私本人ではなく友達のことについてなのですが、深夜の清掃のバイトに行っており
各班ごとに分かれ現場へ行き、清掃業務を果たすという内容の仕事らしいのですが、たまたまスーパーでの清掃業務中に同僚と話しをし、就業場においてある売り物を勝ってに食べてしまい、それを事業主に班の誰かが密告し罰金を払えと事業主
から言われているみたいなのです。食べてしまったのはその友達一人だけで他の
人や、班の監督の方も止めはしなかったそうです。その会社には就業規則もなく
雇用契約書みたいなものも配布していないらしいのです。もしかしたら給料が貰え
ないのかも?とも言っています。まぁ、もとはといえばその友達の自業自得なのですが、罰金等は本当に払わなくてはならないものなのでしょうか?事業主からでは
なく、スーパーからその友達本人に訴えを起こせば窃盗罪になるものなのでしょう
か?全く分かりません。ご解答お願い致します。説明がわかりにくいとは思いますが質問ごとに補足致します。お願いいたします。

A 回答 (3件)

補足ありがとうございます。



>有限会社で就業規則がないそうです。

有限会社というのは、資本金その他の条件であって就業規則作成義務の免責には当たらないのですが。ま、この件はさして重要ではないのでおいときます。

>「出入りが禁止になったのはおまえのせいだ!」と怒鳴るのみで給料日にいきなり天引きされるのかもしれないと友達は言っていました。

それが本当であれば、損害賠償額は、出入り禁止の日数×1日の利益と定められると考えます。1日の利益をスーパーからの支払額と考えるか会社の純益(人件費等控除後)と考えるかで違うでしょうが、班編制で仕事をしていることを考えると少なく見積もっても友人の日当を上回ると考えます。

厳密には給料は給料、損害賠償は損害賠償であり、労働法24条に規定されるとおり給与から損害賠償を控除して支払うことは許されません。

そこで選択肢としては、

1.あくまで給与支払いを求め社長と交渉する。先方が支払わない場合には内容証明の送付、少額訴訟等の手段も辞さない。その代わりに給与以上の損害賠償を請求される可能性が生じる。法的に正当な手続き。

2.損害賠償の請求と引き替えに給与をあきらめる。先方から損害賠償の請求があったら給与を請求する。
雇用者側の労働基準法違反の黙認と引き替えに損害賠償額を一定に抑える。

どちらを選択するかは友人です。
    • good
    • 0

混乱されているようですね。



まず、そもそも厳密な意味での罰金というものは行政のみが可能な行為ですので私人がそれを行うのは違法です。
使用者側が労働者に対し行うことの出来る罰則は、減給と被害があった場合の損害賠償請求のみとなります(労働法16条)。
その上、減給処分に出来るのは就業規則にその旨明記がある場合のみとなります。

>その会社には就業規則もなく

ともありましたが、就業規則の作成義務は社員10人以上を雇用する会社にかかってくるのではなく、臨時職員であろうとアルバイトであろうと常時10人以上と雇用契約を締結している会社に作成義務があります (労基法第89条)。
まあ、仮に就業規定が無かったとしますと、減給処分に処することが出来なくなりますのでそれはそれでかまわないのかもしれませんが(この場合のみに関しては)。

ですが、スーパーに損害を与えた事、またスーパーの信用を失って会社が経済的損失を受けたのでそれを理由に損害賠償をお友達に請求するとすればどこに出しても恥ずかしくない立派な請求事由となります(食べ物1個に損害賠償するのが恥ずかしくないか・・・という問題はおいておきます)。

>スーパーからその友達本人に訴えを起こせば窃盗罪になるものなのでしょうか?

まあ、訴えは可能でしょうね。ですが、スーパーが本気で訴えるとも思えませんし、検察が起訴するとも思えませんが。

支離滅裂な回答になってきましたが、

・途中経過はさておき、結果として給料無しですべてカタが付くのであればだだをこねず、それを選択するのが無難かもしれません。
・会社、スーパーから損害賠償請求を受けた場合にはその内容により支払い義務が生じる可能性もあります(まあ、普通やらないと思いますが)。

