ジメジメする梅雨のお悩み、一挙解決! >>

私は簿記を学ぼうと思い、書店で2冊適当に本を買ってきましたがさっぱり分かりません。
1冊は過去の問題集。
1冊は「これならわかる簿記・経理」
まずは6月の初試験で簿記3級を目指したいのです。
適切な本と、勉強法を有識者の方、アドバイスして頂けませんでしょうか?
私は、ファンダメンタルズを読めるようになりたいのです。
宜しくおねがいいたします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (5件)

 こんにちは。

私は簿記に詳しいわけではないのですが参考になればと思い書き込みしています。
 私も最近簿記の勉強を始めたものです。まずは3級を取得したいと思いテキストと問題集を購入しました。と言ってもできるだけお金をかけたくなかったのでオークションで安く購入したDAI-Xのものと、過去問題集にTACのものを使用しています。
 私には比較的使いやすいですが、次回2級を受けるときには全てTAC出版のものに絞ろうと思います。独学者にはとても分かりやすいと評判のようです。
 そして、「さっぱり分からない」とおっしゃっていますが、私も最初は同じ気持ちでした。先日、宅建の資格に合格して、比較的容易に学習を進めて合格したので簿記の3級くらいは余裕だろうと思ったんです。しかし、あまりに意味が理解できずに勉強するのをやめようかと思いました。でも、テキストを一通り終えて完全に理解できないまま問題集をやり始めたところ、簿記ってなんて面白いんだろうと言うレベルにまでなってきました。この間、約2週間くらいです。
 なので何もあせることはないと思います。初めて聞く言葉や借方、貸方の記入の仕方はやり続けることで自然と理解できます。3級はテキストをよく読んで、問題集を解き、分からなかったらテキストに戻る、の繰り返しで突破できると思います。
    • good
    • 0

近くの商業高校に行って本を買うのがいいのかなあ?


HPに簡単なものがありました

http://www.a-firm.ne.jp/nyu-mon/menu.htm
見てね。

会社のお金を動きをみやすくしていく
一つのお金の動きにはお金が出て行く、そのかわり物が増えたりしていく(コンビニで本を買う場合)
このように考えていくと
プラス本100円 マイナスお金100円 
という取引があったと言うことですね。
これを仕分けといいいます

わからないところあれば書いてね
    • good
    • 0

簿記なんて実に(本当に)簡単なものです。

たぶん、簿記自体がどういうものか分からないから難しく考えすぎているんだと思います。

1+1=2と同じくらいのものです。

資産、費用が増えたら左、負債、資本、収益が増えたら右に仕訳するのは、簿記の最終目標である貸借対照表・損益計算書がそのように配置されているからです。

例えば、現金で1000円売上があったら、その時点の会社の貸借対照表は左(借方)に資産として現金1000、損益計算書は右(貸方)に収益として売上1000が記入されます。

ですから、仕訳も
(借)現金1000 (貸)売上1000
となるわけです。

分からないといっても原理が分かっていないだけだとおもいます。3級程度なら十分その辺の本で取得できます。

がんばってくだっさい。
    • good
    • 0

3級レベルがさっぱり分からないなら、いきなり過去問題集やってもだめですよ。

数をこなして何とかなるのはある程度内容が分かってからです。
私は高校の教科書で勉強したので参考にならないですが、入学して半年で3級は取れたので、やっている事の意味や仕組みがわかれば3級は簡単に取れると思います。時間がなくてお金があるなら学校に行くのが早いでしょう。独学で行くなら商業簿記の教科書のような本を探すといいと思います。TACや大原など簿記のコースを取れる学校などが出しているテキスト本が書店にあったと思いました。
    • good
    • 0

買ってきた本を読んでさっぱり分からない、というならおそらく他の本を読んでも分からないと思いますよ。

これでは独学はかなりきついと思います。
やはり簿記の受講口座を受けたほうがいいでしょう。簿記の流れ、しくみが少しでも分かれば、購入した本を読んでみれば理解出来ると思います。あとは過去の問題集をとにかくやるだけですね。
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q簿記3級は暗記が大事ですか?勉強のコツは何ですか?

