか殺鼠剤とかを舐めたり食べたりしたのかもしれない。先日もそういう子が来たから」と先生。
そのまま別の子の診察に行き、実習生さんだけになり、それ以上の質問はできませんでした。

でも、帰ってから除草剤などで検索すると、確かに嘔吐、痙攣などの症状はあるのですが、嘔吐は1回きり、下痢はなく、血便は通常の便の固さでした。

しかも、少し農業に詳しい人に聞いたら、半日も経ってから発症したり、半日後に急死したりするだろうか、とのこと。致死量が体内に入ったなら、もっとすぐ発症してしまうのではないか、というのです。

田んぼの後、外に出したのは1回だけで、22時頃、いつもの散歩コースだけです。元気よく散歩して帰りました。
そして寝る部屋には殺虫剤などの毒物は一切ありません。

長くなってすみませんが、
このような状況、症状から、他に何か考えられることはあるでしょうか。
元気いっぱいだった愛犬の急死、しかも原因不明とあって、現実を受け入れられずに苦しんでいます。

どうか、小さな可能性でも結構ですので、ご意見をお聞かせいただければ幸いです。

よろしくお願いいたします。

コリー系ミックス11歳♂のことです。
長文恐れ入ります。

3日前の朝7時、犬の吐く音で目が覚めました。
見ると、黄色い液体と、白い泡、そこにケチャップ色の血が混じっていて、犬はぐったりしていました。
お水を差し出しても顔を背け、リードを見せても動こうとしません。(普段は飛び起きて散歩に行こうとします)

しばらく様子を見ていましたが、3~5秒に1回ほど、お腹のあたりがビクンと痙攣し、その勢いで排便。見ると、ウンチの最後のほうに血が混じっていました。

吐いたものと血便を持っ...続きを読む

Aベストアンサー

愛犬の死、お悔やみ申します。
私は植物毒の一種かと思います。でも、書かれている症状だけでは特定できません。あなたが症状を詳しく見たのなら、次に可能性のある植物毒とそれを含む植物、その植物が生えやすい場所を書きますので、インターネットで毒成分の名前打った後「症状」か「中毒症状」とうって症状を検索し、確かめてください。

毒成分の名   植物名      生息場所
アコニチン   トリカブト    山林のふもと、稀に日当たりのいい野原や畑
コルヒチン   イヌサフラン   主に園芸種、人家の庭
スコポラミン  チョウセンアサガオ主に園芸種、人家の庭、近年野生化し空き地
アトロピン   同上       同上
オレアンドリン キョウチクトウ  街路樹、空き地、川原
コンバラトキシンスズラン     人家の庭、野原、田畑のあぜ
アドニトキシン フクジュソウ   同上
シクトキシン  ドクゼリ     川原、湖の岸などの水辺
グラヤノトキシンツツジ      街路樹、人家の庭、山林
アニサチン   シキミ      同上
ソラニン    イヌホオズキ   空き地、山林、田畑のあぜ
ジギトキシン  ジギタリス    主に園芸種、人家の庭

すみません。この程度しかお役に立てません。亡くなられたあなたの愛犬にご冥福をお祈りいたします。

愛犬の死、お悔やみ申します。
私は植物毒の一種かと思います。でも、書かれている症状だけでは特定できません。あなたが症状を詳しく見たのなら、次に可能性のある植物毒とそれを含む植物、その植物が生えやすい場所を書きますので、インターネットで毒成分の名前打った後「症状」か「中毒症状」とうって症状を検索し、確かめてください。

毒成分の名   植物名      生息場所
アコニチン   トリカブト    山林のふもと、稀に日当たりのいい野原や畑
コルヒチン   イヌサフラン   主に園芸...続きを読む

Q犬の膵炎で困っています。

犬の膵炎で悩んでおりまして、お知恵をお借りしたいと思い投稿しました。

シーズー犬(メス・2歳)が今年のお正月明け(1月上旬)から下痢しはじめ、
頻度が多いので病院に連れて行ったところ
「ウィルスがおなかに入ってくだしているのでは?」と言われ、
お薬を頂きその日は帰宅しました。

