「ら」抜きが言われて久しいですが、今現状はどうなのでしょう。20代の人たちはほぼ全部「ら」が抜けているように感じますし、30代でも大半がそうだと思います。 
 ケースバイケースの面もありますので、「お腹がいっぱいでもう」の後に、「食べられない」が続くか、「食べれない」が続くか、いろんな年代の方に尋ねてみたいと思います。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (9件)

32歳♂



生粋の名古屋人としては、『ま~腹いっぱ~で、食べれ~へんわ(発音注意)』というのが自然体です。
付け加えると『ま~そんだらこと、やっとれ~へんわ』とも『(略)、やっとれんて』などの使い方も普通にします。これらの言葉づかいは年齢が上のほうが顕著です。

たぶん名古屋には『ら』抜きの言葉に対する、違和感はないですね。実際、子供達が学校でも訂正されることもありません。

個人的には『言葉は生き物』なので先入観と固定観念にとらわれてしまったら、コミュニケーションの道具としての言葉本来の意義を見失うと思います。どちらが正しいかではなく、どちらも正しいです。言葉は意味が相手に伝わりさえすれば言葉としての意味はなしているという考えです。あくまで個人の考えですけれども。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

名古屋弁って本当に味があり、面白いですね。

お礼日時:2001/12/23 17:48

35歳です。


難しいことは抜きにして「食べられない」ですね。
「食べれない」なんて聞くだけで頭にきます。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

私も頭にくるとまではいきませんが、違和感は感じます。

お礼日時:2001/12/23 17:49

中年です。


相手が50代以上の時は「ら」入れ。
それ以下が相手の時は「ら抜き」。

早く教科書でも「ら抜き」を認めてほしいです。
「食べられない」だと、自分がトラか何かに食べられないという意味になってしまいます。
「食べれない」が正しいです。
・・となるでしょう。未来の教科書では。

NHKのアナウンサだっていまどき、
「なにがしそうろう」
なんて言葉使っていないですから。
現代語は「現代」語。
国語のテストで
「~をやった。」と答える欄に「~をやりき。」と書いたら不正解です。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

言葉は生き物ですものね。時代によって変わるということですね。

お礼日時:2001/12/23 17:50

30代前半の男です。


「ら」抜き言葉についての考えですが
ここまで蔓延ってしまったら仕方ないかな~と
思っていますが、せめて放送に携わる人達
(テレビやラジオの出演者)には
「ら」抜きは止めてもらいたいですね~
「ら」抜きでも友達だったら意味が伝わることでも
出演者じゃ聞き直す事出来ないですから。
予断ですが、「ナニゲニ」も止めてくれないかな~
「何気なく」だと思うんだけど・・・
    • good
    • 0
この回答へのお礼

正式な場面では「ら」をちゃんと入れようということですね。ありがとうございました。

お礼日時:2001/12/23 17:52

15歳の中学生です。

が、「ら」抜きしない至上主義(笑) よって“食べられない”派。
友達はほぼ完全に「ら」を抜いて話しています。普段は「お前もなのか」と黙認していますが、私の機嫌が悪いときに「ら」抜き言葉で話そうものなら「違う! “見れない”でなくて“見られない”だ!」と直しを食らいます。たいがい「いいじゃん、そんな細かいこと」と怪訝な顔で言い返されますが…。私は細かいことだとは思わないけれどなー。かなり重要なことだと常々考えておりますよ。40代の国語の先生とも話が合う(笑)
ところで。今“みれない”とパソに打ち込みましたが、ちゃんと(?)“見れない”と一発で変換されました。“見られない”と変換してから「ら」を消す、という手間が省けてしまった。かなりの知能の持ち主であるパソコン君も「ら」抜きで通じてしまうのね…。
“食べれない”“寝れない”も同様でした。
うーん、やっぱり「ら」抜きはかなりの違和感があるなぁ。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

パソコンまでが『ら』抜きを認めているとなると。ムムム.....

お礼日時:2001/12/23 17:54

30代前半の女性です。



私の場合は、「美しい日本語」を話しているとは言え無いのですが、「食べらんない」です。
「ん」の音が残っているということは、基本的には「食べられない」なんだと思います。

考えてみると、「ら」抜きの存在する言葉にかんしてはほとんど「ん」で代用しています。
寝らんない、見らんない……等。
逆に意識してきちんと話さなきゃと思うと、自然に「食べられない、寝られない、見られない……」と「ら」のついた状態で言っています。
「ら」抜きになることはないですね。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

「ら」抜きにも変化球があったとは!

