私は簿記を学ぼうと思い、書店で2冊適当に本を買ってきましたがさっぱり分かりません。
1冊は過去の問題集。
1冊は「これならわかる簿記・経理」
まずは6月の初試験で簿記3級を目指したいのです。
適切な本と、勉強法を有識者の方、アドバイスして頂けませんでしょうか?
私は、ファンダメンタルズを読めるようになりたいのです。
宜しくおねがいいたします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (5件)

 こんにちは。

私は簿記に詳しいわけではないのですが参考になればと思い書き込みしています。
 私も最近簿記の勉強を始めたものです。まずは3級を取得したいと思いテキストと問題集を購入しました。と言ってもできるだけお金をかけたくなかったのでオークションで安く購入したDAI-Xのものと、過去問題集にTACのものを使用しています。
 私には比較的使いやすいですが、次回2級を受けるときには全てTAC出版のものに絞ろうと思います。独学者にはとても分かりやすいと評判のようです。
 そして、「さっぱり分からない」とおっしゃっていますが、私も最初は同じ気持ちでした。先日、宅建の資格に合格して、比較的容易に学習を進めて合格したので簿記の3級くらいは余裕だろうと思ったんです。しかし、あまりに意味が理解できずに勉強するのをやめようかと思いました。でも、テキストを一通り終えて完全に理解できないまま問題集をやり始めたところ、簿記ってなんて面白いんだろうと言うレベルにまでなってきました。この間、約2週間くらいです。
 なので何もあせることはないと思います。初めて聞く言葉や借方、貸方の記入の仕方はやり続けることで自然と理解できます。3級はテキストをよく読んで、問題集を解き、分からなかったらテキストに戻る、の繰り返しで突破できると思います。
    • good
    • 0

近くの商業高校に行って本を買うのがいいのかなあ?


HPに簡単なものがありました

http://www.a-firm.ne.jp/nyu-mon/menu.htm
見てね。

会社のお金を動きをみやすくしていく
一つのお金の動きにはお金が出て行く、そのかわり物が増えたりしていく(コンビニで本を買う場合)
このように考えていくと
プラス本100円 マイナスお金100円 
という取引があったと言うことですね。
これを仕分けといいいます

わからないところあれば書いてね
    • good
    • 0

簿記なんて実に(本当に)簡単なものです。

たぶん、簿記自体がどういうものか分からないから難しく考えすぎているんだと思います。

1+1=2と同じくらいのものです。

資産、費用が増えたら左、負債、資本、収益が増えたら右に仕訳するのは、簿記の最終目標である貸借対照表・損益計算書がそのように配置されているからです。

例えば、現金で1000円売上があったら、その時点の会社の貸借対照表は左(借方)に資産として現金1000、損益計算書は右(貸方)に収益として売上1000が記入されます。

ですから、仕訳も
(借)現金1000 (貸)売上1000
となるわけです。

分からないといっても原理が分かっていないだけだとおもいます。3級程度なら十分その辺の本で取得できます。

がんばってくだっさい。
    • good
    • 0

3級レベルがさっぱり分からないなら、いきなり過去問題集やってもだめですよ。

数をこなして何とかなるのはある程度内容が分かってからです。
私は高校の教科書で勉強したので参考にならないですが、入学して半年で3級は取れたので、やっている事の意味や仕組みがわかれば3級は簡単に取れると思います。時間がなくてお金があるなら学校に行くのが早いでしょう。独学で行くなら商業簿記の教科書のような本を探すといいと思います。TACや大原など簿記のコースを取れる学校などが出しているテキスト本が書店にあったと思いました。
    • good
    • 0

買ってきた本を読んでさっぱり分からない、というならおそらく他の本を読んでも分からないと思いますよ。

これでは独学はかなりきついと思います。
やはり簿記の受講口座を受けたほうがいいでしょう。簿記の流れ、しくみが少しでも分かれば、購入した本を読んでみれば理解出来ると思います。あとは過去の問題集をとにかくやるだけですね。
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q簿記2級 勘定科目一覧について

