現在、体脂肪計を購入予定です。
YAMATOのDF810http://www.rakuten.co.jp/ebest/424224/424225/485 …

オムロンのカラダスキャン
http://www.healthcare.omron.co.jp/product/hbf359 …
で迷っています。
体脂肪率の精度の高さを最も重視したいのですが、
どちらが良いかおかわりになられる方、どうぞ教えて下さい。
また、別の商品でもお勧めがありましたらお願いします!

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (2件)

絶対オムロンですよ。


売れてるものには間違いが少ない
    • good
    • 0

オムロンカラダスキャン359を使っています。


タニタの体脂肪計と比べると手足で測る分、ある程度信頼できる結果が出てると思います。

YAMATOのDF810のURL観ました。
手足で測るのは一緒ですね。
359と比べてみて大きく2点が違いますね。
1)値段が高い
2)着ている衣服を差し引いて体重を計る着衣補正機能
私が興味があるのは2番の方です。
実はHBF359の場合、着衣により「体脂肪率」も変わるのです。
(フリース上着を着て計ったときと脱いだ時で1%の体脂肪に差がでました)
もし、YAMATOの体脂肪計でその誤差が補正されるならYAMATOの方がいいかも知れませんね。
ただ値段が倍ぐらい高価ですね。
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qオムロンとタニタ、どっちが正しい?

家に体重計が二つあります。
一つは七年ほど前に購入したオムロンのもの。体脂肪も測れます。(手でバネ?を引っ張って測るタイプ)
もう一つは最近購入したタニタのものです。ボタンひとつで体脂肪も測れます。値段はそれほど高くありませんでした。

そこで質問ですが、オムロンで測ったときとタニタで測ったときで結構な誤差が出ます。体重だと五百g、体脂肪は四パーセントくらいです。測るときは同じ状態でそれぞれに乗ります。
オムロンのほうが低い数値が出ます。しかしタニタだと重くでます。

どちらを信じたらいいのでしょう?
やはり最新型のタニタでしょうか?
自分的にはオムロンを信じたいのですが笑、どうおもいますか?
良ければ回答お願いします。

Aベストアンサー

 体重の器差500gはあなたの体重を50kgとすれば1%ですからね。家庭用のものは、その程度の正しさだと思いますよ。いちばん最新のデジタル表示の体重計でも誤差は±300gほどですからね。

 体脂肪率の測定値はどのメーカのものも、スポーツジムにあるものも、数%くらいは信用できません。4%ほどの違いに収まっているのなら、そんなものです。体重計(体脂肪率計)の仕様(スペック)を見ると、体重には許容誤差表示がありますが、体脂肪率には許容誤差表示がありません。要するに保証できないわけで、それほど信用できないんです。どちらがより正しいのかは何とも言えません。どちらも同じ程度に正しくないかも知れません。表示された体脂肪率の数値は、目安程度に思ってください。測定原理上の問題で、正確な数値を出すのは困難だからです。

Qオムロン体脂肪計が流す電流は身体に影響ないでしょうか?

オムロンの体脂肪計を使ってます。
手で握るやつです。
あれって、微弱な電流か電気だかを流して計測してますよね?

これから仮に一日一回のみの使用で、3年経った場合の
人体への影響が心配です。
本当に安全なものだと言えるのでしょうか・・・?

Aベストアンサー

結論から言って、何の心配もいりません。

参考ページの一番最後の表を見ればわかるとおり、電気を流していると「感じる」程度では、感電による心臓や他臓器の障害は全くと言っていいほど発生しません。
ましてや、体脂肪計による通電は人体が感じない程度ですし、時間もごくわずかですので、全く問題ないといえます。

長期使用により何らかの影響があるか、という不安があるのかもしれませんが、これも経験的に問題がないと言えます。
人間の生活環境では、家電製品に限らず摩擦等によって、絶えず何らかの電流が発生し、人体にも通電しています。
でも、その通電を人間が感じることはまずありませんし(たまに静電気を感じる程度)、その通電によって何かの障害があったかというと、何もありませんので、問題ないと判断されます。