この回答への補足

ご回答ありがとうございます。友達から質問を受けた私が混乱してしまい申し訳のない文章になってしましました。
友達がアルバイトで働いてる会社は有限会社で就業規則がないそうです。所得税の
計算なども滅茶苦茶で気分によって引いてあたり引いてなかったり金額に関係なく
あるそうです。スーパーとその友達が働いてる会社との関係は当分出入り禁止になったらしく既にスーパー側の耳にも入っているみたいです。しかし、スーパー側からその友達への損害賠償金額は提示されておりません。
事業主側からは「出入りが禁止になったのはおまえのせいだ!」と怒鳴るのみで給料日にいきなり天引きされるのかもしれないと友達は言っていました。
私も自分が蒔いた種なのだからそれくらいは仕方がないとは思うのですが、納得さ
せられる考えが思い浮かびませんでした。班長も止めには入らず就業規則もなく
税金もまともに納めていない会社がその友達を訴えるまではいかないとは思うの
ですが・・・。本人に給料を渡す前に給料から勝ってに賠償金を引くといとこは
禁止されているはずだと思うのですが。

補足日時:2001/12/24 00:28
    • good
    • 0

素人ですが、下記のようは労働基準法があるのは、知っています。



労働基準法
第16条(賠償予定の禁止)
使用者は、労働契約の不履行について違約金を定め、又は損害賠償額を予定する契約をしてはならない。

雇用者は法律上罰金制度を行ってはいけないと法律で示されています。
このようなことをすれば、事業主が罰せられます。

参考URL:http://www.nifty.ne.jp/forum/fworkmom/labors_law …
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご回答ありがとうございます。早速参考URLを拝見させていただきました。
罰金制度が禁止されているみたいですね。参考になりました。ありがとうございます。

お礼日時:2001/12/24 00:25

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q本人と個人事業主(本人)との契約は成立するのか?

 私(本人)は損害賠償訴訟の原告であり、準備書面用の草案を作成(かなりの仕事量です)して、代理人弁護士に渡しています。

 将来、その判決による認定金額の収入を得ると、その所得区分は一時所得か雑所得となり、確定申告で、経費は計上できますが、草案作成(労務)の対価を計上することはできません。

 そこで、これから私が個人事業主として税務署に登録し、私本人と個人事業主(私本人)との契約(草案の作成とその報酬)により、個人事業主として収入を得ることができるのでしょうか(事業所得として申告できるのでしょうか)?

 法人を設立する必要があるのでしょうか?

 要は、自分と自分との契約が成立するかどうかという問いかもしれません。
 
 以上、よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

個人事業主とあなたは同一ですから、無理ですね。

個人事業主だからといっても、事業主自身の労務を経費にすることはできませんから、見当違い名部分があるかもしれません。

法人であっても、税務署からすれば、法人の代表者の個人で行うべきものを、法人として請け負って代表者自ら業務を行えば、法人では認められないでしょうね。
さらに、草案といえども、法律関係の業務となることでしょう。法人として第三者的に行うとすれば、司法書士や弁護士資格を持った上での司法書士法人や弁護士法人でなければならないでしょう。
もちろん、本人自らが行う分には資格は不要ですが、労務を経費として計上するためには第三者依頼ですから難しいですよね。

税務署や税理士に確認すべきことだとは思いますが、損害賠償訴訟で得る賠償金額の性質によっては、所得税の課税対象外かもしれませんよ。
お金を得たら、すべてに税金がかかるとは限りませんからね。

Q個人事業主の業務委託契約書の印について

春から個人でホームページ制作を始めようと思っています。
そこで業務委託契約を結ぶ際に契約書に押す印鑑について教えてください。

流れは下記のように考えています
1、注文を受ける
2、打ち合わせ後見積りとこちらの署名捺印がされている契約書2通を送る
3、契約書に署名捺印等してもらい1通を返送してもらう
4、入金確認後作業開始

ここでこちらから送る契約書の印鑑は実印での押印+印鑑証明の添付が常識なのでしょうか?
こういったことをよく知らないもので何か悪用されるのでは?
という不安があります。
注文する側としてはどこの誰とも分からないような奴にお金を振り込めるか!と思いますよね・・・
そうなるとやはり実印、印鑑証明なのかなと思うのですが。
皆さんどうされているのでしょうか?
実印、印鑑証明でやる場合どういったリスクがあるのでしょうか?
また捺印する場所について
署名の最後の文字にかかるように捺印する

