今年から住宅特別控除を会社の年末調整上で行いましたが、12月の給与に記載されている-額(その他を含めた調整額かと思いますが…)が住宅控除額を下回っていました。
昨年は税務署で手続きを行い、控除額がまるまる戻ってきた様に記憶しています。
申告書に記載した住宅特別控除額が、そのまま還付されるものではないのでしょうか?

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (3件)

 No1の追加です。

12月分の給料で住宅取得控除を調整しているのであれば、12月分の給料に対しても所得税を納めますので、その分と住宅取得控除額との差し引き額が明細書に記載されて、住宅取得控除額を下回ることになります。

 12月給料と年末調整の差額分を、別々に処理する場合は、年末調整として住宅取得控除額がそのまま還付になるかと思いますが、その場合でも12月分の給料から所得税を支払っていますので、差し引き額は同額となります。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

なるほど確かに明細には所得税欄が空欄になっています。
-額は12月の所得税込みのようです。
ご回答有難う御座いました。

お礼日時:2001/12/25 17:49

年末調整では、住宅特別控除とともに、他の控除額などのも含めて、1年間の所得税の清算を行います。


この時に、住宅特別控除以外の分では源泉徴収した分では不足があり、年末調整では戻らずに、差額を控除される状況に合ったのです。
そこに、住宅特別控除が入ったので、住宅特別控除から不足分を控除されたので、戻りが住宅特別控除より少なくなってしまったのです。

例として、住宅特別控除前の状態で不足が10000円あり、住宅特別控除が80000円だった場合、差し引き70000円が戻ったということです。

住宅特別控除は初年度は確定申告で清算します。
昨年度の場合は、年末調整ですでに他の清算は済んでいて、住宅特別控除のみを控除しますから、住宅特別控除の金額が戻ってきたのです。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご回答有難う御座いました。
大変参考になりました。

お礼日時:2001/12/25 17:52

 年末調整での住宅取得控除は、年末調整による所得税の調整と住宅取得控除の2種類の控除を調整することになります。



 ここで、給与収入に対する所得税の追加納付が発生した場合には、所得税がプラスとなり住宅取得控除でマイナスとなり、差し引きで住宅取得控除額以下の所得税が還付されることになります。

 税務署の確定申告の場合は、所得が確定していてその所得に対する所得税も年末調整で確定させていますので、確定申告の際は還付のみの請求となりますので、住宅取得控除額がそのまま還付となります。

この回答への補足

早々のご回答感謝します。
お察しの通り、配偶者関連の清算で平成12年度分の所得税の追加徴収がありました。年が違いますが、これがキーになっているのでしょうか?また、同様にH13年度分も1月の給与から追加徴収されるはずです。H14年度の年調においても差額が生じるのでしょうか?

補足日時:2001/12/25 17:27
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qなぜ額に血管が浮き出るのか

よく激怒している人が頭に血管が浮き出るほど怒っているといいますが
(1)額に血管が浮き出るというのは、結局どういうことで起こっているのでしょうか?
(2)日常的に浮き出ているのはどういう皮膚(?)もしくは顔の筋肉(?)の状況なのでしょうか?
(3)血管が浮き出ているとその血管が切れやすいということはないのでしょうか?

Aベストアンサー

人間が興奮し激怒すると、どの様なことが起こっているのでしょうか?
先ず副腎髄質からアドレナリンがドバーと放出されその結果
1.心拍数の増加
2.血圧の上昇
3.瞳孔の拡大
4.血糖値の上昇
が起こり闘争準備状態になります。血圧が極端に上昇しますから全身の血管がふくれあがります。外から見える血管は主として静脈ですから、静脈が破裂することは無いでしょう!脳の中の血圧はもっと上昇しますから、脳内の血管が破裂することがあります。

Q住宅借入特別控除額と可能額

住宅借入特別控除額と可能額が同じ額で
源泉徴収税額が0円なのですが
申告しても住民税の戻りは
無理でしょうか。

Aベストアンサー

「住宅借入金等特別控除可能額」は住宅借入金等特別控除額の計算明細書で算定された、本年控除できる住宅ローン控除額の総額であって、所得税にて引ききれない額がある場合にこれを記載することとなっております。

