小田和正さんが在籍したオフコースについて知りたい事があります。 私はリアルタイムでオフコースを見ていないんですが、あのサウンドがすきでネットでいろいろ調べたら、なんとデビュー当時は三人組でその後二人になったりで、80年代のバンドサウンドとは違ういわいるニューミュージックサウンドだったと知りました。特にデビューシングル「群集の中で」のジャケットを見たら井上揚水の「傘がない」ばりの都会での孤独を感じる暗い印象を受けました。実際にデビューシングルのサウンドを聞いた事は無いのですが、どんな感じだったのでしょうか?。
 

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (5件)

こんにちは。


リアルタイムオフコース世代です。
バンド形式のオフコースが確立したのは、大間・松尾・清水が正式加入したアルバム「スリー・アンド・トゥー」からですが、
’70後半全盛期のオフコースサウンドが前面に出てきたのは、アルバム「ジャンクション」の「思い出を盗んで」「別れの情景」等に見られるコード進行に顕著に見られます。
(別れの情景1はスタイリスティックスのユーアーエブリシングそのままですが大好きです。)

「群集の中で」は、小田氏・鈴木氏がいるというだけで、全く別のグループの楽曲と考えています。
ワルツのリズムで単調に始まり、サビはコーラスが厚めに入って、当時としては叙情派フォークよりクラシカルに聞こえます。

リズム・コードにしても、後の小田が意図した緻密なメロウさはあまり感じられません。
結局、有名作家に頼んでしまった「忘れ雪」までは、現在のオフコースファンからすれば、別系統の音楽とお考えになったほうがいいとおもいます。

ライブ盤収録の「キリストは来ないだろう」ですら今聞けばポップですものね。
「やさしさにさようなら」「一人で生きてゆければ」のように、小田節が炸裂しているのが好きな人には、あまり聞くのをお勧めしません。
でも全部知りたいというのも人情ですものね^^。
素敵な質問ありがとうございます。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます。
私の中でのオフコースは後にも先にも「愛を止めないで」なので70年代の小田さんは想像できません。
オフコースォフィサルサイトで確認したら確かに、作詞・作曲を見ると小田さんではない作品ばかりですね。
しかも、そのオフィシャルサイトに群集の中での曲は無いのですが、初期の作品を試聴できました。やはり、小田節なオフコースサウンドとは違うものでしたね。
自分の求めてる音楽とは違うな~というのが正直な感想でした。

お礼日時:2006/01/19 14:58

群衆の中では


作詩:山上路夫
作曲:ベティ・ディーン
編曲:馬飼野俊一
ですのでオフコースの曲として聞いて比較することはちょっと(個人的な感じではコーラスは良いですが声以外はらしさがないという評価をしております)

それでもオフコースの曲ですからディスコグラフィとしてはもちろん、アルバムにも収録されています

やはり「僕のおくりもの」からでしょう

参考まで

参考URL:http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%AA%E3%83%95% …
    • good
    • 0
この回答へのお礼

そうですか。やはり皆さんもおっしゃるとおり、今のオフコースとは違うものとしたほうがいいんですね。

お礼日時:2006/01/19 15:13

こんにちは。



「群集の中で」は聴いたことがありませんが
オフコースの初期はアコースティックを中心とした
淡々とした音楽が多いです。
フォーク系ですね。

静かで心にしみる音楽なのですが、
ライブも静かで数曲演奏したら
「。。。次の曲は。。」って曲名を言うだけの感じでした。

80年代前半にオフコースを知ったのですが
その時は「暗い。」とか「オフコースを好きな奴は根暗だ。」ってイメージが強かったので
「オフコースが好きです!」とはあまり明言できませんでしたね。
ひとりでこっそり聴いてました。
隠れファンは多かったようですけど。(笑)
    • good
    • 0
この回答へのお礼

オフコースってそんな位置づけだったんですね。
昔、かぐや姫のライブを音声で聞いた事があるんですが、それもすんごいひっそりとしてステージで驚きました、
時代の差なのかもしれませんが、根暗っていうイメージがあったほどとは・・・。

お礼日時:2006/01/19 15:12

学生時代の友人がオフコースのファンでして、よく耳にしました。


そのときから暗めの曲が多いという印象はありました。

多分、そういうシリアスな路線が主張だったと思います。
流れもフォークソング系というんでしょうか、
70年代前半のGAROとかの流れを受け継いでいるようにみえます。

デビューシングルは聴いたはずなのですが、
ちょっと曲を思い出せません。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

そうですか、ぜひとも聞いて見たいですね~。
チャゲ&飛鳥やアルフィーも昔はフォークでしたが、オフコースも同じ流れだったんですかね。

お礼日時:2006/01/19 15:10

こんにちは。


ニューミュージックというよりもフォークですね。
質問者さまがジャケットで受けた印象の通りどちらかというと暗い曲ですがドロ臭い感じはしません。
郷愁的なメロディで光景を思い浮かべやすい曲だと思います。
何といっても2人のコーラスがとてもきれいです。
小田和正さんは今はかなりのハイトーンで歌っていますが、デビュー当時の声の方が心地よいハイトーンに聴こえます。
ベスト盤も数多く出ているのでどれかに入っていると思いますよ。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