お礼日時:2001/12/23 17:55

NO.1のyuka-ponです。


aluさんの回答を見て気づきました。年代を書いてないことを!
ごめんなさい、20代後半です。
ついでに思いついたので補足します。
「信じる」の否定形は「信じれない」ではなくて「信じられない」ですね。
ま、名古屋では例のごとく「信じられん!」ですが(^^;
「信じれん」って言ってるのは10代くらいの若い子に多いように思いますが、
ちょっとバカっぽく聞こえます。偏見でしょうか?
    • good
    • 0
この回答へのお礼

偏見ではありません。そんなことを言うのはバカです。ちょっと言い過ぎ.....?

お礼日時:2001/12/23 18:04

こんにちわ。


20代前半の女性です。
わたしは、お腹がいっぱいでもうの後には、食べられないですね。
でもどちらかと言うと、食べらんないです。食べれないは、ちょっと言いづらいですね。
あ、でも、寝る時は寝れないです。寝られないとはあまり言いません。
見れない、もそうです。
でも、「ら」が抜けている事って、気になりますか?
らを抜くか抜かないかより、そのことが気になるのかならないのかが
年代の差を表しているのでは?と思います。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

その通りです。私は『ら』抜きが少々気になります(以前は人の発言を訂正までしてひんしゅくを買いました)。同年代はみなそうかなあと思っていたら、同じ40台の人間が「見れない」「食べれない」などというのでショックでした。

お礼日時:2001/12/23 18:02

うーん、「食べれない」ですかねぇ。


実際は「もう食べれん」って言ってますが。
名古屋人なので、語尾を省略してしまう傾向はあります。
「そんなことやっとれん(やってられない)」とかね。
なので、それと同じで一般に言われる「ら抜き言葉」の「ら」を
入れることもないようにも思います。
他の名古屋の方がどう感じてるのかはわかりませんが、
なるべく短く言ってしまうんですね。
でも、「ら」があると違和感を感じてしまうようになってますね。
敬語や可能と混同してしまうこともあるので、私個人の意見としては、
「食べれない」くらいは使ってもいいと思うんですけど・・・。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

早速のご回答ありがとうございます。年代が分かればよかったのですが。

お礼日時:2001/12/23 17:58

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qら抜き言葉

ら抜き言葉は若い人の間で一般的に使われ浸透していますが、それを日本語の乱れだと難色を示している人も多いですが、静岡や広島、長野、北海道など ら抜き言葉が昔から使われていた地域も散在しています。ですから 単純に ら抜き言葉は間違っているとは断言できないと思います。そこで質問です。皆さんは この問題についてどうお考えですか?

Aベストアンサー

30歳女性です。
私自身は、ら抜き言葉を使わないようにしています。
「食べれる」よりも、「食べられる」のほうが、なんとなくきれいな響きに感じるので・・・。
そうは言っても、つい使ってしまうことがあるのも事実ですし、他人が使っていても、気になることはありますが、「乱れ」とは思いません。
昔から使われていた地域があることは、知りませんでしたが、
大学で日本語教員の講座を受けていました時、使う人が増えたりで
現在では、ら抜き言葉も間違いではない、とされていたように思います。
常用漢字に関しても、常に見直しがありますし、言葉も「いきもの」ということでしょうか。

Qくわばらくわばらの由来

怖い時によく「くわばらくわばら」と言います。
この言葉の由来は、私の記憶では、雷のときに、遠くの桑畑(桑原)に落ち、近くに落ちるなよという願いでつぶやいた、なのですが、友人の説では、桑畑は雷が落ちにくいといわれており、ゆえにくわばらと唱えると言います。
 激しい議論の末、決着がつきませんでした。どちらが正しいのでしょうか?または違う説があるのでしょうか?教えてください。
 よく他人に不幸が訪れそうなときに、わが身に降りかかりませんようにとの意味で「くわばらくわばら」というのもまさに私の「遠くの桑原」説が正しいと思うのですが、いかがでしょうか?ちなみに私は桑畑のたくさんある地方の生まれです。

