出産前後の痔にはご注意!

『マンション管理士』の資格を取りたいのですが、

 1、取得の難易度 

 2、どのような勉強方法がいいのか 

 3、取得できた場合、それで生計を維持することが出来るのか、等その  他どんなことでも結構ですが教えていただけませんか。

なお私の履歴を簡単に述べますと

 1、現在59歳 
 2、大学[慶應大学]の法学部卒
 3、中小企業[製造業]の役員を10年ほど務め、会社倒産のため土   木会社で監督になり現在に至っております。
 4、受験勉強は比較的自信がありますが、就業中のため時間は限られ   ています。

以上よろしくお願いいたします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (5件)

おつかれ様です。


学部は違いますが、大学の後輩として誠に僭越ながら投稿させて頂きます。
※宅地建物取引主任者ですが、マン管は受験1回で断念しました(w)

1.弁護士>公認会計士>不動産鑑定士・税理士>>>>>宅地建物取引主任者>マンション管理士>管理業務主任者
というイメージじゃないでしょうか。

2.お仕事をされていても充分とれる資格だと思います。
今からだと基礎からキッチリやる勉強法もありますが、マン管は”いかに少ない勉強時間で1回で合格するか”という資格だと思います。
過去問中心の勉強がいいのではないでしょうか。

3.資格の難易度からもおわかりと思いますが、独立して生計をたてるのは難しいと思います。
生計をたてている方たちは、管理会社出身等の実務経験・知識が豊富な方々だと思います。

以上ご参考になれば幸いです。
    • good
    • 4
この回答へのお礼

さっそくのアドバイスを有難うございました。
やはり資格だけでなく実務経験が重要なのだと再確認しました。
でも自分としては、挑戦すればまた新しい世界が開けていく可能性があるのではないかと心を奮い立たせております。
どうも有難うございました。

お礼日時:2006/01/18 06:59

 kanseiと申します。

不動産鑑定士・マンション管理士・管理業務主任者・宅地建物取引主任者の資格者です。
 ご質問について、以下の通りご回答申しあげます。

1.「マンション管理士」の資格としての難易度は、それほど高くはなく、宅地建物取引主任者より少し上程度のものとお考えください。また、試験自体も択一式のマークシートですので、比較的楽といえます。1941さんのご経歴からすれば、容易に取得可能であるものと考えます。
2.勉強方法としては、(1)専門学校に通う(2)参考書で独学する等の方法が考えられますが、いずれにしても過去問を繰り返し練習し、基本を固めるという方法が中心となるものと思われます。(1)・(2)のいずれが合うかは、人により異なりますので、なんとも言えませんが、宅地建物取引主任者及び管理業務主任者と同時合格を目指す方が多いため、専門学校がそのようなコースを持っている場合もありますので、調べてみるのもいいかもしれません。
3.マンション管理士は、あくまでも「名称独占資格」であり、資格取得=収入につながるものではありません。よって、現段階では生計を維持できるようなレベルの資格ではありません。ただし、今後のマンション管理士諸氏の活躍如何によっては、大きな可能性はありますが・・・。
 ここからは余談ですが、マンションの建設会社及びその子会社又は関連会社であるマンション管理会社の馴れ合い契約により法外な管理費が当たり前となっているこの国の現状を見かね、立ち上がったマンション管理士の方を存じ上げていますが、日夜戦っておられます。この意味では大きな意義を有しているものと感じております。

参考URL:http://www.mankan.or.jp/index.html
    • good
    • 5

No.2です。


将来の事ですか?
それがはっきりわかるならば、私は今の仕事を辞めて、占い師になります。(^^;

ま、冗談はともかく、あくまでも私見ですが、将来もそれほど重要な資格にはならない、と思っています。現在、マンションみらいネットとか言う、マンションのデータをネット上に登録する、と言う事業が進んでおりますが、このデータをチェックする為には、マンション管理士又は区分所有管理士(民間資格です)の資格が必要、とされております。これも、たぶん食えないマンション管理士に何か仕事を、的な雰囲気を感じてしまいます。このネットへの登録自体も、無料モニターでさえ予定数に達しなかったそうですから、有料になるとしたら、余程マンション側にメリットがないと・・・。登録する組合はあまり増えないだろうと見ています。

実際、マンションに住んでいると、実務面ではマンション管理業者が色々動いてくれますから、その上、あえてマンション管理士を入れる必要があるのか、そんなもの(失礼)に金を使う必要があるのか、と言う辺りに、この資格の将来が見えるのではないでしょうか。

