最近結婚し、出産した子育てママです。
聞いて下さい! 主人の会社のお得意様に勧められ、生命保険→終身(医療つき)保険(だ○○○生命)に主人が契約してくれたのですが、その内容がよくわからず、教えて欲しくて、担当者が家にくると日にちを約束していたのにも関わらず、3週間くらい経っています。
そんな会社にもう関わりたくありませんが、もう3ヶ月分くらい月15000円払っています。20年後くらいには保険料がどうやら4万くらいになるらしく、よくわかりません。こちらからまた催促するのもなんかバカらしいのです。解約してしまっては損でしょうか?この手の質問は多いのでくどいようですが、ちょっと困っています。何かいい保険(掛け捨てでないもの)があれば教えて下さい。ちなみに主人は36歳。子供のは毎月貯金することにしています。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (10件)

再びabbaabbaです。



どんな方向に向かっているのかわかりませんが、最近は保険バッシングが多いようで、加入者もちょっとした事で過敏になっているようですね。

保険商品が悪いとか良いとかって判断するのは、その商品が契約者のライフスタイルに合っているかそうではないか?の違いではないでしょうか?商品として大蔵省(ふる~い)の認可を受けた立派なものでしょう。外務員だって、単に給料だけを考えて商品を選択しているわけではないと思います。きちんと契約者とお話をして契約者の生活状況を考慮して、商品を提案しているはずです。

最近は「外務員のサービスが悪いから~解約する」と簡単に言う人がたくさんいますけど、保険ってそんなズルイ商品ではありませんよ。運悪くご不幸があって保険が降りて、それでいままでの生活を維持できている方を、私は何人も知っていますが。外務員がどうのこうのと言っているうちは本当に幸せだと思います。○千万円の保障を変えるなんて幸せじゃないですか。○千万円を、どの位、何年間働いたら作れますか?その保障を付何万円かで買えるのですよ。

ご主人は契約する前に、保険商品をイラストで見れる「設計書/見積書」を渡されているはずです。その後に契約されているはずです。外務員をわざわざ呼ばなくても、その保険会社に連絡して、保険内容を知りたいといったら、わかりやすいものを送ってくれるはずです。

私は子供もいないし、ローンもありませんので生保には加入していませんが、日本の保険商品は素晴らしい物と思っています。

その保険を解約して、他社の保険に変えたとしても、『ついている付録は違っても基本は同じです』。子供さんが生まれたばかりなら、間違いなく「定期付終身」に入ることになりますでしょう。まさか「単体終身」に加入しないでしょう。10年をめどに、と考えているようですが、結局10年経つ前に更新したりすると思いますよ。(1)ご家族のライフスタイルと、(2)世の中の経済状況が変わるわけですから。あと、(3)保険の種類も毎年変わりますから。

もういちど、設計書(または、契約内容を手書き等で表したもの)をじっくり見て考えてみてください。

あなた家族に必要なものは、●今●大きな保障を●出来るだけ安く手に入れる事が可能な保険商品だと思います。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

どうも有り難うございます。やはり今のライフスタイルにあった必要なものを提案して下さったんだとは思います。10年経つ前に変える可能性も大きいかとは思います。もう一度よく主人と相談し、保険の内容もわかったところで私たち家族が困らないように、ある程度の保証のためにはしょうがないと思っていこうと思います。
なんだか少し安心しました。みなさんの意見参考になりました。
有り難うございました。m(_ _)m

お礼日時:2001/12/27 18:15

はじめまして せっかく相談されたのが、10年間そのままになりそうなので、遅ればせながら、同程度のプランを安くだしてみます。


保険会社名は出しませんが、損保系の生保会社です。
保険会社を出さないのは、保険会社の差ではなく、設計者の能力の差ということを理解していただく為です。
必要な保障として
1.万一の場合の生活費(奥様、子供、住宅費に分けて計算)
  公的な保障を計算しておく
2.入院時の医療保障
3.老後の生活資金
これらは、今後のお子さんの予定、住宅の有無、会社員か自営業、差額ベッド費が必要かどうかなどで大きく保障がかわります。
必要な保証額は10年後には家族が増えなければ、減ります。1年経てば、1年分の保障額は減ります。
今と同程度の保障であれば、月8794円で60歳まで万一の場合の保険料はかわりません。入院は10年後に上がります。(今と同じ)
参考までに
終身100万円               月2299円60歳まで支払い
収入保障特約(最低5年保障)月10万円   月5100円60歳まで支払い
災害入院特約 1入院120日まで5000円 月 320円46歳まで支払い
疾病入院特約 1入院120日まで5000円 月1075円46歳まで支払い

収入保障特約はご主人に万一の場合、毎月10万円受け取るもので、契約直後に亡くなった場合はの受取りになります。
60歳直前で亡くなった場合でも最低5年保障されていますので、10万円×12か月×5年で600万円となります。その上に終身保険の100万円がプラスされます。一人目のお子様だけであれば、ご主人の60歳の時には通常経済的には自立しているというのは、分かり切ったことです。
現在の契約も2700万円の掛け捨ての保障と100万円の終身にいろいろとおまけが付いて月15000円となっているようです。毎月6000円の差が10年では72万円の差となります。60歳までの差を考えてみて下さい。
目先の保障があれもこれも、付けたいということであれば、私のでる幕はありません。
入院費5000円の理由については別の質問で、私が、何度も書いているので、私の今までの回答を見て下さい。

こどもの保障は終身保険を使ってご主人の万一の場合の保障をしておき、大学入学時に解約する方法もあります。

一つ一つの保障について理論的な根拠があって、回答しているのがわかると思います。

Pigeonさんの回答も理論的にしっかりした回答をしていますので、参考にしてみると良いでしょう。
    • good
    • 0

hi-mama22さん、補足ありがとうございます。


また、もう一人の専門家akebonotarouさんもご登場されたようで、良かったですね。

>本当に便利なサイトですね・・・。
ありがとうございます。そう思って頂けただけでも嬉しいです。

>>■同じ保障を他と比較すると、他社の定期付終身保険のほうが安心できます。
>→他社とは具体的にどこですか?
まず、お断りしておきますが、私の引用は「堂々人生」に関する記述です。
hi-mama22さんの場合がこれでなくて一安心ですが、参考までにそこに書かれていた
内容を以下まとめておきます。

[定期付終身保険]
契約時に終身保険の保障が確定している。
[堂々人生]
契約時に保障が確定していない(予想である)。

[定期付終身保険]
定期保険の更新は10年、15年、20年、全期と選択できる。
[堂々人生]
更新は10年ごとと決まっている。- 高齢になると高くて払えなくなる可能性がある。

