質問投稿でgooポイントが当たるキャンペーン実施中!!>>

写真の勉強で鶏卵紙という印画紙を作ろうと思っています。
塩を加えた卵白を塗った紙に、水に溶かした硝酸銀を上塗りすることで鶏卵紙ができるらしく、硝酸銀を薬局で購入しなければならないのですが、そもそも硝酸銀というのはどのように作られているものなのでしょうか?
「AgNO3の劇物」ということですが、普通の銀と硝酸銀はどのような性質の違いがあるのか教えてください。
化学の知識がまったくないので、銀と硝酸銀の作り方を教えていただけると助かります。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (6件)

> どうして銀の中でも硝酸銀なのか、わかりませんが。



下記参考URLを見ていただくとわかりますが、実際に鶏卵紙上で感光するのは
塩化銀になります。
「だったらなんで最初から塩化銀で作らないの?」と思われるかもしれませんが、
最初から固体だと均一に分散させるのが難しく(塩化銀の溶解度は極めて低い)、
均一に分散できないと均一に露光できなくなるから、です。

> これと似たような反応をする比較的安全な物質ってないものなのでしょうか?

これも参考URLに出ていますが、鉄塩を利用した「サイアノタイプ」というものも
あります(「サイアノ=シアノ」で、ヘキサシアノ鉄(III)酸塩を使用した感光材料)。
安全性で言えば、こちらの方が圧倒的に安全でしょう。
(硝酸銀で黒くなるのが手ぐらいならまだいいのですが、眼に触れたらアウト。
 実際使ってみるとわかりますが、うっかり手で触ると、急いで洗ったとしても
 翌日にはほくろより真っ黒な斑点が出ますので・・・)


専門の方がついての実験であれば、恐らくその場で注意がされると思いますが、
手袋・ゴーグルなどの保護具の着用、実験後の実験台の水拭きなど、
いつも以上に注意して行って下さい。
(私は硝酸銀を使った後は、一旦手袋をしたままで手を洗い、水道栓も洗ってから
 手袋を外すようにしていました。うっかり手袋についたのを手につけたりしても
 いやだったので・・・)

参考URL:http://www.edu.pref.ibaraki.jp/board/gakkou/kouk …
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます!
とても助かりました。
サイアノタイプなんてあったんですね。
参考URLもわかりやすくて非常に勉強になりました。

お礼日時:2006/01/17 14:00

#4さんは硝酸銀が液体であるとしていますが、


硝酸銀は無色(白色)結晶の固体です。
酸化力はあります。硝酸塩に共通する性質ですね。

硝酸銀はご自分で作らなくても購入した方がよっぽど早いです。売ってくれるかは別問題です。薬局でご相談ください。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます。確かに一度見た時は「結晶の固体」でした。
硝酸銀は署名捺印をすれば購入はできるということです。

お礼日時:2006/01/17 13:49

まず硝酸銀とは第六類の危険物の酸化性の液体である。

取り扱いはけっこう難しい。ほかの有機物や強酸物やアルカリ金属などと混ぜないように。それと薬局以外でも入手が可能だと思います。それとあなたはこれらの薬品を扱えるような免許をお持ちですか?普通の銀は単体で使用しますが、硝酸銀は銀メッキに使用します。銀そのものは粉末で売っているのでそのまま使用が可能。硝酸銀は硝酸に銀を入れるのではなく、銀に希硝酸を注いで作る。

この回答への補足

ありがとうございます。
ということは希硝酸そのものがすでに危険物なわけですね。
今回は私が扱うわけではないのでいいのですが、硝酸銀など、銀を扱うための免許はどのようなものがあるのでしょうか?

補足日時:2006/01/17 13:43
    • good
    • 0

>性質としての「少しづつ酸化して黒くなる」という反応なんですが、これと似たような反応をする比較的安全な物質ってないものなのでしょうか?



「少しずつ酸化して」とは錆のことですよ。錆が金属の酸化物であることはもはや常識です。
錆びる比較的安全な物質は銀ですね。だから銀歯に使えるんです。

この回答への補足

銀だけなのでしょうか?