日本人は、目に見えない物には、なかなかお金を払おうとしません。この仕事も、また然りです。
    • good
    • 2

nuku2と申します。

宅建、管理業務主任、マンション管理士に合格しています。
(1)難易度はすでに回答があるように、合格率7%と非常に狭き門ですが、私のイメージとしては宅建の方が難しかったように思えます。
(2)市販の参考書と問題集の勉強で充分かと思います。問題集などの評価は下記アドレスで紹介されているので参考にしてください。
http://sikakuyo.com/
勉強方法ではないのですが、1つアドバイスを。
管理業務主任を先にとってはいかがでしょうか。管理業務主任試験の合格率は20%程度です。試験開始当初の合格率は58%だったので難しくなったとは言え、質問者さんの経歴からして、合格は難しくないと思います。管理業務主任とマンション管理士の試験は出題範囲が似通っているため、片方もっていると、もう一方の試験は問題5問免除されるのをご存知でしょうか。これを利用するのです。5問は大きいですよ。私もこの5問免除の恩恵にあずかった口です。どうしても、マンション管理士をとりたいのでしたら、管理業務主任とのダブル受験をしておくのも手でしょう。マンション管理士が受かれば結構。もし、不合格でも管理業務主任が合格していれば、翌年の試験が楽になりますからね。
(3)の質問は、私が質問したいくらいです。マンション管理士は「業務独占資格(これをもっていなければ営業できない資格)」ではなく、「名称独占資格」ですから、営業マンのステータスには役立つと思いますが、「生計」となると難しいのでは。

ご参考になればと思い投稿しました。がんばってください。
    • good
    • 9
この回答へのお礼

有難うございました。
教えていただいたホームページは大変参考になりました。
また宅建と管理業務主任を同時に目指したらいい、というアドバイスは大変心強くますますファイトがわいて来ました。

お礼日時:2006/01/21 12:30

マンション管理の仕事をしています。



まず、難易度ですが、合格率は7%程度です。もっとも、しっかり勉強すれば取れる資格、とも言われていますし、定年で退職された方がチャレンジされることも多いので、このような数字が出てるのでしょう。
勉強方法はちょっとわかりかねますが、基本的には暗記が中心のようです。

で、この資格で食べていけるか、と言うことですが、はっきり言って現在は無理でしょうね。どんな仕事でも同じだと思いますが、特にこの仕事は実務経験がないと厳しいと思いますよ。付け焼刃の知識では、すぐにボロが出ます。実際、同僚の話を聞いていると、理事会に出てきたマンション管理士のレベルの低さにあきれることも少なくないとか・・・。マンション管理には、教科書的な正解は無いことが多いですからね。

実務に携わっている人間から見ると、苦労してとっても役に立たない資格、と言う感じがします。マンションの理事等になられて、自分の知識を整理したい、管理会社の言いなりにはなりたくない、というのであればともかく、そうでなければあまりお勧めはしません。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

実務経験からの貴重なアドバイスをいただき大変有難うございました。

現状はおっしゃるとうり だと思いますが、将来はどうなのでしょうか。
外国[香港、中国、タイ、他]なのど状況を考えてみたいと思います。有難うございました。

お礼日時:2006/01/18 07:14

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qマンション管理士、管理業務主任者の試験の難易度を教えて下さい。

漠然とした質問で恐縮なのですが宅建試験を100とした場合にマンション管理士、管理業務主任者の難易度はどれ位になるでしょうか?

マンション管理士は宅建よりも若干難しいと聞きます。


どの位のレベルになるか質問してみました。

見当がつきそうな方が居らしたら教えて下
さい。

Aベストアンサー

この3資格のみではわかりにくいと思うので、関連する資格を加えて、受験した経験を元に見当してみました。 宅建を100とした場合、司法書士200 行政書士150 マンション管理士130 管理業務主任者80 そんな感じですね。 管理業務主任者は、宅建よりも難易度は若干低いですが、だんだん難易度はあがってきているのは確かですね。

Qマンション管理業務について教えてください。

 現在、大手不動産会社グループのマンション管理会社に応募しております。(前職はサービス業でした。)この業界では比較的新しい業務で、また資格の取得が必要になると思われます。具体的には一人の担当者につきおよそ10件前後のマンションを管理(クレームなどの処理を含め)していくというものです。こういった業務はやはり大変なものなのでしょうか。また、管理組合とのやりとりで就業時間も不規則になりがちなのでしょうか。残業が多かったり、離職率が高い職種なのでしょうか。

