出産前後の痔にはご注意!

いつもお世話になります。

私は本が大好きです。
最近は下記の質問の回答内容を参考に
毎日夢のような読書ライフを送っています。
質問してくださった方、そして回答をして
くださった方々ありがとうございました。

ところで私はこの質問の回答のなかで
一番最後に答えてくださってるかたの
おすすめの本、三島由紀夫の『禁色』を
買えずにいます。
と言いますのは、10年ほど前に三島氏の
本(タイトル失念しました)をはじめて買ったの
ですが、あまりに内容が難しく3ページくらいで
リタイヤしてしまったことがあるからです。
私はそういったことはまずないのですが、
このときばかりはダメでした。
そんな苦い経験があるので、書店に行っても
この作品を手に取れずにいます。

あらすじを読んだらすごく読みたいのですが、
いかがでしょうか?
難しくないですか?
どなたか私の背中を思いっきり押してください!
お願いします。

http://oshiete1.goo.ne.jp/kotaeru.php3?q=1469304

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (4件)

もし、これまでに他の三島の小説を数編でも読んでいらっしゃって、ちょっと興味あるとお思いでしたら、『禁色』は成功作ではないですが、二十代後半の一番意気盛んな頃の力作であるのは間違いありませんから、確かにお奨めしたいところです。


ですが、三島の最初の長編小説としてお奨めするかとなると、ちょっとためらいます。

まず、『仮面の告白』をお読みになり、この主人公が小説家になると仮定すれば、どんな小説家になるのだろう、などという関心から『禁色』を読まれてみると面白いかもしれません。
ゲイの美青年が副主人公として登場してきますので、三島の背徳的な姿勢や反俗精神を認めたがる人もいますが、むしろ小説家がどんな動機で小説を書こうとするのかについて書かれている、一種の小説概説のような性格を隠し持っていると言った方がよいかもしれません。

その意味では、もし質問者さんがご自分の興味や関心を、小説の内容にとどまらず、小説を書く作者の内面世界にも向けたいとお考えならば、『禁色』をお読みになれば、目からウロコのような興奮を覚えること請け合いです。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご回答ありがとうございました。

回答者さまはかなり三島文学に精通されてる
ようですね。
ご回答の最後の三行は胸にズッシリと響きました。
『作者の内面世界にも目を向ける』・・・
私は今まではほとんど小説の内容だけにとどまって
おりました。
これから出会う本、いつも回答者さまに教えて
いただいたことを意識しながら読んでいきます。
ありがとうございました。

明日、『禁色』買いに行ってきます。
その前に読む『仮面の告白』ももちろんです。
ありがとうございました。
またいろいろと教えてくださいませ。

お礼日時:2006/01/20 20:16

だーいじょぶですよ。


私なんて、日本文学は、ほとんど読んだことが
ないのですが、「禁色」 だけは読めましたから。
難しいと感じるところがあれば、とりあえず
目を通す、くらいの気持ちでパラパラとめくって
いってみたらいかがでしょう?
kyo-coさんは、読書経験豊富がかなり豊富な
ご様子。ですから、10年も経った今となっては、
そんなことないとは思いますけど。

>あらすじを読んだらすごく読みたいのですが、

このお気持ちだけで、十分、大丈夫じゃない
でしょうか。
あとは、既に読了されているかもしれませんが、
『三島由紀夫のレター教室』(ちくま文庫)
など、もっと簡単で面白いですよ。

あ、背中ですか?
喜んで押させて頂きます。
えいやっっ!!
ほら、もう大丈夫。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご回答ありがとうございました。

『三島由紀夫のレター教室』なんて
あるのですね。
これも面白そうですね。
簡単ならなお嬉しいです。

明日『禁色』買いに行ってきます。
『えいやっっ!!』っと背中押してくださって
ありがとうございました。

お礼日時:2006/01/20 19:55

昔、おもだった作品を読み進め、得た感想は三島は好きになれないな、ということでした。


ふつう、嫌いなら無視すればよい。ところがまんざら無視もできない。いろいろと気にかかることもあるのです。
今度のlivedoorのことにしても、「青の時代」(戦後まもない光クラブ事件がモデル)を思い出したり。

彼にはポーズばかりが目立つ。ちょうど戯曲「わが友ヒットラー」の冒頭の場面のように。
真実・実感というものが片方にあって、もう一方に表現というものがありますよね。
で、その表現というものが先走りをはじめ、一人歩きするとどうなるか。
それは偽の、とは言わないまでも、模造の真実・実感に過ぎなくなる。三島の文学とはそういうものではないのか、という疑い。
そして、もしそうだとしても、作られた真実・実感を表現しきることが新しい文学の方向かもしれない、というためらい。

どうなんでしょう。私はたまに本を読むのが好きなずぶの素人です。これは素人の意見に過ぎません。
質問者さんも実際に読んでみて、どうなのか、私の疑問に答えてもらえませんか。

三島の小説では「仮面の告白」と、この「禁色」は面白かった。
「禁色」は老作家・檜俊輔がギリシャ的美形の青年であり同性愛者の南悠一をあやつって、かつて自分を袖にした女性たちに復讐を企てる、というのが梗概ですが、前半と後半で齟齬があって、小説としては破綻している。
けれども、若き三島はみずからの嗜好を100パーセント織り込んで、公序良俗に徹底的に反逆した悪徳に満ちた反世界ロマンを十全に描こうとした。その稚気がすばらしい。
直接には多分バルザック、ラクロ「危険な関係」あたりの影響が一番濃厚で、こうしたフランス心理主義小説など、先行する文学の成果をふんだんに取り入れ、少なくとも前半は精神性の喜劇、三島的美とエロスの饗宴、快楽主義の虚世界の構築に成功しているのではないのか、などと一人前なことを申し述べておきます。

