Q1
 私は、本年11月10日付でA社の株式を100%譲り受けました。
そこで、本年11月20日に、A社代表に対して書面にて、株主総会開催請求の旨、通知しましたところ、A社社長は行方不明になっており、何の返事もありませんでした。方々手を尽くしましたが、夜逃げらしく、転居先は分かりません。
 なんとか、近日中に株主総会を開催させる方法がないのでしょうか?

Q2
 私は、本年11月20日付でB社の株式を100%譲り受けました。
そこで、本年12月1日に、B社代表に対して書面にて、株主総会開催請求の旨、通知しましたところ、B社代表は、商法237条を理由に開催を断ってきました。
 株主になってから6ヶ月以上経過しないと、株主総会を開催させることが出来ないのでしょうか?
 他に、近日中に開催させる方法は無いのでしょうか?

以上、2点について、ご指導お願いいたします。

A 回答 (1件)

●まず、お聞きしたいのですが、これは大学の学部試験か何かですか?それでしたら、基本書読んで勉強して下さい。

一番会社法で定評のあるのは、弥永真生「リーガルマインド会社法」有斐閣です。これの牽引で「株主総会召集権者」のところを調べればわかります。もちろん、他の基本書でもかまいません。
●質問の事項ですが両質問とも、なんか学部試験問題ッポイです。多少マジメに答えますと、両事例とも株式100%持ってるのですから自分で株主総会を開き代表取締役を解任すりゃーいいのです。株式100%持ってるのだから代表取締役が不明だろうが文句を言おうが大丈夫です。
●最後にもう一度言うますが、これが試験問題だったら
基本書読んでください。その方が身になります。
もしそうでなかったら、すいません。でもその辺補足で聞きたいです。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

どうもです。

お礼日時:2001/12/26 07:35

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!


人気Q&Aランキング