お世話になります。

簿記の3級に取り掛かっています。
まだ勉強を始めて数日なのですが
左右に何と言う名前が来るのか、さっぱり分かりません。
入る金額は簡単なのでわかるのですが・・・

資産が増えると左、減ると右とか
大まかな言葉としては覚えたのですが
どんな科目が入るのかが分かりません。

何回も繰り返して暗記するしかないのでしょうか?

3級をクリアしてる人に聞いたら
3級は2週間程度の勉強で受かると言われました。
しかし私には到底無理なようです。

簿記の勉強のコツとかがあったら教えてください。
よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

簿記でつまずく人は大抵、借り方、貸し方、左と右で
はてな。。。とこんがらがるケースがほとんどです。

まずは現金のあり方だけを覚えるといいです。
現金は基本的に(決算書などの)左側に残高が残ります。
まず、これだけ覚えてください。

そして、売上が上がると現金が増えるわけですから、
現金は左、売上はその反対で右に。

経費を使うと現金は減るわけですから、
現金は右に、経費勘定はその反対で右側にきます。

上の仕訳を例にしてみると、
現金残高10000円として、
現金1000/売上1000
経費500/現金500
となるわけです。(数字は適当です)

簿記は仕訳段階では引き算を使わずに、足し算だけで
表現しますので、現金が減るという引き算を使わず、
反対側に数字を載せることで現金の増減を表すので、
ここらが迷いやすいところなのです。

>どんな科目が入るのかが分かりません。

あとは、ほぼ日本語通りです。
下の言葉をさらに便宜上細かい勘定科目に分けているに過ぎません。
資産・・・現金・預金・土地・建物・売掛金
負債・・・借入金・買掛金
費用・・・○○費

ちょっとややこしいのは、同じ言葉で資産と費用の区別があるものでしょう。
これは最重要項目の決算書、清算表の問題には必ず出てきて、
配点に大きくかかわりますので、いくつかのパターンを全部覚える必要はあります。
家賃(費用)―前払家賃(資産)
支払い利息(費用)―未払い利息(負債)―前払い利息(資産)
など。

どんな勘定科目があるのかは、いちいち勉強するより、
どこかの会社の決算書でも見たほうが早いです。
みるのは費用項目くらいでよろしいでしょう。
どういうものがあるのか、さらりと3つ4つみるだけでいいです。

あとは、一通りさらってみたら、(全部理解できてなくてもよい)
一度、過去問を1つ解いてみることです。
そして、理解できていないところだけ見直します。
そして、その過去問の問題が理解できたら、次の過去問をやり、
また、わからないところだけ復習します。

だいたい10問くらい過去問をやり、理解を十分にしておき、
初見の問題をやって9割取れれば、ほぼ3級は合格できます。
(これは2級も同じです)
合格ラインは7割なんで、自宅で7割では問題によっては
落ちる場合もありますので、9割理解を目指してください。

簿記でつまずく人は大抵、借り方、貸し方、左と右で
はてな。。。とこんがらがるケースがほとんどです。

まずは現金のあり方だけを覚えるといいです。
現金は基本的に(決算書などの)左側に残高が残ります。
まず、これだけ覚えてください。

そして、売上が上がると現金が増えるわけですから、
現金は左、売上はその反対で右に。

経費を使うと現金は減るわけですから、
現金は右に、経費勘定はその反対で右側にきます。

上の仕訳を例にしてみると、
現金残高10000円として、
現金1000/売上1000
経費500/...続きを読む

Q簿記3級の必ず合格する勉強の仕方

お恥ずかしい話、3度も簿記を受けて落ちています。(ユーキャンもやりました。あと、比較的近くの簿記の学校のweb講座も受けたけどだめでした)
仕事で必要だし、この先転職するとしてもどうしてもほしい資格のひとつなんですが、時間が取れず、独学での勉強法について、皆様に教えていただけたらと思い、相談させてもらいました。


1 テキストを読み込む→ノートに書くのですが、本当に「書く」だけで終わってしまってます・・。

2テキストの章が終わるごとにミニ試験をやってはみるものの、それも書いて終わりで理解できてるのかどうかあまりわかりません・・。


3過去問題を解いてみるもわからない部分が多すぎてテキストの復習に戻りますが、
結局、テキストで答えをひろい、過去問題の解答をノートへ書き写す作業だけになっていて
実際に理解できてないのです・・。