[定期付終身保険]
終身保障額が契約時に確定している。
[堂々人生]
終身保険が小さくなるか、買えなくなることもある。

[定期付終身保険]
解約返戻金が契約から3年以上経つとある。
[堂々人生]
あっても契約後5年間は非常に少ない。


なお、私も勉強不足でしたが、「わんつーらぶUハイバリュープラン」は同じ
みずほフィナンシャルグループの安田火災との共同開発商品ですね。多分。
この商品に関しては他の専門家の方からの解説があるかと思いますが、私が
一番気になったのは、
>10年まずは続けて、その後はまたいい保険が絶対でるからそのとき考えれば
>いいから先のことは考えない方がいいと言われました。
と言われていることです。
仮にも終身保険に入る訳ですから、そのようなことを言う担当者の真意が分から
ないのですが、hi-mama22さんは、十分理解した上で納得されたのでしょうか?
    • good
    • 0
この回答へのお礼

早速のご返答、有り難うございました。子供が寝てますので集中できます。(^^;)
私なりに今考えているのは、1月中にいろんな保険を吟味し、とりあえずは今の保険を続けておいて、いいのが見つかり契約できた時点で解約するなり・・・考えています。igmpさんに指摘され、やはり担当者はいい加減でその場しのぎな感じだったように今感じます。名刺をもらいましたが営業主任とありました。これにも疑問?
賢い消費者に成らねばいけませんね。まだ私は22歳です。難しいです。(-_-;)
この辺で締め切ってもいいような気がしますが、もう少しこのページ開かせて下さい。ところで私の保険はつい5月に契約したものでした・・・。私には大きすぎる気がしますので担当者(ニ○○イ)と相談してから解約するつもりです。
なんだか質問の趣旨がわかりにくいと思いますので一つまとめておきます。
みなさんこのような(ダ○○チ生命)保険で、10年更新後のことは考えず、今のことを考えて契約するものですか?10年後にいい商品がでるからいいか・・・と、先を考えずに契約しますか?
JAの人に、ステップ式はよくないと言われました。保険料が変わらないもの(例JA共済)がいいと言っていました。第一生命(←笑)の方は支払総額(28年分)は計算しない方がいいと言っていました。
これは補足になりますが、ご意見いただければ幸いです。度々すいません。

お礼日時:2001/12/26 01:07

これは言おうかどうか迷ったのですが…、



#6 akebonotarou さんのおっしゃるとおり、『払いつづける方がよっぽど損』という場合もあります。

今なら、被害が最小限(1万5千円)で済む…、
これを(内容もよくわからないまま)1年…、2年…、と続けていくと…。

>なんか保険って本当に種類がいっぱいあって、難しいですね・・・。(#3 補足より引用)

かえって混乱させてしまったかなぁ…、\(_"_ ) 反省します。
保険の種類って、そんなに多くはないんですよ、実は…、
一般に、保険の「種類」とは、
(1)死亡保険
(2)生存保険
(3)生死混合保険
この3つしかありません、
あとは、保険会社が独自に作った『商品』です。

もし、○○さん(被保険者)が死んだらいくらもらえるか、長生きしたらいくらもらえるか、
原点はここだけです(本当は以外とシンプルなものなんです)。

保険会社は、少しでも興味をひかせようとあれやこれや「おかず」をたくさんつけたがりますが、
「おかず」に惑わされることなく、主食(ごはん)の部分をもう一度見つめ直した方がよろしいかと思います。

質問の見出し:保険会社の対応に疑問を感じています。

この部分については、下の方々が大変参考になる意見を述べられてますね…、
まさにその通りだと思います。

この回答への補足

私の説明不足な質問に答えて下さったみなさん、本当に有り難うございました。この場を借りてお礼を申し上げます。本当に便利なサイトですね・・・。
そして補足いたします。
今日早速だ○○ち生命に電話をし、午後に家に来てもらいました。そしてようやく説明を受けることができました。しびれを切らしてこちらから昼に来てもらうよう連絡をしました。本社に電話しました。 セールスレディーの言うところによると、主人とその人はつきあいが長く、それほど重要視してなかったごめんなさいとのこと。笑って済ませました。(-_-;)でも主人は現在仕事を変えたので、その人とおつきあいが続くことはありません。
一通り内容を聞き、10年まずは続けて、その後はまたいい保険が絶対でるからそのとき考えればいいから先のことは考えない方がいいと言われました。
確かに保証はしっかりしており今払う金額を下げて楽なようにしてあります。これでいいかなと思っています。65歳満期で28年間払うものです。10年後のことは考えず、とりあえず10年間は払っててもいいでしょうかねえ-?
そしていい機会なので、私(妻)の保険を見直そうと思ってます。こちらもいろんな特約があり、終身自体は10万円なのですが、定期保険特約が540万。ほかにも3代疾病、疾病障害、生活保障がついており、いっそ解約して県民共催などの安い掛け捨ての医療保険のみにしようかと考えています。私が亡くなったとしても死亡保険金は必要ないですよね?貯金しておけばいい話ですから・・・。
今回担当者と直接はなしたことで、なんとかいい関係ができたような気がします。(ちょっと甘い?)
ところでigmpさん、>■同じ保障を他と比較すると、他社の定期付終身保険のほうが安心できます。→他社とは具体的にどこですか?
ちなみに主人の現在の保険は、「わんつーらぶUハイバリュープラン」10年間×120万。定期1500万。病気、けが200万。がん等で200万。障害50~500万。一生涯保証100万。ざっとこんな感じです。わかりますか?
長くなりましたが、ご意見お待ちしております。

補足日時:2001/12/25 17:54
    • good
    • 0

こんにちは。



>主人の会社のお得意様に勧められ

よくある話です。バーター取引ですね。

ご解約されても問題ないならいいのですが・・・ご主人様のお仕事の方は大丈夫なんでしょうか?
下記の方々がおっしゃってるように、契約をしてしまった後は、知らんふりが多いようです。
きっと、保険の説明をした後「思ってた保険と違う!!!」といわれ解約されるのを恐れている為、ご自宅に伺うことを拒否していると思われます。

>解約してしまっては損でしょうか?