補足日時:2006/01/17 13:39
    • good
    • 0

銀の製法:銅や鉛の電解精錬時に発生する陽極泥(+電極下に沈殿する泥)から粗銀を取り出し、これを陽極にして電気分解し、陰極に銀を析出させる。


硝酸銀の製法:銀を微粒子にし、硝酸を徐々に加えながら加熱する。出来た硝酸銀溶液を精製濃縮して再結晶化する。
銀の性質:貴金属。電気、熱の良導体。貴金属では比較的酸化し易く、中世ヨーロッパでは「毒が入っていると変色する」と信じられていた。
硝酸銀の性質:毒劇物。水に溶け、反応性(光反応、酸化作用)に富み、腐食性がある。
#1の方もおっしゃっていますが、硝酸銀を扱うのは止めた方が良いです。普通の薬屋さんでは入手できませんし、入手できる場合も毒劇物の管理責任が発生します。
硝酸銀は普通では製造できません。専門の設備(除毒含む)と知識が必要です。

この回答への補足

硝酸銀は写真の授業で使うので大丈夫です。(専門家がいるので)
手に付くと皮膚が黒くなる、と言われましたが・・・。
調べてみると、鶏卵紙は始めから硝酸銀を使っていたようです。どうして銀の中でも硝酸銀なのか、わかりませんが。

補足日時:2006/01/16 18:49
    • good
    • 0

硝酸銀の主な性質は下記URLをごらんになれば良いと思います。

非常に激しい性質を持っていますから、ゆめゆめ自分で作ろうなどと思わないでください。試薬としては高価な部類です。

銀は貴金属で非常に安定なものです。少しずつ酸化されて黒くはなりますが。

この回答への補足

ありがとうございます。
参考URLはすでに見ておりました。
性質としての「少しづつ酸化して黒くなる」という反応なんですが、これと似たような反応をする比較的安全な物質ってないものなのでしょうか?

補足日時:2006/01/16 18:46
    • good
    • 1

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q硝酸銀って、どこに行けば買えますか。

硝酸銀を50gぐらい買いたいのですが、どんなお店に行けば手に入るのか、どなたか知りませんか。写真フィルムの現像なんかに使う薬品です。

Aベストアンサー

「売ってる」といっても在庫としては置きません。
店に置いておいても劣化するだけで買う人居ないので取り寄せ可能というだけです。

確実に入手したいようでしたら化学薬品会社の販売代理店に問い合わせて下さい。

参考URL:http://www.wako-chem.co.jp/link/index.htm

Q硝酸銀水溶液について・・・おねがいいたします。

中学1年です。

 理科の水溶液の勉強で「硝酸銀水溶液」というのがあるのですが、わたしの中ではその水溶液がなんなのか分かりません。
 辞書で調べると、「硝酸」とまでしか載っていなく、パソコンで調べると、内容が今一分からず結局なんなのか分かっていません。

 どなたか、中1でもわかるような説明で、「硝酸銀水溶液」の説明をしていただけないでしょうか。
 よろしくお願いいたします。 

Aベストアンサー

まずは元素の理解ですね。元素と原子、あと単体をきちんと区別して理解するのが化学の最初の課題かと思います。
 他の方のご回答にもあるように、
「硝酸」とは、化学式HNO3で表される酸性の物質です。一方で、化学式NO3-(一価の陰イオン)で表される「硝酸イオン」と呼ばれるものもあったりと慣れないうちは何がどうなんだかさっぱりな気持ちはよく分かります。これから関心を持ちつつ勉強してゆけば、自然に身につきますから焦らないでね。

本題ですが、「硝酸銀」とは、先の「硝酸」の水溶液に銀(Ag)を投げ込んだ時に出来る化合物のことです。決して投げ込まないでね。

Ag+ + NO3- → AgNO3となります。これが、「硝酸」の水溶液に銀を入れた時の変化です。何となくでもお解りいただければ幸いです。

Q硝酸銀について

2ヶ月前ぐらいに、実験で硝酸銀を扱った時に誤って手に付着させてしまいました。
(手袋をしておくべきでしたが、その時はしていませんでした)