理解力がないのかもしれませんが、やはり「書く」だけじゃだめなんでしょうか。
具体的にどういう勉強をすれば独学で受かるようになるでしょうか。

よろしくお願いします。

Aベストアンサー

 ちょうど勉強中ですので、私なりのやり方を書いていきます。

1)テキストを読み、要点をノートに書いていく。
この時丸写しではなく、自分なりの説明で書く。
それができないということは、理解できていないということです。

2)基本をしっかり押さえる。
各仕訳(減価償却・手形の処理など)が分からないのに、清算表などに取り組んでも時間の無駄です。
或いは電卓操作が下手(私がそうでした。)で計算間違いばかりしているのなら、そちらを何とかしないと不安なままです。

3)輪唱のように問題に当たる。
まずテキストを読みながら問題を解く。
次に時間を置いてもう一度(何も見ないで)解く。
例えば、「商品売買」「小口現金」「固定資産」「貸倒」と進めているなら
「商品売買」の問題をテキストを読みながら解く。
「貸倒」の問題をテキストを読みながら解く時期に「商品売買」の問題をもう一度解く。
3回目以降はできなかった問題だけ繰り返す。(添付画像参照)

4)間違いチェックノートに書き出す。
間違えた問題は、ノートに「何を間違えたのか」書く。
それによって弱い部分が見えてきます。

5)時間制限を設ける。
問題にもよりますが、私は清算表なら30分で切ります。
時間内に終わらないのは、<1>理解が足りないため考える時間が長い。<2>作業スピードが遅い。ということです。

6)空き時間を利用する。
私は電車で移動している間に、暗記カードを使って勘定を覚えています。
片面に勘定科目と何に当たるのか(資産・収益・負債・費用・純資産)を書き、裏にその内容(どういったときに使うのかなど)を書いてます。(添付画像参照)

7)自分にあった方法を見つける。
覚える方法には「見る・聞く・書く・話す」があります。
書くだけで足りないなら、声を出して読みましょう。

8)分からない部分をはっきりさせる。
今回の質問のように漠然としたものだとアドバイスしづらいです。
どうせならこのQ&Aサイトを利用しましょう。
(仕入)100 (買掛金)100とありますが、どういう意味ですか?
買掛金とは何ですか?くらいからでもいいじゃありませんか。

 ちょうど勉強中ですので、私なりのやり方を書いていきます。

1)テキストを読み、要点をノートに書いていく。
この時丸写しではなく、自分なりの説明で書く。
それができないということは、理解できていないということです。

2)基本をしっかり押さえる。
各仕訳(減価償却・手形の処理など)が分からないのに、清算表などに取り組んでも時間の無駄です。
或いは電卓操作が下手(私がそうでした。)で計算間違いばかりしているのなら、そちらを何とかしないと不安なままです。

3)輪唱のように問題に当た...続きを読む

Q簿記が全くわかりません…。

今度会社で、経理を担当することになりました。
以前からほんの少し経理補助をしていたので
簿記を勉強したこともありましたが、さっぱりわからなくて困っています。

学校へ行けば少しはわかるかもしれませんが、
今は時間もお金もありません。 

独学で簿記を勉強したいと思ってますが
数冊「簿記初心者向け」の本を買いましたがいつも
「○○って何の事なの? ○○って何の為にやるの? ○○の意味がわかんないよ!!」
と疑問ばかり増えて、途中でやる気がなくなってしまいます。。。

どなたか、こんな私に わかるようになるコツとか、
この本、このサイトが解りやすいよ~を教えていただけないでしょうか…

お願いします。

Aベストアンサー

どこまでの経理をなさるのかによると思いますが、まったくの初心者なら
まずは仕分けに使う用語を覚えて理解する事が先決です。
仕分けはある程度ご存知との事。実務なら実践あるのみ。
未経験者に最初から振替伝票や手形を扱わせたり財務諸表を作らせたりはないと思いますので、仕事の流れを理解して下さいね。
あとは実務あるのみ。簿記の資格持ってても実務で使えない人はいっぱいいます。