早いうちに解約してしまった方がいいです。払いつづける方がよっぽど損でしょう。でも、他の保険に加入してから解約することをお勧めします。

>だ○○ち生命は話を聞いてから終身だけにしようかと思っています

確か、第一は保障額によって、医療保障の金額も下げなければ取り扱わないはずです。
終身のみにした場合、入院給付金がいくらまでつけられるのか確認した方がいいですよ。いきなり3000円しかつけられません!なんて回答が来る恐れがありますから・・・

奥様の保険はニッセイなんですよね?
ニッセイには、積み立て型の医療保険は販売してないはずです。
昔とはどのくらい前なのでしょうか?
3年ぐらい前でしたら、おっしゃる通りの医療保険もどきのような保険は発売になっていますが・・・それ以上前ですと・・・おしゃってる保険の内容がわかりません。

商品の名前や契約した日などを具体的に書き込んでみたら、もっと分りやすいアドバイスがあるかと思います。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

どうも有り難うございます。補足を足しましたので、もし時間があればそちらものぞいてみて下さいませ・・・。m(_ _)m

お礼日時:2001/12/26 00:34

>担当者が家にくると日にちを約束していたのにも関わらず、3週間くらい経っています



生命保険会社の営業マンは、選挙の時の政治家と同じで当選(契約)するまでは大事にしてくれるが、当選するとしらんぷりというのが当たり前のようですネ。最近は新規契約を取るのが難しくなっているのに、アフターフォローができないというのでは困り者です。生命保険を解約するより前にその担当者を変更しましょう。

生命保険担当者変更の手順
1.当該生命保険会社の代表番号を調べる
2.当該番号に電話して『苦情の申立をいたしますので、関係部署に転送してください』と依頼
3.氏名と契約番号を伝えて、経緯を説明
4.以下の要求を伝える
  ・担当者の変更
  ・新しい担当者が一週間以内に説明にして欲しい
一応、言う事を紙にまとめてから電話すると良いと思います。緊張するかもしれませんが、生命保険会社よりも契約者の方がえらいのですから気後れする必要はありません。
上記を無視されるようであれば、
http://www.fsa.go.jp/notice/noticej/soudan.html# …
の生命保険の欄で相談いたしましょう。
ちなみに私は本社に電話したことがありますが、その日の午後に担当者が飛んできましたから効果はあると思います。

>解約してしまっては損でしょうか?

損かどうかという面では既に支払いをしている面だけを考慮すれば、損でしょう。私が御主人の立場であれば、ご紹介なされたお得意様に言い全く説明に来てくれなくて困っているようなことを言うと思います。これ自体は会社関係の付き合いにおいてもマイナスにはならないと思いますし、ご紹介者から生命保険会社に言ってもらう方が効果が高いと思います。

短気になると損の上塗りになる場合もありますから、一度納得のいく説明を聞いてから最終決断をなされることをお勧めいたします。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

どうも有り難うございます。補足を足しましたので、もし時間があればそちらものぞいてみて下さいませ・・・。m(_ _)m

お礼日時:2001/12/26 00:33

だ○○○生命のどこの支店でもいいから、証券にある番号(わからなければ、契約者の名前と生年月日)を告げて、「商品の内容をイラストにして送ってください」というのはどうでしょう?商品の内容を教えてください、、、だけすと、数字ばかりでわかりにくいと思います。

イラスト→加入する前に勧められた設計書と同じようなもの、を見せてもらった方が、商品内容がわかりやすいと思います。

定期付終身の将来の支払(20年後に同じ契約を続けるとしたら4万円くらいになる、、、という部分)は、高額に感じると思いますが、その分、現在の支払部分が安く設定してあるからだと思います。定期部分が短いほど、現在の保険料が安くなるはずです。出産したばかりという事ですが、これから生活状況や、世の中の状況がどんどん変わりますので、何度も見直す(設定を変える)必要があると思いますので、定期部分は短くてもいいと思います(10年とかでも)。20年後同じ保険内容のままではないと思いますので20年後の支払部分は考えなくていいと思います。内容が良くわかりませんが、20年後で支払が終わる時に、医療特約の保険料を一括して払うタイプかもしれませんね。それとも定期付終身ではなくて、単体終身だったりして。
どちらにしても、見直しが出来るもので、悪い設計ではないと思いますよ。

その外務員と話をするのが嫌でしたら、その保険会社の窓口で、説明をしてもらうのはどうでしょうか?最近はどこの会社も「生き馬の目を~」の商売をしていますので、お客さんが他社と比べて明らかに気に入ってくれる設計を、(外務員が)一生懸命考えて提案している商品ばかりだと思います。

参考になりますでしょうか?

といっても、私は、一時払い養老保険しか加入した事ありませんけど。子供もいないので。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

どうも有り難うございます。補足を足しましたので、もし時間があればそちらものぞいてみて下さいませ・・・。m(_ _)m

お礼日時:2001/12/26 00:33

hi-mama22さん、はじめまして。



その保険の内容を理解せずに契約したと言うことでしょうか?
もしそうでしたら、それは無謀としか思えません。
だって、保険はどこも同じではないですし、月15,000円を仮に20年間支払い続けたら、
360万円の買い物です。ましてや一生払い込むとしたら・・・

って、今更言ってもしょうがないですね。

で、この業界にGNP(義理、人情、プレゼント)は不要です。割り切って考えましょう。
GNP、解約に関しては私が過去に回答&質問をしている以下をご参照下さい。

1.「我が家の保険これでいいんでしょうか?」
   http://oshiete1.goo.ne.jp/kotaeru.php3?qid=116011

2.「有能な専門家の方々、保険のおばちゃん達、「勇気ある」反論下さい!」
   http://oshiete1.goo.ne.jp/kotaeru.php3?q=118708


次に、ご指摘の保険が、もし第一生命の堂々人生であれば、以下注意して下さい。
大同生命でしたら、無視して下さい。

■この商品は「定期付終身保険」ではありません。
■第一生命は逆ザヤ解消のため、従来の定期付終身保険の発売を中止しています。
#1のk-chanさんが言われている、「会社の質」ではなくて「営業員の質」はごもっともです
が、営業員の質は会社の責任、体質とも言えます。
■第一生命の質の悪い一部の営業所に対して、金融庁は平成12年8月11日に改善の命令を
 出しています。
■堂々人生は単なる定期保険です。
■日本生命の社内資料にも、「堂々人生」は10年ごとに更新する定期保険であるとの指摘が
 ありました。
■同じ保障を他と比較すると、他社の定期付終身保険のほうが安心できます。

以上、上記2のURLで私が紹介している、「はいってはいけない、得する生保、損する生保」
からの抜粋です。


>解約してしまっては損でしょうか?
決して損ではないと私は思いますよ。
ただし、hi-mama22さんご一家が保険に何を求めるのかを十分ご検討することをお勧めします。