急いで手を洗ったのですが、その日の終わりに気づいたら手に黒い斑点ができており、洗ってもなかなかとれませんでした。仕方なく、軽石でこすり続けてようやくとれたのですが、次の日、手をみたら、また斑点が復活していたのです。。。(泣)

これをまた軽石でこすって落としてからは、斑点はでなくなりましたが、何か他にも害があるのではないか、と今でも心配になります。

硝酸銀の毒性について知っている方がおられましたら、教えてください。
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

「国際化学物質安全性カード」が参考になると思います。
(ページ下方の『重要データ』欄の「短期暴露の影響」
 「長期または反復暴露の影響」の部分など)
 *上下二段に分かれているので、お見逃しのないよう・・・。

硝酸銀;
http://www.nihs.go.jp/ICSC/icssj-c/icss1116c.html
銀(単体);
http://www.nihs.go.jp/ICSC/icssj-c/icss0810c.html


・・・経験的には、黒斑は放っておいても1~2週間程度で消えたと
思います。
気になるようでしたら、所属機関内の保健施設(大学でも企業でも
設置されていると思います)に相談するのがよいでしょう。

なお、通常の皮膚なら、細胞更新で消えてくれるので(極少量なら)
まだいいのですが、万が一目(角膜)に触れると失明の危険が
大です。
手袋と共に、ゴーグルの着用も忘れないようにして下さい。


*余談;
 銀はイオン化傾向の小さい金属ですので、銀イオンは酸化剤として
 の働きを持ちます(対となる陰イオン又はキレート剤にもよりますが)。
 黒色になったのは、皮膚中のアミノ基などが銀イオンに酸化されて
 ラジカルカチオンなどになり、芳香族環を持つアミノ酸(トリプトファン、
 フェニルアラニン)等と反応し、これが長鎖化したものと思います。
 (p-フェニレンジアミン誘導体等と銀イオンの酸化還元によって色素を
  生成させる「カラー写真」の発色現像の原理と同様。
  但しこの場合は、アミン酸化物と反応する物質が別に存在し、
  長鎖化ではなく特定色素の形成で発色します。
  (黒変は、どちらかというとタール化に近いイメージかと))

「国際化学物質安全性カード」が参考になると思います。
(ページ下方の『重要データ』欄の「短期暴露の影響」
 「長期または反復暴露の影響」の部分など)
 *上下二段に分かれているので、お見逃しのないよう・・・。

硝酸銀;
http://www.nihs.go.jp/ICSC/icssj-c/icss1116c.html
銀(単体);
http://www.nihs.go.jp/ICSC/icssj-c/icss0810c.html


・・・経験的には、黒斑は放っておいても1~2週間程度で消えたと
思います。
気になるようでしたら、所属機関内の保健施設(大学でも企業でも
設置...続きを読む

Q銀は硫酸に溶けますか?

表題の通りです。
銀は硫酸に溶けますか?
それと硫酸に溶けない金属って金だけでしたっけ?
よろしくお願い致します。

Aベストアンサー

皆さんできるだけ正確な回答をお願いします。
銀が溶けるのは「熱濃硫酸」です。その名の通り熱した濃硫酸です。
私も常温の濃硫酸に銀を入れてみましたが何も起こりませんでした。
反応式は以下のとおりです。
2Ag + 2H2SO4 → Ag2SO4 + SO2 + 2H2O

あと、金や白金(できるだけプラチナと呼ぶのは避けましょう)は熱濃硫酸には溶けません。
水銀は溶けます。

Q銀溶液の廃棄方法について

現在銀の定量試験をしているのですが、その際の検量線の作成のために、1ppmと8ppbの標準溶液を調製しています。その廃棄方法なのですが、何か特別な廃棄方法が必要ですか?1ppmくらいなら普通に流しても問題ないでしょうか?化学についてはど素人なもので・・・。よろしくお願いします。

Aベストアンサー

硫酸銀溶液か硝酸銀溶液をお使いですか??
両者とも食塩で銀の沈殿を作って一晩おいて置いたら沈殿が沈むので上澄みを流したら良いと思います。

銀の沈殿は貯めて置いて薬品会社に売ることも出来ますよ

全然違う物質だったらごめんなさい。

Qジアンミン銀(I)イオンの反応

塩化銀にアンモニア水を加えるとジアンミン銀(I)イオンと塩化物イオンが生じます。その後に白色沈殿が出来るまで硝酸を加えます。
そのときの反応式はどういったものになるんですか?
詳しく教えてください。

