明治20年代の小説を詳しく教えていただけるサイトを教えてください。

A 回答 (2件)

    • good
    • 0
この回答へのお礼

どうもありがとうございました。私のできる限りの検索では見つけられなくて・・
両方とも活用させていただきます!本当にありがとうございました。

お礼日時:2001/12/28 16:21

説明しているサイトでは無いですが、著作権が切れた方の小説を電子文書化されて居られる所が有りますよ。



参考URL:http://www.aozora.gr.jp/
    • good
    • 0

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

関連するカテゴリからQ&Aを探す

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q明治維新後の華族を描いた小説をご存知ないですか?

明治維新後、鹿鳴館時代あたりの、華族の物語で面白いのってないでしょうか?
できたら、上流社会の軋轢なんかを描いたものがいいのですが。
ご存知の方、教えてください。
ちなみに三島由紀夫の『鹿鳴館』は読みました。

Aベストアンサー

 林真理子さんの「ミカドの淑女(おんな)」はいかがですか?丁度鹿鳴館の時代を舞台にしていますし、良いと思います。

 以上、参考にしてくださいね、これで失礼します。

Q明治・大正・昭和20年までくらいの間に書かれた日記

岡本綺堂の「岡本綺堂随筆集」(岩波文庫)を読み、大変興味深く、明治、大正、昭和の初期に書かれた日記、または日記のような読み物をもっと読んでみたいと思いました(ノンフィクションで)。

その辺の時代に書かれた日記や、その時代の出来事についての感想などが書かれている随筆集など、おすすめの書籍を教えてください。

時代考証物や最近の人が調べて書いたのではなく、実際に当時書かれていたものを探しています。

よろしくお願いします!

Aベストアンサー

「高見順日記」勁草書房 もあった。

Q昭和30年代に存在した小説を探しています。

親類から「インターネットで何か調べられないか?」と
相談され、書き込みをします。
★小説のタイトル、著者を調べています。
 何か情報が得られたら大変ありがたく存じます。

・昭和16年生まれで、20~30代によく読んだ小説。
 女性が主人公で、上京して仕事をしているうちに都会の
 人になっていく。
 或る日、故郷で昔付き合っていた彼と対面するため、
 東京駅(もしくは上野駅)で会うことになったが、上京
 してきた彼の「オノボリさん」的な立ち振る舞いに
 失望してしまう…。

本人は「三島由紀夫の小説だったと思う」と言っており、私は文学の知識が乏しく、皆様のお知恵を借りられたら、と思い、投稿しました。

Aベストアンサー

レスが付かないのでアドバイスです。

amazonで、「三島由紀夫」をキーワードに検索します。「最近の出版年月の順番」で並び替えを行います。可能性のありそうな出版年月あたりに行き、本のカバー写真を見ながら探します。本のカバーを覚えていない場合は、実際にページを開いて、本の紹介やレビューを参考に探します。これでいかがでしょうか。

他には、もっと早いのは、三島由紀夫ファンに聞くのはどうでしょう。ネットで検索すれば、三島由紀夫ファンのホームページは結構あります。もしそういった方が知らなければ、三島由紀夫の小説ではない可能性が高いと思います。

http://www.asahi-net.or.jp/~ds8y-tktr/

参考URL:http://www.amazon.co.jp/

Q言葉の出典を教えて頂けるサイトやコミュニティ・研究機関を教えて下さい。

「人生行路において発見する最良のものは、心の友であり、心の師である。これを求むるは人生の目的であり、これを得るは最大の果報である。」ということばの出典(執筆者・書名・章節など)を探しています。
当初10月19日「カールヒルティのことば」というタイトルで質問しましたが8日間回答なかったので削除し、
10月27日「『人生行路において・・・』って誰のことば?」で再質問しましたが、これも今日まで11日間回答なかったので、削除し、3度目の趣向を変えての再質問です。

どうもよほど有名な言葉でない限り、古今東西の書物の海の中から該当の言葉に行き当たるのは難しいと見え、私の前後の(つまり質問後10日前後たった)同種の(言葉の出典に関する)質問はどれも回答ゼロになっています。

そこで、このような言葉(フレーズ)の出典を教えて頂けるサイトやコミュニティ・研究機関などを教えて頂ければ有難いです。
他に広い意味で出典を調べる何らかの方法があればそれも教えて下さい。勿論冒頭の言葉に心当たりのある方がおられれば一番有難いです。

Aベストアンサー

ウェブ上の検索方法は、経験と勘でしょうか。(笑)
こういう翻訳された言葉は、広く一般に使われるような言葉でないと、ウェブ上に載ることが少ないですね。
Wikimedia にも、Wikiquote というのがあって、名文句も収録されています。
Carl Hilty についてもありますが、
http://de.wikiquote.org/wiki/Carl_Hilty
2番目のものが、多少似てはいますね。
ドイツ語もかじっただけなので、ここらで退却。^^;)

参考URL:http://de.wikiquote.org/wiki/Carl_Hilty

Q明治時代の小説家についてですが、男性と女性ではどんな風に書き方が違ったのでしょうか?

大学の『比較文学』と言う講義で夏休みの課題として出されているレポートにタイトルのことを書きたいのですが、ネットで検索しても全く答えが出ず困っています。
自分なりに推測すると、男性は力強くて女性はか弱い感じかなと思っています。
ご存知の方、詳しく教えて下さい。
お願い致します。

Aベストアンサー

明治時代の女性の小説家で今読まれている作家は樋口一葉、名前が文学史上で残っている作家は田村俊子の二人です

その二人を読み比べたら如何でしょう

一葉は文語体で雅やかな感じ、俊子は口語体で男勝りの感じです

男性はこうで女性はこうと観念的に捕らえるべきものではありません

ご自分で読んで体得すべき事です


人気Q&Aランキング

おすすめ情報