印と書かれたところにして署名にかからないようにする
とに意見がわかれているのですが何かあった時のリスク回避としては
どちらがより良いのでしょうか?
それと割印や契印、消印など署名捺印で押印した印でするものなのでしょうか?
実印をあちこちで使うと捨て印のようにうつしが出来てしまいそうで怖い気がして・・・

皆さんお手数ですが教えてください。
よろしくお願いします。

春から個人でホームページ制作を始めようと思っています。
そこで業務委託契約を結ぶ際に契約書に押す印鑑について教えてください。

流れは下記のように考えています
1、注文を受ける
2、打ち合わせ後見積りとこちらの署名捺印がされている契約書2通を送る
3、契約書に署名捺印等してもらい1通を返送してもらう
4、入金確認後作業開始

ここでこちらから送る契約書の印鑑は実印での押印+印鑑証明の添付が常識なのでしょうか?
こういったことをよく知らないもので何か悪用されるのでは?
という...続きを読む

Aベストアンサー

始めにご質問事項から外れたことを述べてしまいますと、私はご質問者さんのおかれた状況を想定しながら、出来るだけ疑問点に絞ってまとめてみようとしております。yosakunさんのケースでも、同様に、一定の事項を想定して回答を投稿してみました。

お詫びしなければならないのですが、どうも想定が誤っていたようです。てっきり、印鑑証明の提出を契約の相手方から求められていて、その対応策に苦慮なさっているものと思ってしまっておりました。そうでなく、一般的な契約書作成準備段階ということですね。


契約書の押印は、印鑑を実印・認印(いわゆる丸印・角印)の2種類(いわゆる銀行印を含めると3種類になります)用意している場合には、契約の重要度に応じて使い分けることが少なくありません。よほど重要なものでない限り認印(角印)で済ます会社もあるくらいです。加えて、相手の押してきた印鑑の種類によって使い分ける場合もあります。

yosakunさんにおかれましても、2種類あるのなら、使い分けをご検討なさっても良いものと思います。

ただし、契約の相手方によっては、実印を指定してくることもあります。この場合には、一般論としては、実印を使うほうが良いといえます(※)。


また、印鑑証明については、通常の契約の場面でこれを求めることはまずありません。

ただし、これもまた契約の相手方によっては、提出を求めてくることもあります(実印指定に伴うことが大半です)。この場合にもやはり、一般論としては、提出するほうが良いといえます(※)。印鑑証明の使用についての契約書等を要するのは、この場合になりましょう。

「契約書等」としているのは、誓約書のようなものを差し入れてもらう形式も考えられるからです。今回の場合には、どちらであっても、効力は変わらないものと思います。

契約書にする場合のタイトルですが、これは何でも構いません。分かり易いものが望ましいとはいえます。お考えの「印鑑証明取り扱いに関する契約書」は、分かり易いと感じました。

この契約書に印紙代はかからないものと思われます。


> はじめは実印のみ押印した契約書を郵送しておいて先方に
> 印鑑証明を求められたら印鑑証明の利用に関する契約書と印鑑証明を同封して
> 送るのがよいかなと思ったのですがおかしくないでしょうか?

実印を選択なさるのであれば、おかしくはないものと思います。印鑑証明を求められた場合には、契約書を同封するので記名押印して返送して欲しい旨を電話等で告げてから送付すると、良いように思います。


※ 行政機関との一部取引のように、法律で実印指定や印鑑証明書添付指定がなされている場合には、従わざるを得ません。そうでなければ、拒否することも可能です。ただ、事実上拒否できない場合もありましょう。

始めにご質問事項から外れたことを述べてしまいますと、私はご質問者さんのおかれた状況を想定しながら、出来るだけ疑問点に絞ってまとめてみようとしております。yosakunさんのケースでも、同様に、一定の事項を想定して回答を投稿してみました。

お詫びしなければならないのですが、どうも想定が誤っていたようです。てっきり、印鑑証明の提出を契約の相手方から求められていて、その対応策に苦慮なさっているものと思ってしまっておりました。そうでなく、一般的な契約書作成準備段階ということですね。

...続きを読む

Q個人事業主の青色事業専従者について

色々調べても例として載っていなかったので教えてください。

事業を自分と友人の二人で開始するのですが、友人は大学院生なので青色事業専従者に該当するのでしょうか?また、青色事業専従者給与に関する届出は収益が発生して給与を与えれるようになってから税務署に提出しても良いのでしょうか?