ところが、薬を飲ませても下痢が悪化。
家中を走り回ったり、上の方へのぼろうとしたり、
奇妙な行動をとるようになりました。

しまいには嘔吐もしたため、再び病院へ連れて行ったところ
衰弱しているとのことで入院して検査をすることになりました。

検査結果は「急性膵炎」で、その影響もあり肝臓の値も高くなっている状態でした。(ALT128)

4日ほど入院をし、点滴等をしてもらったところ、
その時は元気になったので退院したのですが、
膵炎が慢性化してしまっておりそれからこの2ヶ月間、
週に2日~3日程度病院に通院しています。

一時期は下痢もおさまったのですが、
ここ2週間くらいは下痢がひどい状態で、
1日おきに点滴をしに通っています。

膵臓に直接働きかける薬は特になく、
「消化酵素」を与え、低脂肪・低繊維質のものを与える
食事療法のみだと言われいます。

食事にも気をつけ、消化酵素を飲ましているのですが、
一向に下痢が止まる様子はなく、
下痢を頻繁にしてしまう本人もとてもかわいそうなのですが、
目を離していると家中うんちだらけにされてしまうことも多く、
私自身も疲れ切っている状態です。

(消化されないためうんちの量が極めて多いうんちを、
 自分の足で踏んでしまい、そのまま家の中を歩いている状態です)


何か他に治療法はないものかと色々と調べていたところ、
針と漢方治療もできることがわかりました。


さっそく今かかっている獣医に相談したのですが、
「針や漢方は即効性がなく、お金も高額にかかるので、
うちでは取り扱っていませんし、おすすめできません」
とあっさりと言われました。

藁にもすがる思いなのですが、このまま今の治療(消化酵素を飲ませ、食事に気をつける。ひどいときは点滴をする)を続けるべきなのでしょうか?

ご回答宜しくお願いいたします。

犬の膵炎で悩んでおりまして、お知恵をお借りしたいと思い投稿しました。

シーズー犬(メス・2歳)が今年のお正月明け(1月上旬)から下痢しはじめ、
頻度が多いので病院に連れて行ったところ
「ウィルスがおなかに入ってくだしているのでは?」と言われ、
お薬を頂きその日は帰宅しました。

ところが、薬を飲ませても下痢が悪化。
家中を走り回ったり、上の方へのぼろうとしたり、
奇妙な行動をとるようになりました。

しまいには嘔吐もしたため、再び病院へ連れて行ったところ
衰弱しているとの...続きを読む

Aベストアンサー

我が家の犬と全く同じ経過をたどっていらっしゃるようなので、
ご参考になればと思います。

うちは、まず獣医さんから処方されたお薬としてこのようなものがあります。
整腸剤、強力な下痢止め2種、膵臓用消化酵素、そして抗生物質。
この抗生物質はアスゾールまたはフラジール。
炎症を止め、腹膜炎を起こすのを予防するためのものです。
この抗生物質はとてもよく効きます。
これらの薬を約二ヶ月ほど与え、且つ食事も処方食のヒルズi/d(膵炎用、下痢止め作用あり)に切り替えました。

様子を見つつ下痢止めをやめ、一定期間して大丈夫であれば
抗生物質を止め、現在は整腸剤と消化酵素と処方食でうまく
コントロールしています。

獣医さんに抗生剤と下痢止め、処方食を出していただいて
一定期間与えてみてはどうでしょうか。
食事は手作りや、一般のフードは中止された方がよいです。
膵炎のコントロールを自力でなさるのはむずかしいですよ。
動物性タンパク質はよくないので、炭水化物中心で消化しやすく
且つ、下痢で失われたビタミン類を補充するためには処方食
が早道です。我が家も今までのドライフードに戻すとまた、
調子を崩します。

大量の泥状便が出ると思いますので、オムツは必須と思います。
介護用のオムツカバーにパッドを装着するタイプ、はくタイプの
紙おむつがありますので、状況が落ち着くまでははかせておいたら
どうでしょう。うちも夜間や留守番時はおむつです。

