昨日観ました。はっきりいって、あまり...?って感じでした。主人公の夢と現実どちらかわからなくなるのが、観ているほうまで分からなくなり、観終わっても
内容があれ?って感じでなんだったのだろうって思いました。どれが本当でどれが嘘~?本当に死んじゃった人はだれ?(^^ゞ 内容がはっきりわかる方、簡単で良いのでぜひ教えてください!!

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (6件)

もう、みなさん解答してくださっているようですが、あえて。



実際に死んだのは#1の方が書いているようにジュリーだけです。
現実の世界はジュリーが車で激突して、その後デイビッドが病院でマスクを渡され、そしてクラブで泥酔してそのままソフィアと別れて路地で寝てしまうところまでです。
現実はそのまま夜が明けてデイビッドは一人で帰りますが、ソフィアがやさしく起こしてくれるところは夢、つまりこの後のソフィアとのLOVELOVEな世界はすべて夢です。
だから、実際にソフィアと会ったのはクラブの後別れた、これっきり。

家にこもったデイビッドはネットで冷凍保存の会社を知り、死んだときには冷凍保存され命の保存、再生が将来にできるという契約を結びます。(この会社がエリー社、デイビッドがエリーと夢で叫んでいたという。)
そして、家にこもり続けてある日彼は自殺?かな、とにかく死にます。
で、その体は契約したEL社(エリー社)が冷凍保存します。

で、冷凍人間になっているときにいい夢をみることができるのが、たまたまシステムの故障で、悪夢をみてしまうようになる。
つまり、ソフィアといる夢、これはいい夢、でも、精神病院にいたり、ジュリーが出てくるこれは悪い夢。
で、このいい夢を見たり、悪い夢を見たりしてシステムが故障してしまったなかでいろいろな人間が入れ替わったりしているんですよね。
ベッドシーンでジュリーがでてきたり、ソフィアが出てきたりしていましたよね、で、枕をおしつけて殺してしまいますが、(でも、実際にデイビッドは誰も殺していません。これは夢だから)

契約の説明のときに、中にはシステムの故障ということもありますが、その場合はすぐにレスキュー隊が駆けつけます。って説明がありましたよね。
それを思い出した彼はレスキュー隊を呼びます。
(一階のフロアで扉が開くシーンがそれ)
で、屋上で、男の人がシステムの故障を元に戻したから、現実の世界に戻らなくてもこのまま冷凍人間で、自分の思い通りのいい夢をみることができるよ。と言います。(このへんはなんかマトリックスに似てるが)

でも、デイビッドはもう夢の世界はたくさんだ、といって現実に戻る道を選びます。(それがビルから飛び降りるシーンです。ビルの屋上は以前デイビッドが高所恐怖症で、でも次の現実に生きるときにはそういうデメリットが克服された状態で戻れる、そのための彼に与えられた現実に戻る境目なんですよ。)

で、屋上にいるソフィアに言いますよね、
「現実では僕は冷凍人間、君は死んでいる。でも、また、君を探すよ。」って、これはつまり、デイビッドは約150年眠りつづけているから彼の戻る世界は西暦2151年ってこと、だから、もうソフィアは死んでいます。
でも「探すよ」っていうのは私が思うに、また、君のように素敵な、そして、本当に愛せる人、つまり、ソフィアのようなひとを探すよってことでしょう。夢の世界ではなく、現実の世界に戻って。

当然150年経ってるから彼の財産はなくなっているかもしれない(これは男の人が言いますよね。)、夢の中にいたら大好きなソフィアともいられる、でも彼は現実の世界を生きていく道を選んだ。
ただ、次の現実に目覚めるときには、昔のトラウマも消え、文明の進歩で、顔も元に戻った状態で生きていけるのですが。

現実の2001年の世界はジュリーがデイビッドと車で激突したことで、ジュリーは死んで、ソフィアはその後どうなったのかは分かりません。それは映画では描かれていませんので想像でしょう。
ただ、お葬式のシーンで扉にたたずんでいたシーンがあったから、デイビッドが死んだということを知ったうえでソフィアは生きていったのでしょう。
精神病院でのカート・ラッセルとのやりとりもデイビッドの夢の出来事です。
カート・ラッセルは夢のなかでの父親像なのかな、早くに両親を亡くした彼が誰にも相談したりできなかったことから、その潜在意識からできた理想の父親?相談相手なのでしょうか?ちょっとこれは自信ありません。
 