「住宅借入等特別控除の額」と「住宅借入等特別控除可能額」が同じということは、控除額全額を所得税にて控除したことを意味しますので、普通この場合は「住宅借入等特別控除可能額」欄は記載しないはずです。 そして、全額控除済みであれば、住民税の申告はできません。

給与所得控除後の金額・所得控除の合計額・源泉徴収税額(0円)が分かればいいのですが。

Q血管が浮き出る

質問はタイトルの通りで、腕の血管が浮き出てしまうんです。別に困ってるとか言う訳じゃなくて、なんで浮き出るのかが気になったので質問させていただきました。
友達にも、血管が浮き出る人は何人も居ますが、比較的に細身や標準の人に多い気がします。
血圧は問題ないので何が原因なのでしょうか?この様になるのは身体に影響は無いですよね?

Aベストアンサー

腕に浮き出ている血管は静脈です。浮き出る状態はもちろん個人差があります。腕の筋肉が発達している人、例えば肉体労働者や運動選手では動脈から筋肉に供給された豊富な血液が静脈を介して心臓に戻ります。そのため、筋肉の発達していない人に比べて静脈が浮き出ています。

また、皮下脂肪の厚さも静脈の浮き出方に影響を与えます。皮下脂肪の多い女性や子供は、男性や高齢者に比べると静脈が浮き出にくいようです。

同じ人であっても、寝起き時、汗をかいたときなど、いわゆる脱水状態では腕の静脈もペシャンコになってしまいます。

血圧は動脈、静脈のうちどちらに関係するかというと動脈です。静脈とは直接は関係有りません。ただし、高血圧が続き心臓に負担がかかり心不全という状態になると静脈圧も上がってきて、腕の静脈が浮き出るようになります。したがって、健康な人では腕の静脈が浮き出るといっても心配はありません。

Q年末調整で控除しきれなかった住宅借入金特別控除

会社で年末調整の担当をしています。
今年の年末調整の説明会にも行ったのですが、市役所の方がモゴモゴと早口で説明されたので、いまひとつ理解ができませんでした。

今年から税源移譲で所得税が減り、住民税が増えています。
それによって、年末調整の計算の最後で住宅借入金等特別控除額を所得税から控除しきれない場合(所得税が0になってもまだ控除額が残っている状態)市役所へ申請することにより、控除しきれなかった額に応じて住民税の減税処置のようなものができると言っていたかと思います。

(住宅借入金等特別控除前の確定所得税額)>(住宅借入金等特別控除額)
になった場合、役所へ申請するのは本人でしょうか、会社でしょうか。
他の事業所の年末調整の担当者に「該当する場合も、住民税から控除される学派所得税から控除しきれなかった額ではない」と聞いたのですが、本当でしょうか。
年末調整のしかたには書いていなかったように思うのですが、ご存知の方、教えていただけないでしょうか。

Aベストアンサー

>申請するのは本人でしょうか、会社でしょうか。

申告は本人です。

>控除しきれなかった額ではない

控除不足額そのままを控除するのではありません。
税源移譲による控除不足影響額です。

たとえば、年末調整を基本に考えますと、、、
給与所得控除後の金額・・3,200,000円
所得控除の合計・・1,200,000円
住宅借入金等特別控除の控除可能額・・250,000円(a)

住宅借入金等特別控除前所得税額(新税率)・・
 (3,200,000-1,200,000)×10%-97,500=102,500(b)
住宅借入金等特別控除後所得税額・・
 102,500-250,000=0・・・源泉徴収税額
 住宅借入金等特別控除額・・・102,500
 住宅借入金等特別控除不足額・・・147,500
住宅借入金等特別控除前所得税額(旧税率)・・
 (3,200,000-1,200,000)×10%=200,000(c)

住民税住宅借入金等特別税額控除額・・
 (a)と(c)いずれか低い額-(b)・・200,000-102,500=97,500

H20年度の住民税所得割から差し引く住宅借入金等特別税額控除(見込)額は97,500円となります。控除不足額とはイクオールとはなりません。

市区町村のなかにはHP上において控除額計算できる申告書を載せるところがあるでしょう。

広島市
http://www.city.hiroshima.jp/www/contents/0000000000000/1195699776465/index.html