膵臓は一度炎症を起こすと治ることはないので、ずっとコントロール
しながら生活することになります。
あまり意味のないことに惑わされずに獣医さんの指示にしっかり従って
治療されるのがベストだと思います。

我が家の犬と全く同じ経過をたどっていらっしゃるようなので、
ご参考になればと思います。

うちは、まず獣医さんから処方されたお薬としてこのようなものがあります。
整腸剤、強力な下痢止め2種、膵臓用消化酵素、そして抗生物質。
この抗生物質はアスゾールまたはフラジール。
炎症を止め、腹膜炎を起こすのを予防するためのものです。
この抗生物質はとてもよく効きます。
これらの薬を約二ヶ月ほど与え、且つ食事も処方食のヒルズi/d(膵炎用、下痢止め作用あり)に切り替えました。

様子を見つ...続きを読む

Qペットの血液検査でわかること。

この間、11年買っていた犬をガンでなくしました。
1ヶ月前には「ちょっと歳を取ったかな?」ぐらいに感じましたが、
亡くなる3日前にはおとなしすぎて、えさも食べておらず、
2日前に、あきらかに貧血症状が出、病院へ連れて行ったところ、
入院しました。
その後、病院ですごく元気になってしまい、回りに迷惑をかけるほど、復活していました。

で、血液、エコーの結果、脾臓の腫瘍か、もしくは肝臓、との判断で、手術をしたのですが、
手術中に死んでしまいました。
脾臓の腫瘍と判断して開腹してみたら、肝臓の表面にガンがあり、にじむような大量の出血だったそうです。

ただ、たまたま3週間前におこなった血液検査での異常は
「年齢のせいもあるかな」程度で、元気ですよ!といわれましたし、
手術前の血液検査でも、肝臓に関する数値はさほどでもない、とのことでした。
先生も、お腹をあけてから、肝臓が悪い事がわかったと言っているほどです。

そこで質問ですが、血液検査ではどこまで病気の事がわかるのでしょうか?
また、病気の早期発見のためには、何をしたらよいでしょうか?

ガンによるあまりにも突然の死だったので、自分で納得ができず、こまっています。
よほどガンがひどくならない限り、血液検査ではわからないものなんでしょうか?
まだ、猫を3匹かかえているので、今後の為にも、
ぜひ、おしえてください。

この間、11年買っていた犬をガンでなくしました。
1ヶ月前には「ちょっと歳を取ったかな?」ぐらいに感じましたが、
亡くなる3日前にはおとなしすぎて、えさも食べておらず、
2日前に、あきらかに貧血症状が出、病院へ連れて行ったところ、
入院しました。
その後、病院ですごく元気になってしまい、回りに迷惑をかけるほど、復活していました。

で、血液、エコーの結果、脾臓の腫瘍か、もしくは肝臓、との判断で、手術をしたのですが、
手術中に死んでしまいました。
脾臓の腫瘍と判断して開腹してみ...続きを読む

Aベストアンサー

こんにちは。
 残念ながら通常の血液検査では、体の中に腫瘍があったとしても、ほとんど異常な値というのは出ないでしょう。異常が出るのは白血病で白血球数が上昇する場合などがありますが、肝臓に関しては、肝臓に腫瘍があったとしても肝臓の数値が明らかな数値を示さないことはよくあることです。そういったことがあるのでそれぞれの腫瘍を特異的に、血液検査で見つける「腫瘍マーカー」が開発されることが望まれますが、現段階では獣医学では実用的なものはありません。
 また、進行すれば異常が出て来るとも限りません。肝臓や腎臓などの臓器が冒された場合は何らかの異常があらわれる可能性はありますが、ケースによって違いますので一概には言えません。脾臓にできやすい腫瘍の場合、脾臓に特異的な血液検査項目というのはありませんから、やはり異常を見つけることは難しいでしょう。消化管にできる腫瘍の場合は下痢や嘔吐などの症状が現れますので、そうしたことから病気を疑うことができます。
 血液検査というのは万能な検査ではありませんから、血液検査さえすれば安心という、依存した考え方は良くありません。やはり生活の中での些細な変化や、身体の変化、お腹の張り具合などの変化を観察することは大切です。異常が疑われれば血液検査と合わせてレントゲンやエコーなどの画像診断によって、血液検査では分からない、実際の形を判定することで、病気を早期に見つけることはできるかもしれませんね。それから年齢というのはやはり重要な要素です。歳を取ってくればそれだけ病気が多くなることは常に考えておくべきでしょうね。
 ですから結局の所は定期検診を受けると言うことと、明らかな異常がある場合はなるべく早期に受診すること、この基本に尽きると思います。