 マイナス的な部分ばかり並べて申し分けないのですが、もし、現職の方もしくは詳しい方がいらっしゃいましたら、アドバイスをいただければと思います。よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

大手建設会社を定年後、子会社の管理会社に部長として7年ほど勤務したことがあるものです。昔のように汚くなった建物は安易に建て直すということが出来なくなった現在、今使っているマンションの寿命を如何に延ばして資産価値を下げずにいけるかということが、居住者にとっても大きな関心事になっています。そのため管理組合も建物についてよく勉強するところが増えています。
マンション管理で問題を大きくすることは、初期対応のまずさに尽きると思います。以前もサービス業をしていたとのことですので、居住者一人ひとりにいかに旨く対応していくかということについてはお慣れになっているでしょう。同じサービス業ですので、その点は旨くできると思います。早い対応は管理会社としての命です。そのためには使用中の建物で起こる問題点を予測して先手必勝で行くことがベストですが、極めて広範囲な知識が必要になります。
建物については排水給水といった設備関係の問題が多くあります。
昔はマンションに管理人が常駐して夜間でも即応できる体制が多かったようですが、近頃は予算の関係もあり漏水・渇水・火災・不法侵入者など緊急を要する事態が発生すると自動的に監視センターに信号が送られ、マンション物件ごとに契約している近くの専門業者に深夜でも飛んで貰う体制を作っている会社も多くなっています。
長くなりますので続きは追って送付します。

大手建設会社を定年後、子会社の管理会社に部長として7年ほど勤務したことがあるものです。昔のように汚くなった建物は安易に建て直すということが出来なくなった現在、今使っているマンションの寿命を如何に延ばして資産価値を下げずにいけるかということが、居住者にとっても大きな関心事になっています。そのため管理組合も建物についてよく勉強するところが増えています。
マンション管理で問題を大きくすることは、初期対応のまずさに尽きると思います。以前もサービス業をしていたとのことですので、居住...続きを読む

Q60歳で定年退職になった主人の就職先

よろしくお願いします。
4月で60歳定年になり主人が会社を退職しました。
業績がよくない会社でしたので、退職金は出ませんでした。


主人は失業保険をもらいながら仕事を探すと言っていますが、パソコンに不慣れで
私が探したり、あればエントリーシートを打ち込んでいます。
でも、なかなかよい仕事がありません。

60歳以上の仕事のサイトというのはありますでしょうか?


うちはローンが月々9万あり、しかも75歳までです。
健康保険が3万近く、税金も3万近く、生命保険も3万近くです。
貯金は約500万しかありません。

貯金を切り崩すにはあまりにも少ない金額でどうしていいのか困っています。

今の家は2度買い換えて最初2回はマンション、そして一戸建てに買い換えました。
その、一戸建てが52歳の時です。

私は52歳から新たにローンを組むのは反対をしたのですが、マンションは価値が
なくなるし、ローンが終わっても管理費、修繕積立金、駐車場代がかかると言い
、それを信じて買い換えることにしました。

そして、今は会社がこんなことになるとは思わなかったと言っています。
危機管理が甘かったのではと思います。

私は、月10万働いています。多い時で20万くらいです。
でも、あと2年ぐらいで私も定年になります。


主人の仕事は会社の法務関係で顧問弁護士さんと動いたり、コンプライアンス(社員教育)をしていました。

司法書士の資格は持ってはいませんが業務は出来ていました。

そんな主人を見て信じて一戸建てに買い替えたのに、こんなことになるなんてという思いです。


ハローワークでも探していますが、60歳以上はなかなかありません。

どこかパソコンで見つけられるサイトをご存じの方、何卒よろしくお願いいたします。

よろしくお願いします。
4月で60歳定年になり主人が会社を退職しました。
業績がよくない会社でしたので、退職金は出ませんでした。


主人は失業保険をもらいながら仕事を探すと言っていますが、パソコンに不慣れで
私が探したり、あればエントリーシートを打ち込んでいます。
でも、なかなかよい仕事がありません。

60歳以上の仕事のサイトというのはありますでしょうか?