参考URL:http://www.eccj.or.jp/qanda/he_qa/elec/d0104.html

Qオムロンデジタル自動血圧計の腕帯のゴム管

早速ですが上記の血圧計(HEM-7070)のゴム管が部分的に破損し空気が漏れた状態になってしまいました。①空気が漏れないようにセロハンテープで補強して使っているのですが、測定値が正しいものか?
②ゴム管だけを変えたいのですがどこで購入したら良いものでしょうか?上記2点につきご教授の程お願い申しあげます。

Aベストアンサー

1、漏れなければ大丈夫。ただし一時しのぎにすぎません。

2、ホームセンターでシリコンチューブを買ってきて継ぎ足せばよい。金魚ポンプ用チューブ継ぎ足し用の継手を使うと便利。一緒に購入しましょう。
  一式購入したほうが扱いやすいような気もしますが…。
https://www.amazon.co.jp/FOCAL-%E3%83%95%E3%82%A9%E3%83%BC%E3%82%AB%E3%83%AB-%E3%82%B4%E3%83%A0%E8%A2%8B-%E3%82%A8%E3%82%AF%E3%82%B9%E3%83%88%E3%83%A9%E3%83%AD%E3%83%B3%E3%82%B0%E3%83%81%E3%83%A5%E3%83%BC%E3%83%96-%E5%A4%A7%E4%BA%BA%E7%94%A8/dp/B0081CGZ94/ref=pd_lpo_121_tr_t_2?ie=UTF8&psc=1&refRID=SFTNBDG11CBVGDPMY43K

Q体脂肪率・内臓脂肪などが正しく計れる計測器

体脂肪率・内臓脂肪などが正しく計れる計測器

「ダイエット」の質問項目を見ていると、“足乗せタイプの体重計では「体脂肪率・内臓脂肪レベル」などは殆どでたらめだ”

 という回答が多く見受けられるのですが、本当に正しく計りはどういうのでしょうか。
 また、それら『体脂肪率』『内臓脂肪レベル』『隠れ肥満度』などの算出はどのようにするのでしょうか。

Aベストアンサー

 市販の体脂肪率計で正確に(1%以下の精度で)体脂肪率を測定できるものはありません。スポーツジムにある体脂肪率計も測定原理は同じなので、正確ではありません。これらの測定原理は、体に微弱電流を流し込みインピーダンス(電流の流れにくさ)を測定することによって筋肉と体脂肪を選り分ける方法をとっています。

 微弱電流を流し込むために手足に電極をつけます。電極が足だけにあるタイプでは、電流がおもに下半身を流れるので下半身の体脂肪率を重点的に測っていることになります。ですから両手・両足に電極をつけるタイプより、いっそういい加減な測定結果になります。

 インピーダンスを測ることによって、なぜ筋肉と体脂肪を選り分けることができるのかというと、筋肉には水分を多く含んでいて電流は流れやすい性質があり、体脂肪は水分の含有が少なく電流が流れにくい性質があることを利用しています。ですから電流が多く流れると筋肉の要素が多いとみなせるわけです。
 電極が両手・両足にあれば、その組み合わせによって体のいろいろな方向に電流を流せるので、体の各部の様子がわかります。電流の周波数を変えると、もっと細かく調べられます。

 ですが、私たちの体の水分量は日々変動しますし、1日の中でも変動します。ふつうは朝起きたときに体水分は最小になり(ですから体重もいちばん少なくなり)、夕食の後から寝る前に体水分量は最大になります(体重も最大になります)。その差は2kgにもなることがあります。たまたま体脂肪率の測定が体水分量の多いタイミングで測ると筋肉の要素が増えたと誤解し、体脂肪率は少なめに出ます。1日の中でも3%くらいは違いが出ます。
 その程度には個人差があります。体脂肪には約20%の水分が含まれていますが、人によって微妙な違いはあるでしょう。
 また性別や年齢によっても体水分量は異なります。たとえば幼児は80%くらい、成人は60%、老人は50%くらいが水分だそうです。私たちの体そのものがいい加減なわけです。
 加えて、手足が電極にどのくらい電気的に接触するかによっても測定にバラツキは出ます。