 しかしこれだけは申し上げておきますが、お腹の中の腫瘍の場合、残念ながら発見されたときには大分進行しており、治療が困難であるケースは非常に多いのです。飼い主さんにとっても、獣医師にとってもつらく残念な事ですが、現段階での獣医療の限界があるのかもしれません。ですから、anponさんが怠慢な飼い主であったということは決してありません。いまは納得できず自問自答されているかもしれませんが、ご自分を責める必要は一切ありませんし、ワンちゃんもそんなことは望んでいないはずです。いままで愛情を持って飼ってくれたことに関して、感謝しているはずですよ。

こんにちは。
 残念ながら通常の血液検査では、体の中に腫瘍があったとしても、ほとんど異常な値というのは出ないでしょう。異常が出るのは白血病で白血球数が上昇する場合などがありますが、肝臓に関しては、肝臓に腫瘍があったとしても肝臓の数値が明らかな数値を示さないことはよくあることです。そういったことがあるのでそれぞれの腫瘍を特異的に、血液検査で見つける「腫瘍マーカー」が開発されることが望まれますが、現段階では獣医学では実用的なものはありません。
 また、進行すれば異常が出て来る...続きを読む

Q老犬が急に立てなくなりました。

今朝まで普通にしていた老犬(雑種15才オス)が、突然ふらつき立てなくなりました。立ってもよろよろとししゃがみ込む腰が抜けた状態です。老犬なのでこの様な状態は命に関係あるでしょうか。食事は少したべました。今仕事中なので終わったらすぐ帰って面倒みたいと思います(家族は家にいます)。何か出来る事はあるでしょうか。同じ症状があった飼い主さんがいたら教えていただければと思います。

Aベストアンサー

15才ということなので、普通に考えれば老いのために立てなくなったと思います。

老いてくるとまず後ろ足が弱って立てなくなってきます。
ただ、ヘルニアや内側からくる病的な事で立てなくなる事もあるので、そこは獣医さんの判断になります。

もし食欲なども普段と変わらないのであれば老いからくるものなので、食事や物事に対しての意欲があれば早々に命に関わる事は少なく感じます。

衰えて立てなくなった足腰はどうリハビリしようが弱る一方です。
けれど立てないからと言って体を動かさないままにすると体の血行も悪くなりますし、内臓の働きも悪くなってしまいます。
前足は後ろ足に比べて衰えるのが遅いので、トイレの時は腰を支えて(もっと衰えた時は持ち上げるように)あげると意外と元気に歩き回りますよ。

いきなり寝たきりになってしまうと、犬の方も寝たままでの排出を我慢してしまいますが、後ろ足を支えつつ付いて歩くと(中腰の人間の方がきついですが・・・)トイレもズムーズにするかと思います。

今はまだ良いですが、いくら食べても太らなく皮下脂肪がなくなってくるころには筋力も衰えてしまうため、便の排出も少なくなってきますが、筋力が衰えたために排出できない場合もあります。
その時はティシュなとあてて肛門をマッサージすると、刺激されて排出をさせることもできます。
また脂肪がないので、体温調節にも気を付けてください。

さらに衰えると前・後ろ脚も棒のようになって体を支えることができなくなってきます。
寝ている時に寝返り(座り直し?)もできなくなってくるので、2時間ごとに体位を変えてあげるといいです。
フードもできるだけ消化の良いようによくふやかしたり、ペースト状にしても良いと思います。

