築17年の分譲マンションで、漏水事故を起こしてしまいました。所有者は義母で、火災保険以外は未加入です。階下の方も未加入だそうです。

原因は台所の配水管の劣化によるもので、階下のお宅の天井を何箇所か落下させてしまいました。管理会社を通してその事実が知らされ、風呂場や洗面所など数箇所の床下に穴を開けたりして、数回の調査でようやくその原因が見つかりました。

ここは専有部で劣化という事もあり、調査や修繕費用などが自己負担という事には納得しています。問題は、階下の方への保障額はいくらぐらいになるのかが知りたいのです。見積もりはまだですが、天井や壁のリフォームを希望されてるようです。
もちろん、実際に見てみないと答えようがないとは思いますが、もし過去の事例などをご存知の方がいたら教えていただけませんでしょうか?宜しくお願いします。

ちなみに、私個人は、保険に入っていない事自体が無謀で、もし迷惑料なども請求されたら何百万でも何千万でも加害者である私たちが支払うべきだと思っています。ただ、義母や主人は道義的な部分で、そう思っていないようです。

原因不明の当初は、階下の方の被害分は保険会社判断で保険が下りれば、それでまかなう予定だ(未加入と知っているので、マンションで入っている保険の事なのかは分かりませんが)と管理会社が話していたので、それはどうなったのか?と。ただ、今は保険の件を何度聞いても「加害者であるうちの全額負担」と言われています。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (3件)

はじめまして。



設備業者として、漏水事故は多数経験してきました。その中で、こじれ易いのがdo51os32さんのような場合です。

今更ですが、個人賠償保険に加入の場合、御自宅および下階での漏水原因の調査に掛かった費用は保険でまかなえます。また、下階への賠償に関しては、車の保険と同じで、加害者に過失がないと出ない形のものが大半を占めています(pinponpinponさんのおっしゃる方法で保険を使えた例もままありました)。
また、管理組合の保険を本来ならば使用できないのですが、使用したのも見たことがあります。

現在では、マンション保険と言われるものの中で、個人賠償に漏水事故特約をつけたものも、商品化されております。

do51os32さんの場合、実費で問う言うことになった場合、取りあえずは、設備業者として以下のことに気をつけられたら良いと考えます。

下階の人から、
(1)被害目録(明細)を出してもらう。
(2)それが、妥当かどうかを相手と打ち合わせる。
(3)物品の購入に関しては、面倒でもこちらで行う。
番大事かと思いますが、
(4)内装復旧業者は、自分で手配し見積をとる。
(5)現場調査・見積りには面倒でも立ち会うこと。
(6)その際、使用材料のカタログ(壁紙・天井材等)を持参してもらい、 現状復旧程度のもので見てもらう。
(7)下階にそれを確認してもらい、示談書を作成するのを忘れずに。
(4)(5)と(7)が一番大事ですよ。

悪い言いかになりますが、被害者に任せておいたら、すごい請求額になる場合が多いです。
損害賠償・復旧工事ですが、相手方はリフォーム的な感覚となってしまう場合が多いようです。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

具体的なアドバイスをありがとうございます。
よく心得て今後の展開に備えますね。
特に(4)が目からウロコでした。週明けに内装復旧業者と一緒に被害状況を確認する予定です。

お話したら、実は階下の方も前のマンションで漏水事故に遭われているそうで(多分加害者として??)、そのせいか寛大な感じでした。ご迷惑をおかけしたのに涙がでそうでした。

お礼日時:2006/01/21 11:57

専有部分の劣化が原因とのことですから確かに階下の人に対する全額賠償責任はあるでしょう。



階下の人が仮に火災保険などに入っていたり、あるいは何らかの保険が出たとしても、今度はその保険会社からこちらに請求が来るだけなのでどうにもならない話ではあります。(加害者がいる場合はそうなるのです)
(こちらに賠償保険があればそれでまかなわれますけど....)