>何かいい保険(掛け捨てでないもの)があれば教えて下さい。
最近同様の質問があり、私も回答したのですが以下をご参照下さい。

http://oshiete1.goo.ne.jp/kotaeru.php3?q=186390

生命保険は非常に高額な買い物です。時間をかけて十分ご検討して下さい。


最後にk-chanさん。本カテゴリには「直ぐに回答してほしい」と質問して、未だに
解決に至っていない質問が結構あります。よろしかったらそちらの方にもどうかご回答
いただけますよう宜しくお願いいたしますね♪
・・・hi-mama22さん申し訳ありません

この回答への補足

k-chanさん、igmpさんありがとうございます。参考のページみました。なんか保険って本当に種類がいっぱいあって、難しいですね・・・。私の場合、まだ子供が3ヶ月です。あまり外へでられないので、ネットで県民共済の資料を請求してみました。主人と相談したのですが、だ○○ち生命は話を聞いてから終身だけにしようかと思っています。解約も考えています。それといざというときの入院保険を県民共済、JA共済等々の掛け捨てタイプで安いのを入れようかなと今考えています。
あと私(妻)のは、昔からかけていた保険で掛け金が安くなっているのでもう一度内容をちゃんと聞いてから続けるつもりでいます。
本当に勉強になります。
無謀ですよね・・・はい。でも見直すとしても、今の主人の保険は今すぐにでも解約しない方がいいですよね・・・。納得したものが見つかってから解約した方がいいですよね。何せ月15000円ですから・・・もったいなくて。

補足日時:2001/12/24 13:40
    • good
    • 0

「補足」を頂きましたので、さっそくですが…、(⌒・⌒)ゞ



もし、hi-mama22 さんが時間があるようでしたら、過去の質問も参照された方がよろしいかと思います、
このページの↑の部分「生命保険」をクリックすれば、このカテゴリの過去の質問&回答が見れます。

ここから先は、σ(o^_^o) 私の個人的見解ですが、
hi-mama22さんの「補足」を読んで…
「あらまぁ~、お若いのにずいぶんと保険に入ってるんだなぁ…、w(゜o゜)w」これが正直な気持ちです。

私が、初対面のお客様と保険の話をするときに必ず言っていることですが、「保険は貯蓄ではありません、保障です」
損だとか得だとかを考える前に、今の自分にどれだけの保障が必要かを考える方が先決だと思います。

では、どのように考えるかですが…、人生には2つの「大きな危険」があります、
「早死にの危険」と「長生きの危険」です。
そもそも生命保険とは、この2つの危険の「経済的な損失の補填」を補うために出来たものです。
世帯主の早すぎる「死」→ 残された家族の生活が成り立ちません、
また、長生きしてしまった(?)場合、周りの家族はもちろん本人が困ります。
前者に適しているのが「大型保障」(例えば、定期付き終身保険など)
後者に適しているのが「年金型保険」(個人年金保険など)ではないでしょうか。

これとは別に、最近は「第三分野」と言って、入院(疾病)を対象にした保険も多くなりました、
これは、かなり昔なら死んでいたような病気でも、高度医療の成長のおかげで、
死なずに済む代わりに、高額になる医療費を補填してくれる保険ですね…、その代表格が「ガン保険」です。

これでは何のアドバイスにもならないのですが、
今のhi-mama22さんに、
>終身保険に定期保険特約、年金払い定期保険特約、障害、疾病とついています。
はたしてこれだけ保険料をつぎ込む必要があるかどうかです、
誤解しないで頂きたいのですが、そりゃ保障は少ないより大いに越したことはありません、
むしろ多い方が安心だと思います。しかし、適度なバランスも必要ではないでしょうか?
ましてやお子さまが生まれたばかりのようですので、何かと物入りだと思います。

もう一度「今の自分(家族)に必要な保障(額)」を、ゆっくり見直してみませんか?

σ( ^ー゜) 私はこのように思うのですが、
「一家の大黒柱」には大きな保障を、
主婦が万が一の病気(入院)には、安心して静養できるだけの「費用」を、

くどいようですが「保険は貯蓄とは違います」
「損・得」を考える前に、保険の必要性から考えて下さい…。
    • good
    • 0

質問のマトがよくわからないのですが…、個々に回答(アドバイス)させていただきます…。



>そんな会社にもう関わりたくありませんが…

これは「会社の質」ではなくて「営業員の質」ですね、
保険外務員は、ある種「個人営業」的な部分がありますので、
会社を責めるより、営業員を責めるべきでしょう、
「約束したのに来ない」この事実を、保険会社(出来れば本社)に訴えるのも方法です。

>20年後くらいには保険料がどうやら4万くらいになるらしく、よくわかりません。

定期付き終身保険は「終身部分」と「定期部分」を別の保険と考えて下さい、
おそらく「定期部分」が、20年満期と言うことですね、
今と同条件で継続した場合、年齢が上がっている分、保険料も上がります(上がる予定です)と言うことです。
同条件にするか、保険金額を変更するか、あるいはもう「定期部分」は必要ないか…、
その時になって考えましょう!という作りになっています(これも定期付き終身の特徴です)。

>何かいい保険(掛け捨てでないもの)があれば教えて下さい。ちなみに主人は36歳。子供のは毎月貯金することにしています。

正直言って、この部分が一番わかりづらかったのですが…、(;-_-;)
誰が保険に入るのか?(被保険者は誰か?)
この部分がわからないと、なんともアドバイスのしようもありませんので…、「自信なし」にしました。

この回答への補足

ごめんなさい・・・。初めて質問しました・・・。わかりにくかったですね。現在の保険は、10年後に毎月26000円、そのまた8年後に47000円です。で、終身保険に定期保険特約、年金払い定期保険特約、障害、疾病とついています。k-chanさんのおっしゃるとおり営業員になめられているような気がします。
ご質問したかったのは、主人の生保で、被保険者は妻である私です。入院も保証して、貯蓄も兼ね備えていて、損しないような終身保険がいいと思っています。ちなみに私は前から入っている積立型のような医療終身保険に入っています。(ニ○○イ)
主人はほかにも個人年金保険も入っています。(月6000円)何かいいアドバイス、お待ちしています。m(_ _)m

補足日時:2001/12/23 17:54
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q30代の保険で三大疾病特約は必要ですか?

