日本の証券会社には、決済機能が認められているんでしょうか?

「決済機能」というのは、公共料金を銀行で自動支払いで引き落とすこと、、、
というくらいにしか知らないのですが、証券会社でもこのような
公共料金の自動支払いとか、クレジットカードの支払いとかが
できるんでしょうか?

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (1件)

diana36さんこんにちは。



出来ます。
規制緩和(金融ビッグバン)の一環として
「総合口座」が証券会社にも認められたのだとのこと。

詳しくは参考URLのページにとんで頂いて、
ページの下の方、「ステップアップ」という緑の帯以下を
参照して頂ければと思います。

参考URL:http://ekimae.toshiba.co.jp/biz/kabu/body03.shtml
    • good
    • 0
この回答へのお礼

「diana36さんこんにちは。 」
と呼びかけられて、知ってる人なのかとドキッとしました。
回答することなく、聞いてばっかりの人間なので、
「まだ聞くのか?!」といわれたのかと?

そういえば、某生命保険も何年か前に織田信長のCGで総合口座が出来るとか
CMをやってましたよねぇ。
あれも、決済機能なんでしょうか。

そうだったんですか。
私の知らない間に、金融業界はずっと進歩してたんですねぇ。
それなら、銀行の不良債権問題が解決しない限り日本の経済再建はない、
とはならないような気もするんですが、、、。
危ない銀行はほっといて証券会社から融資を受ければいいのに、とも思うんですが。

まぁ、それだけ銀行の傷が深いということなんでしょうか?

疑問解決です。どうもありがとうございました。

お礼日時:2001/12/25 07:55

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q都市ガス(公共料金)の利益について

都市ガスなどの公共料金は経済産業省が決めていると聞きましたが、
料金を決めるだけなのでしょうか。
どれだけの都市ガスが売れたのか、どれだけの売り上げをあげたのかまでは見ないのですか?
また都市ガスの売り上げは全部大阪ガスなどのガス事業者のものになるのですか?
パイプラインなどのメンテナンス費などはかからないのでしょうか?
これもガス事業者が負担しているのですか?

Aベストアンサー

都市ガスの話です。

>料金は経済産業省が決めていると聞きましたが

経産省は決めてないです。昔は許認可制でした。ガス会社が、これこれこんだけのコストがかかって、これこれこんだけの設備投資が必要で、だからこの料金にしたいと申し出て、経産省が高いの安いの言って折り合うわけです。
今は規制緩和で、届け出制になりました。しかし届け出制になったから好き勝手な値段をつけられるわけではなく、むしろ自己規制が働かされるような仕組みになっています。

料金面に限らず、かつては法や通達、許認可されたことさえ守っていれば、結果として発生した問題については「だって経産省がこれでいいって言ったじゃない」と開き直れました。今は規制緩和がかなりすすんでおり、しかしそれは「問題がおきないよう、自分たちで考えて行動しなさい」ということですので、結果として問題が発生すれば、「何をやってたの」とお仕置きをくらいます。

>都市ガスの売り上げは全部大阪ガスなどのガス事業者のものになるのですか?
そうです。一般企業といっしょです。税金をもっていかれるのもいっしょです。

>パイプラインなどのメンテナンス費などはかからないのでしょうか?
かかります。莫大にかかります。私有地以外の埋設管はすべてガス事業者等の資産です。ガスが漏れているかどうかの検査、漏れた場合の補修、老朽管の入れ替え、すべて所有者であるガス事業者等が負担します。
ガス事業者等と表現したのは、ガス会社にパイプラインを通じてガスを卸している会社や、託送といってパイプラインを貸す会社もあるためで、質問者さんの考えているガス会社とはたぶん概念が異なるでしょうからこう記しました。

余談ですが、個人宅の敷地内のガス配管もガス事業者の資産である、よって改修等の費用を含む維持管理責任はガス事業者がすべきと誤解している方もたまにいますが、違います。道路を境に敷地内側は個人の資産ですので、維持管理責任も個人にあります。
一方で法により敷地内のガス設備の点検がガス事業者に義務付けられているため、すべてがガス事業者におんぶにだっこでよいと誤解されています。

都市ガスの話です。

>料金は経済産業省が決めていると聞きましたが

経産省は決めてないです。昔は許認可制でした。ガス会社が、これこれこんだけのコストがかかって、これこれこんだけの設備投資が必要で、だからこの料金にしたいと申し出て、経産省が高いの安いの言って折り合うわけです。
今は規制緩和で、届け出制になりました。しかし届け出制になったから好き勝手な値段をつけられるわけではなく、むしろ自己規制が働かされるような仕組みになっています。