さて金額ですが本当にわかりません。被害の程度によって数十万レベルで済んでいる可能性もあるし、数百万になる可能性もあります。ただ1000万単位ということは通常ありえませんし、数万円ですむということもまずないでしょう。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

大まかに見積もった話(というか、ほぼ管理会社の予想)では、walkingdicさんのアドバイス通りに数百万円!!!になりそうです。その後、自分でも再度色々と調べたのですが、やはり値段には開きがあり、1700万近くもかかった高額支払いの例がありました。
正式な見積もりが出るまでは何とも言えませんが、覚悟しています。義母達も納得したようです。
ありがとうございました。

お礼日時:2006/01/21 11:39

ご質問のお答えとは関係ないかもしれませんが、ひとつだけ。


お義母さまは個人賠償責任保険には入っていませんか?
火災保険や自動車保険についている場合が多いです。
この個人賠償責任保険は、自らの過失によって他人に
迷惑をかけてしまった場合に保険が降ります。
配水管の劣化だから適用にならない、と思うでしょう?
でも実はこの件について保険会社に問い合わせてみると、
2社から「劣化について知らなかったなら自分の過失に
はならない。でも知ってて放置しておいて水漏れを
起こしたのなら、それは自分の過失ということになるので、個人賠償責任保険の適用になります。」と
言われたのです。
なんとも不思議な話ですけどね。
知ってて放置した方がお得なわけです。
ただ、この件については保険会社も「ケースバイケース
です」ということで、要するにその時にならないと
本当に保険が降りるかどうかわからない・・みたいです。
参考になるかわかりませんが、今一度保険会社にご確認
ください。
このことからもおわかりだと思いますが、マンションの
配水管の劣化による漏水事故をカバーする保険という
のは、普通はないのです。
だから保険に入ってないお義母さまが無謀ということ
ではないのですよ。
だからせめて管理組合でしっかりした保険(専有部分
の漏水についても保障する)に加入しておくべきなのです。
私のマンションでは「漏水事故は個人ではどうにもでき
ないから、組合で保険に入ってる」ということで安心
して購入しました。

ちなみに階下への漏水の損害賠償ですが、具体的な金額
は知りませんが、調査費というのがものすごく高額の
ようです。数百万単位だとか。
これを個人で負担するのはたいへんですよね。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

すぐにアドバイスいただいたのに、お礼の言葉が遅くなり申し訳ありません。
私の書き方に不足があったのですが、火災や自動車保険には個人賠償責任保険の特約をつけてなかったのです。それで「保険に未加入」としたつもりでした。
今度マンションを購入する時には、pinponpinponさんのように管理組合でしっかりした保険(専有部分の漏水についても保障する)に加入してあるという点を必ずチェックします!ありがとうございました。

お礼日時:2006/01/21 11:40

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q中古マンション、専有部分についての保険

築28年の中古マンションを現金で購入、住宅用の保険(いわゆる『マンション保険』)に加入したいと思っています。家財の他 水漏れなどにも対応可能なものがあると聞きましたが、どちらの会社の商品なのか? 自分なりに調べたのですが、探し方が違うのか 思うようなものが検索できませんでした(OK Waveでも「中古マンションだが、水漏れを含め、対応してもらえた」との記載を見たのですが、社名までは不明)。「中古マンション、専有部分のみ」の保険について詳しい方、良い会社(保険)をご教示頂けましたら幸いです。よろしくお願いします。

Aベストアンサー

私は大阪府民共済に入っています。
家財、水漏れ等の保証があります。

都民共済、県民共済というのをお調べになっては?

参考URL:http://www.osaka-kyosai.or.jp/products/kasai.html

Q集合住宅でこの場合の床下配管は共有部分それとも専有部分?

築25年の区分所有の集合住宅に住んでいます。

給湯、給水関連の配管の寿命が20年程度と聞いて、そろそろ床下配管の交換時期かなと思い配管図面の配管のあるはずの位置の畳をひっくり返してみると配管ではなく、コンクリートの床が出てきて配管など見当たりませんでした。

良く調べてみると、どうやら、配管は床下のコンクリートの中に埋没して敷設されているようでした。

この場合には、この床下配管は共有部分なのでしょうか?それとも専有部分なのでしょうか?