主人の保険を新しく入り直そうと思っています。
解約→新契約で、余計なものを取り除き新商品に入り直します。
今まで(20代で契約)の時は三大疾病を付けていたのですが、
ここにきて本当に必要か悩んでいます。

なぜなら、他のガン保険に三大疾病(65歳まで300万、65歳以降半額)に加入しているからです。

それと三大疾病って、あまり若い人はかからない気がするのですが・・
今日のニュースで円楽さんが心筋梗塞?だそうなんですが、彼は80歳代でしょうし・・・

ただ、50歳代で、今の保険は更新になるのですが、その時に三大疾病を付けたら、すごく高くなるのでしょうか?
(若い時に三大疾病を付加していると、更新時に多少は金額的に楽なんでしょうか?

Aベストアンサー

なんの為に保険に加入するかを考えるといいかと思います。
生命保険は、万一のときに残されたご家族に経済的負担をかけないことが目的です。
死亡したときは、今回の話ではないので別として、
三大成人病になったときのことを考えてみてください。
まず、入院しますよね。
ガン保険についている三大疾病のついているガン保険に加入なさっているようですが、保険にもよりますが、多少の一時金は給付されますので、当座の費用は大丈夫でしょうし、入院給付金や高額療養費制度などによって入院に関してはまかなえるのではないでしょうか?
もし、終身なら必ず受取れるのでいいのですが、定期保険をご検討なら、あえて三大疾病による保険金は必要ないのでは?
また、脳梗塞などで寝たきり状態になったときや、半身不随になったときなどは、生命保険本体から保険金支払がされたり、保険料支払免除となるのである程度リスクは担保できるのではないでしょうか?

Q【生命保険】自殺対応の生命保険を教えてください。 自殺しても生命保険の保険金が支払われる保険ってま

【生命保険】自殺対応の生命保険を教えてください。

自殺しても生命保険の保険金が支払われる保険ってまだ存在してますか?

もうどこの生命保険会社も自殺した場合は保険金が支払われない特約付きになってますか?

生命保険開始日より1年以下での自殺は保険金が支払われないが加入から1年以上経ってからは自殺でも保険金が支払われる自殺対応の生命保険を教えてください。

Aベストアンサー

ほとんどの保険会社が、免責期間を3年、、と決めています。

自殺する場合は、3年は踏みとどまりましょう。

それ以前に死ぬと無駄死になります。

ただ、病気とかで、生きていくのが嫌になったりした場合の自殺は

3年以内でも、支払われる「場合」もありますが、、、。

Q三大疾病による保険料払込免除特約は必要でしょうか?

こんにちは。
私は29才女性、終身の医療保険加入を検討中です。
色々考えてDr.ジャパンに入ろうかと思っているのですが、
「三大疾病による保険料払込免除の特約」を付けるかどうかで迷っています。

もともと特約は無しで良いかなあと思っていたのですが、
代理店の方に「これは付けた方が良いですよ」と勧められ迷い始めました。
代理店の方いわく「うちで申し込む9割以上の方が付けてます」との事。

もちろん人が付けているから付けるという訳ではないのですが、
やっぱり付けておいた方が安心かなあと思ったり、
特約保険料(350円程)もかかるしわざわざ付ける必要ないかな
と思ったりで揺れています。

主人の医療保険なら間違いなく付けたと思うのですが、
妻の方にも付けた方が良いのか・・・本当に悩みます。

みなさん、どうお考えですか?
アドバイスをお願い致します。

Aベストアンサー

保険は「もしそうなったら・・」の為に加入しますよね。yuzu55さんが三大疾病になったら、とイメージして下さい。その時に保険料払込免除の特約は必要ですか?

付けるメリットとしては、当たり前ですが月々の支払いをしなくても入院すればお金が貰えることです。三大疾病になったら他の保険に加入することは(殆ど)無理でしょうから、その保険をずっと続けていくようになります。長生きをすればいずれその保険は時代遅れ?になってしまうかも。それでも続けていかなくてはならないとしたら?
ただ終身の医療保険の保険料自体はそれほど高額ではなかったと思いますので、免除にならなくても支払いが継続出来るから関係ない、といった考えもできますが。

350円位なら付けておいた方が良いかも。30歳の女性で今後20年以内に三大疾病になる確率は8.5人に一人です。また患者さんは全年齢合計430万人以上います。(H14年厚生省の患者調査)
自分には必要ないと思うならもちろん付けることはありません。

Q生命保険 掛け捨て?積み立て?

こんばんは。
生命保険に入ろうと思うのですが掛け捨てか積み立てどちらにしようか迷っています。
初めは掛け捨ては勿体無いから積み立てにしようと思っていたのですが、
いざ郵便で話を聞くと20年満期で300万の保険を一括で払うと280万程の支払いで済むそうです。
しかし、その300万を銀行の10年2.2%の定期に入れると税金を引いても20年で100万円程度の利子が付きます。(10年後も今と同じ利率だった場合ですが。)

それなら300万を定期に入れて利子分で掛け捨ての保険に入った方が良いと思うのですが、保険は積み立ての方が良い理由とかあるのでしょうか?
郵便と同じ保障を掛け捨てで掛けた場合の保険料はまだ計算していないのですが保険料次第では掛け捨てにしようと思っています。
郵便のは途中で保障内容を変更する事が出来ないので、もし結婚を期に保障を厚くしようと思っても出来ない不便さとかもあるので。

月額2~3000円程度の掛け捨て保険の保障内容を知りたいのですが、
生命保険の場合は車の保険みたいにweb上で登録不要で保障内容を入力したら大雑把な保険料を知る事の出来るサイトは無いのでしょうか?

自分は26歳男で未婚です。
自分の考えでは未婚で借金無し、葬式代程度の貯金があれば死亡保険金は不要と思っているのですが実際の所どうなのでしょうか?

何かめちゃめちゃな質問になってしまいましたが宜しくお願い致します。

こんばんは。
生命保険に入ろうと思うのですが掛け捨てか積み立てどちらにしようか迷っています。
初めは掛け捨ては勿体無いから積み立てにしようと思っていたのですが、
いざ郵便で話を聞くと20年満期で300万の保険を一括で払うと280万程の支払いで済むそうです。
しかし、その300万を銀行の10年2.2%の定期に入れると税金を引いても20年で100万円程度の利子が付きます。(10年後も今と同じ利率だった場合ですが。)

