洗顔はぬるま湯で、すすぎは水で肌を引き締めると信じて、冬もすすぎは水でしていたのですが、すすぎもぬるま湯でいいとか?
その後の化粧水は手にとってぺたぺた何度もたたいていたんですが、それも良くないとか?(毛細血管を傷つける)
私は肌が弱く、頬の毛細血管が浮き出ている。
乾燥肌の朝の洗顔は、石鹸を使わないでぬるま湯ですすぐだけでいいとか?
マッサージは不自然なしわを作るとか?
どっちが正しいのか教えてください。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (4件)

こんにちは。


まず、洗顔はぬるま湯で、すすぎもぬるま湯でやるのがいいですね。
ぬるま湯というのは32度から35度程度で
お湯かもわからない程度の温度です。
洗顔は朝・晩の2回、石鹸で洗いそのとき、
すすぎは十分にちゃんとやってください。
あまりに乾燥がひどい場合、かぶれているときなど
トラブルがあるときは、お湯だけの洗顔になりますが。
完全に石鹸がおちた後、開いた毛穴を引き締めるということで
お水でやるのはいいと思います。

マッサージについては、「しわ」が増えることもあります。
本来マッサージは、血行をよくしお肌をきれいにするためのものですが
素人がやると、余分な力が入りすぎる為に、
かえってお肌に負担をかけてしまうことがあるからです。
それは洗顔の時も同じです。
必要以上にこすりすぎ、お肌の状態を悪くしている人が多いですね。

もし、ご自分でやる場合は、指のすべりをよくするために
市販されているジェル状のものをおすすめしています。
今は血行促進のため「ビタミンE」の粒が配合されているものがあります。
マッサージをしていると、その粒がなくなり、
「マッサージ終了」の目安になるのです。

お化粧水についても、何度も叩く必要はないです。
そのお化粧水によって、使い方も多少変わりますが
普通の保湿のものであれば、手のひらでなじませれば大丈夫です。
収斂化粧水は、コットンに取り、軽く叩くようになじませます。
たたくのは、お肌の負担になるだけです。
裂けるコットンにお化粧水をたっぷりと含ませ
「コットンパック」をやるといいですよ。
お休みの日など、お風呂の後、リラックスしているときにやると効果倍増です。
その後、普通のお手入れをします。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

わかりやすく完璧なお答えありがとうございます。

お礼日時:2001/12/25 20:31

以前にも他で投稿したことがあるのですが、現代人は洗顔のしすぎです。


洗顔料を使用すれば使用するほど下地化粧品が必要になります。

美しい肌は健康づくりからが基本中の基本。これが一番。

女性の場合、メイクを落とす場合はクレンジングは必要となります。
さらにクレンジングを落とすためには洗顔料が必要になるでしょう。

しかし皮脂腺からの皮脂だけであれば男女を問わず水でも充分におちてしまいます。

事実、私(男性)は朝の洗顔(固形石鹸で先発後その泡で顔を洗う)を1日1回。
夏は、夜水洗いだけです。

「フーさん」もおっしゃるように自分の身体は自分自身がコントロールします。

以前は化粧品関連のセールスマンでしたが、化粧品は極力使用しないのが一番のスキンケアと考えてください。

そして私は、水屋です。その立場で言わせていただくとよい水は美しい肌をつくるひとつの因子です。
水道の水で洗顔をしているのでしたらまずよい水にしてみましょう。

簡易式でも「可」ですが浄水器は必需品です。あるいは洗面器の水やお湯に一つまみの煎茶(安価で充分)を入れてすすぎをするとグットです。
無論お風呂にもこの手はつかえます。(その時はガーゼなどに包んでください)

さらに、身体へはよい水をあたえてあげましょう。
よい水は、水分の代謝を促進させ細胞に潤いをあたえます。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

どこかの化粧品メーカーの宣伝では、洗顔をしっかりしなさいと、石鹸を替えてまで洗いまくっていましたよね。
肌はこすりすぎないほうがいいとも言うし、何を信じていいのかと思うことだらけです。

