最新閲覧日:

先日、宝塚歌劇団雪組エリザベートのビデオを見ていたのですが、楓沙樹さんがフィナーレのダンス「のみ」に出ているのは何故ですか。この頃、楓さんはかなり上級生になっていたはずですが、配役の表を見ると、劇中はおろか、陰コーラスにも参加していないようでした。(見落としでなければ)体調が悪かったのでしょうか、中と半端に出ているので気になっております。

A 回答 (2件)

下の方と同じ答えになってしまいますが、黒天使はトートの陰というか心象風景を象徴した存在なのです。


トートが影響を発揮する場面にはたくさん出ています。
(ミルクのシーン、闇は広がる、ルドルフ戴冠式のシーンなど)
でもダンサーということで、余り写ってないのです。

楓さんも実際の舞台ではキレのあるダンスで目立ってました。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございました。たしかに、誰が誰だかわからなくて・・・。やはり生の舞台で見たかったと思っています。
お騒がせいたしました。

お礼日時:2001/12/28 11:55

楓沙樹さんは劇中でトートと一緒に出てくる「黒天使」の役で出演されています。



「エリザベート」は宝塚のために書かれた作品ではないので、キャストが少ないのですが、「黒天使」は特に踊りの上手い人の中からオーディションで選ばれたということで、選ばれた人は大変喜んでいたということです。
(星奈優里さんや五峰亜季さん、夢輝のあさんなどもこの「黒天使」役で出られていました)
固定の“名前”は無い役ですが、この役は出番も多いし、いい役ですよ!!
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます。探してみたら確かに名前が・・・!すみません、見落としておりました。たしかに出番が多いですね。先に東宝版エリザベートを見たので黒天使=トートダンサー(半裸でうじょうじょと動いていた)かと思っていたら、さすがに宝塚は違いますね。
すみません、お騒がせいたしました。

お礼日時:2001/12/28 11:53

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード


このカテゴリの人気Q&Aランキング

おすすめ情報

カテゴリ