Aベストアンサー

AgClは白色の沈殿で難溶塩の一つです。これに過剰のNH3を加えると、
AgCl + 2NH3 → [Ag(NH3)2]^+ + Cl^- の錯体生成反応が進んで
沈殿は溶解します。ここに強酸であるHNO3を加えていくと塩基である
NH3と中和が進むため、錯イオンが壊れてAg^+は再びCl^-と
結びついてAgClの白色沈殿を作ります。
[Ag(NH3)2]^+ + Cl^- + 2HNO3 → AgCl↓+ 2NH4^+ + 2NO3^-

Q硝酸銀で手が真っ黒

昨日実験中、タイトルにあるように硝酸銀水溶液を瓶に移し替える時、薄い手袋をしていたのですが一部破れていたために手の平に100円玉程の真っ黒の跡がついてしまいました。

ひたすら擦る以外に元に戻す方法をご存知の方、回答お願いします

Aベストアンサー

 適当な濃度(5%ぐらい?)のアンモニア水溶液で洗えばとれるはずです。銀がアンモニア錯体になって溶けるためです。

 簡単には,おしっこかければOKです。

Q硫酸の処理について

カテゴリが分からずこの欄をお借りしました。間違いならご指摘下さい。再度お尋ねします。
さて、教えていただきたいのは、縁の下から硫酸が5~60CC程度、ビンに入って発見されました。さび止め薬品と同じ箱に一緒になっています。さび止めに使ったのでしょうか。これを捨てたいのですがどのように処理したらいいかアドバイスお願いします。

Aベストアンサー

硫酸・・これはどのようなものでしょう。濃硫酸ですか、希硫酸ですか。違いによって処置が若干違います。
ビンの中の状態が水と全く同じなら、希硫酸。少しトロッとしたようなら、濃硫酸。
本来なら、希釈して中和廃棄となるのですが、少量なので、基本的には水で希釈して廃棄でしょう。
希硫酸なら、適当な容器に入れ、どんどん水をかけましょう。そのまま、地下浸透。
濃硫酸でも同じですが、水の中に硫酸を入れるのが原則です。硫酸中に水を入れると跳ね返り大怪我をすることになる可能性が残ります。(怖がって少しずつが危ないのです。)地下浸透が可能なら、容器(大きな洗面器など材質は何でも構わないでしょう。)の中に硫酸を入れ、離れたところから、ホースでこれでもかというぐらい水をかける。(出来るだけ離れて遠くから。これなら、硫酸に水をかけても危険はありません。←今回の量ならという条件付で)
濃硫酸の場合、布に染み込ませるのは危険です。(布が燃える可能性も有ります。)
下水道も家庭には浄化槽がありますので、あまり高濃度は問題(浄化槽に)が発生しますので、少しずつと言うことで行って下さい。
廃棄する時は、くれぐれも体に掛からないように注意してください。

硫酸・・これはどのようなものでしょう。濃硫酸ですか、希硫酸ですか。違いによって処置が若干違います。
ビンの中の状態が水と全く同じなら、希硫酸。少しトロッとしたようなら、濃硫酸。
本来なら、希釈して中和廃棄となるのですが、少量なので、基本的には水で希釈して廃棄でしょう。
希硫酸なら、適当な容器に入れ、どんどん水をかけましょう。そのまま、地下浸透。
濃硫酸でも同じですが、水の中に硫酸を入れるのが原則です。硫酸中に水を入れると跳ね返り大怪我をすることになる可能性が残ります。(怖...続きを読む

Qタンパク質の変性

卵白6倍希釈液に濃塩酸を数滴加えると白く濁りました。
また、卵白希釈液にエタノールを静かに加えると境界面は白い膜ができ、2層に分かれました。これを混合すると、白く濁りました。
卵白希釈液を加熱沸騰すると白い塊と透明な液に分かれました。
  この3つの実験で、卵白が変性して何が、どうなったのでしょうか?
基本的な質問で、すみません・・・(>_<)

