ヨウ素法、HPLC法、分光法、過マンガン酸法、キレート滴定法でPAS-Ca中のPASとCaの定量をしたのですが、それぞれの分析法の長所・短所が知りたいです。お願いします!!

A 回答 (1件)

いろいろな方法でどのような数値が出たのか興味があります。


Caを定量する過マンガン酸法とキレ-ト法を比較すると、過マンガン酸法は最近あまり使われなくなっているようです。操作が煩雑な点から”ばらつき”が多いからと考えます。
PASを定量しているよう素法は臭素が環に3こ入る(カルボン酸との反応も含めて)と仮定しての測定法です。有機物の反応ですから100%進むのか不安があります。HPLC法は条件によりましょうが原料(m-アミノフェノ-ルなど)やその不純物、中間体、副生成物を分離できたとしたら良さそうに思いますが計算で困ります。主成分を面積百分率で出してしまうと検出器の感度や波長で違ってきます。出てきた各成分の感度比など考えると大変です。分光法とは紫外部の極大吸収波長などにおける吸光度から計算する方法のことでしょうか。他の成分がその波長に吸収がないなど確認しておく必要がありますし、標準品またはそのデ-タが必要です。
私は定量結果はあくまでも”目安”と考えております。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございました!!
分光法(紫外可視光線の吸収度)でPAS含有量55%位、キレート滴定法でもCa含有量が低く出てしまったんです。色々なミスが重なっての事だと思うんですけど…。

お礼日時:2001/12/26 13:13

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qヨウ素滴定によるさらし粉中の有効塩素の定量

この実験においてKI結晶が黄色に着色していると実験には使用できないとかいてあったのですが、それはなぜでしょうか??
どなたか教えてください。

Aベストアンサー

本来、ヨウ化カリウムは、無色(白色)ですが、
黄色に変色しているのは、酸化されて、ヨウ素を生じているからです。

当然ヨウ素で滴定するので、誤差が出るからです。

QビタミンCの定量方法について(アスコルビン酸溶液をヨウ素酸カリウムで滴定したのですが、うまくいかず困っています)

ビタミンC(アスコルビン酸)関係の実験をしています。インドフェノール法を用いて定量をしたいのですが、うまくいきません。

まだインドフェノールに入る前の段階で、ヨウ素酸カリウムでアスコルビン酸(ヨウ化カリウムとデンプン液を加えたもの)を滴定しました。実験書には「明らかに青色を認める点より1滴前を終点として」とあるのですが、予想される滴定量を超えても、青色になりませんでした。それどころか、滴定を続けていると黄色くなります。何度か試したのですが、やはり青色を認めないまま、黄色になってしまいます。

青色になるというのは、おそらくヨウ素デンプン反応で、黄色くなったのはアスコルビン酸の色だと思われます。後から考えると、加えるデンプン液の量が少なかったのかなとも思いますが、よくわかりません。後日また実験をする予定なので、アドバイスをいただけると助かります。

Aベストアンサー

デンプンは
指示薬に用いるデンプンは、
溶性でないほうが適しています。
試薬特級デンプンJIS K8658の規格に適合した物がよいです。

また、滴定する液の液性は、酸性になっていますね。

Q酸化還元滴定法のよる、過マンガンカリウムとシュウ酸ナトリウムについて

過マンガンカリウムは不安定な物質なので、シュウ酸ナトリウムから2次ファクターを求める実験をしたのですが、過マンガンカリウムの0.1Nの水溶液をビウレットに入れて滴定するとき、シュウ酸ナトリウム0.1Nの溶液を10mlを秤り取り、50%硫酸を加えるのですが、硫酸を10ml加える理由は何でしょうか?

シュウ酸ナトリウムに水素はないので脱水目的ではないと思いますが、溶液を酸性にするためでしょうか?
しかしシュウ酸ナトリウム自体がすでに酸性だと思うので、それも違う気がします。

過マンガン酸カリウムを還元させるときに発色を促進したり反応を早めたりするためとかでしょうか?

