同様の質問を検索したものの、
いいのがみあたらなかったので質問します。
タイムマシンが出てきたりタイムスリップをする
小説でよいものを教えてください。海外・国内は問いません。
未来へではなく、過去へ行くものでお願いします。
虫がいいですが、あまり長くなくてさらっと読めるものが理想です。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (21件中1~10件)

質問を投稿されて3年近く経っているようですが、締め切るのをお忘れになってませんか???



筒井康隆氏で、ひとつおもしろいのを見つけました。
「近所迷惑」
ショートショートのひとつなのですが、
「アルファルファ作戦」という本にありました。
世の中が空間的にも、時間的にも最早形容のしがたいほどおかしなことになっていて大変な騒ぎになるという話です。
 これは笑えました。
 また、小説の持つ臨場感に驚きました。
是非よんでみて下さい。
ただ、昔の本なので今店頭に並んでいるかわかりませんが。
    • good
    • 0

やはり、タイムスリップものといえば、「ドラえもん」でしょう!



最高です!!
    • good
    • 0

 マイクル・クライトンの「タイムライン」をお勧めします。

上下卷になっています。
考古学者が中世のヨーロッパへ行く物語です。
    • good
    • 0

おもしろい物であったら、筒井康隆さんが書いた、「笑うな」と言う本があります(角川書店)。

ショートショートになっていると思います。SF的ではないけど、多少笑えます。一応、タイムマシンで、過去へ行くけど、行くのは30分ほど前です。小説に読み疲れたら、この本を読んでみたらいかが・・・?
    • good
    • 0

本好きの書店員です。

私もタイムスリップもの大好きです。

皆さんが挙げてないものとして・・・

清水義範「青春小説」(講談社文庫)
谷口ジロー「遙かな町へ」上下巻(小学館のコミック)
 (コミックだけど書籍扱いの品だったかもしれません)

などいかがでしょうか。
    • good
    • 0

皆さんが挙げられてますが、


私も同じく
「リプレイ」ケン・グリムウッドと
「夏への扉」ロバート・A・ハインラインを推します。
「夏への扉」は定番で猫なんかも出てきていいお話です。
「リプレイ」は目から鱗が落ちる程面白くて借りて読んだのですが
結局買ってしまったという,傑作です。是非読んで見てください。
長いですが、魅力的な作品です。
既出のものばかりでごめんなさい。
    • good
    • 0

『Y』佐藤正午 ハルキ文庫



舞台は1998年。このとき主人公の男は43歳。
ある日、見ず知らずの男から、
「君の高校時代の同級生で親友だ」という電話がかかってきます。
その男は、
「僕は18年前から今日までを二回繰り返している」と言い、
その一度目の人生で親友だったと言うのです。
そして、500万円とその二度の人生を綴ったフロッピーを、
主人公に代理人を通じて渡します。
「フロッピーの中身を見れば、渡された意味がわかる」と言って。

今、まだ、半分くらいしか読んでないので、結末は分かりません。
一応、分類としてはラブストーリーらしいですよ。


あと、北村薫さんの『ターン』が紹介されていましたが、
これは北村さんの「時と人三部作」の二作目です。
第一作『スキップ』、第三作『リセット』とあります。
「スキップ」は未来へ人生を30年ほどスキップする話ですが、
個人的には、ターンより面白いです。
こっちを映画化してほしかったですね。
    • good
    • 0

#2のpfmです。

管理人から文中のURLが不完全と指摘されましたので再登場です。

↓の「書籍検索」を選択して、「夏への扉」で検索してください。

ちなみに『リプレイ』はワタクシも好きです。

参考URL:http://www.hayakawa-online.co.jp/top.asp
    • good
    • 0

未来にも跳んでしまいますが、高畑 京一朗さん著「タイムリープ~あしたはきのう~」(出版社: メディアワークス 電撃文庫)が読みやすくて面白かったです。

1~2週間の話だったと思います。(4,5年前一回読んだきりでとても曖昧な記憶ですが)その時間帯に存在する主人公の体は常に一人で、意識?だけが二日前や翌日に跳んでいってしまうという<タイムスリップ・ワープ>とは構造が違うものらしいです。なので同じ時間はやり直せないですし、前後の展開もわからず何故か危機に面している事態になったりしていたような・・・
もともとSFには興味を持っていなっかたのですが、この作家を好きな友人に薦められ、高校が舞台だったせいもありサクサクと読めました。
    • good
    • 0

筒井康隆「時をかける少女」、半村良「戦国自衛隊」、光瀬龍「夕ばえ作戦」、ハインライン「辰への扉」、ハミルトン「時果つるところ」、マンガですが星野之宣「遠い呼び声」など。

ほかに魔夜峰央の「パタリロ」や手塚治虫の「ザ・クレーター」にも、ご希望のテーマのエピソードがあります。ぜひご一読を。
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qタイムスリップ物の小説タイトルを教えて下さい。

タイムスリップ物の小説タイトルを教えて下さい。

人から聞いた話でうろ覚えなのですが、どうしても思い出して読んでみたいので、
タイトルや作家名を知っていらっしゃる方がいましたら教えて下さい。

確か海上自衛隊が過去から現代の世界にタイムスリップしてくる内容だったと思います。
戦国自衛隊とは逆パターンだと言われた記憶があります。

似たような作品でもいいので、宜しくお願いします。

Aベストアンサー

全く自信がないのですが、荻原浩さんの『僕たちの戦争』が似たような話でした。
とっても考えさせられる小説で、しかも泣けました。。

荻原さんの作品はいくつか映画化もされていると思います。

違っていたらすみません。
見つかることを祈ってます^^

Qおすすめ教えて下さい。タイムスリップ物・記憶喪失物

『タイムスリップもの』か『失っていた記憶を取り戻していくもの』で、面白い小説を探しています。

今まで読んだ中では、
  タイムスリップもの――『タイム・リープ ~あしたはきのう~』(高畑京一郎)
  記憶喪失物――『むかし僕が死んだ家』(東野 圭吾)
などが好きでした。
バラバラだったパズルのピースがはまっていくようなストーリーが好みです。