お礼日時:2001/12/24 17:40

こんにちわ、フーと申します。


男性の鍼灸マッサージ師です。

よって美容関係は女性に任せるとして基本的なお肌の管理について考察を。
女性ですから化粧品の選び方使い方や何かしらのアプローチをした方が肌が綺麗にになると思われるのは当然ですが、その殆どが「肌を綺麗に見せる」ためのものですから普段の洗顔を心がけることは非常に良いと思います。

ただぬるま湯とか水とか使い分ける意味は正直何故か分かりません。
サウナでもそうですが暖めた後に冷水を浴びたりすると確かに肌が引き締まった感じはします。
でも血管的には温刺激で開いた物が急激に冷却されて収縮してしまいます。
肌の潤いを保つ皮脂腺(皮膚の油分を分泌する腺)だって血管から栄養を貰っているわけですからあまり良いとは思えないですね。
それにそういった意味での洗顔でしたら皮脂腺や毛穴の汚れを取る最小限にしないとかえって油分を奪って良くないのでは?
(余分な分は取って必要量残すと。美容では常識?)

化粧水なる物がどういう物か私には分かりませんが、乾燥肌を言われていますので後ちょっと保湿液(乳液)について。
使っている人は付け過ぎは厳禁です。
私達の身体は必要なものは補おうとします(運動選手の筋肉とか)が、逆に不必要な物は極力省こうとします。
まず機能が減退し、その状態が続けば萎縮が起こり機関自体が小さく細くなります。(長期間ギプス固定後の筋肉とか)

何の話だ?と思われるかもしれませんが、保湿液を長期間付け過ぎると、これが起こるんです、本来私達の肌を潤してくれている皮脂腺に。
なぜなら液によって外部から油分を補填されているので皮脂腺が分泌する必要がないからです。
よって保湿液を付けないと急には自身の皮脂が分泌できずガサガサ。
これが機能低下ですんでいる内は良いんですが皮脂腺が萎縮してしまうと、保湿液無しでは常にガサガサ。
付ければ付けるほど乾燥肌になるわけです。
保湿剤はお肌が乾燥している時(乾燥気味の冬とか)だけ皮脂を補う意味で最小限に。
あとここからが私的に重要ですが体の状態を常に健康に保つと言うことです。
当たり前ですが多少の化粧なんて体調不良の時は消し飛んでしまいます。
(徹夜したり病気の時化粧のノリが悪いので経験済みだと思いますが)
美容と健康は切り離して考えず、まず規則正しい生活を心がけ病気しない事こそが肝要です。
特に最近ですと風邪などひかれないように。
肺疾患は皮膚の状態に顕著に現れますので。
(東洋医学的な見方ですので医療系の人はつっこまないように)

しかし美容器具や化粧品と言うのは、余り健康面や医学的なことを考えていないようで閉口しますねぇ。「何の意味が?」ってのが多すぎます。

では。
(くどくなって申し訳ない)
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます。乾燥肌だからと多めにつけ過ぎていました。

お礼日時:2001/12/25 20:26

洗顔はぬるま湯がいいですが、できればすすぎもぬるま湯の方がいいです。


洗顔料などを落としきらないうちに水で洗うと毛穴に洗顔料が残ってしまう可能性があるからです。
洗顔料を落としきってから仕上げに水で毛穴を引き締めてください。

他は・・・朝の洗顔はぬるま湯だけでいいか、洗顔料を使った方がいいか、ですね。
これはどっちもききますよねぇ。
結局どっちがいいんでしょう?
寝ている間に出る脂分などを落とすために洗顔料を使った方がいいらしいとはききますけどね。

マッサージはクリームなどをつけないで行うと肌をいためる可能性があります。
できれば専用のクリーム(マッサージ用クリームなど)を使ってマッサージした方がいいですね。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます。肌にトラブルが多いので、最近は最低のことしかしていないです。それまではいろいろなことし過ぎて、お金もかかりました。

お礼日時:2001/12/24 17:15

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!


人気Q&Aランキング

おすすめ情報