完全に立てなくなってしまうと排出も寝たきりになってしまいますが、特にオシッコのアンモニア臭がキツイので体が濡れてしまったら早めに拭いたり、オムツシートなと敷いておくといいです。

頭を持ち上げるほどの筋力も衰えてすまうと、食事もスプーンなどで口元まで持っていってあげたりしましたが、
割れる可能性のあるプラスティックなどは避けた方がよいかと思います。
ボケなのか分かりませんが、ビックリするぐらい頑固で言うことを聞かなくなったりすることもあります。
うっかり飲み込んではいけない物を出そうにも、まったく口を開けませんし、下手をすると挟まれます・・・・痛いです ハイ
聞こえてるはずなのに都合のいい事しか聞こえてない とか・・・・


今の状態が命に係わるかというと、何ともいえません。
まずは老いであるのか、何か病気なのかだけでも把握した方がいいかもしれません。

ちなみに食欲旺盛だった17歳・18歳のラブラドール2匹は後ろ足が立てなくなって寝たきりの状態までで1年過ごしたのが最長でした。

15才ということなので、普通に考えれば老いのために立てなくなったと思います。

老いてくるとまず後ろ足が弱って立てなくなってきます。
ただ、ヘルニアや内側からくる病的な事で立てなくなる事もあるので、そこは獣医さんの判断になります。

もし食欲なども普段と変わらないのであれば老いからくるものなので、食事や物事に対しての意欲があれば早々に命に関わる事は少なく感じます。

衰えて立てなくなった足腰はどうリハビリしようが弱る一方です。
けれど立てないからと言って体を動かさないままにすると体...続きを読む

Q犬が突然歩けなくなり、寝たきりになりました。

題名の通り、飼い犬が突然寝たきりになってしまいました。
原因がわからなく困っております。

以下のような状態なのですが、同じような感じで病名などがわかった方が
いらっしゃいましたら教えてください。

7歳のシーズー犬(メス)を飼っています。
昨日の朝、後ろの右足に力が入らないようで、突然歩けなくなりました。
ガタガタと震え、身体も熱く、息も荒いので 慌てて病院へ行ったのですが、
レントゲンを撮っても異常はなし。

とりあえず、原因がわからないので、
「おそらく、足をひねったなどしたのかもしれませんね」と言われ、
痛み止めの注射をして、力が入らない後ろ右足部分にレーザー治療をしてもらいました。
(痛み止めの飲み薬も処方してもらい、現在服用中です。)

帰宅後も、食欲はまったくなく、寝たきり状態です。
スポイトで水を持っていくと飲むことはできます。

先天的に心臓が悪く、膵臓・腎臓も悪いので薬を服用しておりました。
しかし、薬がよく効いているようで、寝たきりになる前日までは食欲もあり、
とても元気な犬でした。

素人の感ですが、右足が原因ではなく、何か内臓の病気なのでは?
と思い始めているのですが、同じような症状が出たワンちゃんを
お持ちの方がいらっしゃいましたら是非参考までに教えて頂けると有難いです。

主治医の先生が現在お休み中でして、
出勤される土曜日にもう一度病院へ行こうと思うのですが、
一日、一日がとても長く感じます・・。

題名の通り、飼い犬が突然寝たきりになってしまいました。
原因がわからなく困っております。

以下のような状態なのですが、同じような感じで病名などがわかった方が
いらっしゃいましたら教えてください。

7歳のシーズー犬(メス)を飼っています。
昨日の朝、後ろの右足に力が入らないようで、突然歩けなくなりました。
ガタガタと震え、身体も熱く、息も荒いので 慌てて病院へ行ったのですが、
レントゲンを撮っても異常はなし。