簿記2級 テキストについて

こんにちは。
簿記2級の 勘定科目一覧について質問させていただきます。

持っている教材は
3級については、LECの最速マスターの参考書、問題集
2級については、LECの光速マスターの参考書、問題集です。

以下のサイトも参考にさせていただきました。

http://www.boki-navi.com/accounts.html

http://boki.me/kamoku-summary1.html

http://www.bookkeep.info/

http://www.bokiboki.com/

ます、簿記3級の基本的なところは上記のサイトや
参考書、問題集で押さえたと思うのですが、

2級については、上記のようなサイトが少なく
勘定科目一覧が見当たりません。

商工会議所のHPには以下のようなページもあるのですが、
pdfファイルの2ページめ、冒頭にありますように、
すべての勘定科目が掲載されているわけではありません。

http://www.kentei.ne.jp/bookkeeping/kubun/h23_kamoku.pdf


そこで質問させていただきたいのですが、

市販の独学用のテキストで勘定科目一覧の載っているものは
あるのでしょうか。
ご存知の方は教えていただけないでしょうか。

よろしくおねがいします。

簿記2級 テキストについて

こんにちは。
簿記2級の 勘定科目一覧について質問させていただきます。

持っている教材は
3級については、LECの最速マスターの参考書、問題集
2級については、LECの光速マスターの参考書、問題集です。

以下のサイトも参考にさせていただきました。

http://www.boki-navi.com/accounts.html

http://boki.me/kamoku-summary1.html

http://www.bookkeep.info/

http://www.bokiboki.com/

ます、簿記3級の基本的なところは上記のサイトや
参考書、問題集で押さえ...続きを読む

Aベストアンサー

試験対策用として、「全て」の勘定科目の一覧表は、ないと思います。
なぜなら色々な業種があるので、多数の勘定科目があるからです。
もしも試験対策としての一覧表を作成するならば、
今までの出題実績から集めるほかにありません。

三級をすでに学習されたのであれば勘定科目が、
資産、負債、純資産と収益、費用と分類できることはご存知だとおもいます。
仮に始めて見る勘定科目であっても、どこに分類できるか、
推測することは容易ではないですか?

日商試験にでは、第一問が仕訳問題となっていますが、
勘定科目群より選択しなければなりませんので、
全てを暗記する必要もありません。
商工会議所の勘定科目一覧が理解できていれば、充分だと思います。

全ての一覧表はないのですが、
独学者用テキストでオススメなのは、
ネットスクール出版の『サクッと』シリーズで、
・サクッとうかるテキスト
・サクッとうかるトレーニング
があります。

お探しのものをお伝えできなくてごめんなさい。
少しでもお役に立てればと投稿させていただきました。

試験頑張ってください。

Q日商簿記 2級 商業簿記 本支店会計の問題での疑問点

日商簿記2級 商業簿記の本支店会計の問題で、よくあるパターンで出てくる残高試算表での疑問です。

問で準備されているのは、
資料1)残高試算表、資料2)未達事項、資料3)決済整理事項ですが、
資料1)の未達事項内で、本店が発送した商品●●円が支店に未達とあった場合は、3)決算整理事項に書かれた支店の期末商品棚卸高より本店が乗せた利益をマイナスした上で、本店の期末商品棚卸高とプラスして期末商品棚卸高を出していますが、この未達部分の仕入れがなぜ当期商品仕入れ高にプラスされないのかが分かりません。
支店に対して未達だったのであれば、残高試算表の支店仕入のどこにも含まれていないように思えますが、この考え方のどこが間違っているのでしょうか?
分かりにく質問となってしまい申し訳ございませんが、宜しくお願いします。

Aベストアンサー

繰越商品の振り替えをイメージすると良いです。
例えば商品80円内部利益20円で支店に送った場合の仕訳を起こすと、下記のとおりとなります。

支店側
(借)本店仕入100 (貸)本店100
(借)繰越商品80 (貸)本店仕入100
(借)内部利益20 (貸)
※内部利益の処理は本店で行われますがイメージとして

本来の仕訳は上記のように本店仕入100の貸借の仕訳を起こしますが、お手元のテキストでは相殺しているのかと思います。

Q簿記の勘定科目の見分け方

簿記3級で、自分で勘定科目を書く問題のときに
資産と収益、負債と費用
がおなじような意味に捉えてしまい、貸方借方を逆に書いてしまいます。
勘定科目を暗記するしかないのでしょうか?量が多く暗記に自信がないので見分け方が有りましたら教えてください。

Aベストアンサー

「取引の8要素」をまず覚えることには、賛否両論有ります。以下のリンクは、賛成、反対各々の観点で解説したものです。
http://www.eczen.com/sub/index005.html
http://kanrikaikei-sys.com/2012/04/360/