>申請するのは本人でしょうか、会社でしょうか。

申告は本人です。

>控除しきれなかった額ではない

控除不足額そのままを控除するのではありません。
税源移譲による控除不足影響額です。

たとえば、年末調整を基本に考えますと、、、
給与所得控除後の金額・・3,200,000円
所得控除の合計・・1,200,000円
住宅借入金等特別控除の控除可能額・・250,000円(a)

住宅借入金等特別控除前所得税額(新税率)・・
 (3,200,000-1,200,000)×10%-97,500=102,500(b)
住宅借入金等特別控除後所得税...続きを読む

Q手の血管が浮き出る

いつからかは覚えていないのですが、手の甲の血管が浮き出て目立つようになりました。

手だけでなく足の甲も人よりだいぶ浮き出ているように思います。

老化の表れというのをちょこちょこ聞くのですが、高校生のころから結構出てたことを覚えているので、ただ単に老化が原因とは思えません。

これは体質によるものなのでしょうか?直る(浮き出なくなる)可能性はあるのでしょうか?

分かる方がいらっしゃったらよろしくお願いします。

Aベストアンサー

スポーツをしていらっしゃいませんか?
もしくは力仕事をしていたとか…
スポーツジムで筋トレに励んだり…
大まかに言えば酸素やエネルギーを大量消費する生活をしていると血管は太くしっかりしてくるように思います
そして、皮下脂肪が少ないと血管が太いので浮き出て気安いようです。
「老化の現われ」というのは皮下組織が弾力がなくなるためで、確かに血管は浮き出てきやすくなるかと思います。
でも「老化の現われ」としてはきっと血管にも弾力が無くなり『蛇行』しだすと『蛇行』が目立ち
「血管の浮き出が目立つ」⇒「老化の現われ」と言うのでしょうね
若くても血管の浮き出ている人は沢山いますよ。

で、治るか?ですが…残念ながら治りません。
皮下脂肪を付ける(肥る)事で目立たなくなるとは思います。
でも、目立たなくする必要が有るでしょうか?
私は商売柄(看護師)血管をよく見ますが、血管の張りのある人は自分を鍛えた事のある人だと思い尊敬してしまいます!
血管フェチです(笑)TVを見ていても男女関係なく「あぁ、あの血管素敵!」とか思ってしまいます。
本人さんが得なことは…
う~ん、病院に行って採血や点滴の時失敗されにくいです(笑)

自分を鍛えた証です。その血管に自信を持ってください!!
答えになってませんか?

スポーツをしていらっしゃいませんか?
もしくは力仕事をしていたとか…
スポーツジムで筋トレに励んだり…
大まかに言えば酸素やエネルギーを大量消費する生活をしていると血管は太くしっかりしてくるように思います
そして、皮下脂肪が少ないと血管が太いので浮き出て気安いようです。
「老化の現われ」というのは皮下組織が弾力がなくなるためで、確かに血管は浮き出てきやすくなるかと思います。
でも「老化の現われ」としてはきっと血管にも弾力が無くなり『蛇行』しだすと『蛇行』が目立ち
「血管の浮...続きを読む

Q住宅借入金等特別ローン控除可能額と実際に還付される額の不一致

詳しい方教えてください。
住宅借入金等特別ローン控除可能額から、
すでに控除された額を引くと
住民税から控除される額になると思っていたのですが、
計算をしてみると差が生じます。

これはなぜなのでしょうか。
恐れ入りますがよろしくお願いします。

Aベストアンサー

18年分の所得税の税率と、19年分の所得税の税率が変わっているのは
ご存知ですか。
国税である所得税を全体的に少なくして、地方税である住民税を全体的に多くするという、地方財源を増やす目的の税源移譲が行われています。

