ドメスティック・バイオレンス(DV)ということになると
思いますが、私の父は、生活費を止める、脅す、
被害妄想や、いわゆる「誰のおかげで食っていけてると
思ってるんだ」と言わんばかりの態度で強制を
させるなどして家族を苦しめています。
たぶん、父は子供のときに貧乏で苦労したため、
今の家族が楽するのが気にくわない
から生活費を止めるのだと思います。
その影響で母は気が滅入り、弟は何年も部屋に引きこもり
誰とも接しようとしません。社会復帰も危ぶまれます。
もう、病気だと思うので父にカウンセリングを
受けさせたいのですが、父に合ったカウンセリングを
受けられる所はどのように探せば良いでしょうか。
近所の精神病院にでも行けばいいのでしょうか。
それともDV専用のカウンセリングが受けられる所が
あるのでしょうか
是非、教えて下さい。よろしくお願いします。

このQ&Aに関連する人気のQ&A

A 回答 (5件)

少し疑問なんですが、お父様ご自身がカウンセリングや病院に行こうと思わないのではないでしょうか。

だってDVの人って驚くほど自分の行為に無自覚なんですから。お父様ご自身が「加害者プログラム」等に参加するまでに自覚と勇気をもたれていないと、かなり難しそうな気がします。加害者の立ち直りを支援する試みもありますが、実際のとこと成功率はかんばしくないようで……。

DVに関する相談は、各都道府県にある婦人相談所や女性相談センターに電話する事をお勧めします。DV防止法も成立し、公的機関も積極的ですよ。具体的に、心の持ち方や、今後どう行動すればよいかなど、かなり力になってくれるのでは。下に連絡先電話番号が載ったURLを載せました。
また、DVでは、まずご家族が元気になることが先決です。DVをする人から離れ、心理的に安全な環境を得ることで、鬱や心身症的な症状は軽くなります。
生活費や住居等の問題は、公的扶助をURLの相談機関などからも、しっかり教えてもらえるかと。
今は、とにかく現在のお母様や心に傷を負った弟さん、そして fromkitakyuusyuuさんご自身の心のケアを考えてみては? お一人でご家族を救おうと努力されているfromkitakyuusyuuさんのご心労、お察しします。
OKWebではありませんが、DVに正面から取り組んでいるサイトも幾つかありますから、そうしたサイトで相談してみると情報が得られると思います。下のURLのホームページ等にいって、そのサイトの掲示板やリンク先の掲示板等に書き込んで情報を得るなどの方法もありますよ。

参考URL:http://www.tfnetjapan.org/dv/soudanjo.html
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます。
>fromkitakyuusyuuさんご自身の心のケアを考えてみては?  私より父と家族をなんとかしたいのです。
優しい心使いありがとうございます。
教えていただいたHPは参考にさせていただきます。

お礼日時:2002/01/06 02:42

前のNo.2の回答は、抑うつ神経症で治療中の家族の者が、私に無断で行ったものです。

メンタルヘルスで「うつ病者を家族に持つ者です」で質問した家族の者が私に勝手にパソコンを使い、質問も締め切り、こちらにも回答してしまいました。申し訳ありません。回答は無視してください。ごめんなさい。
    • good
    • 0

大変なこととお察しします。


相談すべきところとして、いくつかありますので、相談してみてください。
特にカウンセリングとなれば専門的知識が必要で、カウンセラーも国家資格ではないため、レベルがバラバラです。
まずは公的機関に相談される方がいいでしょう。

まず、状況から見て精神的障害について専門家の意見を聞いておくといいと思います。各都道府県や政令指定都市が「精神保健福祉センター」を設けています。
精神科医や専門の相談員の方が秘密厳守で電話相談に乗ってくれます。
http://www.avis.ne.jp/~withyou/list-mhcw.htm
に、電話番号の一覧があります。

また、民事には介入したがらない警察ではありますが、有益な情報があるかもしれません。全国の警察の総合相談窓口の電話番号です。
http://www.npa.go.jp/safetylife/soudan/madoguchi …

また、国や自治体もドメスティック・バイオレンスの対策窓口を設けています。
ただ、自治体によって部署が違いますので、大阪府立女性総合センターの
「女性政策窓口検索」ページからお近くの機関を探してみてください。
http://www.dawncenter.or.jp/plbank/plsql/psjyou. …
法的・行政的に何がしてもらえるかを教えてもらえると思います。

最後に、もしお父さんがやはり精神的に害しておられるのなら、
全国精神障害者家族会連合会という組織があります。財団法人です。
http://www.zenkaren.or.jp/
家族の「痛み」について有益なアドバイスがあるかもしれません。

事態が急を告げているとは思いますが、じっくり行くくらいの気持ちで一つずつクリアしてください。
参考になれば幸いです。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

buranさん、優しい心使い、詳しく豊富な情報ありがとう
ございます。

お礼日時:2001/12/26 18:30

 カウンセリングに関しては、まず、保健所で相談されてはいかがでしょうか。


 もちは餅屋と言いますが、地域の精神医療事情にもっとも詳しく、相談に乗ってもらえるところは、保健所です。
 保健所は、厚生労働省から指定されている、地域の精神医療を行う、第一線の行政機関です。DVを含め、いろいろな最近、社会問題化しつつある、精神問題に関する情報が集まってくるところです。
 また、DVに関しては、地域の女性センターの所管です。相談窓口が設置されています。こちらでも、カウンセリングなどの医療機関を紹介してくれます。
 
    • good
    • 0

「看護学雑誌」2001年11月号 医学書院では、DVの特集を組んでいました。


その雑誌に紹介されていたDVの患者会を紹介します。

グループ女綱(なづな)~ストップDVとやま~
〇所在地:富山県富山市
〇疾患・障害名:ドメスティック・バイオレンス(夫・恋人から、女性・子どもへの暴力)
〇会員数:正会員・賛助会員計100名
〇お問合せ・連絡方法
TEL/FAX:076-491-1081
(電話相談 毎週月曜日 10時~15時)
E-mail : naduna 2000@yahoo.co.jp

参考URL:http://www.geocities.co.jp/HeartLand-Suzuran/3062/
    • good
    • 0
この回答へのお礼

gostさん、ありがとうございます。

お礼日時:2001/12/26 18:28

このQ&Aに関連する最新のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード


このカテゴリの人気Q&Aランキング

おすすめ情報

カテゴリ