10ヶ月の子供をインフルエンザの予防接種を受けさすべきか迷っています。インフルエンザの予防接種を受ければ本当にインフルエンザにかかることはないのですか?
あまり病院へは連れて行きたくないので、あまり効果が無いのならできれば、受けたくないのです。だけどインフルエンザは怖いし。インフルエンザもいろいろ種類があるときいたのですが、予防接種は何種類もするものですか?インフルエンザの予防接種について詳しい方是非教えて下さい。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (5件)

既に良回答がでているようですので、蛇足ですが・・・



私の友人一家はつい最近、予防接種を受けた2歳の子どもと、家にいることが少ないダンナ様を除いて見事に全員がインフルエンザに罹患したそうです。
これは1例にしかすぎませんので、全ての人がそうだとは言えませんけれど、この話を聞いて、予防接種は有効なんだなぁと思いました。
ちなみに友人は「今年のはお腹にくるよ」と言ってました。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

アドバイス本当にありがとうございました。参考になりました。

お礼日時:2000/12/14 22:08

 接種すれば絶対かからないというわけではありません。

かかる確率が少なくなると思ってください。

 効果があることは科学的に明らかですが、副作用があることもまた事実です。

 日本で使えるその年のワクチンは一種類で、普通何種類かのインフルエンザの混合ワクチンになっています。(今年のもそうです。)

 私は医師で子供の親ですが、わが子に接種するかどうかは頭の痛い問題です。一概には言えないと思います。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

アドバイスありがとうございました。副作用があると言うことで少し気になりました。
その副作用とは大きなものなんでしょうか?
インフルエンザは怖いのでどうしようか本当迷います。アドバイスありがとうございました。

お礼日時:2000/12/14 22:11

インフルエンザの予防接種は欧米諸国などの先進国では特に積極的に行われています。

なぜならば、タイプが異なるインフルエンザであっても、何も予防接種をしていない人に比べて、重篤な症状になりにくいということが確認されているからです。特に致死的な脳症などによる死者と予防接種による健康被害とを比較したとき、接種する方がはるかに良いという結果が欧米諸国やWHOで確認されたのです。日本では情報操作されたマスコミ情報によってしか一般の方が情報を仕入れることが難しいですが、直接医療関係者、かかりつけのドクターなどに、伺われればよいと思います。日本の医学界でもインフルエンザ予防接種の是非については意見が分かれているところもありますが、世界の流れから考えると、受ける方が好ましいでしょうネ。
あと、インフルエンザは寒くて乾燥した環境を好みますので、家の中の温度・湿度を若干上げてくださいネ。
以上kawakawaでした
    • good
    • 0
この回答へのお礼

アドバイスありがとうございました。
子供が風邪をひき食欲はなくなるしで、大変なおもいをしました。だからどうしてもインフルエンザは避けたく予防接種のことが気になってました。詳しいことありがとうございました。

お礼日時:2000/12/14 22:14

予防接種はあくまでも予防ですし、やはり受けたワクチンと同じ種類のインフルエンザであれば、かりにもしに罹ったとしても軽い症状で済むそうです。


また、違う種類のインフルエンザに罹ってしまえば予防接種を受けていない人と同じです。
まあ、受けないよりは受けた方がいいっていえばそうかもしれませんが....
受けたから必ずしも安心っていう事ではないのですごく心配ならば気持的にも受けておいた方が良いのではないのでしょうか?
受けるワクチンの種類は多分先生の方で決めてあると
思います。
受けたからといってあまり効果を期待しないでやはり風邪の予防には気を付けたほうが良いですね!
特に小さな赤ちゃんを持つお母さんの心配な気持は良くわかりますよ^^;
昨年はワクチンが足りなくなってお年寄り&子供が優先的に受けていましたよね。
今年は今の所そのような話しは聞いていないので
一度罹りつけの先生に相談してからでも遅くはないと思います。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

アドバイス本当にありがとうございました。
風邪をひいてご飯は食べなくなるし大変な思いをしました。本当子供にはいろいろ大変です。インフルエンザにかからないように注意して冬を乗り切ろうと思います。とても参考になりました。ありがとうございました。

お礼日時:2000/12/15 18:49

yukimamaさんもご存じのようにインフルエンザには、


いろいろな型があります。
そのいろんな型の中から今年は猛威を振るいそうな
ものを予想しワクチンを作ります。
つまりその予想が当たらなければ全く意味がないと
いう訳です。
私が小学生の頃は予防接種は「強制的」にされてい
ましたが、数年前(詳細は忘れました)から、「予防
接種をしたからといって絶対にインフルエンザには
かからない訳ではない」、「人権問題」などの理由
から任意に変わりました。
私の印象ではそのためにここ数年インフルエンザで
なくなる方が多い気がします。昨年はワクチンが足
りないというニュースが巷を騒がせていたように思
います。