ただ、このマンションは規約がかなり昔に作られた関係からか、そこの部分に関する規約、細則はありません。

また、管理事務所や管理組合に聞いても「よくわからない」という状態で、リホーム業者にその事を聞いてみると、ある会社は「その配管の埋没しているコンクリートは共有部分の躯体の上にコンクリートを載せて配管を埋没させているから、専有部分です」という答えが返ってきたのですが、また別のある業者に聞いてみると、「コンクリートは躯体なので、共有部分です。」という答えが返ってきて、業者により意見がまちまちのようです。

もし、実際にこのコンクリート内部に埋没されている配管から水漏れして、損害が発生したら法律的には誰がその責任を負うことになるのでしょうか?

できましたら、根拠と共に教えていただけると幸いです。

築25年の区分所有の集合住宅に住んでいます。

給湯、給水関連の配管の寿命が20年程度と聞いて、そろそろ床下配管の交換時期かなと思い配管図面の配管のあるはずの位置の畳をひっくり返してみると配管ではなく、コンクリートの床が出てきて配管など見当たりませんでした。

良く調べてみると、どうやら、配管は床下のコンクリートの中に埋没して敷設されているようでした。

この場合には、この床下配管は共有部分なのでしょうか?それとも専有部分なのでしょうか?

ただ、このマンションは規約がかなり...続きを読む

Aベストアンサー

先ず、その配管が専用部分のための配管か、何個かの分をまとめている共通配管かによって判断されたと思います。
一般に専有部分を通っていても縦管は共通のことが多く、横引きは専有のことが多いですが、共通の場合もあります。
設備図面で確認するほかないと思います。

コンクリート床は構造体として、共有部分ですが、レベル調整のためにシンダーコンクリートいう構造と関係のないコンクリートを打つこともあります。
これは構造図面で判断できると思います。

2つの業者の見解の違いはコンクリートが構造コンクリートなのか、シンダーコンクリートなのかの見解の違いだと思います。シンダーコンの場合専有部分か共有部分になるか判断は難しいです。
というのは専有部分がどこまでかというのにいくつかの考えがあって、現在は表面からちょっと入った程度のところというのが主流の考えだからです。それがどの範囲で共有・専有が別れるかはっきりしていないので判断が難しいです。

構造図や設備図は一般に管理組合が所有しています。管理会社に預けていることも多いですが。
真偽をはっきりさせたい場合は、建築士に図面を見てもらえばよいと思います。

責任はその配管の管理責任者(使用者や管理者)となりますので、共通部分なら管理組合、専有部分ならその専有部分を使用している人またはその所有者です。
共有部分だと一般に集会決議を経る必要があります。

ただし、専有部分か共有部分かはっきりしない場合は、共有部分と見なすことになっています。
これについてはこんな事例があります。

共有部分である床下と、階下の天井の間の配管(横引き)は、維持管理の面からいって専有部分に属さないものとして、共有部分とみなす(東京地裁平成3年11月29日判決)。

先ず、その配管が専用部分のための配管か、何個かの分をまとめている共通配管かによって判断されたと思います。
一般に専有部分を通っていても縦管は共通のことが多く、横引きは専有のことが多いですが、共通の場合もあります。
設備図面で確認するほかないと思います。

コンクリート床は構造体として、共有部分ですが、レベル調整のためにシンダーコンクリートいう構造と関係のないコンクリートを打つこともあります。
これは構造図面で判断できると思います。

2つの業者の見解の違いはコンクリートが...続きを読む

Qマンション専有部分の火災報知機交換費用(長文です)

分譲マンション居住部分の火災報知機の交換費用について、今回のケースだと我が家の費用負担はどの程度あるかを、専門の方または世間一般的なご意見を聞きたくて質問しました。
少し話しがややこしいですが、これまでの経緯です。