それなら300万を定期に入れて利子分で掛け捨ての保険に入った方が良いと思うのですが、保...続きを読む

Aベストアンサー

26歳、未婚……
年収や貯蓄、職業、家庭環境などがわからないので、何とも言えないのですが……

一般的に、医療保険・がん保険は契約した方が良いと言われています。
医療保険には、色々な考え方がありますが、26歳という年齢を考えると、これからも見直しをする機会があると思います。
(1)当面は、共済などのコストパフォーマンスの良い保障でカバーする。
(2)見直しを考えて、解約払戻金のある終身医療保険に契約する。
(3)生涯続けることも考えて、掛け捨ての終身医療保険に契約する。
という3つの選択肢があります。
(2)と(3)を選んだ場合には、もう一つの選択をしなければなりません。
それは、気休めかリスクをカバーするか……ということです。
医療費を貯蓄でカバーすることをメインとして、医療保険は気休め程度で良いという考え方ならば、一回の入院限度日数60日型、入院給付金日額5000円で十分でしょう。
なにしろ、気休めなので。
一方、率は低いとは言っても長期入院のリスクをカバーしたいとお考えならば、一回の入院限度日数は120日、180日以上を選択するべきです。入院給付金日額も高額の方が良いに決まっています。
問題は、保障を厚くするとコスト(保険料)もアップするので、どこでバランスを取るかと言うことです。
どちらが正しいという問題ではなく、どちらがご自分の考えに近いかと言うことです。
つまり、考え方によって、選ぶ保険も変わってくるのです。

●現時点で、死亡保障は必要ないけれど、障害を負ったときのカバーをしておきたいとお考えならば、終身の介護保険という選択肢もあります。
また、死亡保険に付随する高度障害+傷害特約(ケガによる障害の保障)という選択肢もあります。

●貯蓄性についても、どうように考えます。
例えば、現時点で300万円の現金があるとして、その300万円を同じ物に使うという必要はありません。
まずは、使い道を考えることです。
10年間塩漬けにして忘れる……というのならば、10年定期預金という方法もありますが、終身保険の10年払いに使うという方法もあります。
いや、全額を塩漬けでは困る……ならば、200万円を塩漬けにして、100万円を一年定期にするという方法もあります。

商品を先に考えてしまうと、迷い道から抜け出せません。
目的や使い道を先に考えることです。
そうすれば、どのような商品を選ぶのが良いのか、自然に見えてきます。

ご参考になれば、幸いです。

26歳、未婚……
年収や貯蓄、職業、家庭環境などがわからないので、何とも言えないのですが……

一般的に、医療保険・がん保険は契約した方が良いと言われています。
医療保険には、色々な考え方がありますが、26歳という年齢を考えると、これからも見直しをする機会があると思います。
(1)当面は、共済などのコストパフォーマンスの良い保障でカバーする。
(2)見直しを考えて、解約払戻金のある終身医療保険に契約する。
(3)生涯続けることも考えて、掛け捨ての終身医療保険に契約する。
とい...続きを読む

Q医療保険・がん特約・三大疾病特約について

医療保険・がん特約・三大疾病特約について

キュア、新エバー、健康のお守り、アリコで検討しています。自営のため傷病手当が出ないので、入院日額は1万円で考えてます。それぞれのメリット/デメリットを比較しているのですが、アドバイスお願いします。

キュア…七大成人病になれば120日まで保障/三大疾病一時金の特約は入院しない限り保険が下りない

エバー…手術範囲の拡大/長期入院特約は61日~120日の日額5000円の選択しかない・三大疾病特約は一時金ではなく日額5000円アップ

健康のお守り…三大疾病払込免除特約がある・ガンの場合日額2倍プランがある・七大成人病60日延長特約を付加すればキュアと同じ感じ・三大疾病一時金特約はキュアより安い(入院が必要かどうかが把握できていないので、どなたか教えてください。)/保険料が高い

アリコ…生活習慣病特約で一時金50万・ガン特約は初回のみ入院が無くとも保障される・先進医療特約の内容が充実している・保険料も割安/三大疾病特約がない

特に比較したいデメリットは三大疾病保障・ガン給付金についてです。アリコに三大疾病特約があればとても魅力的なのですが…。キュアの三大疾病一時金は入院が必要とのことですが、ガンの場合いきなり入院しない事もありますよね?入院しないという事は保障がない。でも入院が必要ない時点で医療費もそんなにかからないのでしょうか?高額医療の制度もありますし…

医療保険の特約ではなく、単独でガン保険や三大疾病保険(あるのかな?)に加入するべきですか?医療保険の日額を1万で考えているから単独で入るとムダが出る気がして。ガン保険も高いですし…

御意見宜しくお願いします

医療保険・がん特約・三大疾病特約について

キュア、新エバー、健康のお守り、アリコで検討しています。自営のため傷病手当が出ないので、入院日額は1万円で考えてます。それぞれのメリット/デメリットを比較しているのですが、アドバイスお願いします。

キュア…七大成人病になれば120日まで保障/三大疾病一時金の特約は入院しない限り保険が下りない

エバー…手術範囲の拡大/長期入院特約は61日~120日の日額5000円の選択しかない・三大疾病特約は一時金ではなく日額5000円アップ

健康のお守り…三大疾...続きを読む

Aベストアンサー

生命保険専門のFPです。

順番に行きましょう。
(1)CUREの七大疾病で、平均入院日数が60日を超えているのは、
脳卒中と慢性腎不全です。がんは入退院を繰り返す場合があるので、
平均は短いですが、全体として長くなる可能性があります。
七大疾病以外で長くなるのは、高齢になってからのインフルエンザや
慢性閉塞性肺疾患などの重篤な呼吸器疾患、それに骨盤や大腿骨などの
大きな骨折があります。
つまり、長期入院に備えるならば、七大疾病だけでは不十分です。
http://www.mhlw.go.jp/toukei/saikin/hw/kanja/08/dl/03.pdf


(2)新EVERの長期入院は、入院給付金日額と同額を付加できます。
つまり、基本が1万円ならば、長期入院特約も1万円まで付加できます。

(3)健康のお守りの三大疾病一時金は、入院が条件となります。
三大疾病払込免除特約は、終身払いでこそ威力を発揮します。
60歳払済ならば、保険料を払いこんでしまったら、この特約は
有名無実になります。
当然ですが、終身払いの方がこの特約の保険料は高いです。

(4)三大疾病とは……
がん・脳卒中・急性心筋梗塞です。
急性心筋梗塞は、虚血性心疾患の半分です。残りの半分は、狭心症です。
症状も手術の内容も似ていますが、狭心症は心筋壊死がないので、
死にません。
急性心筋梗塞の平均の入院日数は、65歳以上でも31日です。
治療費は高いですが、高額療養費制度の適用になるので、自己負担は
少なくて済みます。