私も、簿記の勉強を開始したころは、これを意識していました。
しかし、途中で意識するのをやめてから、学習の進度が急に進むようになりました。

取引の8要素を意識した仕分けは、以下のように考えます。
 現金100円の売上の仕訳に対し、
 現金は資本である。
 売り上げると現金=資本は増える
 よって、現金を左に書く
 売上は収益である
 売り上げると売上=収益は増える
 よって、右に書く
 以上により、
 (現金)100/(売上)100

これは、簿記の基本と言えば基本です。
そこで、私も学習当初は、一つ一つの勘定科目が資産、負債、費用、収益、純資産のどれに属するかを覚えようとしました。
しかし、なかなか覚えきれるものでは有りませんし、覚え間違いしてしまうと、記憶を修正するのも容易では有ません。

私が仕訳に開眼したのは、簿記3級レベルのほとんど全ての仕訳は、
 (現金)100/(売上)100
を2~3回変形させれば、得られるということです。
売上時の代金の受け取り方を変えるのは、この(現金)を(売掛金)等に置き換えれば良い。
仕入れ時は、この逆なので、
 (仕入)100/(現金)100
仕入れ時の代金の支払方を変えるのは、(現金)を(買掛金)等に置き換えれば良い。
これだけで、簿記の試験に出る仕訳の8割ほどは、片側は迷わず左右どちらかが分かります。
他のものも、ほとんど、そこから、もう1回相手科目の入れ替えをすれば、得られます。

実は、この考え方は、「伝票会計」のベースです。
言い換えると、「伝票会計」をマスターした時点で、私は仕訳に開眼することが出来ました。

あと1ヶ月ほどですが、GWを遊ばずに勉強すれば、必ず、合格できます。
頑張って下さい。
 

「取引の8要素」をまず覚えることには、賛否両論有ります。以下のリンクは、賛成、反対各々の観点で解説したものです。
http://www.eczen.com/sub/index005.html
http://kanrikaikei-sys.com/2012/04/360/

私も、簿記の勉強を開始したころは、これを意識していました。
しかし、途中で意識するのをやめてから、学習の進度が急に進むようになりました。

取引の8要素を意識した仕分けは、以下のように考えます。
 現金100円の売上の仕訳に対し、
 現金は資本である。
 売り上げると現金=資本は増える
 よっ...続きを読む

Qまずは簿記3級→2級に挑戦します。その後は大学?

お世話になります。
躁鬱病と統合失調症で7年ほど療養中の32歳の女です。

前回の質問で税理士の方が合格率が高くて
良いのではないかとアドバイス頂き、税理士に興味を持ちました。

受験資格として短大を出る必要があるので
産能の通信制の税理士コースに進もうかと思っています。
http://www.sanno.ac.jp/tukyo/tandai/course.html

ただ税理士コースは簿記の2級程度のようです。
他にも色々と広く学べるのかもしれませんが不安です。

http://www.sanno.ac.jp/tukyo/tandai/ta.html
↑短大でどの位、税理士向けの勉強ができるでしょうか?

5科目を勉強できればいいのですが・・・
極力、学校で学びたいと思っています。

教えてください。
よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

前回の質問みさせてもらいました。
私は両方の試験をうけたことがありますが個人的には税理士より社会保険労務士の方が簡単だと思いますよ。
税理士試験は科目合格制ですが挫折して諦める人はザラです。
ちなみに1科目あたりの合格率は10%前後。

社労士は試験は科目合格制ではありませんが1年一発勝負で合格率は7~8%前後

勉強の内容の好き嫌いもあると思いますけどね。

カリキュラムを見る限りは簿記論、財務諸表論、法人税法、所得税法、相続税法、消費税法は勉強するみたいですね。
ただそれが税理士試験レベルまでの勉強か不明なので学校に確認してみた方がいいと思いますよ。

そこの大学とは違いますが資格関係の専門学校で資格に関しての電話相談や体験講義をしていますのでそういうところに質問等したりして試験の難度や勉強内容とを確認したほうがいいと思います。

Q簿記2級での勘定科目について質問です

10年ほど前に簿記2級の資格は取ったのですが、転職に向けてまた受験しなおそうと勉強しています。

勘定科目についての質問なのですが、まず貸倒引当金繰入勘定は貸倒償却と同じと思って良いのでしょうか?(10年前は貸倒償却/貸倒引当金というように仕分けしたのですが、問題集には貸倒償却という勘定科目が出てきません。精算表などの場合は勘定科目のヒントがあったりして修正できるのですが、普通の仕訳の問題だと勘定科目リストがない場合、浮かんできにくいのです。)

Aベストアンサー

> 貸倒引当金繰入勘定は貸倒償却と同じと思って良いのでしょうか?