この税源移譲の重要な要素として、税額を移し変えただけで、所得税と住民税の総和を同じにし、税源移譲にかこつけて増税が行われてはいけないということがあります。

前置きについて、ご存知でしたら冗長になり申し訳ありませんでした。
ご質問の件について・・・、

適当な数値をあげて例示しますので、参考にしてください。

たとえば、所得が138万円で、所得控除が基礎控除しかない方であれば、次のようになります。

(1)税源移譲前の税率で計算

所得税 100,000円
住民税  56,500円
合計  156,500円・・・A

(2)税源移譲後の税率で計算

所得税 50,000円
住民税 106,500円
合計  156,500円・・・B

このようにAとBは等しくなります。

しかし!住宅ローン控除がある人は様子が変わります。
これは住宅ローン控除が所得税にしかない制度であるためなのですが、
住宅ローン控除(可能額)が、150,000円である人について、
上の計算をすると次のようになります。

(3)税源移譲前の税率で計算

所得税    0円・・・本来の税額以上に住宅ローン控除がある。
住民税  56,500円・・・住民税は上の計算と同じ。
合計   56,500円・・・C

(4)税源移譲後の税率で計算

所得税  0円・・・本来の税額以上に住宅ローン控除がある。
住民税 106,500円・・・住民税は上の計算と同じ。
合計  106,500円・・・D

今度はCとDを比べると、税源移譲後のほうが税負担が重くなっています!
これはいけません!

このため、税源移譲前の税負担と等しくするために、
特別に住民税から、D-Cの50,000円を差し引くことになります。
こうすると、

(5)税源移譲後、住民税からの住宅ローン控除を含めて計算。

所得税  0円
住民税 56,500円
合計  56,500円・・・E

というわけで、この例の住民税からの控除額は、
質問者様が考えらっしゃる、住宅借入金等特別ローン控除可能額からすでに所得税から控除された金額を差し引いた金額
150,000-50,000の100,000円ではなく、
実際に増税現象が起こっている額の50,000円ということになります。

総務省のサイトも参考にしてみてください。
http://www.soumu.go.jp/czaisei/czaisei_seido/zeigenijou2.html

わからない点がありましたら、追加の質問をお願いします。

18年分の所得税の税率と、19年分の所得税の税率が変わっているのは
ご存知ですか。
国税である所得税を全体的に少なくして、地方税である住民税を全体的に多くするという、地方財源を増やす目的の税源移譲が行われています。

この税源移譲の重要な要素として、税額を移し変えただけで、所得税と住民税の総和を同じにし、税源移譲にかこつけて増税が行われてはいけないということがあります。

前置きについて、ご存知でしたら冗長になり申し訳ありませんでした。
ご質問の件について・・・、

適当な数...続きを読む

Q手首動脈血管が浮き出る

左手首の動脈血管(脈を取る部位)が知らないうちに浮き出てきました。
長さは3cm位で脈を打っているのがよく分かります。
痛いとか痺れるなどの自覚症状は全くありません。
皮膚科を受診しましたが原因は分からないとの事でした。
原因や対処法など、この症状についてお分かりになる方はいらっしゃいますか。
アドバイスをよろしくお願いします。

Aベストアンサー

 手首の脈を取る部位の血管で、脈を打っているのがよく分かるとういことなので、親指側の橈骨(とうこつ)動脈と考えて回答します。
 一般にやせている人であれば、この血管が拍動するのが見えることがあります。高齢になって動脈硬化が進行した方では、この血管も他の部位と同様に蛇行することがあります。
 外傷や血管穿刺、膠原病などが原因でまれにこぶ状(動脈瘤)になることがあります。この場合には手術を行うことがありますが、自覚症状がなく、こぶ状にもなっていなければ放置して問題ありません。通常この血管径は3mm程度ですので5mmより太いとか、徐々に太くなっているのであれば外科あるいは心臓血管外科の受診をお勧めします。
 万一、この部位で血管が破れても圧迫止血できるのであわてることなく手首の動脈をおさえて救急車を呼んでもらえば大丈夫です。

Q去年の(19年)住宅借入金等特別控除の額

今年の年末調整事務を行う前に勉強中です。

去年年末調整事務をしていない為に
いまごろ算出方法を学んでいます(T_T)

去年の(19年)※住宅借入金等特別控除の額のだしかたが
が分かりません

例)平成19年分 給与所得の源泉徴収票
□支払い金額7,324,790
□給与所得控除後の金額 5,392,311
□所得控除の額の合計額 3,442,419
※住宅借入金等特別控除の額 97,400
摘要 住宅借入金等特別控除可能額 206,200 平成16年1月25日居住開始
※の出し方について算出表などありましたら リンク願います

また、今年の(20年)住宅借入金等特別控除の特例の創設について
去年と違う点が簡単に説明できる方 お願いします!!