分からない事がでてきたら前期の振り替え伝票をみて帳面(経理ソフト)と照らし合わせて自分で納得できるまで努力してみて下さい。(パズルを解くように。何と何が繋がってこうなっているのか理解できるように)

集金ひとつとっても売掛金の確認をして→領収証の発行→手形(小切手)の入金かあれば→売掛金の消しこみ、領収証の済印→手形なら手形帳に記入(管理)小切手(現金)なら銀行に入金と一つの事に関わる仕事は多いですよ。支払いも同じです。

借方、貸方 資産、負債と考えると難しくてわからなくなりますが振り替え伝票や帳簿類は
左が「入」、右が「出」
銀行帳に売上金が振り込まれたとすると
○×銀行100円/売掛金100円 
お金が入ったほうを左、お金が出て行くほうが右と覚えてください。

実務でわからない事が出てきた時に本を見てみたほうがよくわかると思いますよ。

どこまでの経理をなさるのかによると思いますが、まったくの初心者なら
まずは仕分けに使う用語を覚えて理解する事が先決です。
仕分けはある程度ご存知との事。実務なら実践あるのみ。
未経験者に最初から振替伝票や手形を扱わせたり財務諸表を作らせたりはないと思いますので、仕事の流れを理解して下さいね。
あとは実務あるのみ。簿記の資格持ってても実務で使えない人はいっぱいいます。

分からない事がでてきたら前期の振り替え伝票をみて帳面(経理ソフト)と照らし合わせて自分で納得できるまで努...続きを読む

Q簿記3級は本当に誰でも取れるのですか?

簿記全くの素人で、簿記3級を取得したものです。

受ける前は、「勉強すれば誰でも受かるよ」「簡単」と言われていました。実際、学校にも通い、試験が近づくと必死で勉強し、なんとか83点で合格できましたが・・・私は少なくとも「簡単」とは思えませんでした。また、先日受けた試験の合格率は50%くらいだったと思います。

私としては、「誰でも受かるほど簡単」とは思えません。皆さんはどうですか?

Aベストアンサー

たくさんの回答が寄せられていますね。
質問者さまの声と、回答者の皆さまのご意見を読んでいて、
共感を覚えた者です。私も、ぜひ、参加させて下さい。

私も、質問者さまと同様、社会人になってから、簿記3級に挑戦することとなりました。
6月受検のための勉強を始めたのは、5月、GWの頃。
学生の頃から、算数&数学が苦手だった私は、簿記3級にも抵抗を覚えたものです。
高校進学後の数学に至っては、赤点続きで、先生からよく叱られました。
『数字を見ただけで、頭が痛くなる』タイプだったのです。
そんな私が仕事のためとはいえ、簿記を勉強することには、周囲から『無謀だ』と猛反発を受けました。
しかし、職業柄、どうしても受からねばならない事情があったのです。
私にとっては、初めて独学で、本格的に目指す資格試験。
大学受験以来のプレッシャーでした。
手の使い過ぎで腱鞘炎になるし、
本試験日までは、寝不足や食欲不振に悩まされる日々が続きました。
試験会場には、商業高校生らしき若者が大勢詰め掛けていて、
教師らしき人々の励ましを受けていました。
制服姿の学生に混じっての孤独な社会人受検。気後れしたものです。

そして無事、簿記3級に合格したものの、
父親からは『なんだ、まだ3級か』
『うちの会社の経理のコは、みんな持ってるよ』と云われて
何となく、カチンときたのを憶えています。
会社の同僚からも、『あら、なぁに?2級じゃなかったの?』との声。
不思議だったのは、簿記を勉強した経験のある人からは
『頑張ったね。大変だったでしょう?』と、労いの言葉を戴いたことです。

質問者さまの、簿記3級に合格したものの、
3級って、大したコトないの?自分は3級でも、けっこう大変だったんだけどな…。
という今の心境は、何となく、お察しいたします。
当時の自分を見ているようです。

今思えば、周りからの"簿記3級は簡単!”という批評は、
簿記3級なんか…と軽視する意図などは、一切なしに、
また、簿記3級だから云々…という理屈も抜きにして(簿記って何?という輩も少なくない)、
俗に言う"検定試験を履歴書に活かせるのは、何でも2級レベルから”という認識の強さが、
無責任に、口にさせた台詞だったのかもしれません。
(会社によっては、何級からでも、ひとつの資格として認識されますが。)

