今から10年ほど前(現在20代後半)通っている皮膚科で
「体全体に、かび(の一種)が生えている」と言われた事があるのです。
その時、暗い部屋に入って、青いライトで上半身を照らすと
人差し指の先位の白い影(これがカビらしい)が
あちこち浮かび上がっていました。(下半身にはない)
肉眼では、殆どわからないのですが、良く見るとそこの部分の皮膚は
かさかさしていて、ちょっとこすれば薄い皮が剥ける感じでした。
1ヶ月ほど週1回位通ったのですが、遠いのと、待ち時間がすごく長いので
治療が完了しない内に、行かなくなってしまいました。
その時の治療は、4~5分くらい何かの光を浴びて、自宅では薬を塗るという物
でしたが、薬もべたべた感が嫌で、通わなくなってから薬もつけなくなりました。

その後(4.5年後)別の皮膚科に相談したのですが
その時は、光をあてるような事はせず、チラッと見ただけで
(カビとかとも、言われなかったし)
ステロイドの弱い軟膏をもらっただけでした。
しかし、これも途中で塗るのを止めてしまいました。(数回塗っただけ)

結局、完治してないと思うのですが、見た目にはなんともないということ、
特に、痒いとかの症状もないのですが
放っておいて良いものなのでしょうか?

A 回答 (4件)

まず最初に受けた暗室での検査は『WOOD灯試験』というものであると思います(紫外線を当てると蛍光発色する。

他の皮膚病でも使われることがあります。正直いって珍しいと思います。)
それで真菌性皮膚炎と診断されたんですね。

次の皮膚科医は診立てで、湿疹と…

痒みなどの症状がないからほっておいていいかということですが、誰も首に縄つけて病院に連れて行くことはできませんよ(笑)。
現状がどうかもわからないのでなんともいいようがありません。真菌自体は皮膚に常在(つまり自然にいてもおかしくない)ので、急激な変化がなければ病的な意義は少ないですが、『でん(殿)風』という難治性全身性真菌症もありますので…やはり皮膚科専門医がOKを出すまでは治療を少なくとも再検査を受けた方がいいと思いますよ。

皮膚科は専門外なので一般人として。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

回答ありがとうございます。
前に受けた検査の名前とかがわかって、良かったです。
ところで、『WOOD灯試験』が珍しいのはなぜでしょう?
その皮膚科は凄く評判が良くて、
よくされていたと記憶があります。(10年前の話しだけど)

現状は、私自身よくわからず(あるような、ないような)
そんな状態で皮膚科に行っても良いものでしょうか。
今は、引越して全く知らない土地にいますので
良い医者を口コミで調べようと思います。
近々、子供を作ろうと思っているので影響が心配になります。

お礼日時:2001/12/24 10:40

単純に暗室設備と検査設備の準備が手間なのと、代替の検査法があるため、最近では省かれている施設が多いというだけです。

基本的な検査で信頼性があり、検査意義も重要であることはかわりがありません。おそらく年配の熟練した皮膚科医と思いますし、それなら納得ですね。
    • good
    • 1

以下の参考URLサイトは参考になりますでしょうか?


「皮膚疾患の分類」
このページで「皮膚真菌症」をクリックすると画像表示されますので参考にして下さい。

ご参考まで。

参考URL:http://www.mirai.ne.jp/~seisinc5/fmokuji.htm
    • good
    • 4
この回答へのお礼

回答ありがとうございます。
かなりリアルな画像で、ちょっとびっくりしましたが
非常に参考になりました。
とりあえず、写真と自分のお腹を比べてみましたが
ちがうな~と思いました。

お礼日時:2001/12/24 10:42

誤字…



でん風の『殿』は本当は『やまいだれ』が必要です。でも・・・・だせない!
    • good
    • 2

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q唾が吐けないほどべたべたして困っています

唾が吐けないほどべたべたして困っています

唾がとてもべたべたして、洗面台とかにペッ、ってやっても口から離れないくらいべたべたで
普段からティッシュとかに出して処理しないといけないので、困っています

前から唾はべたべたしてましたが、最近ほどではないので気にしていませんでした

歯磨きはきちんと朝と夜に時間をかけてしています。

それから舌が白いです、舌全体に白い苔みたいのが広がっている感じです
気になるのでたまに舌用のブラシみたいので磨いたりはしていますが、直りません、これも唾に関係あるでしょうか。

どうすれば解決できるかなど、ご存じでしたら教えてもらえると嬉しいです

Aベストアンサー

水分をこまめに摂取していますか?

体の水分の減少や摂取不足で、同じ様な症状が見られますが、
貴方の場合はどうなんでしょうか?