うちはローンが月々9万あり、しかも75歳までです。
健康保険が3万近く、税金も3万近く、生命保険も3万近くです。
貯金は約...続きを読む

Aベストアンサー

 諦めることはない
1)とにかくハローワークで相談。最近では職業訓練も受けられる(中には司法書士もある)。自治体と国にそれぞれあるので、パソコンで検索のこと。基本として職業訓練は3段階に考えられているので、2から3段階目に入れるとちょっと一息つけるかも。
 キーワード「ポリテク、訓練基金、職業訓練、労働局」詳細はハローワークと、自治体の労働局。
2)シルバー人材センターにとりあえず登録しておく。当てにできないが、ときどき小さな仕事が来る。あれこれ選べない。
3)起業する。別に法人化しなくても、家の前に「…できます」のようなカンバンを出しておく。あるいは、資格がないので堂々とできないが、知り合いのもめ事を法律の知識を使ってアドバイス。もちろん再勉強はしておく必要がある。資格が取れたら、ネットでサイトを作るのも手。
4)飛び込みのように、いろいろな法律関連の事務所へ履歴書を送りつける。法律関連そのものはこれからも需要は伸びていくので、事務でもできる人は重宝される。だから法律関連の事務所の傘の下で手伝うようなカタチ。ただ最近は金のない所も多いから…
5)ネットの古本販売や、古物のオークションを試す。資格とか権利とかではないので、危険が少ない。自分が売る方なら、あまり気を使わなくてもいい。お客さんに誠実に対応していれば大丈夫。コツが飲み込めてきたら拡大策へ移る。さらに趣味などの目利きを活用できれば可能性は低くない。大した金にはならないが、とにかく見てみること。

 とにかく世間の先入観にとらわれないこと、自分自身のあらゆるモノに値段がついていると思えば、現金に替わるもの(身体なら肉体労働、知識なら、アドバイザー・コンサルタント、趣味ならネットに店を出す。)はどこにでもある。仕事をもらうのではなく、自ら創ってみるつもりで。

 諦めることはない
1)とにかくハローワークで相談。最近では職業訓練も受けられる(中には司法書士もある)。自治体と国にそれぞれあるので、パソコンで検索のこと。基本として職業訓練は3段階に考えられているので、2から3段階目に入れるとちょっと一息つけるかも。
 キーワード「ポリテク、訓練基金、職業訓練、労働局」詳細はハローワークと、自治体の労働局。
2)シルバー人材センターにとりあえず登録しておく。当てにできないが、ときどき小さな仕事が来る。あれこれ選べない。
3)起業する。別に法人化...続きを読む

Q「宅建」 「 マンション管理士」 「 管理業務主任者」 トリプル受験に

「宅建」 「 マンション管理士」 「 管理業務主任者」 トリプル受験について。


資格マニアで最近、社会福祉士に一発合格しました。
5月にFP3級を受験します。

10月に宅建を考えて「らくらく宅建塾」の参考書を買ってこれから勉強する予定です。
今日知ったのですが、 マンション管理士 管理業務主任者の試験範囲が宅建と被る部分が多いとのことです。

質問ですが、

1. 管理業務主任者を合格するとマンション管理士試験で5問免除になると知りました。 逆で、マン管合格で管理業務の免除は? (まあ実際はマン管受かる頭があれば管理は楽だと思いますが・・・)


2. 管理業務主任者ですが、マンション管理士のみの参考書・問題集だけの勉強で合格可能でしょうか?(本代節約のため)



3. 10月までとにかく宅建のみひたすら頑張って、1ヶ月でマンション管理士は参考書をやらないで問題集のみひたすらやる勉強法でマン管と管理業務の合格は可能ですか? (やはりマン管のみ不合格の可能性が高い?)



4. 来年4月から精神保健福祉士の養成所に通います。 試験は再来年1月末。 社会福祉士よりはるかに簡単なので勉強は冬からで余裕です。
現実的に、今年は宅建→マン管の問題集だけやってマン管は記念受験→管理業務受験→来年5問免除でマン管受験→精神保健福祉士受験がいいと思いますか?


危険物取扱者4類合格して、他の類も勉強しています。 どうやら小学~大学まで勉強をあまりしてなくて大学卒業後から勉強に目覚め、資格マニアになったようです・・・ 社労士はいつか考えています。 (行書や司書は記述があるので苦手なので考えていません)

ちなみに不動産屋で働いたことがないのと、大学は法学部(3流以下の夜間部)でしたがすでに民法の知識も消えていて宅建で苦労する予定です。

30歳男性(未来はないが時間だけはあるニート)です。

「宅建」 「 マンション管理士」 「 管理業務主任者」 トリプル受験について。


資格マニアで最近、社会福祉士に一発合格しました。
5月にFP3級を受験します。

10月に宅建を考えて「らくらく宅建塾」の参考書を買ってこれから勉強する予定です。
今日知ったのですが、 マンション管理士 管理業務主任者の試験範囲が宅建と被る部分が多いとのことです。

質問ですが、

1. 管理業務主任者を合格するとマンション管理士試験で5問免除になると知りました。 逆で、マン管合格で管理業務の免除は? (まあ実際はマ...続きを読む

Aベストアンサー

宅建主任者・管業主任者です。マン管も受験経験があります。

1についてはマン管・管業どちらかが合格していたら、もう一方はマンション管理適正化法の5問免除です。出願時に申請することになります。

2については、できないことはありませんがあまりお薦めできません。確かに同じような試験範囲ですが、問われる論点が異なるので、書き方に重点を置いている部分が違ってきます。例えば管業には簿記の仕訳問題が出てきますが、マン管には出てきません。
また、平成22年はマンション標準管理委託契約書に大規模な改正があります。施行日が5月1日のため、試験範囲が旧法で出るか新法で出るか微妙です。今売られている本は全て旧法で書かれていますが、実務にそぐわないので、試験も新法で出される可能性があります。その場合は法改正のフォローアップが必要になります。

3については、両方とも不合格になる確率は高いでしょうね。宅建とマン管・管業がかぶる試験範囲は多くて3分の1ぐらい、またマンション系の資格は法律だけでなく、規約や契約書などの雛形に関する問題、建築や設備などの技術的な問題、管理業務主任者は簿記会計の仕訳などが出てきます。また、過去問の焼き直しですが、試験が始まってようやく10年ですのでまだまだ少ないです。また、今年は前述の通り、法改正があります。これに対する対策は、普段からテキストで対策している人でも苦労することになると思います。過去問演習は方針の参考にはなるけれど、これだけでの勉強は厳しいですね。

4について、受験料が結構するので資金的にもつかという問題と、宅建・マン管・管業を自分としてどのように扱うかですね。宅建・マン管・管業は試験に合格しただけでは試験合格だけで法律上は何のメリットもありません。(良くて科目免除だけ。)宅建と管業は、実務講習を受けて(または実務を経験して)登録し、主任者証を交付してもらって初めて有資格者です。ここまでに多額の費用を投入する必要があります。マンション管理士は試験合格後に登録をして初めて有資格者です。いずれの資格も、有資格である間は5年ごとに法定講習を受講する必要があります。その費用も1資格で万単位です。
宅建・マン管・管業は学ぶこと・受けること自体は意義はありますが、資格として有効化させることや維持させるために多額の費用がかかります。それをやっていけるだけの資力や意欲はあるでしょうか?
その点を考えて受験・取得して下さい。

宅建主任者・管業主任者です。マン管も受験経験があります。

1についてはマン管・管業どちらかが合格していたら、もう一方はマンション管理適正化法の5問免除です。出願時に申請することになります。

2については、できないことはありませんがあまりお薦めできません。確かに同じような試験範囲ですが、問われる論点が異なるので、書き方に重点を置いている部分が違ってきます。例えば管業には簿記の仕訳問題が出てきますが、マン管には出てきません。
また、平成22年はマンション標準管理委託契約書に大規...続きを読む

Q定年後のマンション管理士について

夫<55歳>が定年退職<60歳>後マンション管理士をしたいと言ってます。現在電気メーカーの単身赴任寮の管理人をしてます。調理師、防火管理の資格はあります。試験が難しいのも承知してますが実際再就職できるものなのかまだできたばかりの制度なので詳しい方おねがいします。

Aベストアンサー

建物管理業も営む不動産業の経営者です。
定年退職前後にマンション管理士を取得したうえ、就職を申し込んで来られる方が増えてきております。
この傾向は、今後増すと思いますので、やがてマンション管理業界では、マンション管理士資格を持っていて当たり前になると思います。
そのため、マンション管理士資格だけでは魅力のある人材とはならないでしょうから、マンション管理士試験と出題範囲が重複する次の資格も平行して受験勉強されることをお勧めします。
管理業務主任者、宅地建物取引主任者、賃貸住宅管理士、定期借地借家権アドバイサー、区分所有管理士、マンション維持修繕技術者。

不動産コンサルティング技能、賃貸住宅管理士、定期借地借家権アドバイサー、区分所有管理士、マンション維持修繕技術者があります。いずれも宅建試験と重複する分野の出題があります。

Qマンション管理会社の仕事(フロント業務)について

マンション管理会社に就職を考えています。ただ、実際のフロント業務の仕事は15棟前後のマンションの管理組合理事会の指導、総会の取りまとめ、管理人さんの管理、クレーム処理などを任されるため、あまりの激務のために転職してしまう人が続出していると言う話を聞きました。実際のところはどうなのか、管理会社で仕事をされている方、あるいは管理組合の理事の方などから現場の生の声をお聞かせいただければ幸いです。よろしくお願いします。

Aベストアンサー

管理会社で現役のフロントマンをやっています。

正直、#1の方の回答を読んで、ちょっと悲しくなりました。理事の方には、その程度の理解しか、していただけないのですね・・・。

確かに1物件だけを持っているのであれば、楽でしょうが#1さんの書かれていることが担当物件分降ってくるわけで、決して楽な仕事ではありません。月1回理事会のある物件が15物件あれば、15回の理事会の準備と後始末をしなければなりません。土日に2回ずつ理事会を入れても、殆どの土日がつぶれます。

具体的な内容は、#2さんが書かれている通りですが、中には管理員のいない物件も有り、そのようなところでは、フロントが対応します。

その他、一番かなわないのは、突然電話があることですね。
休みで朝寝をしていたら緊急センターからの電話で起こされたり、早朝4時頃にたたき起こされたりした事もあります。
また、訳のわからないクレーマーもいますから、こんな連中の相手をするのは、うんざりします。

ただ、仕事自体は、それほど大変なものではありません。ノルマがあるわけではないですし、残業もそれほど多くは無いです。人の面倒を見るのが好きな人であれば、悪くない仕事です。
退職者が多いのも事実ですが、入ってきて直ぐやめる人が多いですね。続いている人はそう簡単にはやめません。

管理会社で現役のフロントマンをやっています。

正直、#1の方の回答を読んで、ちょっと悲しくなりました。理事の方には、その程度の理解しか、していただけないのですね・・・。

確かに1物件だけを持っているのであれば、楽でしょうが#1さんの書かれていることが担当物件分降ってくるわけで、決して楽な仕事ではありません。月1回理事会のある物件が15物件あれば、15回の理事会の準備と後始末をしなければなりません。土日に2回ずつ理事会を入れても、殆どの土日がつぶれます。

具体的な内容...続きを読む

Qマンション管理士の5点免除の詳細について

こんにちは。いつも、このサイトのみなさんにはお世話になっています。

今回質問したいのは、マンション管理士の受験に関しての事です。

私は、2年前に宅建に合格し、今年の12月5日に管理業務主任者の受験をしました。

自己採点としては、41点でしたので、合格圏内かと思いますので、来年にマンション管理士

を受験しようかと思っているところです。

それで、仮に今回の管理業務主任者が合格していたらですが、マンション管理士の受験の

際に申請すれば5点免除になると聞いたのですが、詳しい事がわかりません。

宅建の場合は、必要な条件をクリアすれば、46問~50問の問題が免除だったみたいですが、

マンション管理士の場合も同じく、問題番号46~50が免除になるのでしょうか?

それとも、自分が獲得したであろう点数に5点がプラスされるのでしょうか?

もし前者の場合ですと、最初からその項目は勉強しなくてもいいですが、後者ですと全部を勉強

しなくてはいけないから、無駄な学習をしなくてもいいようにするには、その辺を正しく理解して

おくべきだと思ったので、教えていただければと思います。

それと、マークシートの件ですが、5点免除者と一般の受験者では用紙が違うのでしょうか?

仮に、46問~50問が免除になる場合ですと、解答する必要がないので、45問までのマークシート

だったりするのかもしれませんね。過去に5点免除で受験された方がいらっしゃいましたら、その辺も

お聞きしたいと思います。

最後に、ありきたりで回答が難しいかもしれませんが、私のように宅建・管業の知識がある者ですと、

今年、何時間くらい勉強をし、追い込んだら合格レベルに達する事が出来るでしょうか?

単発でマンション管理士を受験する場合だと、500時間くらいだと聞いてますが、宅建や管業と比べ、

出題内容やレベルが違うということもあり、再度500時間くらい必要なのかと思う不安もある反面、

学習内容はほぼ同じなので、300時間くらい追い込んだら大丈夫なのかなと思う面もあります。

最初は、今年ダブル受験も考えたのですが、両方とも不合格だと嫌だったので、一本に絞込み、

ある意味成功だったと思うのですが、マン管も取らないとやり残し感がある為、是非合格したいです。

以上長くなりましたが、アドバイスをお願いしたいと思います。

こんにちは。いつも、このサイトのみなさんにはお世話になっています。

今回質問したいのは、マンション管理士の受験に関しての事です。

私は、2年前に宅建に合格し、今年の12月5日に管理業務主任者の受験をしました。

自己採点としては、41点でしたので、合格圏内かと思いますので、来年にマンション管理士

を受験しようかと思っているところです。

それで、仮に今回の管理業務主任者が合格していたらですが、マンション管理士の受験の

際に申請すれば5点免除になると聞いたのですが、詳しい事がわ...続きを読む

Aベストアンサー

http://www.o-hara.ac.jp/best/mansion/test.html を観ますと 5点ではなく
重複する問題が5問免除されるみたいですね 宅建資格お持ちの方が 受験要綱の
誤解釈をされるとは よく理解できませんが お手元の受験要綱を
落ち着いて 熟読される方が 宜しいかと

Q先が見えた50歳サラリーマン、「宅建」の可能性は?

某有名企業のサラリーマンですが、現在は非管理職で年収は800万円弱。4年後に55歳になると2-3割かそれ以上給料が減ります。

会社ではまったく昇進や、転配先のポストの確保という「メがなくなっている」ので、55歳をめどに転職か起業できないかと考えています。

これまでの仕事は、約25年間を企画・調査畑に従事。営業現場はもちろん、総務、経理、人事など一般事務の経験はありません。

資格も転職、起業に役立つモノはありません。
要はつぶしがきかない中高年です。

妻は専業主婦(最近は時々パートやアルバイトに出ています)、子供は私立中高に通う男児が1人だけ。
息子が大学を卒業するまで、そして私が仮に60歳の定年年齢に達するくらいまでは、できれば600万~700万円台の収入を確保したいです。

現況、上記のように、55歳で500-600万円に給料は下がると思いますが、それまでにどういう準備をすればいいと思いますか?

友人に聞いたら、「50歳過ぎても宅建を持っていたら不動産屋で雇ってもらえ、30万円くらいの月収は確保できる」というのです。
不動産、住宅業界は私が調査、研究対象としたこともあるのでまんざら知らないわけではありません。
宅建の資格も半年ほどの勉強で2-3割は合格できるとか。
とりあえず、宅建にチャレンジし、
55歳以降に、それで転職または起業できないか、と思っています。
合わせて、住宅、不動産関連の資格でマンション管理士などにも手を出せば、その後、食いつないでいけないかな、と考えています。

このままでは、60歳すぎてできるのは警備員か掃除くらいしかない、という感じです。

実際に、50歳過ぎで不動産関係などの道への転身をした人、考えた人、または今そういう年齢で会社から離れた生き方をした方のアドバイスを知りたいです。
よろしくお願いします。

某有名企業のサラリーマンですが、現在は非管理職で年収は800万円弱。4年後に55歳になると2-3割かそれ以上給料が減ります。

会社ではまったく昇進や、転配先のポストの確保という「メがなくなっている」ので、55歳をめどに転職か起業できないかと考えています。

これまでの仕事は、約25年間を企画・調査畑に従事。営業現場はもちろん、総務、経理、人事など一般事務の経験はありません。

資格も転職、起業に役立つモノはありません。
要はつぶしがきかない中高年です。

妻は専業主婦(最近は時々...続きを読む

Aベストアンサー

約25年間を企画・調査畑で現在51歳、年収800間年弱。
丁度、定年後をどうするか考える時期ですね。
でも営業経験のないあなたが宅建程度の資格で転職。これは反対です。
不動産業界はそんなに甘くはないです。
回答者の皆さんが書いておられる通りで間違いありません。