Aベストアンサー

もう一つ面白い説がありました。


 今から約450年前の1556年(弘治2年)のことです。あわて者でいたずら好きの雷の子が
いました。
 ある時、雷の子はあやまって欣勝寺の古井戸に落ちてしまいました。なんとかして外へ出ようと
しましたが、出ることができなかったので、雷の子は大声で「助けてくれー!」と叫びました。
 しかし、和尚さんはいたずらばかりする雷の子をこらしめようと、古井戸にふたをしました。す
ると、雷の子は和尚さんに「助けておくれ。桑原へは二度と雷を落とさない。」と言ったので、和
尚さんは雷の子を助けてあげました。
 雷の子は帰って親に、一部始終を話しました。
 雷の親は、和尚さんにたいへん感謝し、他の雷たちにも「これから欣勝寺や桑原には絶対に落と
してはならないぞ。」と戒めました。
 それからというもの、欣勝寺や桑原には雷が落ちたことがないといいます。
 以来、「くわばらくわばら」と唱えると雷は落ちないと、言い伝えられています。     

この中に出てくる桑原というのはそのお寺のある地名ですが

 当地の地名である“桑原”から由来
しているのではなく、「仏教用語」の
「クワンバラン」(インド、サンスク
リット語で、いやな事や、恐ろしい事
を避けるときに唱えるおまじない)が
いつの日か「くわばらくわばら‥」と
なり、「くわばらの欣勝寺」と呼ばれ
るようになったとのことです。   

と、補足されています。
一般的には先ほど回答した「菅原公」の説ですが。

参考URL:http://www.hyogokenshin.co.jp/discover/Sanda/Sanda2/

もう一つ面白い説がありました。


 今から約450年前の1556年(弘治2年)のことです。あわて者でいたずら好きの雷の子が
いました。
 ある時、雷の子はあやまって欣勝寺の古井戸に落ちてしまいました。なんとかして外へ出ようと
しましたが、出ることができなかったので、雷の子は大声で「助けてくれー!」と叫びました。
 しかし、和尚さんはいたずらばかりする雷の子をこらしめようと、古井戸にふたをしました。す
ると、雷の子は和尚さんに「助けておくれ。桑原へは二度と雷を落とさない。...続きを読む

Qら抜き言葉の始まり

私は山口県の田舎に住んでいます。
数年前に亡くした島根出身の祖母は「ら抜き言葉」を使っていました。
例えば「そないしちょったら奥の方<<見れん>>じゃろーて」や、
「先生が<<来れん>>言うちょっちゃったが、どねぇしよう」などと言っていました。
その祖母を筆頭に私の周りにはかなり高齢でら抜き言葉を使う人が何人もいます。
そこで質問なのですが、ら抜き言葉はいつ頃から使われるようになったのでしょうか。
それによって、ら抜き言葉の印象というものも変わってくると思います。
もう本人には聞くこともできませんが気になります、教えてください。

ちなみに祖母は40年前まで5年間、東京に住んでいたそうです。

Aベストアンサー

>「来れん」のことなのですが、
>抜け落ちるとしたら可能の「られる」の「ら」ではないかとおもわれますが、

「来れん」が「来られん」の「ら抜き」であるとしたら、「来られん」が本来あるべき姿ですが、
「来れん」が可能動詞(来れる)として正しければ、「ら」を付けることは尊敬の助動詞をつけることになる、ということを言いたかったわけです。
この場所に付いたり付かなかったする「ら」は、尊敬の助動詞であって、「ら抜き」ではないのでは、という意見です。ちょっとくどくなってますが。^^;)

>それが早くから始まった地域がある
方言が、その地域で始まったかは、詳しく調べてもわからないことがありますね。たとえば、古い日本語が、比較的、都から遠方で保存されるという例もあります。
どこかで始まった変化が、どこかで言葉に定着して、どこかで残った、としかいえないですね。

Qトマト40個入り1ケース当たり1400円で3ケース仕入れ、3個148円で販売した場合、値入率は、何パ

トマト40個入り1ケース当たり1400円で3ケース仕入れ、3個148円で販売した場合、値入率は、何パーセントになるのでしょうか。

Aベストアンサー

同じ対象に対する仕入れ値と売り値が分かれば計算できます。

この場合は、「トマト1個当たり」で計算するのが一番わかりやすいかな。

【仕入れ値】
「トマト40個入り1ケース当たり1400円」なので、1個当たりは
 1400円 ÷ 40個 = 35円/個

【売り値】
「3個148円」なので、1個当たりは
 148円 ÷ 3個 = 49 + 1/3 円/個

【値入率】
 値入率 = [ (売り値) - (仕入れ値) ] / (売り値) × 100(%)
ですから、上の値を入れて
 値入率 = [ (49 + 1/3) - 35] / (49 + 1/3) × 100(%)
     = 43/148 × 100(%)
     ≒ 29 (%)