日本ではこんな状態ですが、WHOなど世界的にはワク
チン政策を行っているのも事実です。それはインフル
エンザによるハイリスクを伴う病気にかかりづらくす
るといった効果があるためといわれているからです。

私はDoctorではないのでワクチンが本当に効くものな
のかなど学術的なことは分かりませんが、やらないよ
りやった方がいいに決まっています。
言い方は悪いですが、宝くじと同じです。やらなきゃ、
意味がない...のですから。

では。

参考URL:http://www.nih.go.jp/niid/topics/influenza01.html
    • good
    • 0
この回答へのお礼

アドバイスありがとうございました。昔は強制的だったんですね。その方がいいなーって思いました。
子供が病気になると本当大変だしかなり気を使います。
すでにもう、風邪をひき大変な思いをしましたし。回答下さってとても参考になりました。本当にありがとうございました。

お礼日時:2000/12/15 18:52

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qインフルエンザ予防接種 接種量

 こんにちは。4歳児(標準体重)のインフルエンザ予防接種について質問です。

 毎年二回接種しています。今年も11月1日に1回目を接種しました。初めて行く病院(内科・小児科)でした。その際、母子手帳の備考欄に「0.3ml」と記入がありました。備考欄に何か記入されるのは初めてだったので目にとまりました。

 その後ネットで調べてみると、6歳未満であれば1回の接種は「0.2ml」ということでした。うちの子は「0.3ml」ですが大丈夫でしょうか。体調は現在何も問題がありません。

 二回目の接種を来週にも受けようと思うのですが、心配になっています。アドバイスお願いします。

Aベストアンサー

 もし0.3ml接種していたとしても全く問題ありません。ちなみにアメリカでは3歳以上の接種量は0.5mlとなっています。なぜ日本で減量しているのか、はっきりとした根拠はないはずです。アメリカ並みの量を接種しないと効果は上がらないとの懸念もされていくくらいです。安心してください。
http://www13.plala.or.jp/y-ped/flu.htm#3

 しかし実際には接種は0.2mlだったけれども母子手帳に書き間違えた、という可能性が最も高いです。接種した医院に電話でお問い合わせください。

Qインフルエンザ予防接種費用

教えてください。
大阪府 吹田市もしくは、東淀川区でインフルエンザの予防接種が¥2000以下の病院があれば教えてください。
注射を受けるのは、成人です。

Aベストアンサー

余談ですが.....


インフルエンザ予防接種には、 水銀化合物(チメロサール)が入っているタイプと、入っていないムンプスワクチンというタイプがあります。
水銀化合物入りの原価は安く、入っていないムンプスワクチンの原価は高くなっています。
水俣病を引き起こした毒性の強いメチル水銀ではないので、危なくないと云われています。

1回の接種では人体に影響はない量です。
もしも、水銀化合物の含有量が基準目一杯の場合は、2回続けて受けると安全な量を超えます
なお、1回目に受けた水銀化合物の含有量が基準目一杯でも、70日経過すると約半分が体排出されます。
もしも、2回目も水銀化合物の含有量が基準目一杯でも基準内になります。
(報道特捜プロジェクト2002.11.16.全国放送)
でも、やはり良い気がしないので、我が家は、安くないムンプスワクチンを利用するようにしています。


国立感染症研究所は、前季につづき今季もホームページに「最も免疫を獲得する効果が高いのは1回目の接種と2回目の接種間隔がおよそ4週間の場合とされています」と解説しています。
これに従って、我が家は、大人も子供も2回接種するようにしています。


http://www.ntv.co.jp/tokuso/index.html
http://top-page.jp/site/page/okasora/anone/anone13/
http://www.city.yokohama.jp/me/kenkou/eiken/infection_inf/thimerosal1.htm
http://idsc.nih.go.jp/disease/influenza/fluQA/QAgen-02.html
http://odn.okwave.jp/qa1079360.html
http://odn.okwave.jp/qa1699443.html
http://odn.okwave.jp/qa1720189.html
http://odn.okwave.jp/qa1786179.html
http://odn.okwave.jp/qa2455163.html
http://odn.okwave.jp/qa1808408.html
http://odn.okwave.jp/qa1800338.html
http://odn.okwave.jp/kotaeru.php3?q=1786179
http://odn.okwave.jp/qa801531.html

参考URL:http://odn.okwave.jp/qa417086.html

余談ですが.....