ながながと書きましたがお分かりいただけました?
って言っても私が思うのはですけど。
で最後に起こされるシーンは2151年です。まあ、その声の主はEL社の解凍係りの人か、とにかく、2151年の人の誰かなのでしょう。
 
その後、デイビッドがどのように生きていくのか、またソフィアのような人に出会えるのか、それは観客が想像してください、ということだと思います。
そういう意味では続編ができてもおかしくないですね。

あえて言うと、原作の「オープン・ユア・アイズ」のほうがまだ分かりやすかったように思います。
ただ、これをみるとバニラスカイは、俳優を変えただけというような気もします。
リメイクというより、コピーみたいな、
実はペネルペと共演したかっただけ?
それともこの男の役をしたかっただけ?みたいな。
ご参考までに、では
    • good
    • 0

私も1回見ただけではわからなくて、どこが境界線なのかも気になったので


もう一度見てきました。あくまで私の意見なんですが、最後にもう一度あの
声がしたので、そこまでの間はきっと夢だったんじゃないかなという気がして
きました。二度目に見たときは、夢の始まりになりそうな場面をチェックして
たんですが、ソフィアの踊っているところに行った夜にテレビをつけながら
寝るシーンがあったので、そこからが夢じゃないかなと思いました。なんか
あの最後に出てくる人がもっともらしいこと言ってましたが、なんかちょっと
あやしいなぁと私には思えて…。
でもわからない方がいいのかもしれませんね。もし気になるのならもう一度
見てもいいかもしれません。ってこれがねらいなんでしょうか。
    • good
    • 0

こんばんわぁぁ~。

今日私も見てきましたよ。結局死んじゃったのは、キャメロンディアスだけで、トムクルーズは誰も殺していませんね。事故で死ななかったけど、彼はペネロテや会社の人たちからも見放されちゃって、現実世界から逃げたすために冷凍保存という手に出たんじゃないでしょうか。で、結局は自殺をして逃げたんですね。その逃げた世界の中で自分自身と戦ったのではないでしょうか。今までは高所恐怖症だったけれどその夢のなかで彼自身成長し、現実と向き合えるようになったから、元の世界に戻ろうという決心がついたのではないでしょうかね。
私もこの映画を見て、えっ?!って感じだったんですが、私もこれからはいやなことからもさけず、逃げず、前向きに行こうかな?って今は思えます。
って、なんかヘンてこなメールを送っちゃいまして、ごめんなさいデス。
    • good
    • 0

tgodaさんへの回答になってしまいそうですが(^^;



オープン・ユア・アイズにそっくりなのは、それもそのはず、「バニラスカイ」は
「オープンユアアイズ」のリメイクなのでもとは一緒です。


>「(人間の脳はまだまだ解明されていない事が多く、デジャブや錯乱など)そういう事もありますよ
とも言っていたし、「罪の意識」みたいなことも両方言っていたと思います(苦笑

あとすんません、デヴィットも自殺してましたね(^^;
    • good
    • 0

実際にはディヴィッドも死んでいませんでしたっけ(笑)?


たしか冷凍睡眠は一度死ぬ事が条件だった気がします。
あれ?これは「オープン・ユア・アイズ」だけかなぁ。。

夢の中でソフィアとジュリーが入れ替わったのは「罪の意識」ではなく、たんに「(人間の脳はまだまだ解明されていない事が多く、デジャブや錯乱など)そういう事もありますよ」みたいな感じで言っていませんでしたっけ(笑)?
自分を不幸に陥れたディヴィッドがジュリーに対して「罪の意識」なんて感じるのかなぁ、、、。

僕は「オープン・ユア・アイズ」が大好きなだけに「バニラ・スカイ」のあまりのそっくりさ加減にビックシしました。
    • good
    • 0

以下ネタバレっす



*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-

実際に死んだのは、車で心中を図ったジュリー(キャメロンディアス)だけです。
で、事故で怪我をしたデヴィット(トムクルーズ)は、会社を「7人の小人」から取り戻すも怪我を苦に(?)冷凍睡眠に入ります。
現実のソフィア(ペネロペクルス)自身は天寿を全うしたのでしょう(多分)

現実と夢が入れ替わったのは、デヴィットが酔い潰れて道端で寝て、ソフィアに起こされた所からです。

んで、夢の中でソフィアとジュリーが入れ替わったのは、デヴィットの罪の意識からだみたいです。
    • good
    • 0

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q映画「バニラスカイ」でクラブで流れていた曲は?