こんなわたしにオススメの本を、どなたか紹介していただけますでしょうか?
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

■タイムスリップ
久米康之「猫の尻尾も借りてきて」
広瀬正「マイナス・ゼロ」
新城カズマ「サマー/タイム/トラベラー」
北村薫「スキップ」「ターン」「リセット」
杉山高之「リプレイ」
西澤保彦「七回死んだ男」

■記憶喪失
真保裕一「奇跡の人」
森絵都「カラフル」
島田荘司「異邦の騎士」

Q国内のミステリーでシリーズものを・・・

探しています。下記に列挙した既読作品からもれていて「これ個人的にオススメ!」って言うシリーズがあれば教えて下さい。2~3冊のシリーズでもOKです(岡島二人の「織田貞夫と土佐美郷シリーズ」とか)。
現在検討中なのが 高里椎奈 「薬屋探偵」  物集高音 「第四赤口の会」ですが、既読の方から感想がいただければうれしいです。
長文・駄文で申し訳ありません。宜しくお願いします。

(好きなシリーズ)
綾辻行人 「全作品」      有栖川有栖 「国名/江神二郎」
笠井潔 「矢吹駆」       京極夏彦 「京極堂」 
霧舎巧 「あかずの扉研究会」  倉知淳 「猫丸先輩」
篠田真由美 「建築探偵」    島田荘司 「御手洗潔/吉敷竹史」 
殊能将之 「石動戯作」     高田崇史 「QED/パズル」
森博嗣  「S&M/V」

(こういうのも平気)
太田忠司 「狩野俊介」     霧舎巧 「霧舎学園」
はやみねかおる 「虹北恭助」  横溝正史 「金田一耕助」

(読んだけどちょっと苦手)
大沢在昌 「新宿鮫」      関田涙 「ヴィッキー」
2時間ドラマ常連の大御所作品   

探しています。下記に列挙した既読作品からもれていて「これ個人的にオススメ!」って言うシリーズがあれば教えて下さい。2~3冊のシリーズでもOKです(岡島二人の「織田貞夫と土佐美郷シリーズ」とか)。
現在検討中なのが 高里椎奈 「薬屋探偵」  物集高音 「第四赤口の会」ですが、既読の方から感想がいただければうれしいです。
長文・駄文で申し訳ありません。宜しくお願いします。

(好きなシリーズ)
綾辻行人 「全作品」      有栖川有栖 「国名/江神二郎」
笠井潔 「矢吹駆」...続きを読む

Aベストアンサー

高橋克彦の浮世絵ものは、どうでしょうか。塔馬双太郎という浮世絵研究者が探偵役で、浮世絵や美術品のうんちく、研究者社会のごたごたに殺人事件がからんだ読み応えがある作品です。短編などもありますが、主なものは、浮世絵三部作と言われる『写楽殺人事件』『北斎殺人事件』『広重殺人事件』です。

また、同じ高橋克彦の『完四郎 広目手控』のシリーズは、時代物ですが、江戸時代末期の瓦版(マスコミ&広告代理店)の活躍に、ちょっとした謎をからめた小気味いいミステリになっています。

物集高音「第四赤口の会」は、以前1、2冊読みました。京極夏彦のような重厚さはないけれど、独特の語り口が面白く、別の作品も読みたいと思っています。他の作家の好みからみて、大はずれはないと思います。

Q海外もののホラー

クライブ・バーカー(クライヴ・バーガーかも)という人の小説が好きで
昔買ったのですが、本が行方不明になってしまいました。
また読みたくなって書店で探しているのですがなかなかありません。
彼はもういないのでしょうか。
ご存知の方がいらっしゃいましたら、ぜひ情報をください。

Aベストアンサー

私も、クライブ・バーカーは大好きで、よく読みました。最近では、映画中心ですけどね。
で、クライブ・バーカーは、現役で小説も映画も積極的に手がけていますよ。
本も、以下の参考URLで入手できますし、ここで調べておいて、本屋さんで注文するという手もあるでしょう。
また、あの独特の世界観を味わってください。

参考URL:http://shopping.yahoo.co.jp/shop?d=ja&id=a5afa5e9a5a4a5a6a5cfa5ab

Q警察ものの本のタイトル

本のタイトル、著者を忘れてしまいました。

ストーリーはこんな感じ。

登場人物 
暴力団対策関係の部署の刑事と、それとは別の部署の刑事
あるヤクザのヒモみたいになっている若い男。
この男は、(最後にはっきりするんだけど)ある事件で誤認逮捕されて、
冤罪で投獄され、若いお兄ちゃんだったせいで、すっかりホモにされちゃって。
出所しても大変で、そういうバーで仕事してたら、
バレンタインデーの日、チョコレートのことがちょっとした発端になって
井の頭線の神泉の近くで自殺を試みるが、
ヤクザに拾われる・・・・。
このヤクザが殺される。ストーリーはこの事件を中心に回っていくが・・・。

かなりストーリーははっきり覚えているのですが、
作者もタイトルも忘れてしまいました。

どなたか、よろしくお願いします。

Aベストアンサー

柴田よしきの『聖なる黒夜』ですか?
http://bookweb.kinokuniya.co.jp/htm/4048734113.html


このカテゴリの人気Q&Aランキング

おすすめ情報