口内皮膚炎か、もしかすると唾液の病気かも知れませんので、
もの凄く不安になるのでしたら、医師の診断を仰いだ方が良いと思います。

Qなんとも言えない気分の悪さ。

朝起きた時や、空腹時にオエっとなります。継続的に気持ち悪いのではなく、一瞬オエっとなりますが吐くほど気持ち悪くありません。食欲も普通にあります。これって何かの病気でしょうか。思い当たる方があったら、お知恵をお貸しください。

Aベストアンサー

胃酸過多でしょうか。
私も朝の歯磨きのときに、胃液を吐いてしまいます。せっかく歯を磨いたのに、酸っぱいし、不愉快です。

一般的な胃薬の効能に、「胃もたれ、胃酸過多に」とありますが、不思議だと思いませんか。

胃もたれは、胃酸が少ないため、前回の食事が消化しきれずに胃の中に残り、もたれてしまいます。
胃酸過多は胃酸が多く出すぎるため食道を逆流して吐き出してしまいます。
全く逆の症状ですよね。なのに両方に効くのはどうしてなんでしょうか。

話はそれましたが、気持ち悪くて胃液を吐いてしまうほどですか。それ自体は悪くはないのですが、食道は腸とは違い胃酸に対応できるつくりにはなっていないので、あまり胃酸に触れているとただれてきてしまう可能性があります。

専門家ではないので、だからどうしろというアドバイスができませんが、オエっとなるぐらいなら普通におきると思いますよ。

Q鼻が、かさかさです。

 こんにちわ。最近鼻が、かさかさになってきました。かさかさというか、皮がむける感じです。部分は鼻全体です。

 胃が弱っていると口の周りが、かさかさになると聞いたことがありますが、鼻の場合もどこか弱っている証拠なのでしょうか。もし、体のどこかの調子が悪い場合の症状でしたら、改善法など教えてください。よろしくお願いします。

Aベストアンサー

参考になるかどうかわかりませんが・・・

「ソンバーユ」という馬油が火傷にとてもよく効くそうです。
火傷で荒れた皮膚が早く治るそうです。
ということは、肌が生まれ変わるのが早いということで、鼻の皮剥けにも効くのでは?と思い、返事をかかせていただきました。

Q風邪で2週間が経っても心拍が100ほどあり2~3時間ほどしか眠れません

風邪で2週間が経っても心拍が100ほどあり2~3時間ほどしか眠れません・・・。普段の心拍はもっと下です。副鼻腔炎と扁桃腺とのどちんこの腫れ、咳が主な症状で耳鼻咽喉科に通院して2週間になります。鼻は吸引してもらってますが、呼吸ができるほどになったのですが、横になっても心拍数が100から下がらず眠るのが困難です。さらに薬を飲んだ直後の眠気で眠ろうとすると動機で2時間ほどで目が覚めるので不快で快眠できません。ここは心拍など気にせず薬をきっちり飲み切ったら心拍は下がるか教えてください。昨夜は胸部圧迫感などがありましたが今日は楽になって日に日によくなってはいます。出された処方箋はメチスタ、イサロン、ルリッド、セチリジン、キプレス、ホクナリンテープです。昼間は横になってたほうがいいのかわからず、心拍の不安が消えるような回答をお待ちしています。

Aベストアンサー

私の推測ですが。現在6種類の薬を飲んでからならば,私ならば独断で自分の体の管理をします。医者から出された薬が害なら医者よりも自己決定を重視します。

Q抗不安薬、睡眠薬(睡眠導入薬)の違いについて教えてください。

今、不安や抑うつ時にデパス、睡眠導入薬でアモバンとハルシオンを飲む時があるのですが、
薬品検索などで調べると、デパスなどの抗不安薬も睡眠導入薬として使われることがあるそうですが、
抗不安薬と睡眠導入薬の明確な違いは何なのでしょうか?

自分はアモバンやハルシオンなどで就寝すると、翌朝だるくなったり、眠気が強い時が多く、時にデパスだけで眠ると翌朝そのような感じはありません。何か違うのでしょうか?

マイナー、メジャートランキライザーもいまいちよく分かりません。
ベンゾジアゼピン系、チエノジアゼピン系など色々種類があるようですが、効き方や副作用の違いとか誰かの経験上でもよいので情報を教えてください。

Aベストアンサー

明確な違いはありません
基本的には同じくすりと考えてよいです。

この種のお薬は、眠らせる効果と、不安を和らげる効果を併せ持っています。しかし、薬によってどちらが強いかが異なっています。さらに、長時間作用するのか、短時間作用するのかの違いがあります。

眠くなる効果はそれほどでもなく、不安を和らげる作用が高い薬を抗不安薬、その逆を睡眠薬と呼んでいます。

とはいっても、同種の薬ですので、抗不安薬にもよわいながら眠くなる作用がありますので、軽い睡眠剤として使われます。また一般に不安/緊張が和らぐと眠くなるというのもあります。

いわゆる睡眠剤が持ち越してしまうのであれば、強い睡眠障害というよりは、ごく軽い睡眠障害、ないしは緊張/不安などの要素が強いのかもしれませんね。

抗不安作用だけでなく、かるい抗うつ作用などを持っている場合もあるため、精神科系のくすり(不安神経症、鬱病、パニック障害)として使われることもあります。そのものズバリの精神科的疾患の薬は、メジャー系と呼ばれます。

多くはベンゾジアゼピンの薬ですが、その他の種類の薬もありますが、その違いは一般の方はあまり知る必要はないと思います。大切なのは、最初に述べた違いです。

明確な違いはありません
基本的には同じくすりと考えてよいです。

この種のお薬は、眠らせる効果と、不安を和らげる効果を併せ持っています。しかし、薬によってどちらが強いかが異なっています。さらに、長時間作用するのか、短時間作用するのかの違いがあります。

眠くなる効果はそれほどでもなく、不安を和らげる作用が高い薬を抗不安薬、その逆を睡眠薬と呼んでいます。

とはいっても、同種の薬ですので、抗不安薬にもよわいながら眠くなる作用がありますので、軽い睡眠剤として使われます。また一...続きを読む


人気Q&Aランキング

おすすめ情報