映画「バニラスカイ」でトム・クルーズがクラブに出かけた際に店内でその曲で踊るシーンでかかっていた曲名を教えて下さい。よろしくお願いします。

Aベストアンサー

Underworldの「rez」ですかね
私もバニラスカイで気に入ってCD購入しましたが
間違ってたらすみません

参考URL:http://www.towerrecords.co.jp/sitemap/CSfCardMain.jsp?GOODS_NO=472719&GOODS_SORT_CD=101

Qビデオ(VHS)ではっきり映っていたのにDVDではっきり映っていないのはなぜですか

あるアメリカ映画を、レンタルビデオ(VHS)で観たときは、
女性の裸体が出てくる場面があるのですが、その裸体がはっきり映っていたのですが、
同じ映画のDVDを買って観ると、同じ場面で、女性の裸体が暗くなってよく見えない状態になっていました。
それは何か理由があるのでしょうか。
どうしてでしょうか。

Aベストアンサー

詳細は分かりませんが、

 「(作品そのものの)著作権」と「(個別の俳優の)肖像権」の
対立が、米国で争いになる可能性も全く皆無だとは言い切れませ
んし。特に、作品完成後、製作サイドと個別の俳優との民事上の
(契約当初の条件と違う趣旨のため)何らかのトラブルが表面化
した場合に、仮に「差し止め」を製作サイドが受けてしまった
場合、製作サイドとしては、そのシーンをカットするか、
モザイク等の編集をせざるを得ないようです。

 一般的には、作品の中の「(個別の俳優の)肖像権」は
本来的に独立していないので、
「映画」そのものの著作権、肖像権のライセンス
を正式に受ければ問題は起きないようにも思えますが、

 事後的に、何らかの特殊な事情で「(個別の俳優の)肖像権」
のみが「差し止め」等の対象となり、再編集の対象とならざる
を得ないケースも考えられないこともありません。

 ただ、日本国内では、(個別の俳優の各シーンも含む)映像著作権
というものは製作サイドに所属しているのが通例であって
 http://www.kanto-ba.org/series/s49.htm

米国のように裁判の争点となるケースも少ないのでは
ないでしょうか?
http://www.mahlesq.com/htm/pub9.htm

 具体例として
日本でも「青春の殺人者(1976)」で完全版がでにくいのも
そのシーンに当時17歳の現役女子高生でもあった
(巨乳で有名な)原田美枝子の乳を水谷豊がシャワー室で
吸うシーンがあるのですが、原田美枝子側が独立の肖像権
をもとに、製作サイドと何らかの特殊な事情があるように
思えて仕方がありません。

 また、一昔前のテレビドラマTBS「人間失格(1994)」の
鬼教師役で有名になった斉藤洋介も、若い時期に
漫画家の赤塚不二男が監督したAV作品(2本)が過去ソフト化
され、今でも中古市場に出回ることを相当嫌がっていますし
(裁判で紛争になったかはわかりません)。

 また、「(個別の俳優の)肖像権」に拘わらず
事後的に「差別・偏見」等の趣旨が包含しているのが発覚し
「表現の自由」との対立という形で裁判上の紛争となり
、「差し止め」か「再編集」
が余儀なくされてしまうケースもあるようです。

 ご質問の内容の場合は、最初のVHS化の時点では
問題はなかったのに、DVD化の時点で「(個別の俳優の)肖像権」
が問題となってきたとも考えられますが、単に作品上の
映像技術上の再編集の趣旨ともとれますので、
なんとも正確な回答はできません。

詳細は分かりませんが、

 「(作品そのものの)著作権」と「(個別の俳優の)肖像権」の
対立が、米国で争いになる可能性も全く皆無だとは言い切れませ
んし。特に、作品完成後、製作サイドと個別の俳優との民事上の
(契約当初の条件と違う趣旨のため)何らかのトラブルが表面化
した場合に、仮に「差し止め」を製作サイドが受けてしまった
場合、製作サイドとしては、そのシーンをカットするか、
モザイク等の編集をせざるを得ないようです。

 一般的には、作品の中の「(個別の俳優の)肖像権」は
本来...続きを読む

Q映画「バニラスカイ」でトムクルーズが手術室へ運ばれるときに叫んでいた歌は?