 そのようなわけで、市販の体脂肪率計ではいい加減な測定結果になります。そのような中でなるべくよく体脂肪率の傾向を知りたければ、できるだけ同じ時間帯(朝起きたあとお手洗いを済ませ朝食の前)に同じ条件で測定することです。それなら増えているか減っているかの傾向はわかります。ただし日々の1%や2%の違いは気にせず、長い目で変化の様子を見てください。
 異なる体脂肪率計で測定して数値の違いを比較するのは、あまり意味がありません(比較できるほど正確ではありません)。

 市販の体脂肪率計で正確に(1%以下の精度で)体脂肪率を測定できるものはありません。スポーツジムにある体脂肪率計も測定原理は同じなので、正確ではありません。これらの測定原理は、体に微弱電流を流し込みインピーダンス(電流の流れにくさ)を測定することによって筋肉と体脂肪を選り分ける方法をとっています。

 微弱電流を流し込むために手足に電極をつけます。電極が足だけにあるタイプでは、電流がおもに下半身を流れるので下半身の体脂肪率を重点的に測っていることになります。ですから両手・両...続きを読む

Q家庭用低周波治療器

結婚式のカタログ引き出物で、オムロンの低周波治療器を頼もうかな~と考えてます。
以前、整骨院で(おそらく)低周波治療器で首の筋違えを治療してもらった時、すごく気持ちよかったのですが、家庭用低周波治療器でも気持ちよく感じるものでしょうか?
子どもの頃、親戚の家で好奇心を刺激されて使ってみたら、痛いとしか感じなかった記憶があるんですけど、大人になって使ったら気持ちいいんですかね。
首が凝りやすいので、懲りに効く上気持ち良さも感じられるなら欲しいとこなんですけど。

Aベストアンサー

種類にもよりますが、結構気持ちはいいですよ。
肩こり、腰痛がひどい我が家には多分4~5台があるのではないでしょうか。
粘着性のパッドを使いますがこれが結構早くダメになるもので、また買う時に大型電器店などでないと売っていないなど面倒なこともあります。洗って使えるロングライフパッドだとお得感はありますが。痛いと思ったとしたら肌かパッドが乾燥していて密着が足りなかったのだと思います。ぴったりつければ気持ちいいです。

Q体脂肪計と中性脂肪

健康診断の結果、中性脂肪が前回に比べ異常に上がっていて基準値ギリギリでした。
でも家の体脂肪計で計る分には13%程度でいつも通り「やせ気味」とでるのですが、この数値が低いからといって安心というわけではないんでしょうか?

Aベストアンサー

健康診断で測るのは血中の中性脂肪です。
体脂肪計で測るのは身体に付いている脂肪ですよ。

Qサンスイアンプのリレー(タイコー→オムロン?)

サンスイの古い小型アンプA-α7を使用しています。
最近、左スピーカーの音が出なくなり、分解し、スピーカーターミナルがつながっている基板上のリレーを分解(破壊)して、接点を掃除すると音が出るようになりました。しかし、依然として高音がビビるので、リレーの交換を考えました。元々付いているリレーの型番・スペックは
  Tyco OEG OSA-SS-212DM3 12VDC 5A 125VAC
です。探してみたのですが、同じものを売っている店がなく、同等品を使用することにしました。私はリレーのスペックの知識がないため、オムロンに問い合わせたところ、
  G6B-2214P US
を提案されたため、購入し交換してみましたが、音が出ませんでした。ちなみにピン配置は同じとして半田付けしました。電源投入時「カチッ」という音はするので、コイルに通電はしているようです(Tycoのより大きい音なので、アンプ内の他のリレーの音ではないと思います)。今は元のリレーに戻して音は出ています。オムロンのリレーで音が出ない原因をどう考えたらよいか、お教えいただけないでしょうか。また、他のリレーで使えそうなものがあるとご提案いただけると幸いです。

サンスイの古い小型アンプA-α7を使用しています。
最近、左スピーカーの音が出なくなり、分解し、スピーカーターミナルがつながっている基板上のリレーを分解(破壊)して、接点を掃除すると音が出るようになりました。しかし、依然として高音がビビるので、リレーの交換を考えました。元々付いているリレーの型番・スペックは
  Tyco OEG OSA-SS-212DM3 12VDC 5A 125VAC
です。探してみたのですが、同じものを売っている店がなく、同等品を使用することにしました。私はリレーのスペックの知識がないため、...続きを読む