その頃はもっときれいなハイトーンだったんですか。
ぜひとも聞いてみたいですね。
ありがとうございます。
なんか、昔のチャゲアンド飛鳥みたいですね。

お礼日時:2006/01/19 15:02

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qオフコース解散について

かなり前に解散してしまったオフコースですが、アルバム"We are"や"over"を出した頃から盛んに解散説がささやかれるようになったと記憶しています。
なぜ解散説が流れるようになったのか、いまさらながらに気になります。
確かに当時の楽曲の歌詞を見ると、小田さんと鈴木さんの対立を想像させるようなものもあるように思えますが、それだけの理由からでしょうか?
また解散の理由についても何か知っていましたら教えてください。

Aベストアンサー

結論としては鈴木さんと小田さんの対立ですが、小田さんはインタビュー等では解散の理由をハッキリと明言していません。

「オフコース解散の真実」山際淳司著/飛鳥新社刊(1982年)という本があります。それの書評をたまたまネットで見つけました。解散の理由のヒントが隠されているとおもいます。

ぜひ、参照してください。

参考URL:http://www.mmjp.or.jp/three_and_two/giveup.html

Q小田和正さんかオフコースの歌?

声は小田和正さんの声だったと思うんですが、歌詞の記憶があいまいで検索してもヒットしません。
とまらない はなさない 時がながれても あの時の全てのことを忘れないで 素直な気持ちで 駆け抜けていたい
というような歌詞があったと思います。
曲名をご存知の方いらっしゃいませんでしょうか?
宜しくお願い致します。

Aベストアンサー

ためらわない 迷わない 何を言われても
まわりのすべてのこと 気にしないで

・・・の間違いでしょう。

小田和正の「ためらわない、迷わない」という歌です。

http://fairway.jp/music/0003.html

Qリュシフェルというバンドの解散原因

 数年前に人気漫画に登場するバンドを実際にデビューさせたバンドでリュシフェルというバンドがあったと思うのですが、そのバンドが知らぬ間に解散していました。
 原因は知らないのですが、友人から「ボーカルの人が交通事故で亡くなったから」という話しを聞いたのですが、本当でしょうか?。
 ネットで探してみたのですが、決定的な情報があるサイトを見つけられませんでした。 
 真相をご存知な方の情報をお待ちしています

Aベストアンサー

こんばんは。

解散原因は分かりませんが、(表向きの理由?!は、音楽性の違いのようですよ。)ボーカルの人(MOKOTO)が亡くなったと言うのは大嘘ですね(+_+)
今も、もちろんご健在ですよ。お友達はその情報は何で知ったのでしょう??芸能情報の掲示板みたいなところでしょうか??

解散してからは、本名の「越中睦(コシナカマコト)」として、歌手や俳優業で活動していますよ。現在は、上原多香子さんや山本耕史さん、小堺一機さんとミュージカルに出演中です。

↓下記URLが超中陸さんの公式HPです。

http://www.makoto-fanclub.com/index.html

参考URL:http://www.m-up.com/lucifer/

Q小田和正さん、オフコースの曲について

小田和正さん、オフコースの曲を配信している音楽配信サイトはあるのでしょうか?
iTune、Mora等大手では配信していないようなのですが、どこかありませんか。
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

http://zero1.gooside.com/music.htm
↑ここに、いっぱい無料のサイトがあります。
その中の→http://www.listen.co.jp/index.html
この中に「小田和正」さんがありました。

まだ探せばあるかもしれません。

Qスマップ解散ってやっぱり原因はキムタクですか?

http://jin115.com/archives/52162078.html

こちらの記事をご覧になって回答お願いします。
スマップの中でやたら話題となるキムタクですが
メンバーの中の癌細胞はキムタクだったわけですか

Aベストアンサー

No.4の方の回答内容を裏付ける最近の記事です。
http://asajo.jp/excerpt/22529

Qオフコース 小田和正以外のボーカル

「せつなくて」
「君住む街へ」

この2曲では小田さん以外の方が歌っていますが
それぞれ誰が歌っているのでしょうか。

分かりましたら名前と

http://moocs.com/cs/catalog/moocs_title/artist/aid_PR39050/1.htm

上の画像から、それがどの人なのかを教えていただけないでしょうか。

よろしくお願いします。

Aベストアンサー

以下、敬称略のところもあります。

該当URLの写真は、左から
小田和正、松尾一彦、清水仁、鈴木康博、大間ジロー
です。

「せつなくて」のメインボーカルは松尾さんですね。
サビの高い合いの手は鈴木さんです。

「君住む街へ」は一般的に聞けるバージョンの場合、メインボーカルは
1番 小田→清水→松尾→小田
2番 清水→→→→松尾→小田
以後 小田
となります。

そうでないバージョンもありますが、現在での入手は絶望的に困難かと思います。

Qオフコースの昔のCMソング

オフコース(小田和正)といえば、昔からTV関連の露出が少ないことで有名ですが、
まだ売れていない頃は、結構CMソングを歌っていたようです。
「明治ブルガリアヨーグルト」の節も、昔歌った事があるとか、以前コンサートのMCで小田さん本人が言っていたそうです。
また以前、知人が中古レコード店で
「オフコースのCMソングのソノシート見つけた」
とのこと。
ヤスさんの声で「コルサの歌」。
歌詞を書けないのが残念ですが(著作権に引っかかるでしょうね)。