脳卒中は、脳血管疾患の65歳以上の平均入院日数が118日なので、
長期入院となる典型的な疾患です。
入院中よりも、退院後の介護の方にお金がかかります。

がんは、総合的な治療をする典型的な疾患です。
入院もあれば、外来もあり、一概には言えないので、総合的な保障が
必要です。
抗がん剤が一般の方は想像ができないぐらい高いので、外来の自己負担が
一回数万円になるので、最初は何かの間違いと思う人が多いそうです。
http://www.ncc.go.jp/jp/ncch/division/pharmacy/pdf/HCN.pdf
がんに備えるならば、がん保険です。

(5)まとめれば……
急性心筋梗塞は、普通の医療保険で対応可能。
脳卒中は、1回の入院限度日数が少なくとも120日以上が必要。
むしろ、障害が残ったときの介護を考えて、介護保険が必要。
がんは、がん保険でなければ、十分に対応できない。
つまり、三大疾病保険(単独もあります)は、補助的な意味合いの
強い保険です。

(6)自営業ならば、「所得補償保険」を検討することをお勧めします。
良く似た名称に「収入保障保険」がありますが、似ているのは名前だけで
内容はまったく違います。

まずは、死亡保障。
次に、医療保険、所得補償保険を上手に組み合わせてください。
できれば、がん保険も組み込んでください。
余裕があるのならば、介護保険。
さらに余裕があるのならば、三大疾病保険。

ご参考になれば、幸いです。

生命保険専門のFPです。

順番に行きましょう。
(1)CUREの七大疾病で、平均入院日数が60日を超えているのは、
脳卒中と慢性腎不全です。がんは入退院を繰り返す場合があるので、
平均は短いですが、全体として長くなる可能性があります。
七大疾病以外で長くなるのは、高齢になってからのインフルエンザや
慢性閉塞性肺疾患などの重篤な呼吸器疾患、それに骨盤や大腿骨などの
大きな骨折があります。
つまり、長期入院に備えるならば、七大疾病だけでは不十分です。
http://www.mhlw.go.jp/toukei/saik...続きを読む

Q掛け捨てで、旦那の生命保険をかけようと思っているのですが、なかなか決め

掛け捨てで、旦那の生命保険をかけようと思っているのですが、なかなか決められず、困っているのですがどなたか、いい保険を知ってる方いましたら、教えてください。

Aベストアンサー

「いい保険」とは、どんな保険ですか?

例えば、夫様が亡くなったとき、3000万円の保険金がなければ、
遺族の方が暮らしていけないとします。
保険料が5千円で、保険金1000万円の保険と
保険料が2万円で、保険金3000万円の保険と、
どちらが良い保険ですか?
保険料が安いのは、前者ですが、もしも万一があったとき、
2000万円足りません。
この2000万円は、どうやって工面するのですか?
車を手放して、地上デジタル対応のテレビを買うお金もないので、
テレビも諦めますか?

つまり、どんなに良い保険であっても、保障額が不足している保険は、
結局は役に立たない保険であり、
どんなに評判が悪い保険でも、いざというとき、十分な保障が確保
されていれば、それは役に立つ保険なのです。

つまり、本当に良い保険とは、必要な保障がある保険なのです。
となれば、まずは、必要な保障額はいくらか、ということが重要なのです。
これには、いくつか計算方法がありますが、基本的な方法は、
キャッシュフロー表という表を作成して、シミュレーションをすることです。

キャッシュフロー表とは……
http://business.nikkeibp.co.jp/article/money/20070823/132999/
という表です。
シミュレーションとは、夫様に万一があったときのことを考えて……
夫様の収入を遺族年金にする。
死亡退職金、葬儀代を計算に入れる。
住宅ローンがあればゼロにする。
生活費から夫様の分を引く。
などの操作をすることです。
このシミュレーションをして、出てきたマイナスが必要な保障金額です。
それを保障する方法の一つが、生命保険(死亡保険)です。

ご自分でこのような表を作成して、シミュレーションをするのが面倒ならば、
保険の担当者にさせれば良いです。
ですが、保険の担当者の中にも、キャッシュフロー表を作成する能力のない
担当者も多くいます。
そのような担当者は、無視すれば良い。
作成できて、きちんと説明できる担当者と話を進めるのが良いでしょう。

「保険選びとは、担当者選び」と言われるのは、このためです。

「いい保険」とは、どんな保険ですか?

例えば、夫様が亡くなったとき、3000万円の保険金がなければ、
遺族の方が暮らしていけないとします。
保険料が5千円で、保険金1000万円の保険と
保険料が2万円で、保険金3000万円の保険と、
どちらが良い保険ですか?
保険料が安いのは、前者ですが、もしも万一があったとき、
2000万円足りません。
この2000万円は、どうやって工面するのですか?
車を手放して、地上デジタル対応のテレビを買うお金もないので、
テレビも諦めますか?

つまり、ど...続きを読む

Q低解約返戻金特則付 特定疾病保障終身保険(無配当) 三大疾病に備える。

という保険をジブラルタ生命から勧められています。入ろうかなと思った矢先、同僚から「三大疾病にかかったときのための保険は、入らない方がよい。」と言われました。確かにタイトルの保険は、三大疾病のための保険なんです。皆さん、どう思われますか。     
http://www.gib-life.co.jp/st/lineup/product/tokutei_shippei_hoken/tokutei_shippei_hoken.pdf
がこの保険の説明書です。

Aベストアンサー

>同僚から「三大疾病にかかったときのための保険は、入らない方がよい。」と言われました。

 なぜ、そのような意見か 聞かれましたでしょうか?

 特定疾病(三大疾病)保険は がん以外の給付条件が厳しいといった特長があります。 また、健康診断を欠かさず、生活習慣をしっかり見直していけば 「がん保険」のみに絞る事で、保険料を抑える事が出来るかとも思われます。

 しかし、終身タイプの商品ですと保険料も変わらないことで、継続し易いですし、 重い脳卒中や急性心筋梗塞を患ってしまった場合は確かに有効かも知れません。 また、死亡でも同額保障されて 「解約返戻金」も貯まりますので、掛け捨てが嫌な方は選ばれたり致します。

(個人的には入院日額給付タイプの 医療保険よりは有効かと思います)

 良い商品か悪い商品か と言うことではなくて、ご自身の 希望に合っているかどうかだと思います。


ただ、パンフを見ると 低解約返戻金型にしては それ程保険料が安いわけではないようですね。
 
保障額 100万円から契約出来る会社もありますし、普通の終身タイプでも、もう少し割安な商品もあると思いますので、比較検討されてみてはいかがでしょうか。
   

>同僚から「三大疾病にかかったときのための保険は、入らない方がよい。」と言われました。

 なぜ、そのような意見か 聞かれましたでしょうか?