Aベストアンサー

互換品http://panasonic-denko.co.jp/ac/download/control/relay/power/catalog/mech_jpn_la.pdf
パナソニック(松下)ALA2F12が完全互換です。
G6Bでも先述の様に工夫すれば何の問題もありません。
例えば同じ場所に付かなくても機能させらるのが電気部品の最大特徴です。
基板裏面での互換対応もできます。

Q体脂肪率、皮下脂肪率、内臓脂肪レベルについて

タイトルの3つを体組成計?で測ったのですが、体脂肪率21.3%、皮下脂肪率20.3%、内臓脂肪レベル1.0となっています。

今更ながら体脂肪率、皮下脂肪率、内臓脂肪レベルの違いがよくわかりません

皮下脂肪率=体脂肪率という話もききましたが測った数値は違うものでした

どなたか詳しい方ご教授お願いいたします

Aベストアンサー

皮下脂肪と内臓脂肪は別物ですね。

簡単にいうと皮下脂肪は指でつまめるもの誰でも確認できると思います。内臓脂肪はCTなどの医療機器でないと、正確に確認できませんので、一見痩せているように見える人でも隠れ肥満と言われたりします。

体脂肪率は、体全体に占める脂肪の割合を示した数値です。

内臓脂肪レベルは、体組織計のメーカーが作った独自の数値なので、説明書を読んで確認してください。

Q周辺機器について

初心者です、周辺機器にはどんなものがあるか詳しく教えてくださいませ。
その周辺機器のイラストやフリー素材も探しています。どこがお勧めでしょうか?

Aベストアンサー

ん?
今ひとつ状況が飲み込めないんですけど…

たとえばプリンターが周辺機器にあげられるんですけど
プリンターのイラストが欲しいと言うことでしょうか

使用しているアプリケーションはなんですか
Word 2007とかソフトの名前を教えてください
そのアプリケーションで使える最適な物があると思います
※ Wordで使えるフリーの素材はマイクロソフトのサイトからも入手可能です

Q体脂肪率計について

以前よりも明らかに筋肉が大きくなっていて、しかも体重は1キロほど落ちているのに、それなのに体脂肪率が14%→17%にアップしました。
なぜそうなるのかなあ。計測器にクセがあるのかなあ。それともリバウンド?
似た体験をお持ちの方のレスお待ちしております。よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

プールに行き始めて1年半の間、ほぼ毎日、水泳する前後の2回、体脂肪を記録しています。

水泳の運動量は1時間びっちり泳ぐので、サウナ室での軽いストレッチとあわせて、泳いだ後は泳ぐ前より、たいてい1.4kg程度体重が減ります。体脂肪は2%程度上がったり下がったりするなど、わけのわからない動きをします。

1年を通してみても(すべて泳ぐ前の数値です)、昨年の3月に25くらいだったのが、半年後の夏に17%まで驚異的に下がり喜んだのですが、冬場には再び25になり、現在は20を切り始めていてさらに減少する傾向を感じています。この間、体重も73から68までいろいろ増減するのですが、体重変化と体脂肪率との関係よくわかりません。

体脂肪の変化の理由を、体重のほか、血圧、気温(季節)、体重計の電池の減りぐわい具合、などいろいろ考えましたが、よくわかりません。

1日の動きでは、朝から夜にかけて、私の場合は5%ぐらい体脂肪は下がっていきます。上がっていく人もいるらしいのですが、これは体の水分が下に下がるために、足で測ると夜には下がり、手で測ると上がるのだと考えています。

結論としては、短期で一喜一憂せず長期のレンジでチェックしたほうがいいと考えています。

プールに行き始めて1年半の間、ほぼ毎日、水泳する前後の2回、体脂肪を記録しています。

水泳の運動量は1時間びっちり泳ぐので、サウナ室での軽いストレッチとあわせて、泳いだ後は泳ぐ前より、たいてい1.4kg程度体重が減ります。体脂肪は2%程度上がったり下がったりするなど、わけのわからない動きをします。

1年を通してみても(すべて泳ぐ前の数値です)、昨年の3月に25くらいだったのが、半年後の夏に17%まで驚異的に下がり喜んだのですが、冬場には再び25になり、現在は20を切り...続きを読む


人気Q&Aランキング

おすすめ情報