Q「ら抜き言葉」が横行する幼稚園に文句を言いたいが…

「ら抜き言葉」が横行する幼稚園に文句を言いたいが…

息子の幼稚園は、「正しい日本語を話せるように」などといいながら、
園長や担任が「ら抜き言葉」を使って困っています。

いくら家庭で戒めても、幼稚園でおかしなことを覚えられてはかないません。
今はちょうど、いろいろな言葉を覚える時期なので
ここ最近はとくにひどくなっています。

あと10日で卒園ですが、もう幼稚園にも行かせたくない心境です。
少なくとも、園には一言言いたいのですが、同じような経験をされた方はいらっしゃいますか。

Aベストアンサー

以前は若者だけだったのが、今はその若者達が育ったので、いい大人でも使ってますね、「ら抜き言葉」。
又、テレビの影響で、関西言葉が関東の言葉を席捲し、尚更「ら抜き」が一般的になりつつあるのだと思います。

「来れない」などは、かなり古い文学を読んでも使ってある場合もありますが、今はそんな程度ではなく、全てにおいて使われているようですね。

甚だしきは「受け入れれない」などと「れ」が重なっても平気(笑

ですから、幼稚園の園長さんや先生が、もうそういう「世代」なのですよ。注意を申し入れても、おいそれとは直りませんでしょう。
家庭で一つ一つ直すか、諦めてよその幼稚園に行かせるか(よその幼稚園でも「ら抜き言葉」を使っている可能性が高いけれど)だと思います。

Qバイアメリカンについて デメリット・メリット

バイアメリカンのことについての メリットとデメリットをできるだけ簡潔に教えていただきたいのです。宜しくお願いします。

Aベストアンサー

バイアメリカン法 のこと?

保護貿易
ブロック経済
第一次世界大戦/第二次世界大戦

などで検索できるかな?
メリットは、短期的な需要を確保できること。入りを制限したまま出を確保できた場合、国家的なデメリットはありません。
デメリットは、各国が同じ政策を採ると、輸出そのものがされなくなり、世界的な経済そのものが縮小されること。
自分自身の中を良くするために、モノの出入りを抑える結果、自国の経済を確保したつもりが、世界規模で不況になり、自国の経済も悪化をし始めます。その結果、過去の事例では、必ず破綻しています。
なお、国民から見たデメリットは、高い自国製品を買わなくてはならなく点です。

Qら抜き言葉について

ら抜き言葉ってなぜいけないのでしょうか?
文法的におかしいといって敬遠されたなら、なぜ古文があるのでしょうか?

Aベストアンサー

時代の流れとともに現れる変化に寛容な意見を示さず文法規則で予め定められた形式以外を認めない人間の主張ではないかと考えます。
ら抜き言葉に反対する人間の多くがこの世から消えたとき新しい世代の人間が新しい文法としてこれを許容することはあるのかもしれませんが、それは何十年も先の話。
ただその何十年も先になると今度は自分達が若い世代の言葉を間違いだと主張しているかもしれませんよ。

Q田中外相発言「バイの会議」とは?

翻訳に携わる者です。外務省の公文を翻訳しているのですが、田中外相が発言した「バイの会議」というのが、分かりません。どなたか分かる方いらっしゃいましたら、返事ください。

以下、その文章の一部です。

田中外相「……過去の外務大臣も勿論それなりのそう言う繋がりがあったと思うが、今回の唐家セン・中国外交部長、韓昇洙・韓国外交通商部長、イワノフ・ロシア外相、パウエル米国務長官もそうであるが、個人的な話もたくさん出来て、その中で外交というのは会議という場所だけで、表に出ているものだけではなく、個人的な接触の中で本当にあっと言う間に一番大事な事を二人で話をすると言うことがある。バイの会議と言うことも勿論あるが、そう言うことを自分(大臣)は非常に意欲的に機能していると思っている……」
外務大臣会見記録 (平成13年10月19日(金)10:00~10:30 於:会見室)での質疑応答にて

