特に足の浮腫みが日に日にひどくなっています。夕方にはパンパンです。何が原因なんでしょうか?

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (3件)

浮腫の原因については、循環器、泌尿器と考えなければなりませんが、朝からではなく、夕方から著明ということなので、問題のある既往歴のない方であれば多くは『下肢の筋力および運動の不足』『下肢からの還流血液の不足』ということが出来ると思います。



大腿部やふくらはぎの足の筋肉は第二の心臓と呼ばれることがあり、筋肉の収縮によって静脈の還流を補助的に助けています。しかし、運動不足や相対的な筋量の低下で十分に機能しないと還流できなかった血液のしょう液成分がたまりムクミとなって現れます。予防法としてはウオーキングなど下肢の筋肉を使うことを十分に行い、長時間の立ち仕事を避け(されるなら適度に休憩をとる)ることが基本で、下半身浴や下肢のサポーター使用、睡眠時の下肢の挙上などが工夫として上げられます。

問題なのは『日に日に』というところです。急激な変化がある場合は、先に挙げた問題のある既往…コレに引っ掛かる場合がありますので、内科医に診察をしていただく必要があります。問題がない状況でしたら、先ほどの工夫を試してみて下さい。一度は医師に相談しましょう。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

アドバイスありがとうございました。自分でも運動不足かな~座り仕事だし・・なんて思ってはいたんですが、ちょっと生活を改善してみたいと思います。それでも気になるようだったら、病院に行ってみようと思ってます。ありがとうございました。

お礼日時:2001/12/24 17:04

こんにちわ、フーと申します。


これだけの情報量では何ともですが、まず、基本的なことから。
むくみ(浮腫)はshu_sさんも書かれているとうり大きく分けると腎系浮腫(泌尿器系)、心系浮腫(循環器系)に分けられ下半身に顕著な方は主に循環器系です。

どちらも症状が進めば全身浮腫になりますが、初発は腎臓系統の場合は組織圧の低い所(瞼とか顔)に、循環器系統は下肢(下腿とか低い所)に出て来ます。

浮腫というのは静脈から水分が組織中に漏れだした状態ですから、静脈流が下から上に重力に逆らって登らねばならない下半身の方が出やすいわけです。

よって心臓に何らかの障害が起こった場合など、今まで無かったものが急に出て来たりします。(心臓というので怖がらないように。深刻かつ急激なものならそれどころではすんでないでしょうから)
一つの例として急激なものでなくても心臓弁膜症とか大動脈弁閉鎖不全とか状態によっては普通に生活できる疾患もありますので。

又shu_sさんが書かれている下肢の筋力、又運動不足でも助長されます。
これはは静脈の流れは心臓のポンプ作用だけでなく、血管に近接する筋肉が収縮弛緩し押し出されることで助けているんですが、それが弱まるためです。
病気でなくても心臓だって疲れはしますし、だから病気でなくても夕方、夜は足が浮腫む(靴が小さく感る)わけですし、事務職など座りっぱなしの仕事をされる方なら尚更です。

ですが、やはり「日に日に・・・」と言うのは気になりますね。
下肢の浮腫=心臓疾患というわけではないのですが大事をとって一度循環器系の医者さんに診てもらった方が良いでしょう。

それで何もなければ安心も出来ますしね。
その後は生活習慣の見直しで何とかなるでしょう。

PS、shu_sさんはあえて書かれなかったように読めますが可能性として早急でないにしろ危険があると判断して私はあえて書かせていただきました。

因みに私は医師ではなく、しがない鍼灸師ですので「診断」ではなく、あくまで評価、参考と言うことで。

では。


病気でなくても、普通夕方や夜の方が
    • good
    • 0
この回答へのお礼

アドバイスありがとうございました。多分、運動不足と座り仕事が原因かな~なんて、思いながらも気になってしまって・・。でも、フーさんの意見を聞いていろんな事が考えられるんですね。念のためにも、一度診察を受けに行こうと思ってます。ありがとうございました。

お礼日時:2001/12/24 16:52

以下の参考URLサイトは参考になりますでしょうか?


「腫張」
この中で特に「考慮すべきこと」「一般的な原因」「家庭での治療」「医師に相談」と関連リンク先を参考にしてください。

やはり一度早めに内科で受診されることをお薦めします。

ご参考まで。

参考URL:http://leo.city.naze.kagoshima.jp/housecall/cgi- …
    • good
    • 0
この回答へのお礼

見てみますね。ありがとうございました。

お礼日時:2001/12/24 16:56

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q腰痛が日に日にひどくなります

10日くらい前に会社でパソコンのコードに足をひっかけて 思いっきり倒れて そのときに机の角に
激しく骨盤をぶつけました。
(ちなみにそのときどこかにとっさにつかまった手のひらからは流血して最近やっと傷がふさがったところです)
骨盤の方は1,2日は痛みがあったのですが 打撲と思ってほうっておいたのですが 1週間くらいしてから
急に腰が痛くなり(足の付け根までひびいてくるくらいです)痛みが強いです。
骨盤をぶつけて腰が痛くなるなんていう 骨としての
関連性などって あるものでしょうか?