他のかたが仰るように、周りの言葉に、変に過敏にならず、
努力した自分を一番よく知っている自分が、今までの努力を褒め称えてあげればよいのです。
お仕事されながらの受検は、大変だったことでしょう。
苦境を乗り越え、合格を勝ち取ったことは、自分の中で、ひとつの自信になったはずです。

しかしながら、国家試験を目指す人などが、これから簿記にチャレンジする初心者相手に、
訳知り顔で『日商簿記くらい簡単に取れないとね。』と、
あからさまに、上から物を見た言い方をするのを、巷で耳にするたび、
『たかが簿記で、そこまで偉くなれるのか?人間が小さい奴だな…』
と、(失礼ながら)私は、醒めた目で見ることにしています。
たまに、『自分には簿記のセンスがない。向かない。』と悲観的になる人もいますが、
センスの有無とは、個々の五感に係わる問題です。
誰しも、電卓片手に、生まれてきたわけではありません。
簿記で扱う数字は、算数とは違って、公式だけの感覚で解くものではないし、
簿記の根底に在る理論は、国語のように、日常生活に当たり前に転がっているものではないため、
わざわざ勉強時間を作って、一歩ずつ知識を身に付けてゆくしか、方法はないのです。
3級でも、2級でも、1級でも、センスなどに頼らず、こつこつ努力しないといけないのは、みんな同じです。

ただ、補足するとしたら、
簿記1級の資格試験や、税理士・会計士等の国家試験は、
簿記の知識を問うものでも、2級までの資格試験とは、採点方式等が異なるため、
合格のためには、個人の努力だけでなく、試験戦略・運の要素も絡んでくることになります。
簿記3級は、過去問題を制限時間内で70点取れる練習を、何度も積んでいれば、
本番での過度の緊張やケアレスミスに襲われない限り、充分に合格圏内を目指せるかと思います。

簿記2級となると、試験員が、ごくたまに、範囲外のようなイジワル出題をすることがあったり、
さらに、簿記1級では、周りの受験生の出来具合により、採点箇所が変化するらしいため、
死ぬほど努力していても、時として、その実力が充分に発揮できない状況が、足を引っ張ります。
人格が変わるぐらい勉強し、恋人を捨て、人生をかけて挑戦してさえも、
合格の実現が厳しい難関試験の前に、打ちひしがれる人を、私は、目の当たりにしています。
そのような『勉強しても受からせてもらえない、リスクの大きい試験』から比べれば、
簿記3級は、努力すれば受からせてもらえる良心的な試験だと言えるのかも知れないな…とは思います。

『簿記3級なら、がんばれば、誰だって合格できる』という言葉の裏には、
簿記3級は、ひとりひとりが実行可能な労力を惜しみさえしなければ、
誰にとっても、その努力が充分に報われる要素のある試験なんですよ。って気持ちが込められています。
私が友人に、受検を励ます意味で、その言葉をかけるとしたら、そうした意味を込めて用います。

簿記を好きになれると、自信を失くす時があっても、また立ち直って頑張れます。
華やかな勉強ではないし、あまり理解を得られない面もありますが、
私自身は、簿記学習を通じて、『算数キライ』の苦手意識を克服でき、根気や忍耐力もついて、よかったかな?と思います。

身の上話が長くなり(苦笑)、申し訳なかったですが、
あなたに簿記の勉強を続けてみようというお気持ちがあるのならば、
何とか、自信を持って、ご自分の道を歩んで頂きたく、この回答を書きました。

たくさんの回答が寄せられていますね。
質問者さまの声と、回答者の皆さまのご意見を読んでいて、
共感を覚えた者です。私も、ぜひ、参加させて下さい。

私も、質問者さまと同様、社会人になってから、簿記3級に挑戦することとなりました。
6月受検のための勉強を始めたのは、5月、GWの頃。
学生の頃から、算数&数学が苦手だった私は、簿記3級にも抵抗を覚えたものです。
高校進学後の数学に至っては、赤点続きで、先生からよく叱られました。
『数字を見ただけで、頭が痛くなる』タイプだったのです...続きを読む


人気Q&Aランキング

おすすめ情報