何か他に「このCMを歌っていた」というのがあれば、教えて下さい。
なお、オフコース解散後の小田さんの作品については、当方承知しておりますので、あくまでもオフコース時代と考えて下さいませ。
宜しくお願いします。

Aベストアンサー

こんばんは

昔むかし、ラジオで「オフコースCMソング特集」やりまして手元にカセットテープ(ぼろぼろ)があります。まだ、2人きりの頃のものででも聞けばオフコースだってわかる曲とハーモニーです。この回答のために20年ぶりくらいに聞きました。すごくひどい録音。保存状態です(泣)


「ヤマハ・スキー」 
「カルピスソーダ」
「カネボウ・カナディアンソフト」(アイスクリーム)
「トーレ・クッションフロア」
「グリコ・天然ジュース」
「エメロン・クリームリンス」
「ブルボン・アルル」

以下は現在も同じ曲です。オフコースのハーモニーを想像してみてくださいね

「明治ブルガリアヨーグルト」
「エッセンシャルシャンプー」

あと商品がよくわからない
「ミニバーグ」髪がさわやかとか歌ってますからシャンプー?
枯葉の絨毯踏みながら、とかたそがれ色の秋の旅とか歌って飛行機の音のものも。旅行関係?

歌詞も素敵なもの(変なのもある)ばかりですよ。

私もこれを機会にCDに落としておきます。思いださせてくれてありがとう♪

こんばんは

昔むかし、ラジオで「オフコースCMソング特集」やりまして手元にカセットテープ(ぼろぼろ)があります。まだ、2人きりの頃のものででも聞けばオフコースだってわかる曲とハーモニーです。この回答のために20年ぶりくらいに聞きました。すごくひどい録音。保存状態です(泣)


「ヤマハ・スキー」 
「カルピスソーダ」
「カネボウ・カナディアンソフト」(アイスクリーム)
「トーレ・クッションフロア」
「グリコ・天然ジュース」
「エメロン・クリームリンス」
「ブルボン・アルル」
...続きを読む

Q小田和正(オフコース)の「言葉にできない」インストゥルメンタルCDについて

今、結婚式のBGMを探しています。
小田和正さんの「言葉にできない」を選曲しているのですが、
出だしの歌詞が「終わるはずのない、愛が途絶えた」
というフレーズなので、歌詞のないピアノソロバージョン(インストゥルメンタル?)のCDを探しています。
以前、TVで何かの番組のBGMでピアノソロの楽曲を拝聴いたしました。
ピアノソロにこだわらず、歌詞が入ってなければ結構です。
どなたかご存知の方、よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

ざっと検索したところ、以下のCDが現在も入手可能なようです。

<シンフォニー>

「シンフォニーは突然に」~クラシックで聴く小田和正・ミュージック~
http://item.rakuten.co.jp/book/3821725/

<オルゴール>
小田和正 ベスト・コレクション~キラキラ~
http://item.rakuten.co.jp/book/3920795/

~α波オルゴール~言葉にできない/小田和正コレクション
http://item.rakuten.co.jp/book/3801545/

オルゴールベストセレクション~小田和正編~
http://item.rakuten.co.jp/book/3883116/

聴いたことがないので、お勧めかどうかはわからないです。

Q★★あなたの選ぶオフコースの Gold Bestは・・・・★★

★★あなたの選ぶオフコースの Gold Bestは・・・・★★

みなさんこんにちは

オフコースと出会いとてもいやされた曲も多く
透明感のあるあの声にずっと魅了されています

オフコースの数あるヒットの中で
一番好きな 1曲だけをセレクトしていただけませんか
かなり選曲は難しいと思いますが

是非ご参加いただければと思います
どうぞ思い出添えて お願いします

Aベストアンサー

「言葉にできない」

あなたに会えて ほんとに良かった。
うれしくて うれしくて言葉にできない。

結婚30年。
夫に贈りたい。

Q小田和正

「風のように」の、車のCMで使われていたバージョンは
どのアルバムに収録されているのでしょうか

Aベストアンサー

♪あ~の 風のように やわらかく 生きる君が~
♪初めて 会ったときから 誰よりも好きだった

って曲ですよね?
あの曲、本当はCMのアップテンポの曲で、小田さんの映画「緑の街」でも使われていました。が、ライブでピアノ弾き語りをしてから、発売されるCDはいつもピアノバージョンですね。

さて、そのアップテンポの曲ですが、シングルにしかありません。シングル「緑の街」のB面にあります。確認してみてください。

参考URL:http://www.bmgjapan.com/oda/item.php?id=186&item=568


人気Q&Aランキング