2011年(夕方と夜)に火災報知機が2回発報した事があり、誤作動でした。
それ程大きくないマンションなので、管理室受信盤は表示階数までしか表示されず、部屋の特定までが難しく、1・2回目の時も我が家があるフロアー階とまでしかわかりませんでした。この時も家にある全8ヶ所の報知器を見回ったのですが点灯はありませんでした。が、3回目の発報時、主人の部屋の報知器が赤く点灯していたのです。警備会社が到着した時には(保持機能がないので)既にランプは消えてましたが、1・2回目の時は何でもなかったので、家族全員キツネにつままれた気分でした。とりあえず3回目がうちだったので、過去2回もまずそこだったのだろうと、管理会社が該当の報知機(ヘッド部分)を管理組合負担で交換してくれました。

その後2年間は何事もなく過ぎたのですが、2013年の夜明けにまた3回発報し、管理室表示はまたも同じ階で、我が家にとっては前回の事もあるので、その度家族全員ドキドキしながら急いで見回りますが点灯なしです。突然あの大音量は(寝てる時は特に)誰もが驚くと思いますけど、我が家は更に過敏となってしまい、鳴る度今度もまたうちなのではとダッシュで8ヶ所を見回り、周りにまたと思われるのではとパジャマを着替え外に出て点灯してないと説明したり、とにかく心労でした。

2011年のあの時も、一体何で主人の部屋で誤報したのかわかりません。主人は自分の部屋でだけ煙草を吸うのですが(本当はやめて欲しぃですけど)パイプファンや空気清浄機を稼働しており、そもそも報知器自体は熱感知式ですし、年2回の消防点検だって毎回受けて正常だし、結局その時は単なる機器故障か劣化かも?という事でヘッド交換しただけで終わりました。

ただ1つ気になるのが、10年前に上階から(バケツ数杯程度の)水漏れが洗面所にあり、リビング側の壁などにも水が浸み出し、クロスの張り替えをした事があるのです。洗面所の報知機は水濡れ後一度も交換しておらず(本来ならその時すべき事でしたよね)主人の部屋は洗面所の隣りに位置し、押し入れ程のクローゼットを挟む形で隣接しているのですが、水が天井を伝ったりするなどして機器や配線等が何らかの影響を受ける可能性もあるのではないかと頭をよぎるのです。それは前回の誤報の時にも管理会社には伝えてましたが。(実際、結露や水などが誤報の原因になる事もあるそうですし)

とにかくまた誤報が続くようになり、調査の必要性があると、管理会社も業者を手配してくれました。表示階の該当世帯は5世帯ですが、我が家を優先に調査してくれる事が決まりその調査予定日の2日前に、また発報したのです。(4回目) 警備会社が到着し、そこで別の部屋の台所が点灯元だとわかりました。前3回の誤報時も台所を使っていたそうで、調査はそのお宅と我が家が対象になりました。

管理会社から事前に聞いた話しでは、今回の費用は管理組合が負担するとの事。
まずは業者が誤報したお部屋の台所報知器1つを交換し、その後我が家を訪れこれまでの事を説明すると、疑わしきは全部交換した方がいいと勧めてくれました。前回は主人の部屋のヘッド部分の交換でしたが、今回は全てのベース+ヘッド8ヶ所交換しましょうと言ってくれたので、管理会社は了解済みなんですか?と尋ねると、大丈夫との返事だったので、それならばとお願いしたのです。業者は電気と消防の有資格者で火災報知機についても詳しい方だと管理会社からも聞いていました。その後、火災報知機の発報は現在までありません。

その時点でこちらはどの程度の金額になるのか知りませんでしたが、後になって支払額は161,000円+税だったと管理会社から報告を受けました。結果として、今回の誤報は別のお宅の台所(1ヶ所)だった事もあり、必要以上に交換修理をしてしまったのではないか、管理組合負担なので他居住者への説明や公平性などを考えると、と管理会社の方も悩んでいました。

それを聞いて当初は、それなら今後マンション全体で火災報知機交換をするという時期が来た場合、我が家は対象から外して欲しいと話したのですが、後からネット等で調べるとマンション専有部分の火災報知機等は居住者負担との情報もあり、それならばこちらも支払わなければならないかと思うようにもなってきたのですが、正直こちらも悩んでいます。