Aベストアンサー

#1のnorth073さんのおっしゃる通り、”bilateral”の事です。議員・役所関係では普通に使われる言葉で、「1対
1」の状態を表します。

外相が重要視する順番が
 1.非公式な(ウラの)場での個人的な接触
 2.(正式にセッティングされた)1対1の会議=バイの会議
 3.みんながたくさん出てくる会議
ということです。

Qら抜き言葉に関して

私は日本人、妻が外国人で日本語を勉強中です。
可能形についてアンケートを取りたいのですが、

食べる→食べられる。
止める→止められる。
等の可能形の言葉は、現代の口語では「食べれる」「止めれる」等と言いますね。

私(43歳)はら抜き言葉は「言葉が乱れた最近の若者が使う間違った言葉」といわれて育った世代なので、自分で使っているかは意識してないのでよくわからないのですが、少なくとも初学者の妻に教えるときは「食べられる」「止められる」の形で教えています。

ところが昨日発見したのですが、日本語学校の教科書でら抜き言葉の事情を説明しつつも現代の口口語ではよく使われるという事でら抜き言葉の語形変化一覧表が載っていました。

言葉は時代と共に変わっていきますが、今現在の認識で皆さん、
ら抜き言葉を正しい日本語として定着したものと認めてますか?認めてませんか?
日本語文法の初学者に教えるべき?間違った日本語と教えるべき?

正しい答を出そうとはしてません。
あくまで感覚的なアンケートです。
年代も教えていただけると嬉しいです。

Aベストアンサー

小6です
回答させていただきます。
正直、ら抜き言葉はあまり好きではありません。
親にもそう教えられてきました。
ですが、わたしの友達などは
「食べれる」のほうが楽ジャン」
って言ってましたね・・・。
まぁ、認めるわけではありませんが、
使いたい人は使えばーみたいな感じですかね。
とにかく、わたしは認めません!!

Q50代か50歳代か

文面から50歳から59歳のことを指していると思われるのに50歳代と書かれているのをよく見かける。50代が正しいと思うが。
50歳代と言えば50歳0日から51歳未満を指すと考えるが厳密すぎるか。
20歳(はたち)代ともよく言う。

Aベストアンサー

補足的に。

1. 歴史学の場合、1800年代は1800-1809と解するのが普通です。なぜなら、100年単位の時は「世紀」、1000年単位の時は「千年紀(millenium)」を使うからです。万年単位は考古学・地質学の範囲になります。

2. 金融の場合、1ドル=180円台といえば、180.0-180.9を示します。10円単位で示したい時は「大台」を使います。百円単位は殆ど無意味なので使いません。

3. 人間の場合、幼い時は1年ごとの成長の差が大きい、つまり区別する実益があるので、5歳代といえば、5.0-5.9を指します。しかし、成長すると、10年単位で区切る実益があるので、50歳代は50-59なのです。実際、その限界事例である10歳代という言葉は座りが悪いでしょう。この場合は、ハイティーンとかの区分が有効になのでしょう。

4. 以上のように文脈で、そのような区分を用いる実益がある範囲で、使い分けられています。もっとも、それでもややこしい場面はありますが。

5. 自然科学では厳密を期するため、0.1gは0.05-0.14、1gは0.5-1.4、10gは9.5-10.4g、1*10gは5-14、10*10gは95-104、1*10^2gは50-149、という使い分けがありますが、この方式を利用して、50.0歳-50.9歳は50歳代、50.0歳-59.9歳は5×10歳代、なんてのはどうでしょう(冗談ですよ)。

補足的に。

1. 歴史学の場合、1800年代は1800-1809と解するのが普通です。なぜなら、100年単位の時は「世紀」、1000年単位の時は「千年紀(millenium)」を使うからです。万年単位は考古学・地質学の範囲になります。

2. 金融の場合、1ドル=180円台といえば、180.0-180.9を示します。10円単位で示したい時は「大台」を使います。百円単位は殆ど無意味なので使いません。

3. 人間の場合、幼い時は1年ごとの成長の差が大きい、つまり区別する実益があるので、5歳代といえば、5.0-5.9を指します。しかし、成...続きを読む


人気Q&Aランキング

おすすめ情報