Aベストアンサー

ふたたびです(^o^)

これは当初は10年のみのはずでしたが10年・15年選択制にしたので特例の創設という事になりました。
この10年・15年の選択は確定申告時に申告者がどちらかを選択してそれを翌年以降の年末調整で還付されるという形です。
ですから年末調整をする際には税務署からの用紙で10年を選択しているか15年を選択しているかは分かるのではないかと思われます
(19年に購入された人が確定申告を終わらせていると今年20年が最初の年末調整となりますのでどのようになっているかはまだ知りません)

Q足の血管が浮き出る

足が冷えてる時、時々暖めると急に足が温かくなって、歩く時に足が少し赤くなり、血管が浮き出て痛みを生じます。
座った時には痛みが無くなり、足も元の色に戻ります。
これは何かの症状なのでしょうか?

Aベストアンサー

浮き出るときに特徴があれば静脈瘤かも

下肢静脈瘤(写真が出ているサイトを中心にしました)
http://www.gik.gr.jp/~skj/peripheral/varix.php3
http://www.kakinoki-geka-clinic.jp/kasi/index.html
http://www.tokushukai.jp/user/heart/kekkan_05_1.html

Q市民税・都民税住宅借入金等特別減税額控除について

市から、「市民税・都民税住宅借入金等特別減税額控除は、居住開始年月日が19年1月1日以降のため受けられませんでした。」という通知が届きました。

私は、19年の10月に新築を購入しました。
所得税の住宅ローン控除は適用されていますが、「市民税・都民税住宅借入金等特別減税額控除」は適用外のようですね。

これは、19年以降の住宅ローン控除を制定するときに「市都民の控除は適用しない。但し、19年以前(11年から)の居住者に対しては、当時決定していなかった事項なので市都民税も減税してあげましょう。」ということなのでしょうか。

10ヶ月住宅を購入するのが遅かったために、非常に損した気分になりました。19年以降に住宅ローンを組んだものに対しては、市都民税の控除は今後もまったく無関係なのでしょうか。

Aベストアンサー

>これは、19年以降の住宅ローン控除を制定するときに「市都民の控除は適用しない。但し、19年以前(11年から)の居住者に対しては、当時決定していなかった事項なので市都民税も減税してあげましょう。」ということなのでしょうか。
いいえ。
ローン控除は、もともとは所得税のみで住民税にはありません。

平成19年の「税源移譲」による大幅な税制改革で、所得税の税率が下がり、住民税の税率が上がりました。
このことにより所得税が安くなったため、それまで所得税から引けたローン控除額が所得税から引ききれない、ということが起こるようになりました。
そのため、その引ききれなかった分を住民税からも引けるように”特別”に控除できるようにしたのが住民税の「特別減税控除」なのです。

19年以降分のローン控除を受けた場合は、この特別控除は受けられませんが、その代わり、平成19年からのローン控除からは控除を受けられる期間がそれまでは10年だけだったのが、10年と15年(1年の控除額を少なくし長い間控除を受けられる)いずれかを選択できるようになっています。

>19年以降に住宅ローンを組んだものに対しては、市都民税の控除は今後もまったく無関係なのでしょうか。
今の税法が改正されない限り、そのとおりです。

>これは、19年以降の住宅ローン控除を制定するときに「市都民の控除は適用しない。但し、19年以前(11年から)の居住者に対しては、当時決定していなかった事項なので市都民税も減税してあげましょう。」ということなのでしょうか。
いいえ。
ローン控除は、もともとは所得税のみで住民税にはありません。

平成19年の「税源移譲」による大幅な税制改革で、所得税の税率が下がり、住民税の税率が上がりました。
このことにより所得税が安くなったため、それまで所得税から引けたローン控除額が所得税から...続きを読む


人気Q&Aランキング

おすすめ情報