管理会社は筋を通すと意味合いでと、組合理事は相当分負担していただければ有難いとの話です。実は管理組合は、水道ポンプ交換や大規模修繕工事を終えたばかりで、前年度私も理事をしていたからわかるのですが、余分な支出は抑えたいというのもわかりはするのですが。

一方、家族は話が違うと怒っています。管理会社が居住者負担はないと言うのでお願いしており、しかも業者が全部交換しましょうと言うのでそれならばとこちらもお願いしたのだと。話しが違うなら頼まなかったと。そう思うのも当然で、私だってその気持ちの方が強いです。

後でわかった、今回の内訳費用はこうでした
---------------------------------------
・別宅台所 防水報知器 1個 3,600円
・我が家 作動式報知器 6個 23,700円
       防水報知器  2個 7,200円(1個は水漏れのあった洗面所)
・主張交通経費 1式 8,000円
・機器交換工事 1式 58,000円
・炙り試験     1式 38,000円
・受信盤点検試験(管理室)1式 30,000円
---------------------------------------
計 168,500円
値引▲7,500円
合計161,000円 (全て消費税別途)

機器交換や試験の手間賃などが、1式単位なのか、単価x個数分なのかまで現段階ではわかっていませんが、手間賃の分配方法も含め、我が家の相当分ってどのように計算したら妥当なのでしょう。
理屈上、別宅台所1個分の交換をした場合かかったであろう総費用と、今回の支払額との差が我が家の負担分とするならば、結構な金額にはなりますよね。水漏れのあった洗面所報知器交換の必要性があった事だけは今も感じてますけど。
ちなみに、別宅台所1個分の交換費用は管理組合負担で居住者にはかかりません。

払う払わない、払うなら幾らかなど、皆様が当事者だったならどう対処していきますか?
長文になりましたがご回答頂けると有難いです。.

分譲マンション居住部分の火災報知機の交換費用について、今回のケースだと我が家の費用負担はどの程度あるかを、専門の方または世間一般的なご意見を聞きたくて質問しました。
少し話しがややこしいですが、これまでの経緯です。

2011年(夕方と夜)に火災報知機が2回発報した事があり、誤作動でした。
それ程大きくないマンションなので、管理室受信盤は表示階数までしか表示されず、部屋の特定までが難しく、1・2回目の時も我が家があるフロアー階とまでしかわかりませんでした。この時も家にある全8ヶ所の報...続きを読む

Aベストアンサー

#3,4です。再度のお礼ありがとうございます。

私、ちょっと勘違いしていたかもしれません。たしかに文面をもう一度よく見てみると、特段受信機が二つと読み取れる場所はありませんね。ただ、マンションの場合「住宅用火災報知設備」と共用部に一般型の「自動火災報知設備」の二つを併用しているところが多いため、見積積算の文面で勝手に誤解したかもしれません。

ですので「ふたつの受信機」の部分は忘れてください。

さて、本題はそこではありませんよね。
機器交換工事費 58,000円としたら、58,000円÷9≒1ヶ所 6,444円
試験調整費 38,000円程度としたら、38,000円÷9≒1ヶ所 4,222円
受信盤点検試験(管理室)30,000円÷9≒3,333円 
の部分だと思います。

通常解釈できる内訳を申し上げますと
機器交換工事費:機器を交換するために派遣される人件費、必ずしも交換個数で割れるものではないが、交換(取付)個数または時間によって増減する。
(例 3個までは1人1時間で2万円、9個だと1人3時間か2人1時間強で6万から5.5万円

試験調整費 試験に必要な人員を、試験に必要な時間で掛けたものが費用
(必ず2人以上必要なので、1時間2万として9個なので2時間4万円ぐらい)

受信盤点検試験(管理室)30,000円÷9≒3,333円
正直な話、分かりません。前述のように受信機が二つあるタイプなら、試験調整で2人で確認することもあるでしょう。なので「管理会社の利益分っぽい」ということです。

