痔になりやすい生活習慣とは?

今の野菜は昔のものに比べて栄養価が低くなっている。
3分の1位に下がってしまっているものもある。
というような話を時々雑誌などで見かけます。
だからサプリメントのマルチミネラルやマルチビタミン
みたいなものを飲んだほうが良い、など。

実際に昔の野菜と、今の野菜の栄養分析表を比べているようなサイトはあるのでしょうか?
教えてください。よろしくお願いします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (2件)

サプリメントと摂取する必要性として、おっしゃるように野菜に含まれる栄養の減少を補う為と言う理由があります。


現在、スーパーマーケットに売られている野菜や果物は農薬や衰弱した土壌により作られていると言われています。
その結果として、昔に比べ野菜や果物の栄養価が下がっていると。

その他に、サプリメントを摂取する必要性はあります。

その理由として、第一に、食が汚染されている事が挙げられます。
市場に出回っている、野菜、果物、魚、肉、加工食品などには農薬、水銀、環境ホルモン、人工添加物などの有害物質が含まれています。
それらによって、体は酸化され(錆びていく事です)、その体が参加することが病気の原因になると言われています。

第二に、ストレス、タバコ、カフェインの取り過ぎ、不眠、肥満などにより、ビタミン、ミネラルなどの微量栄養素である抗酸化物質が大量に食いつぶされ、代謝の異常を起こす原因になります。

第一と第二に挙げたように、サプリメントを取る理由は体内の解毒、浄化装置能力を上げるためであり、あらゆる病気の原因を未然に防ぐ為であります。

一般の市販されているサプリメントはその会社によって、その安全性や信頼性はバラバラです。
自分でネットで調べるなどして、確かな物を選ぶ目を養う事をお勧めします。

以下のサイトはサプリメントウォッチドットコムと言うサイトで、第三者の目からサプリメントを評価してます。
http://www.supplementwatch.com/reviews/
    • good
    • 0

知る限り、ネット上でそうした比較を詳しく行っているサイトはないので、1950年に刊行された「初訂日本食品標準成分表」~現在の「五訂日本食品標準成分表」(2000年刊)までを比較対照するのがもっとも速いでしょう。



初訂~四訂の本は図書館などに置いてあります。コピーして閉じたものを資料として保管しておくといいでしょう。
五訂は五訂は書店の栄養学のコーナーにありますし、ネット上でデータベース化されています。

ちなみに野菜100g中に含まれるビタミンCを参考として記載しておきますと、ほうれん草は150mg→35mg、ニンジンは10mg→4mg、キャベツは80mg → 41mg、と言った具合に減少しています。

ただ、旬の新鮮な野菜を食べる、安い輸入ものの食材や冷凍品は使わない、といった基本を守ってしっかり野菜を摂っているならば、いまでも必要量は十分摂れます。また、過剰に摂っても余計なビタミン・ミネラルは体外に排出されます。

ですから、栄養価が下がっていることと、栄養不足になるということはイコールではありません(雑誌の記事などは、それを意図的に混同させて不安をあおるパターンが多いです)。

サプリメントというのは、上記のような基本的なことさえもできない人、あるいはハードな運動や仕事をしていて通常の食事では追いつかないほどの栄養を必要とする人たちのためのものです。

普通にバランスの取れた食事をしている人があまり気にすることはありません。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます。
ビタミンCだけでも結構下がってますね。
まあ50年以上も違うのですから,単純に比較してどうこう言うのはのは難しいのでしょうが。
図書館に行って調べてみます。

お礼日時:2006/01/19 14:54

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード


人気Q&Aランキング