こんにちは

バニラスカイのワンシーンで、トムクルーズが顔の再生手術に(夢の中の話)入る前に、叫びながら歌っていた曲ってなんていうのでしょうか。

Aベストアンサー

前回の回答の補足です!!

「シェリル・クロウ」と答えましたが、「Joan Osborne」の
間違いだったかもしれません。

気になって手持ちのCDを探したところ、「one of us」という曲は
「Joan Osborne」という人が歌ってました。

「シェリル・クロウ」と教えてくれたのは私の友人です。
何かの勘違いだったかもしれませんし、
どちらかがこの曲をカヴァーしたということもあるかもしれませんね。

とりあえずお知らせします。

Q以前観た映画のタイトルと内容が思い出せません。

タイトル通りなんですが、断片的な記憶しかなく、タイトルすら思い出せません。ちなみに洋画です。

覚えているのは、精神病院が舞台だったことです。主人公は男性でした。
他には、その精神病院に入院している尖端恐怖症の黒人女性に主人公(?)が話し掛け、うっかりペン先を見せてしまったら、その女性が発狂して騒ぎだしたシーンが印象に残っています。

あと、入院患者がアクションを起こすのに『きっかけ』があることに気付いたりするシーンも覚えています。(ボールを投げたら反応する、等)

どなたか、この映画のタイトルと内容が分かる方がいたら教えてもらえないでしょうか。

もちろん、タイトルだけでも構いませんので。
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

先端恐怖症のエピソードは覚えていませんが、ボールに反応するというのは「レナードの朝」に出てきますね。
http://movie.goo.ne.jp/movies/PMVWKPD9759/
http://www.geocities.jp/tmpmaru/tensi/t-013reonald.html

参考URL:http://www.geocities.jp/tmpmaru/tensi/t-013reonald.html

Qバニラスカイの曲を教えていただけませんか?

映画、バニラスカイのサントラで、if god was one of us というフレーズがはいった曲のタイトルとアーティスト名を教えていただけませんか?
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

#1に書きこんだmamboです。歌っている人のスペルが違ってました。正しくは、Joan Osborneです。この曲、「Relish」というアルバムに収められています。以下のサイトで試聴できますよ!

参考URL:http://www.hmv.co.jp/Product/Detail.asp?sku=332968

Qスタンリーキューブリック監督の '2001年宇宙の旅ですが 観る度に引き込まれてしまいます。 内容

スタンリーキューブリック監督の
'2001年宇宙の旅ですが
観る度に引き込まれてしまいます。

内容が哲学的過ぎて
あれよあれよと話が進み
ラストを迎えます。
正直、内容が未だに解りません。

この映画を観られた方は
どう思われますか?

Aベストアンサー

冒頭のシーンを思い出して下さい。
棒を武器にすることが出来たサルが
他のサルを圧倒していました。

電脳という人間の道具が、人間を追い越した
時、人間はどうなるのか、がテーマです。

映画では、電脳という道具に追いつかれ、追い越され
そうになった人間が、より高次の存在に
転生する、となっています。

Qバニラスカイ

今日バニラスカイを見ました。でもよく
内容が理解できなかったのですが、
主人公のトム・クルーズは車の事故で
死んでしまったんですよね?では誰が
生き残ったのですか?もしかして誰も生き残らなかった
とかでしょうか?

Aベストアンサー

#1です。

#2の方がおっしゃているように、
事故でキャメロン・ディアスだけ死んだのです。それでトムは顔がゆがんだのです。

事故後いい関係になりそうだったペネルペに会いますよね、ディスコで。
その後二日酔いで倒れてからが夢と現実の分かれ目です。

現実では、冷たくあしらわれ家に帰って薬を飲んで自殺したんですね。
で、死んだ後、夢の世界では二日酔いの後ペネルペに介抱してもらい
そのまま夢の中で楽しく暮らすはずだったのが、夢がおかしくなってきたのです。
ペネルペのかわりにキャメロンがでてきたりするようになって。
夢の中で原因を探っていくうちに、それは自分が契約した夢なのだと気づいたのです。