まあ、夜間対応してますし、管理会社が入ることでさまざまなメンテナンスが容易になりますから、必ずしも請求してはいけない金額だとは思いませんが、現場を見ないとちょっとなんの項目か分からないところがあります。

そういえば、元々別宅の故障感知器1個のためにきていたんですよね。その際の見積が質問者様のいうように1個単位で割り切れるのであればむしろインチキ見積でしょう。
元々工事費が1個ごとなら、最初から1個単価で見積もるべきですし、試験調整費は通常「人員派遣時間」ですので機器1個で割れるものではないからです。

交渉のためには「元々故障していた1個だけの見積ならいくらか?」と見積もらせてみるのもいいと思います。

#3,4です。再度のお礼ありがとうございます。

私、ちょっと勘違いしていたかもしれません。たしかに文面をもう一度よく見てみると、特段受信機が二つと読み取れる場所はありませんね。ただ、マンションの場合「住宅用火災報知設備」と共用部に一般型の「自動火災報知設備」の二つを併用しているところが多いため、見積積算の文面で勝手に誤解したかもしれません。

ですので「ふたつの受信機」の部分は忘れてください。

さて、本題はそこではありませんよね。
機器交換工事費 58,000円としたら、58,000円÷9≒...続きを読む

Q火災保険の加入

現在、新築中です。
火災保険が予想よりも高く、迷っています。
アドバイスをください。
(1)通常、家財保険、地震保険には加入するものなのでしょうか?
(2)セコム損保が割安のようなのですが、どこの保険会社がよいの
でしょうか?

Aベストアンサー

1)家財保険と地震保険
私は、家財は火災保険と同じ期間で半額、地震保険は5年間、で一括払いで加入しましたよ。
敷地めーいっぱいに建ててるので火災は怖いですし、半焼など起きると家財を買い直す余裕なんて無くなっちゃう。
東京なので、いつ大地震が来てもおかしくない地域なので地震にも加入。

2)セコム損保が割安か、他の保険会社が良いか?
私は、あいおい損保で契約しました。他の保険会社も検討はしましたが、保険って火災でも自動車でも、ほぼ同じ保証内容まで持って行くと、ほぼ同じ金額になるんです。
なので、安い高いは保証内容次第、他の保険会社と比較しても構わないが、結局は大差ない、という結果になると思います。
高い安いより保険会社の信用度や財務内容などを調べて選ぶ方が賢明に思う。

Qマンションの階下へ賠償責任保険

築37年の古いマンションに住んでいます。
なにせ古いため、何軒かのお宅で給排水管の水漏れ事故があるようで、もしうちも水漏れで多額の賠償金が発生すると怖いので、階下のお宅への住戸や家財を賠償できる保険に入っておきたいと思っています。

今入っている住宅火災保険は、自宅の水漏れ被害(上の階から水漏れしたとき自宅を直す)は保険金が出るのですが、階下への補償がありません。
入っている生命保険で特約が付けられないかと問い合わせたのですが、そこも築37年だと査定がかなり厳しいので難しいと言われました。自動車保険のほうにもこういうタイプの特約はありませんでした。

他も少し探したのですが、そういう補償のある保険がいまいち見つかりませんでした。
もしそういった保険をご存じでしたら教えていただけますでしょうか。

Aベストアンサー

マンション管理会社の写真です。

まず、こういう場合ですと、普通はマンションでかけている保険に「個人賠償責任保険」と言う特約をつけています。この「個人賠償責任保険」と言うのは、個人が賠償責任を負った場合に、保険でその分を補償してくれるものです。マンションの管理組合で加入していれば、個人で加入する必要はありません。

個人で入られる場合、住宅総合保険に加入しているのであれば、これに特約としてつけられることがあります。また、自動車保険でも同様です。

ただ、築37年となると、事故も多くなるので保険会社から断られる事もあります。
この場合、ちょっと費用はかさみますが、専有部分内の配管を、すべて最新の樹脂管に交換するのもひとつの方法です。


人気Q&Aランキング

おすすめ情報