とりあえず、原因がわからないので、
「おそらく、足をひねったなどしたのか...続きを読む

Aベストアンサー

うちは、ミニチュアダックスフント 13歳です。
ミニチュアダックスフント特有の、腰を悪くして、
一時歩けなくなりました。うちは、他には症状は
無かったです。
慌てて、市内の病院を何件も回ってみましたが、
最終的には、電気針治療をして貰い、4回やって歩ける
様になりました。
他の病院では治らなかったと思います。他の病院では
手術等を言われましたが、したらもの凄いお金を取られて
結局は治らなかったと思います。
自分は色々な病院を回って、今の主治医の先生に絶大な
信頼があるし、見立ても良いし、治らないときは治らない・・
とはっきり言って、それ以上高額なお金を取らない先生なの
で、すべてお任せしています。
まずは、医師を選ぶのもとても大切だと思います。やはりその
地域方の評判は、信頼できると思います。自分の通っている病院
の先生は、かなりげってん(頑固者、変り者)ですが、それで敬
遠する方も多いのですが、腕は確かだし、見立ても良い。
まずは、そういった主治医を探すことから。
自分はその時主治医を見直しました。

色々と他の病気もお持ちなので、何とも言えませんが、
歩けない・・だけなら、電気針治療で、うちの犬は治りました。
その後もう一度なったのですが、その時は飲み薬だけで、すぐ
に治りました。
他の病院では、電気針治療は言われなかったので、うちの近く
では、その病院しかやっていないんだと思います。
山口大学では、同じような治療をされていると聞きましたが、
40万近く掛かるそうです・・。その病院では、電気針治療一回が
4000円程だったともいます。

あと、先日テレビで「未来シアター」という番組で、寝たきりになった
犬などを歩けるようにする、サポーターの様なものをつくられている方
が紹介されていました。
歩けなかった犬が、そのサポーターの様なものを付けて、歩けるよう
になっていましたよ。
参考までに・・

  動物義肢装具士  島田旭緒さん  東洋装具医療器具製作所

さぞご心配で、御心痛だと思います。良くなることを願っています。

うちは、ミニチュアダックスフント 13歳です。
ミニチュアダックスフント特有の、腰を悪くして、
一時歩けなくなりました。うちは、他には症状は
無かったです。
慌てて、市内の病院を何件も回ってみましたが、
最終的には、電気針治療をして貰い、4回やって歩ける
様になりました。
他の病院では治らなかったと思います。他の病院では
手術等を言われましたが、したらもの凄いお金を取られて
結局は治らなかったと思います。
自分は色々な病院を回って、今の主治医の先生に絶大な
信頼があるし、見立ても良いし...続きを読む

Qたった1週間で危篤状態に。

前回この欄でキャバリアがご飯を食べなくなったと質問し沢山の回答を戴きありがとうございました。
その後病院で検査を受けたのですが蛋白の数値が10月12日に70,17日になっても70と高く腎臓が悪いと言われました。そして20日の朝に食事を吐いたので慌てて病院に行くと数値が110になっており入院させて点滴の治療を受けたのですが次の日になっても数値が下がらず貧血度合いもギリギリになっていて投薬効果が出ないと言われました。20日に入院する時には自ら歩いて行ったのに22日には先生から安楽死の話が出るほど衰弱しています。そんな急激に死んでしまうのでしょうか?私としては家を元気に歩いて出て行ったのに病院に行き点滴治療を受けたにも関わらずたった2日間で激変した事が不可解でなりません。どうせ死ぬなら家に連れて帰ろうかとも考えています。
私共がお願いしている病院は一般的に名病院と評価され他県からも沢山のペット達が診察を受けに来ています。私も納得して預けている訳ですから病院の治療方法に対する不満等はありません。何でこうなるのでしょうか?自分を納得させたいのです。動物医療関係の方やこのような経験のある方に回答をお願いする次第です。できれば奇跡を起こす方法もありませんでしょうか?宜しくお願いします。

前回この欄でキャバリアがご飯を食べなくなったと質問し沢山の回答を戴きありがとうございました。
その後病院で検査を受けたのですが蛋白の数値が10月12日に70,17日になっても70と高く腎臓が悪いと言われました。そして20日の朝に食事を吐いたので慌てて病院に行くと数値が110になっており入院させて点滴の治療を受けたのですが次の日になっても数値が下がらず貧血度合いもギリギリになっていて投薬効果が出ないと言われました。20日に入院する時には自ら歩いて行ったのに22日には先生から安楽死の話が出るほど...続きを読む

