昨日の深夜(12月23日(日))福岡のテレビ西日本で「真実の行方」(Primal Fear(’96米)出演リチャード・ギヤ、エドワード・ノートン)をビデオにとって、さっき見てたんですが、予約時間を間違えてて、最後の5分(?)くらいが切れてしまいました。エドワード・ノートンが正体をばらして、リチャード・ギヤがショックを受けて、ぼう然としながら、裁判所からでていくところでテープが終わってました。あの後どう話しは終わったんでしょう?ご存知の方ぜひ教えてください!

A 回答 (1件)

こんにちは。


水をさすようですが、映画はそこで終わりです。
たしかボーっとして歩いていくギアの後姿でフェードアウトしていったような・・

違ってたら補足お願いします。
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する最新のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード


このカテゴリの人気Q&Aランキング

おすすめ情報

カテゴリ