そうですね。使われ方は同じです。

あえて相違点を挙げれば、現在一般的に用いられているのは「貸倒引当金繰入」のほうであり、「貸倒償却」は一般的ではない科目と位置づけられています。

Q難しい簿記の問題です。さっぱり分かりません!

難しい簿記の問題です。さっぱり分かりません!

売上高10,000 (売上割戻控除済み)
売上原価7,000
期首売上債権1,000
期末売上債権1,200
期首棚卸資産450
期末棚卸資産600
期首仕入債務920
期末仕入債務800
期首前受金130
期末前受金310
前受金はすべて商品取引に関わるものである
売上割戻40
売上割引20
手形100を割引き割引料を15支払った
仕入債務の返済のために他社振出手形400を裏書譲渡した

売上げ仕入はともに掛で行ったものとする

キャッシュフロー計算書における「営業収入」と
「商品の仕入による支出」の額を求めなさい


これを解ける人いますか?

Aベストアンサー

営業収入:9,545
商品の仕入による支出:6,870
となると思います。

説明の都合上、先に商品の仕入による支出からお話します。
売上原価、期首棚卸資産、期末棚卸資産より、当期に仕入れた額は
7,000+600-450=7,150
と分かります。これが当期に掛で仕入を行なった額です。これに期首仕入債務、期末仕入債務を用いて、
920+7,150-800=7,270
となります。これが仕入によるキャッシュアウトの基本額です。あとはこれに若干の調整を加えます。調整項目は仕入債務返済のための手形裏書譲渡ですね。
現金で出す代わりに他社振出手形で支払ったのですからキャッシュアウトに対する-方向への調整ですね。
(もしこれが自社振出の支払手形だったら期末仕入債務に反映されているはずです)
以上より、商品の仕入による支出は7,270-400=6,870

次に、営業収入ですが、売上は掛で行なっているのですから、
期首売上債権1,000+売上高10,000-期末売上債権1,200=9,800
が売上によるキャッシュインの基本額です。あとはこれに若干の調整を加えます。
前受金:売上に先んじて得ている現金ですから、期首より期末の方が多いということは、+方向への調整となります。
売上割戻:これは売上高に反映済みですので調整不要です。
売上割引:これは売上高には反映されません(営業外損益計算の範囲ですから)。しかし、キャッシュフロー計算書では営業収入の調整項目になるようです。従って-方向の調整。
手形割引:割引後の入金額(100-15=85)は期末売上債権の減少に繋がっているはずですので、考慮済みです。一方、割引額の方は、売上割引と同様に考えるようです。従って-方向の調整。
そして、もう一点、「仕入債務の返済のために他社振出手形400を裏書譲渡した」です。
この「他社振出手形」とは受取手形、つまり売上で得た手形ですので営業収入の調整にも必要となります。裏書譲渡により期末売上債権は減少していますが、キャッシュインを伴っていません。従って-方向の調整。
以上より、営業収入は9,800+180(前受金の増加額)-20(売上割引)-15(手形割引料)-400(裏書譲渡)=9,545

以上のようになると思います。

営業収入:9,545
商品の仕入による支出:6,870
となると思います。

説明の都合上、先に商品の仕入による支出からお話します。
売上原価、期首棚卸資産、期末棚卸資産より、当期に仕入れた額は
7,000+600-450=7,150
と分かります。これが当期に掛で仕入を行なった額です。これに期首仕入債務、期末仕入債務を用いて、
920+7,150-800=7,270
となります。これが仕入によるキャッシュアウトの基本額です。あとはこれに若干の調整を加えます。調整項目は仕入債務返済のための手形裏書譲渡ですね。
現金で出す代わりに他...続きを読む

Q簿記3級で支払手数料を含む勘定科目は何ですか?

簿記3級で支払手数料は固定資産購入した時は固定資産の代金にいれますがあと有価証券と固定資産のほかに支払手数料をほかの勘定科目の代金にいれてしまう勘定科目は何かありますか?