インフルエンザ予防接種には、 水銀化合物(チメロサール)が入っているタイプと、入っていないムンプスワクチンというタイプがあります。
水銀化合物入りの原価は安く、入っていないムンプスワクチンの原価は高くなっています。
水俣病を引き起こした毒性の強いメチル水銀ではないので、危なくないと云われています。

1回の接種では人体に影響はない量です。
もしも、水銀化合物の含有量が基準目一杯の場合は、2回続けて受けると安全な量を超えます
なお、1回目に受けた水銀化合物の含...続きを読む

Qインフルエンザ予防接種

インフルエンザの予防接種について教えてください。
保育園に通う子供に予防接種を受けさせたいのですが、今年は新型インフルエンザの接種が10月19日から受けられると聞きました。
毎年受けている普通のインフルエンザの予防接種と両方受ける方がいいということでしょうか?
毎年2回接種していますが、いつ頃 どのようにするのがいいのか教えてください。

Aベストアンサー

医療については素人ですので知ってる限りで。

インフルエンザの予防接種は、流行するインフルエンザの型にあった、ワクチンを接種しなければ意味がありません。

毎年受けているインフルエンザの予防接種は、香港A型などいわるゆ季節型というもので、毎年流行する型が違いますので
今年流行が予測されるウイルス株にあったワクチンを接種する事となります。
たとえば香港A型が流行ると予測される場合は、香港A型のワクチンを接種します。
が、香港A型以外のインフルエンザに感染した場合は、ワクチンの効果はありません。

そして新型インフルエンザは、いままで流行していたどのインフルエンザウィルスとも違う型で、その名の通り新型、フルモデルチェンジ型ですので、
新型インフルに罹患していない人はだれもこの抗体を持っていません。
ですのでワクチン投与が特に強く推奨されてます。

ですので、今年は従来の季節型インフルと新型インフルのワクチン、2種類の摂取が望ましいとされてます。

接種のタイミングですが、まだ新型インフルのワクチン接種については、政府の決定待ちでいつから接種が開始されるのか、まだ不明のようですので、まずは季節型インフルの方を先に接種されてはどうでしょうか。
新型インフルはもう少し先になりそうですので

医療については素人ですので知ってる限りで。

インフルエンザの予防接種は、流行するインフルエンザの型にあった、ワクチンを接種しなければ意味がありません。

毎年受けているインフルエンザの予防接種は、香港A型などいわるゆ季節型というもので、毎年流行する型が違いますので
今年流行が予測されるウイルス株にあったワクチンを接種する事となります。
たとえば香港A型が流行ると予測される場合は、香港A型のワクチンを接種します。
が、香港A型以外のインフルエンザに感染した場合は、ワクチン...続きを読む

Qインフルエンザ予防接種の歴史

ちょっと不思議だったので、どなたかご存じだったら教えてもらいたいと思いまして・・。

80歳の祖母がいいました。
「女学校の頃、インフルエンザの予防接種をして腰が抜けて、ひと月寝込んだことがある」

「腰がぬけた」のも、予防接種との関連性を疑いましたが、そもそもそんな昔から予防接種って一般的に行われていたんでしょうか?

Aベストアンサー

↓のサイトによると日本におけるインフルエンザ予防接種は1962年から

Salkがポリオワクチン開発したのが1955年

60年前にあったワクチンというと種痘ではないかと思います。
(日本では1849年から もちろんウィルスの発見前です)
ワクチンの開発には必ずしもウィルスの発見や単体分離は必要ではなくて弱毒化できれば十分なものもある。

いづれも発熱ていどは引き起こす可能性があり、
わたしもインフルエンザワクチンを接種する度に半日ほど寝込むことが多いです。

参考URL:http://www.doc-nozawa.com/mkog-00122.html

Qインフルエンザの予防接種について

インフルエンザの予防接種ですが大体何時ぐらいを目処に行えばよいものでしょうか?

Aベストアンサー

下記URLより抜粋

「ワクチンが十分な効果を維持する期間は接種後約2週間後から約5ヶ月とされており、これらの理由によりワクチン接種は毎年、該当シーズン用(次期冬季用)のワクチンを、流行が予想される時期とワクチンの有効期間が一致するように行う必要がある。したがって、インフルエンザの予防接種は、過去の発生状況から考えて、一般的に10月下旬より12月中旬頃に行われるのが望ましい。 」

【接種量】

参考URL:http://www.mhlw.go.jp/topics/bcg/tp1107-1e.html


人気Q&Aランキング

おすすめ情報