 特定疾病(三大疾病)保険は がん以外の給付条件が厳しいといった特長があります。 また、健康診断を欠かさず、生活習慣をしっかり見直していけば 「がん保険」のみに絞る事で、保険料を抑える事が出来るかとも思われます。

 しかし、終身タイプの商品ですと保険料も変わらないことで、継続し易いですし、 重い脳卒中や急性心筋梗塞を患ってしまっ...続きを読む

Q掛け捨てじゃない生命保険を探しています

30歳の子供なし夫婦です。
掛け捨てじゃない生命保険を探しています。
いまのところ、東京海上日動あんしん生命の長割り終身、同社の長割り定期、アフラックの終身が候補です。一人1000万円を想定しています。
この3つではどれがおすすめでしょうか?
また、終身の場合は会社の継続信頼性と、将来の貨幣価値が懸念事項かと考えていますが、他に考慮すべき事項はありますか?
ちなみに将来的には子供は2人までできたらいいなと考えています。資金面の問題はありません。
唐突な質問ですが、アドバイスありましたらよろしくお願いします。

Aベストアンサー

結論から言えば、とりあえず掛け捨ての生命保険に加入しては如何でしょうか?

保険料算定の基となる「三利源」とは、
(1)予定事業費率・・・費差益  セールスレディーを置かないネット販売等が有利
(2)予定死亡率・・・・死差益  どこの生保もそんなには変わらないはず
(3)予定利率・・・・・利差益  低金利の現在 1.5%位

(1)は、経営の効率化にも限度があり
(2)は、大数の法則に基づいており各社大きくは変わらない。
(3)は、契約者から集めた保険料を運用した後の利益で、景気に左右される。

保険料は契約時のものが保険事故(満期・死亡等)発生まで同じなので、
予定利率の高い時に加入すれば安く保険料を抑えることができる。

30歳の夫婦で80歳まで生きたとして、あと50年。
保険の最大の弱点はインフレに弱いこと。
50年後の1000万円の価値は?

保険は万一の備え。無保険の状態では不安でしょう。
とりあえず、掛け捨ての生命保険に加入し、予定利率が良くなってから考えてみたら?

問題点は、契約時点での年齢で保険料が決まること。病気にかかり加入できない事もあること。

結論から言えば、とりあえず掛け捨ての生命保険に加入しては如何でしょうか?

保険料算定の基となる「三利源」とは、
(1)予定事業費率・・・費差益  セールスレディーを置かないネット販売等が有利
(2)予定死亡率・・・・死差益  どこの生保もそんなには変わらないはず
(3)予定利率・・・・・利差益  低金利の現在 1.5%位

(1)は、経営の効率化にも限度があり
(2)は、大数の法則に基づいており各社大きくは変わらない。
(3)は、契約者から集めた保険料を運用した後の利益で、景気に左右される。

保険...続きを読む

Q三大疾病特約とガン特約は必要ですか?

保険の見直しを行っています。
そこで、三大疾病特約を付けるか?
また、三大疾病特約をやめてガン特約のみにするか?
はたまた、特約は付けないか迷っています。
現状、脳卒中やガンになる可能性は有ると感じるので付加するつもりではいますが、
ノーマルな自己負担分のみ保証されれば良いと考えています。

三大疾病特約:ガン・急性心筋梗塞・脳卒中で所定の状態になられた場合に一括して診断給付金100万円
をお支払します。
ガン特約:診断されたとき100万円、入院10,000円、高度先進医療6~140万円、手術20万円

Aベストアンサー

一度、保険のパンフレット・約款などをしっかり確認してみてください。
脳卒中や心筋梗塞の欄に、「60日間以上症状が続いたと医師の診断があった場合」などと書かれている様でしたら、その保険に入る意味はあまり無いと思います。
(現在のほとんどの日本の保険会社の3大疾病特約にはどこかに小さく書いてあります)
脳卒中や心筋梗塞で60日間も入院することはほとんどありませんので。

ガンの場合は個室に入りたいとおっしゃる方が多かったり、入院後の通院で高価な抗がん剤を投薬受けたりすることが多いですので、ガンになられたら一泊あたり2万円程度は出るようにされることをお勧めします。

Q掛け捨ての生命保険で2000万円程度の保障は無理?

子供が生まれたため、まじめて生命保険に入ろうとしています。
あまりお金をかけたくないので掛け捨てを考えていますが、共済のパンフレットを見ると、病気で死亡の場合は400万円の保証しか受けられません。
あとに残った妻や子供のことを考えると、最低でも2000万円程度は残したいと思いますが、そうすると5口も入らなければならないため、高額になってしまいます。
どのようなプランを考えたら良いのかアドバイスをお願いします

家族構成は以下のとおりです
夫:42歳 年収500万(税込み)
妻:37歳 年収250万(税込み)
子供はいまのところ一人ですが、もうひとり作る予定です

なお、積み立て式や終身保険は考えていません
(今入った保険会社が、30年先に存続しているかどうか、信用する気になれないため)

Aベストアンサー

#1の補足です。
死亡保障以外の、医療保険はどうでしょうか。

病気400万というところから県民共済であろうと想定します。
実際5口入れるのか、ホームページからはわかりませんでしたが、
県によって違うようですが、生命4+入院4=8,000円(4口)というところはありました。
これには死亡保障と医療保障が含まれます。

生命4+入院4だと、
死亡:交通事故死亡3,000万円or病気死亡1,500万円
入院:交通事故2万円~病気1.7万円
で、8,000円です。
しかも共済は営利ではないため剰余金が年1回割り戻し(キャッシュバック)されます。
だいたい30%ぐらいです。なので実質的な負担額は70%の5,600円程度ということになります。

これに500万円分の死亡保障をオリックスで追加するとすると、10年契約で1,770円/月です。
5,600+1,770=7,370円で、死亡 交通事故3,500万or病気2,000万円 + 交通事故入院2万円or病気入院1.7万円 になります。
(但し共済は60歳を超えると保障が薄くなるのでご注意ください)

#1の補足です。
死亡保障以外の、医療保険はどうでしょうか。

病気400万というところから県民共済であろうと想定します。
実際5口入れるのか、ホームページからはわかりませんでしたが、
県によって違うようですが、生命4+入院4=8,000円(4口)というところはありました。
これには死亡保障と医療保障が含まれます。

生命4+入院4だと、
死亡:交通事故死亡3,000万円or病気死亡1,500万円
入院:交通事故2万円~病気1.7万円
で、8,000円です。
しかも共済は営利ではないため剰余金が年1回割り戻し(キャ...続きを読む


人気Q&Aランキング