Aベストアンサー

逆に入れないのを覚えたほうがいいですよ。
3級では出ませんが、自己株式といって自分の会社の株を買うときに払った手数料は取得原価に入れません。
他の資産は基本的に入れちゃうもんだと思ってOKです。

その資産を買うのにかかったトータルのお金=取得原価

ですから。

Qさっきも質問したんですが、分かりにくいかもしれないので、簡潔に質問します。簿記の本支店会計で、本

さっきも質問したんですが、分かりにくいかもしれないので、簡潔に質問します。

簿記の本支店会計で、本店から支店に商品を売り上げたら、内部利益を控除します。

しかし、期末棚卸商品高と、期首棚卸商品高の分しか控除しないのはなぜですか?

期中にもたくさん売上がある時、それらにも内部利益は発生するはずなのですが…

Aベストアンサー

試験問題には出ないであろう、ごく普通の期中の本支店でのやり取りを妄想し、本店側の仕訳と支店側の仕訳を同時に書いてみてください。
財務諸表の流れや勘定科目の特性が分かっていれば、すぐに気づくはずです。

キーワードは「内部取引の相殺」

Q簿記3級の勘定科目の覚え方

簿記の学習をはじめました。
勘定科目を覚える必要がありますが、数の多さに戸惑っています。
皆様はどの様にして覚えましたか。
アドバイスやちょっとしたテクニックなどありましたら回答をお願いします。

Aベストアンサー

こんにちは。

勘定科目・・・。確かに初めて見た時はあまりの多さに唖然としましたねぇ。「こんなのどうやって覚えるねん!」みたいな。(笑)

勘定科目を覚える前に、まず会社ではどういった取引があるのかを知ることから始めたほうがいいと思います。
聞いたことのある取引(現金の出し入れ、備品の購入、商品の売買など)もあれば初めて聞く取引(手形の扱い方、減価償却、決算整理事項など)もあるでしょうから、まずはそういった取引の時にはどういった仕訳をするのかをひとつひとつ確認していく作業が大事です。

簿記の学習を始めたということは簿記検定を踏まえてのことだと思いますが、今すぐに勘定科目を覚えなくても簿記の学習を進めるうちに自然に覚えてしまうものですので、じっくりと取り組んでみて下さい。
3級ですとある程度パターンが決まっているので、慣れてくるとちょっと物足りなくなるかもしれませんが。

がんばって下さい。

Q商業簿記 本支店会計 未達事項

日商簿記2級を受験しようと思って勉強しています。
問題集を解いていて、どうしても納得できない所がありますので、
教えていただきたく思います。

***問題***
本支店の合併損益計算書を作成する問題で、途中の一部です。

資料1 :残高試算表
       【本店】    【支店】
営業費  18,500   99,500

資料2:未達事項
本店の営業費のうち3,000円が支店負担分であったが、
その通知が支店へ未達。

この未達事項の仕訳解答は
支店側) 営業費 3,000 /本店 3,000

普通はこれでわかるのですが、残高試算表の“本店の営業費のうち”
とあるので、既に本店)営業費 3,000/現金など 3,000で仕訳が済んでいる
のではないかと考えてしまいます。
残高試算表に支店の科目もあるので、資料2にわざわざ本店営業費のうち
と書いてあるのは何故でしょうか?

よろしく御願いします。

Aベストアンサー

答えをみてみないとなんとも回答しにくいのですが。

日商簿記検定の試験で本支店会計の出題において、すでにしてある仕訳を修正仕訳をするということは、まずないはずです。この場合だと修正仕訳は↓となりますが。。

(現金)3000(営業費)3000
(支店)3000(現金)3000

ひとつにまとめると
(支店)3000(現金)3000

です。確かに問題文の<本店の営業費のうち3,000円が支店負担分であったが、>の部分は、質問者様がおっしゃるように考えてしまいます。どこの出版社の問題集をお使いなのかは知りませんが、これまた日商の本試験ではこのような言い回しは、まずないと思います。あるとしたら「本店で支払った営業費のうち3000円は支店のもの」とか、書いてあると思います。

最初にも言いましたが、本支店会計での修正仕訳はまず考えられないので(特に未達事項の仕訳)、素直に↓の仕訳でいいと思います。
(営業費)3000(本店)3000


人気Q&Aランキング

おすすめ情報