ラストで、夢を修正してもう一度その世界にはいるか、それとも現実世界に生きるか~
となったのだと思います。

バニラスカイって、同じ原作で、ペネルペが同じ役で出演している映画が
あるらしいのですが見てみたいなって思っています。

QDVDで観た「HOLE」という映画の内容について

昨日「HOLE」という映画を借りてきて観ました。
時間は70分位の短いもので、ミゲルという男の人が気が付いたら井戸の中にいて監禁されるという内容のものでした。
これ、実際観た方いらっしゃいますか?
すごい衝撃のラストを期待してたんですが、何だコレ?って思いました。
意味が解らないんです。
結局ミゲルは解放されたって事でしょうか?
それともあれは自分自身の中にある闇みたいなことを言いたいんでしょうか?
でも、容姿からいって監禁されてたままの姿だし・・・拉致されてたとかじゃないですよね?
結局あの人達は誰で、何で撮影してたのかも不明です。
謎が多すぎて全然納得出来ないし、どう面白いのかわかりません。
誰か教えて下さい。

Aベストアンサー

 この作品に物語を期待して観ても面白くはないでしょう。物語が無いのですから。
 ラストシーンはあれでも主人公にとっては衝撃的なのです。それまでの彼は井戸の中に閉じ込められており、必死になって生き延びて外へ出ようと悪戦苦闘します。そしてそれがしばらく続くうちに、その悪戦苦闘そのものが彼の‘生きがい’になってしまったわけです。
 ラストで彼は望み通りに外へ出られて自由を得ましたが、それと引き換えに‘生きがい’を失ったことになるわけです。例えどんなことであったとしても‘生きがい’を失うことほど怖いことはないという皮肉が込められています。
 ちなみに同じテーマで作られた作品として、古い作品ですが『砂の女』(安部公房原作 勅使河原宏監督  1964年)があります。

Q「オープン・ユア・アイズ」と「バニラスカイ」を見た方に質問です

オープン・ユア・アイズのレンタルを長いこと待っているのですが、
かなりの人気作品のようでなかなか借りることができません。
もうあきらめてバニラスカイをレンタルしてしまおうかと思っているのですが、そこでこの2作品を見た方へ質問です。

(1) 2作品の内容はどの程度の違いがありましたか?

(2) ズバリあなたはどちらの作品の方が好きですか?

(3) もしも他人にすすめるならどちらの作品をすすめますか?

(2)と(3)に関しまして、できればその理由も少しお答えいただけたら
うれしいです。

よろしくお願いします。

Aベストアンサー

一年前、全く同じ質問をした者です。

下記URLを見ていただければ分かりますが、内容は99パーセント同じです。

個人的には、「オープン~」のほうが好きです。無名の俳優ばかりだったので、
先入観無しに見ることが出来ました。
「バニラ~」は、トムクルーズ主演なので、どうしても役柄ではなく、
「トムクルーズ」として見えてしまい、いまいち作品にのめり込めませんでした。
と言っても、内容は99パーセント同じなので、ほとんど面白さの差は無かったですが。

他人にすすめる場合、分かりやすく、誰でも軽く手を出せる物を望む人には、「バニラスカイ」、
オリジナルというものが好きで、分かりやすさよりも芸術な雰囲気が好きな、
多少マニアックな物でも好んでくれる人には「オープン~」をすすめます。

http://okwave.jp/qa2092156.html

Q外国映画のタイトルで ブルーが付く不毛な感じの内容の映画のタイトル

20〜30年前後と、かなり曖昧な記憶なのですが
関西で土曜日の昼間から夕方にかけての放送でみた
タイトルの中にブルーが含まれる映画です。

曖昧ですいませんが、バグダットカフェ的な思いもありますが
ちょっと違うかも知れません。
字幕だったのでフランス語など、英語では無いかも知れません。

ラストシーンで、男女が乗った車の中で殺し合い?
自殺のような展開で、最終定期には運転していた男性が
ハンドルにうっぷしてクラクションが鳴り響く終わり方でした。

そのクラクションが1分も2分もあるような長さで
当時見ていたときに別室にいた父が何の音かと覗きに来たぐらいの長さでした。

このような映画のタイトルをおわかりの方お願い致します。


ディープインブルーっぽいイメージでしたが
ディープブルーというサメちゃんの映画ばかり出てきて困っています。
よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

以前別のサイトでご質問なさったかと思いますが、そのときの回答にあった『ディープ・ブルー・ナイト』ではないでしょうか?
舞台はアメリカなので韓国映画という感じはしなかったかもしれません。

テレビ放送されたこともありタイトルも一致します。
こちらにあらすじがあり内容も合っていそうです。
https://cinemakorea.org/korean_movie/movie/deepbluenight.htm

ビデオ発売されていました。


人気Q&Aランキング