Aベストアンサー

背骨の下のほう(骨盤に近いほう)の椎間板(ついかんばん:骨と骨を繋いでいるクッションのようなもの)が変形して神経に当たっている可能性があります。
(↑脚がしびれて、とーっても痛いですよ(汗))

自分はぎっくり腰をやったことがありますが、いわゆる「ぎっくり腰」は「魔女の一撃」とも言われています。 質問者さんは実際に腰に一撃を食らっているわけですから、早めに整形外科を受診することをお奨めします。

もしかしたら、お年寄りのように腰を曲げている方が、まだましなのではないでしょうか。

寝る時は身体を横向きにして眠るか、座蒲団を二つ折りにして膝の下に置き膝を高くして眠ったほうが、多少は楽だと思います。 座蒲団が無ければ、古い枕かクッションでも良いですよ。

Qレジでアルバイトを始めたのですが、肩こりがひどいです…まだ三時間しかやっていないのに、毎回パンパンに

レジでアルバイトを始めたのですが、肩こりがひどいです…まだ三時間しかやっていないのに、毎回パンパンになります。
ベテランの先輩方、レジでの肩こり予防法、またはなってしまった時の改善方法を教えてください!

Aベストアンサー

緊張しているのでしょう。
休憩時間や終わった後ストレッチするといいですよ。

いつもお疲れ様です。

Q腰痛と腹痛があります、特に朝起きたときひどいです。

眠りが浅く、夢ばかり見て寝起き疲れています。
歯をくいしばる癖があります。
寝起きに腹痛と腰痛があり、無関係とは思えない感じの痛みです。
いつも痛みとだるさのせいで余計猫背になります。
腰をまっすぐすればお腹が痛みます。腰はずっと痛いというかだるく凝っている感じです。
婦人科に今日行ったら、内膜症も卵巣に異常もないといわれました。
内臓の病気でしょうか?何科に行くべきですか?
腎臓の病気でしょうか?(塩分が大好きです)

Aベストアンサー

こんばんは

総合病院で見てもらうか
内科か整形外科が良いと思います
虫歯はないですか?
鼻は詰まっていませんか?

総合病院でも良いと思います

お大事に

Q疲労感と軽い頭痛が続きます(特に朝がひどいです)。

ここ1~2ヶ月ほど、疲労感とかるい頭痛に悩まされています。
症状としては、
・朝目覚めた瞬間に疲労感がどっと押し寄せてくる
・こめかみから前頭部が軽く痛む
・首と頭の境目ぐらいがひどく凝る。
・一日軽い頭痛が続き、頭痛薬が効かない
・朝なかなか起きれない
などです。
かなり辛く、朝がしんどいので憂鬱です。
血圧は、ばらつきがあるのですが、正午で最高血圧115mmHg最低血圧70mmHgくらいです。
とりあえず、今晩グッスミンを飲んでみようと思っているのですが、
何か思い当たるような原因や、改善方法はあるでしょうか?
もしこれ以上続いて病院にいくようなら、内科でいいのでしょうか?
日常生活に支障が出るので、困っています。
アドバイスをお待ちしています。

Aベストアンサー

こんばんは。
それ、疲労と肩凝りからくる頭痛じゃないでしょうか?
私は肩や首がひどく凝ると頭や腕、歯まで痛くなる事があります。意外と体全体に響くみたいで、朝からつらいこともよくあります。
疲労感もあるとのことですし、一度マッサージか整体などを受けてみたらどうでしょうか。
びっくりするくらい体が軽くなることがありますよ。
(凝りが原因じゃ無い場合はあまりききめはないかもしれませんが…)

Q1、2ヶ月ほど前から頭痛が酷いです。 特に起きたときや、イライラしているときの痛みがひどいです。なに

1、2ヶ月ほど前から頭痛が酷いです。
特に起きたときや、イライラしているときの痛みがひどいです。なにか改善する方法はあるでしょうか?

Aベストアンサー

肩こりでも頭痛が起きるみたいです。
スマホをしょっちゅう覗いていて前かがみが続くと姿勢も悪くなりますしね。
入浴剤を入れた湯船にゆっくりとつかるのはいかがでしょうか。
それで治らなければ、医師に見てもらうのがいいと思います。


人気Q&Aランキング

おすすめ情報