料金面に限らず、かつては法や通達、許認可され...続きを読む

Q有価証券評価損と有価証券含み損益の違い

新聞を見て疑問に思い質問させて頂きます、有価証券評価損と有価証券含み損益の違いを教えて下さい。

Aベストアンサー

有価証券というのは、株券や社債などのことですが、これらは市場取引により価格が時々刻々と変化します。

A社がB社の株式を買った場合、B社の株式の価格は時々刻々変化しますから、株価が上がれば得をしますし、下がれば損をします。しかし、利益や損失というのは売ってはじめて利益や損失になるわけです。5000円で仕入れた商品は10000円で売ってはじめて5000円の利益になるわけです。仕入れただけでは利益になりません。それと同じです。

しかし、現実に株価が変化しているわけですから、表には現れていないけれども、損失や利益が生じているわけです。これを含み損とか含み益とか呼びます。
含み損や含み益は、まだ株券を売っていないので財務諸表には反映されません。でもこれが大きくなると、会社の資産が変化しているわけですから、やはり財務諸表に載せて会社の業績に反映しなければなりません。
そこで保有している有価証券の評価替えをします。これが評価損です。



結局、財務諸表に反映させているものが評価損で、反映させていないものが含み損とお考え下さい。

Q日航コーディアル証券から買った国債の証券はどうなるのですか

私は、国債も株もわからないのですが、昨年、日航コーディアル証券から国債を購入したのですが、預かり証券で、手元には何もいただいておりません。数ヶ月に一度、取引残高報告書が届くだけです。最近の新聞報道で、日航コーディアル証券が株式上場廃止などと掲載されていますが、もし株式上場廃止となれば、私の預けている国債はどうなるのでしょうか。もし倒産すれば、どの会社が引き継ぐことになるのでしょうか。高額買い物なので不安です。まったくの素人ですので、よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

上場廃止になっても、倒産するわけではないので
まずは、安心してください。
日航コーディアル証券という株を買えなくなるだけです。

また、仮に倒産した証券会社が合った場合、
保護預かりしているものは、すべて証書が
手元にくることになります。

なので、安心してていいですよ。

Qプラウドブランドの野村不動産はあのいかがわしい証券会社の野村証券会社で

プラウドブランドの野村不動産はあのいかがわしい証券会社の野村証券会社でしょうか?

ネットでいくら捜しても痕跡がみつからないので、株屋が親会社ならみなさん不安に思うし
信用のために隠しているのでしょうか?

Aベストアンサー

>>はあのいかがわしい証券会社の野村証券会社で

何がいかがわしいのですか?

>>株屋が親会社ならみなさん不安に思うし

別に不安に思いません。むしろ、バックに大手を持たない独立系の不動産会社よりも安全です。

>>ネットでいくら捜しても痕跡がみつからないので

探し方が悪い。簡単に見つかります。

>>信用のために隠しているのでしょうか?

隠してないし。

Q銀行と証券会社の違いはなんでしょうか。

銀行と証券会社の違いを教えてください。
貯蓄から投資の流れの中で、証券会社の役割はますます大きくなるだろうと言われていますが、実際銀行でも保険も投資信託も売れるし、株もそのうち売れるようになる(もう売れる?)ので、違いがよくつかめません。
銀行は預金を行っているという点で、証券会社とは違うと思いますが、そのほかに投資に関わる部分で何か違いはあるでしょうか。
知識がないのでわかりやすく説明してくださると助かります。
宜しくお願い致します。

Aベストアンサー

銀行も保険会社も証券会社も、金融商品を扱うという点では同じですが、扱い方が異なります。

・銀行
資金を集め、その資金を元手に貸し出しを行います。集められた資金は、預けた側から見れば預金ですので、金利をつけて銀行が返すことになります。
また、決済手続きのための当座機能(小切手・手形など)は銀行にしかありません。

・証券会社
資金を集めるのではなく、顧客の株取引の仲介を行い、取引手数料で利益を出します。
また会社の株式上場などのとき、新株の引き受け(引き受けて顧客に販売する)ことなども行います。
証券会社は東京証券市場などの取引資格を有しています。
ちなみに、上場企業などの株による資金調達だけを専門に行うものに、投資銀行というもものありますが、銀行といっても内容は証券会社に似ていて、自己資本をあまり持たないために銀行といいます。
(証券会社は自己でも取引を行うため、資金・株などを持っています。これが会計上資本とされます)

昔は銀行の役割と証券会社の役割はちがったのですが、今では会社の資金調達という点から見て、どちらか有利なほうを選んだりしますので、垣根が低くなっています。

銀行も保険会社も証券会社も、金融商品を扱うという点では同じですが、扱い方が異なります。

・銀行
資金を集め、その資金を元手に貸し出しを行います。集められた資金は、預けた側から見れば預金ですので、金利をつけて銀行が返すことになります。
また、決済手続きのための当座機能(小切手・手形など)は銀行にしかありません。

・証券会社
資金を集めるのではなく、顧客の株取引の仲介を行い、取引手数料で利益を出します。
また会社の株式上場などのとき、新株の引き受け(引き受けて顧客に販売す...続きを読む


人気Q&Aランキング

おすすめ情報