最新閲覧日:

仕事で民法を調べる必要があり六法を開けたまではいいんですが、カタカナやわけのわからない言葉が多くて、全然理解できません。何か素人さんにもわかるような解説本などはあるのでしょうか・・・

A 回答 (4件)

 民法のうち財産関係の本としては『プレップ民法』(米倉明 弘文堂プレップ文庫 1500円)がお勧めです。


 民法の章立てをあえて崩し、契約の履行過程に則して(契約締結から履行、そして不履行を始めとする紛争処理)まとめられています。実際的で比較的わかりやすいと思います。読み物としても面白かったです。
 ただ欠点としてはこの本には親族・相続の部分については触れていないのでご注意ください。

参考URL:http://www.koubundou.co.jp/
    • good
    • 1

#2の方の本は


口語六法全書;民法 高梨公之 \1,700 自由国民社
です。
 判りやすいです。
    • good
    • 0

私も昔、民法を勉強した時に使いましたが、「口語民法」がお勧めです。

カタカナを口語文に直してあり、簡単な解説もついています。出版社は忘れました(すいません)。
でも、どこの本屋さんにも置いてあると思いますので一度見てみてください。
    • good
    • 0

民法といっても物権、債権、親族法といろいろと種類が


あります。法律は解説という次元で説明できるものでは
ありません。
もう少し具体的に何についてお知りになりたいのか補足
してくださいませんでしょうか。
よろしくお願いします。

では。
    • good
    • 0

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード


このカテゴリの人気Q&Aランキング

おすすめ情報

カテゴリ