Aベストアンサー

過マンガン酸ナトリウムは強酸性でないとMn^2+にまで還元されません。
シュウ酸だけではプロトン数は不足します。
詳しくは、大坂教育大学付属天王寺高校 岡博昭先生のページ、↓をご覧下さい。
http://www.tennoji-h.oku.ed.jp/tennoji/oka/08ko-060.html
シュウ酸との反応が書いてあります。

QCODを過マンガン酸カリウム法で定量する際の滴定量について

上水試験法を見ますと、CODを過マンガン酸カリウム法で定量する際、過マンガン酸カリウムの滴定量は5mL程度になるようにするとあります。

この理由として、反応中の過マンガン酸カリウムの濃度がかわり、酸化率が変化すると書いてあります。

どうして5mL以上にすると、反応中の過マンガン酸カリウムの濃度が変化するのか?酸化率が変化するのか?

ご存じの方、教えて頂けないでしょうか??

Aベストアンサー

マンガンはKMnO4の正7価やMnSO4などの正2価の他に、正3価や正4価なども比較的安定です。
(よく知られている所では二酸化マンガン(IV)・MnO2)
そのため、過酸化マンガンの濃度が高くなりすぎると、Mn(VII)→Mn(II)の反応が定量的にならなくなる可能性が生じます。
(その場合の反応式は省略させて戴きますが)

滴定においてはこの「定量的反応」が大前提となりますので、これを確保するための目安として、ご質問のような滴定量が設定されています。
(滴定量がこれを著しく越える場合は、ホールピペットなどで希釈したものを滴定し、希釈率から逆算)

なお、これはあくまで上水試験法で指定されているサンプルの体積に対しての目安です。
滴定時のサンプル体積が同試験法の2倍体積だった場合は、10ml程度を目安に、ということになります。
(通常は、そういうことはしませんが)

Q食酢中の酢酸の定量を求める酸塩基滴定法の実験をしました。

食酢中の酢酸の定量を求める酸塩基滴定法の実験をしました。

表示酸度4.5%の酢を使用したのですが結果は3.07%でした。
原因として考えられるのは使用した酢がH18.5.11に開封されている事ではないかと思いました。

しかし酸度ってこんなにも低くなるものなんですか?

もし分かれば低くなる原因など教えてください!!

Aベストアンサー

>そこまで酸度が低下するとは思えません
バルサミコ酢はワインビネガーを熟成させたものですが、12年物などでは
酸っぱさはほとんどありません。やはり、時間の経過で酸度は低下するのです。

>水との比較であれば水の方が揮発性は高いはずであり、そういった問題で
 あればむしろ酸度は上がるはず
確かに水の沸点は100℃、酢酸の沸点は118℃で、水の方が蒸気圧が
高いです。しかし、蒸発という現象は平衡反応です。酢酸は気相中の分圧が
ほぼ0なのに対して、水は飽和蒸気圧の30~70%くらいである事が普通です。
これにより酢酸の蒸発の方が多いと考えられるのではないでしょうか?

>ホールピペット食酢を吸い上げる操作は不適当
質問者様の主旨は、実測値と表示値が1.5倍くらい異なると言うことです。
4%の酢酸の密度は1.05g/mLくらいなので、モル濃度から換算する
方法でほとんど問題は無いと言えます。

>一般的には油脂の評価で用いられる用語
酸度が油脂の古さを示す値であるのは油脂の業界内での一般常識です。
しかし、世間では酸の強さのことを酸度というのです。
また、ミツカンのHPをごらんになっているはずです。そこでは、
酸度の意味が酢酸換算の質量パーセント濃度だとwかるはずです。
その上で、「その使い方が妥当であるかどうかも評価すべき」というのは
どういうことでしょうか?

>酸度というのは酢酸に限定されてはいません
食酢は米や麦などを酢酸菌で発酵させたものです。
クエン酸やグルコン酸が何%くらい含まれていると考えておられますか?
多分、10%もないでしょう。もう一度書きますが、質問者様は値が1.5倍
違うのを問題とされています。もし、3.2%や4.7%ならばこのような
質問はされなかったはずです。ということで、他の酸は主たる値の違いの
要因ではありません。

>そこまで酸度が低下するとは思えません
バルサミコ酢はワインビネガーを熟成させたものですが、12年物などでは
酸っぱさはほとんどありません。やはり、時間の経過で酸度は低下するのです。

>水との比較であれば水の方が揮発性は高いはずであり、そういった問題で
 あればむしろ酸度は上がるはず
確かに水の沸点は100℃、酢酸の沸点は118℃で、水の方が蒸気圧が
高いです。しかし、蒸発という現象は平衡反応です。酢酸は気相中の分圧が
ほぼ0なのに対して、水は飽和蒸気圧の30~70%くらいである...続きを読む


人気Q&Aランキング

おすすめ情報