またこの場合友人は扶養から外れるべきなのでしょうか?

ぜひ教えてください。宜しくお願い致します。

Aベストアンサー

>友人が従業員となった場合何か税務署に提出する書類はあるのでしょうか…

給与支払いに関する諸届けが必要です。
http://www.nta.go.jp/taxanswer/shotoku/2090.htm

>また友人は扶養から外れるべきですか…

同じことを何度も聞くのは止めましょう。

まあ、もう少し詳しく言うと、
税法上の配偶者控除や扶養控除などは、1年間の所得額が確定した後に決まるものであり、年の初めや途中に出たり入ったりするものではありません。
あなたが給料をいくら払うかによって、従業員の親がサラリーマンなら「年末調整」で、親が自営業等なら「確定申告」で、扶養控除を取れるか取れないかが変わってきます。

Q現在、個人事業主として事業をしています。。

現在、個人事業主として事業をしています。。
今回、化粧品の輸入販売をしようと考えています。

薬事法など色々と調べたところ、化粧品製造販売業の許可申請には総括製造販売責任者などの配置が必須となり、常勤薬剤師などが必要となると書かれていました。
私自身、化粧品の経験などはなく、薬剤師を雇うことも難しいため、許可を持った企業に依頼しようと考えています。

そこで教えていただきたい点としまして、

(1)許可を持った企業に依頼(外注)する際(私自身は販売のみ行います)、その他許可などは一切必要ないのでしょうか。

(2)成分検査~ラベル貼付等まで外注する場合の1品目あたりの相場はいくらぐらいなのでしょうか。

(3)許可を持った企業で低コストのところがあれば教えていただけますでしょうか。

勉強不足で申し訳ありませんが、アドバイスよろしくお願い致します。

Aベストアンサー

私は専門家ではないのでご参考までに。
(取引先の方が医薬品の輸入をやっておられたので、聞いたことを基にしております。)

(化粧品ではなく医薬品の話で申し訳ございませんが)まず、製造販売業は国内におけるメーカー(製造者)的な位置づけとのことです。このため、製品に関し問題発生時に回収/補償などの対応を行う責任があります。

このような製造販売業の責任を考えると「許可を持った企業に依頼(外注)」というのは難しいか、かなりお金がかかることになるのではと思います。(ご自分で、その責任まで込みでいくらなら引き受けられるかお考えください)

(1)について
上記より、外注することは困難ではないかと考えます。また外注先があった場合には、その外注先が輸入元でありあなたはその外注先より仕入れる一卸売商者もしくは小売業者の立場となります。化粧品の卸売り/小売に必要な許可はご自分でお調べください。
外注先がメーカー的立場になりますので、あなたがその外注先と独占販売の契約でも結ばない限り、外注先は他者にも当然販売可能です。

(2)、(3)について
輸入したものに対する製造物責任も引き受けることになりますので、あまり安くはならないと思います。(業界の人間ではありませんが、私個人ならどんなに安くとも数千万、数億はいただかないとそこまでやる気には・・・)

「個人事業主として事業」とのことですが、輸入代行というものも調べてみてもいいのではと思います。こちらの場合、購入者の責任で輸入しあなたは輸入手続きの代行という形になりますので、適用される法律も変わります。(うろ覚えですが、国内で承認されていない医薬品等も個人輸入できたと思います。当然麻薬等の禁止薬物は別ですが)

私は専門家ではないのでご参考までに。
(取引先の方が医薬品の輸入をやっておられたので、聞いたことを基にしております。)

(化粧品ではなく医薬品の話で申し訳ございませんが)まず、製造販売業は国内におけるメーカー(製造者)的な位置づけとのことです。このため、製品に関し問題発生時に回収/補償などの対応を行う責任があります。

このような製造販売業の責任を考えると「許可を持った企業に依頼(外注)」というのは難しいか、かなりお金がかかることになるのではと思います。(ご自分で、その...続きを読む

Q事業不振のため解雇されました。事業主が解雇予告手当を支給するとの事です

事業不振のため解雇されました。事業主が解雇予告手当を支給するとの事ですが、身内との裁判で現在私は給与の1/4を差し押さえをされています。今回支給される解雇予告手当は給与と同じで差し押さえ対象になりますか?

Aベストアンサー

失業保険給付金と新しい会社の給料債権は、差押対象外になります。


人気Q&Aランキング

おすすめ情報