よく、『信号を1MHzの光に乗せて送る』という表現を聞きます。あまり基本的なことなので聞けないんですが、これってどういうことでしょう?
つまり、1MHzの光というのは、1秒間に100万回振動している光のことですから、Sin波ですね。その波にどうやって、デジタル信号を乗せて運ぶのでしょう?

A 回答 (2件)

幾つかあると思いますが、



・光を ON/OFF させる
・光に強弱をつける(振幅変調)
・1MHz 近辺の周波数をふたつ使い交互に使う(周波数変調)

というあたりが考えられます。

まあ、三番目のは正確に言うと 1MHz の光だけを使っていることにはならない
ですけどね。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

どうもありがとうございます。m(__)m
そうですね、聞いてみれば『なるほどそうか』という感じですね。
とすると、原則的には光の一山で1信号送れるってことなのですね。

お礼日時:2001/12/25 14:51

>1秒間に100万回振動している光のことですから、Sin波ですね。


サイン波である必要はないですね。どんな波形であれ、
周波数は同じです。

また、通常光に情報を載せる場合は、電波の場合と同じ方法になります。
すでに、a-kumaさんが上げている方法を含めて、他にもいろいろありますね。位相変調、パルス変調、・・・。


>原則的には光の一山で1信号送れるってことなのですね。
論理的には可能かも知れませんが、実用的にはもっとたくさんの山が必要です。
一山では情報の取りこぼしや、エラーを防ぐのはまず無理でしょう.
    • good
    • 0
この回答へのお礼

どうもありがとうございます。
とりあえずハードルを越えたって感じです。

お礼日時:2001/12/26 15:36

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!


人気Q&Aランキング