Aベストアンサー

> 濃塩酸を数滴加えると

酸変性ですね。
蛋白質の立体構造には、アミノ酸の配列(一次構造)だけでなく、
蛋白質内での水素結合やイオン結合なども大きく影響しています。
ここに酸が加えられると、例えば

  -COO^-・・・NH3^+-

の形でイオン結合していた部分は

  -COOH  NH3^+-

となって結合できなくなるため、立体構造が変化します。

> 加熱沸騰すると

熱変性ですね。
この場合は、蛋白質分子の熱振動によって、蛋白質内部の
イオン結合や水素結合が切断されることで立体構造が変化します。


> エタノールを静かに加える

この場合は、蛋白質を水和させていた水がアルコールに奪われる
ことにより、やはり上記の蛋白質内部の結合が切断されます。
また、水和水が奪われることも析出の原因になります。


下記URLが参考になると思います。

参考URL:http://ja.wikipedia.org/wiki/%E8%9B%8B%E7%99%BD%E8%B3%AA

Q銀鏡反応の詳しい実験の仕方

はじめまして、私は美術大学に通っている者です。
卒業制作でガラスに銀鏡反応を起こして作品作りをしたいと思っています。
実験の仕方について、大体は、インターネット等で調べることができたのですが、詳しい薬品の濃度や、分量などが分からないので、銀鏡反応の実験をしたことのある方、実験例をご存知の方、是非教えてください!

使用する物は、
・硝酸銀水溶液
・アンモニア水
・ホルムアルデヒド40%水溶液(ホルマリン)

を使い、硝酸銀水溶液にアンモニア水を、褐色の沈殿ができて消えるまで加えアンモニア性硝酸銀水溶液を作ってから、ホルムアルデヒドを少量加え、55度くらいのお湯で温めていく方法でやろうと思っています。

特に硝酸銀水溶液とアンモニア水の濃度があまり情報が無いので、お願いします!

半径3センチ、高さ20センチくらいの円柱を外側から反応させたいと思っているのですが、(内側から覗くと鏡面が見える状態)どのくらい量が必要なのかももしお分かりでしたら教えてください!高いかな~??

そしてそして、反応が終わった後の、酸化を防ぐペイント等塗布について、何か良いものがあったら教えてください~。ラッカーが良いという情報を見たことがあるのですが・・・。

色々分からなくて申し訳ないです。
よろしくお願いします!!

はじめまして、私は美術大学に通っている者です。
卒業制作でガラスに銀鏡反応を起こして作品作りをしたいと思っています。
実験の仕方について、大体は、インターネット等で調べることができたのですが、詳しい薬品の濃度や、分量などが分からないので、銀鏡反応の実験をしたことのある方、実験例をご存知の方、是非教えてください!

使用する物は、
・硝酸銀水溶液
・アンモニア水
・ホルムアルデヒド40%水溶液(ホルマリン)

を使い、硝酸銀水溶液にアンモニア水を、褐色の沈殿ができて消えるま...続きを読む

Aベストアンサー

上側の参考URLに試薬の量が書かれています。また、ここでは、ガラスの表面処理についても書かれていますが、これは省略可能だと思います。
注意事項もいろいろと書かれていますので、下側のURLも読んでみて下さい。
重要なことは、ガラスの表面をきれいにしておくことで、出来上がりにかなり影響します。
また、還元剤としてはホルムアルデヒドよりも、グルコース(ブドウ糖)の方がよいと思います。ホルムアルデヒドによる還元はグルコースよりも速く進むために、むらなく、きれいに銀鏡を作るのが難しいように思います。
もう一つ、重要なこととして薬品の調合は使用直前に行い、使用後は速やかに廃棄して下さい。長期間保存すると爆発性の物質に変化することがあります。
使用する薬品の中では硝酸銀が最も高価でしょうが、使用量がわずかですので、大した額にはならないと思います。

http://homepage3.nifty.com/~hispider/jikken/mangekyo.htm

http://www.mie-glass.co.jp/C-3.htm