Aベストアンサー

kinkan66、2度目の投稿です。

今回のことで、動物が病気になったときの対処を、考えさせられました。

うちの犬は、はじめの病院で耳ダニからの中耳炎と食物アレルギーが
重なって、症状がひどくなった、と診断されました。
高熱が出て、グッタリしたので、急いで病院に連れていきました。

薬を飲ませていても、どんどん皮膚の状態が悪くなるので、
その大きな病院に連れて行ったら、
血液検査は正常で、お腹のエコーをとったら、子宮に膿みか水が
溜まっていて、それが原因の熱かもしれない、と診断されました。
前の病院でもらったステロイドの薬が、子宮蓄膿症を悪化させた、
と(あくまで予想)いってました。

急に点滴入院といわれ、もう看護婦さんが抱っこして、
先生側に連れていったので、決断もなにもありませんでした。
強制入院でした。
その後、決断する時間も与えられない状態で、緊急手術だといわれ、
非常に困りました。
迎えにいったときの話では、あくまで疑いで、
お腹を開いてみないとわからない、といわれ、もうなんのことだか
わからなくなってしまいました。

こんなことで、いろいろ検索してみたら、
外国では、飼い主が治療方法を選択するのが、当たり前のようですね。
手術しなくても、お金のかかる治療をしなくても、
罪悪感を与えられるようなことはないようです。
それと、安楽死も日本とは違い、受け入れられているようです。

それと、食べない、飲まないときに、
流動食にしたりして、無理矢理胃に流し込むこともしなくていいそうですね。食べないということも、その犬が選んだことだそうです。
犬(動物)は死場を自分で探すようで、飼い主に迷惑をかけたく
ないそうです。

うちの犬は、すぐ食べなくなって死ぬ、といわれましたが、
微熱はあって、寝てばかりだけれど、食べていています。
ぐるぐる円を描いて歩いたり、私の後ろをずっと歩いてついてきたり、
今までしなかった行動をするので、いろんな病気の症状は、
老化現象だったのかなぁと思っています。

うちの親は、以前その病院にいっていたのですが、
「今はベルトコンベアー式になってしまったので、いやになった」
といっていて、地元では非常に診察料金が高いと評判の
動物病院に代わりましたが、そのわけがわかりました。
高いので混んでいないし、ゆっくり話しができるんでしょう。

点滴後、具合が悪くなった、ということで、
安楽死、というのも、なんとなく、そういうふうにもっていかれた、
と思っても仕方がないと思います。

うちは何かあったら深夜でも看ます、ということで、
裏口の場所と連絡方法を教えてもらいました。
すぐ危篤になって、駆け込み、点滴、救命処置の予定なんだろうと
思いました。
その後、ペット葬儀の案内されるのかな?なんて
家族で冗談をいいましたが、老犬1匹が死ぬのに、儲けようと思えば、
儲けられるんだなぁと感じました。

治療は人間並みでしたが、この老犬にそこまでする必要はあったのか?
と考えさせられる出来事でした。

ワンコちゃんが、丸まって寝てても、食べなくても、
それがワンコちゃんにとっては楽だろうと思うので、
そっと見守ってやるだけで、いいと思います。
無理に何かをする必要はないと感じています。
今日1日、家族の声を聞きながら寝られれば、ワンコちゃんは
幸せなんだと思います!!

kinkan66、2度目の投稿です。

今回のことで、動物が病気になったときの対処を、考えさせられました。

うちの犬は、はじめの病院で耳ダニからの中耳炎と食物アレルギーが
重なって、症状がひどくなった、と診断されました。
高熱が出て、グッタリしたので、急いで病院に連れていきました。

薬を飲ませていても、どんどん皮膚の状態が悪くなるので、
その大きな病院に連れて行ったら、
血液検査は正常で、お腹のエコーをとったら、子宮に膿みか水が
溜まっていて、それが原因の熱かもしれない、と診...続きを読む


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング