土木、建築の構造物においてライフサイクルアナリシスを考えて、設計維持管理されている例を教えて下さい。
その事業名だけでもいいです。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (1件)

 建築雑誌「建築とまちづくり」1999年2月号にLCAへの取り組みについての記事が掲載されていましたので書店でバックナンバーをお取り寄せになることをお勧めします。

    • good
    • 0
この回答へのお礼

大変助かります。どうも、ありがとうございます。

お礼日時:2000/12/21 22:25

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q個人事業主と法人事業主

カテ違いだったらすいませんm(_ _)m
素朴な疑問です
有限・株式会社といった法人の事業主だったら素直に“社長”と思えるのですが、個人事業主でも...社長ですか??今いちピンとこないのですが...
オーナーだったら理解できるんですけど....
当然ながら、オーナーと社長では違いますよね??

Aベストアンサー

昭和中期頃は同人サークルみたいのでXX社というのがよくありましたよ。
その長は当然社長。
その後スタジオXX がはやってその代表はなぜか艦長w

株式会社の法的代表は代表取締役 ですね。
大企業の場合はたいてい雇われ者なので単なるサラリーマンの一職種。
そこらへんの八百屋のオーナー兼社長のオッサンよりも格下。

Q情報のサイクルとは

経営情報システムで『情報のサイクル』というのがでてきました。
分かりやすい説明をお願いします。

Aベストアンサー

私も詳しく習った憶えはないので、「ツッコミはちょっとかんべんして」モードで・・・
サイクルというくらいだから、周期的に繰り返すという意でしょうか。適用は広範にわたると思います。

 ・日処理から週処理から月処理から期処理から年度処理から繰越処理から日処理へ・・・ 以後繰り返す
    (たまに随時・遡及あり)

 ・提案から計画から実行から評価から提案へ・・・ 以下繰り返す
    (たまに頓挫あり)

など、ローリングストーンのような(ころころ転がる石ころの)イメージが「サイクル」で、そのサイクル上を流れるモノを「情報」として捉えることで、業務の組み立てを考えていきましょうよ・・・ということなんじゃないでしょうか。位置的には「総称」かと思います。
個別キーワードとしては「生産サイクル」「購買サイクル」「販売サイクル」「財務サイクル」・・・などが有用なアプローチになるかと。
そしてさらにその中に「いつ情報」「どこで情報」「だれが情報」「なにを情報」「やらかした情報」「なんでや情報」・・・などなど、その他大勢の情報がひしめき合ってるんだと思います。
さて、せっかく情報があるなら、それらをうまく利用して、「明日から私たちどうしよっか?」なんて戦略練るのもいいでしょう。

資源獲得から加工から流通から販売から消費して終わり・・・ん?なんかこれはうまく回らないなー、
どこで還流するんだろ? 枯渇しないことを祈ります(^^;;;

私も詳しく習った憶えはないので、「ツッコミはちょっとかんべんして」モードで・・・
サイクルというくらいだから、周期的に繰り返すという意でしょうか。適用は広範にわたると思います。

 ・日処理から週処理から月処理から期処理から年度処理から繰越処理から日処理へ・・・ 以後繰り返す
    (たまに随時・遡及あり)

 ・提案から計画から実行から評価から提案へ・・・ 以下繰り返す
    (たまに頓挫あり)

など、ローリングストーンのような(ころころ転がる石ころの)イメージが...続きを読む

Q新規商品開発のチームに与える目標の例を教えてください

販売を伸ばすとか、利益を上げるとかに関しては目標を数値で与えれば、そのチームは目標に向かって頑張りますし、期の途中での達成度も明確に分かります。
しかし、新規商品開発を目的としているチームについてはどんな目標を与えれば、そのチームのやる気が出るのか、また期の途中で達成度を確認してより一層の努力が必要かどうかが分かるのでしょうか?
各社ではどんな目標管理によって新規商品開発チームのインセンティブを高めているのでしょうか?
チームメンバーの自助努力、自己啓発に待つしかないのでしょうか?

Aベストアンサー

開発に行き詰まっている状況でしょうか?
逆の考えで、開発をしないミーティングをしたらいかがでしょうか
その時のチーム員の言葉にヒントがあるような気がします
この状況にあるのならそのチームの役割りを再度、確認することが良いと思います。個人の発想はやはり、環境つくりではないでしょうか

Q「情報システムの設計で大切なこと」

「情報システムの設計で大切なこと」について、
10分程度のプレゼンをすることに
なってしまったのですが、
どうもうまくまとまりません・・・。
皆様ならこのテーマについてどのように説明しますか?
あと1週間しかございません、
どなたか適切なアドバイスをよろしくお願い致します。

Aベストアンサー

思いつくままに・・・

・システム化の目的に合致しているか
・ユーザ要求に合致しているか
・部分最適ではなく全体最適を目指す
・納期を守れる開発規模か
・技術的な裏付けはあるか
・無理な設計(仕様)になっていないか
・開発要員(工数)は充分か
・スキルは充分か
・障害予防策は充分か
・障害発生時のリカバリーは容易か
・データの信頼性は充分か

とりあえず、こんなもので如何でしょうか。

Qモンテカルロ・シミュレーションを用いた事業撤退基準

モンテカルロ・シミュレーションを用いた事業撤退基準について、できるだけ簡単に説明をお願いいたします。

Aベストアンサー

事業撤退基準 の方が不明なので、自信無し回答なのですが....

事業を続けるかどうかについて、いろいろな選択肢があると思います。
普通は、それぞれの確率を計算して、
この事象に対してはこの事象の確率がどれだけ という形で
最終的にいろいろなシナリオの結果とその確率を推定するのですが、
それが難しい場合に、実際にやってみて結果を求める方法です。

すごろく(正確には樹形図)のように、
それぞれの場所でこうなる確率??% という形で分岐を決めておきます。

あるときは
10%で景気上昇→70%で金利上昇→売上増→90%でライバル店出現→競争激化
別のときは、
40%で需要減退→60%でライバル撤退→30%で根強い需要→80%で残存者利益
また、別の時は
20%で融資打ち切り→80%で事業停止
(初めのパーセントは一つ前からそこに行く確率)
というかたちで、いろいろな形を想定して、
実際に乱数を何万回も取り、どの方向が有利か、
どういう結末がどれだけの可能性であるか
ということを推定します。

(10%の時は、もちろん他の事象を90%分用意して、
 枝分かれをします)

普通に確率でやるのと違い、事象の数はあまり気にしなくてよく
因果関係を比較的正確に反映させる事が可能です。
各分岐点での合計が100%になっていれば、
自動的に全体の確率が100%になるのも魅力です。

そして、計算機に長時間計算させるという
不思議な満足感も得られたりします

事業撤退基準 の方が不明なので、自信無し回答なのですが....

事業を続けるかどうかについて、いろいろな選択肢があると思います。
普通は、それぞれの確率を計算して、
この事象に対してはこの事象の確率がどれだけ という形で
最終的にいろいろなシナリオの結果とその確率を推定するのですが、
それが難しい場合に、実際にやってみて結果を求める方法です。

すごろく(正確には樹形図)のように、
それぞれの場所でこうなる確率??% という形で分岐を決めておきます。

あるときは
10%で景...続きを読む


人気Q&Aランキング

おすすめ情報