それならどうするか、25年間やってこられた”企画調査”業務を生かす方法はないのですか?
この仕事を址年間でもっと磨き、生かす方法を考えられるべきだと思います。
企画の立案の仕方、調査方法のノウハウ等は、誰もが知っている業務ではありません。
一般のサラリーマンと比べたら貴重な存在のはずです。
今の仕事も奥が深く、様々なノウハウの蓄積ができるはずです。
どうしても違う職業にと思っておられるのでしたら、今のお仕事上で法律の関係も多い
でしょうから行政書士か司法書士を目指せば良いとお思います。
少なくとも宅建よりは有利と思います。

また、長い定年後が待っていることも考え、今から健康面でのケアも忘れないように
して過ごすことも必要です。60歳近くなったら、いろんな症状が出てきます。

Q行政書士とマンション管理士(管理業務主任者)

建設会社で経理の仕事をしています。キャリアアップのため、昨年、宅建主任者の資格を取得しました。今年も宅建で勉強した事柄を生かして資格を取得しようと考えていますが、民法がとても苦手です。(考えれば考えるほどわからなくなる)行政書士とマンション管理士(管理業務主任者)はどちらが勉強しやすくキャリアアップにつながるのでしょうか?教えてください。30代後半なので業界は問いませんがこれからの転職に有利なのはどちらの資格なのでしょうか?

Aベストアンサー

なかなか前向きで、目標をしっかりと持っておられますね。
行政書士とマンション管理士を比較すれば、独立開業には、行政書士の方がよろしいかと思います。

マンション管理士はまだまだそれ自体で収入を得ることは、できません。マンション管理会社で勤務する際の資格です。
私の友人に不動産業をしている方がおりますが、FPを取得し、人生設計をプランし、その派生で不動産の仕事が舞い込むとはなしていました。
司法書士と行政書士、税理士と宅地建物取引主任者のように、ダブル資格をもっていれば、相乗効果で仕事は展開していきます。

利用価値のある行政書士を取得されてはいかがでしょう。

私も銀行に勤務中に、宅建、行政書士、測量士補、FPなどを取得し、定年を迎え開業し、安定した収入を得ています。

頑張ってください。

Q43歳今から取って役立つ資格と就ける仕事はありますか

20年働いた郵便局を退職することは考えています。民営化に向けた急速な機械化、多様化、銀行化に、頭が付いていけなくなってきたからです。(いままで、郵便局は運送屋お兼ねた低レベルな銀行)
人付き合いも下手で、職場で浮いた存在になっています。

今まで、転職など、考えても見ませんでしたが、2年前に転勤した職場の上司、がどうしても合いません。

40過ぎてても、こんな資格で、こんなことが出来る、そんな仕事はありますか?どなたかアドバイスお願いします。

Aベストアンサー

失礼ながらこの文面とそのご様子では
職に就ける見通しは薄いと思えます

社会ではあなたが今ついて行けない機械操作よりも
もっと高度なことをその年齢では求められます

質問者様のご年齢からして転職時に求められる素養として
管理職スキルがつきまとうと思えるのですが

私が面接を担当したとして
配属先でレポートの作成指導すら任せられるかどうか
この文面からして期待できません

更にコミュニケーションスキルもないときては
担当部署の職員管理など不可能かと思います

新たに何かを学び職を安定させたいと仰るなら
それは1にも2にもヒューマンコミュニケーション力かと思います
その次に危機管理の能力・学術的素養を学び
プロジェクト運営達成について学べば
転職の可能性が出てくるかと思いますが…

丁度コミュニケーションが成り立っていない方がおられるご様子
ポジティブシンキングでこれを好機とし
その方は天が差し回した学習教材だと思って
その方や他の皆さんと折り合いをうまくつけて
指導的立場に立てるよう自らを昇華させるトレーニングとしては如何でしょうか?
まさに今社会で求められる姿勢はポジティブさですからね

居心地が悪い環境こそ自らを高めるチャンスなのですよ
考えがお甘いように感じてしまうのはなぜでしょうか?

失礼ながらこの文面とそのご様子では
職に就ける見通しは薄いと思えます

社会ではあなたが今ついて行けない機械操作よりも
もっと高度なことをその年齢では求められます

質問者様のご年齢からして転職時に求められる素養として
管理職スキルがつきまとうと思えるのですが

私が面接を担当したとして
配属先でレポートの作成指導すら任せられるかどうか
この文面からして期待できません

更にコミュニケーションスキルもないときては
担当部署の職員管理など不可能かと思います

新たに何かを学...続きを読む


人気Q&Aランキング