三島は時々、ドストエフスキー「地下室の手記」のような、うねうねと訳が分ったような分らないような理屈や描写を延々と続ける癖がありますから、そのあたりは適当に走り読みして、必要があったら読み返す、という方針で、まずは読みきってみてください。
そして私の言っているのが一理あるのか、全くのはずれか、ご自身で判断してみてください。

以上、推薦文(?)です。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご回答ありがとうございました。

>私はたまに本を読むのが好きなずぶの素人です。

と仰っていますが、とてもそう思えません。
どこかの哲学者が解説されてるように
思えました。

ご回答はとても参考になりました。
明日『禁色』を買いに行ってきます。
ありがとうございました。
またいろいろと教えてくださいませ。

お礼日時:2006/01/20 19:50

一度読んだ本をまた買ってしまうことが何度かあったため、読書日記をつけています。


それによると、三島由紀夫、禁色、1995/12/4、ランク5(最高)とあります。
三島モノはいくつか読みましたが、最高点はこの禁色と、潮騒、金閣寺、宴のあとの4つです。つまらなかったものは不道徳教育講座、獣の戯れです。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

早速のご回答ありがとうございました。
お礼が遅くなって申し訳ありません。

私も一度読んだのに買ってしまった本は
数冊あります。
読書日記とは名案ですね。

ご回答ありがとうございました。
とても参考になりました。
明日『禁色』を買いに行ってきます。

お礼日時:2006/01/20 19:43

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q初心者にお勧めな三島由紀夫作品を教えて下さい!

個人的には「音楽」が気になってるのですが、三島由紀夫は難解で敷居が高いというイメージがあって、なかなか手が出せません。
初心者はまずこれを読んでおけという作品があったら教えて下さい。

Aベストアンサー

三島由紀夫自身が推薦している小説があります。

「憂国」です。

「(前半省略)
 かくて、徹頭徹尾、自分の脳裏から生まれ、言葉によってその世界を実現した作品は、「憂国」一篇ということになる。
 2・26事件は私の精神史に重要な影響を及ぼした事件で、13歳のときのその感動はたびたび反芻されて、私流の「挫折」「悲劇」「ヒロイズム」などの諸観念を形成する酵母になった。従って私の作品を今まで一度も読んだことのない読者でも、この「憂国」という短篇一篇を読んで下されば、私という小説家について、あやまりのない観念を持たれるだろうと想像する、そこには小品ながら、私のすべてがこめられているのである。」
 昭和40年8月「三島由紀夫短編全集」第6巻「あとがき」 

  ☆  ☆  ☆

 あなたの言うところの「難解で敷居が高い」というイメージが、どういうことによって形成されたのか分かりませんが、三島由紀夫は二十世紀後半の日本の小説家のうち、最も分かり易い文章を書いた作家です。
 ただし、文章は分かり易くても,語彙が豊富で、豊富すぎて、相当な教養を持っている人以外は読み難いのです。
 だから、使い慣れた辞書を片手に読めば、どの小説も読み易く分かり易いものです。

 僕は、比較的初期に書かれた「仮面の告白」と、晩年に書かれた「春の雪」をお奨めします。
 「憂国」は、丁度その間の、ど真ん中の時期の作品です。

三島由紀夫自身が推薦している小説があります。

「憂国」です。

「(前半省略)
 かくて、徹頭徹尾、自分の脳裏から生まれ、言葉によってその世界を実現した作品は、「憂国」一篇ということになる。
 2・26事件は私の精神史に重要な影響を及ぼした事件で、13歳のときのその感動はたびたび反芻されて、私流の「挫折」「悲劇」「ヒロイズム」などの諸観念を形成する酵母になった。従って私の作品を今まで一度も読んだことのない読者でも、この「憂国」という短篇一篇を読んで下されば、私という小説家につ...続きを読む

Q三島由紀夫の割腹自殺の理由は?

彼が自衛隊に乗り込んで演説をして、そのあと割腹して自殺をした、
ということは知っているのですが、(学校でちょっと習った)
彼は、何故そういう行動にでたのでしょうか。
なぜ、自殺しなければならなかったのか。割腹することにどんな意味がかくされているのか。とかその理由が知りたいです。
右翼・左翼者だったのでしょうか。

そして、その行動を当時の人はどう捉えていたのか。
(例えばあきれていた、とか、尊敬した、とか。)

三島の割腹で世間にどんな影響をあたえたのか、

など、ふと気になって、三島について学校の先生に聞いたら、思いっきりひいて変人扱いされてしまいました・・。(で、聞きそびれてしまって。)
知っていたら、教えて欲しいです。

Aベストアンサー

 
  あまり三島については、詳しくないのですが、わたしの知っているというか、考えられることを述べます。
 
  >彼は、何故そういう行動にでたのでしょうか。
 
  三島由紀夫という人は、非常にナルシシズムの強い人でした。また、自己の性的同一性に不安感を抱いていました。非常に明晰な思考力があり、優れた感性の持ち主でしたが、論理的に思考すると言う点では、問題がありました。あるいは、もしかすれば、三島は敢えて、論理的に考えることを避けたのかも知れませんが、やはり、美的感性判断が優先していたのでしょう。
 
  三島は女性が優越する家庭で育ち、男らしさにコンプレックス(複合感情)を抱いていました。また自己の肉体が貧弱で、男らしくないとも感じていました。彼は優等生で秀才で、上級職公務員になりますが、学習院時代から小説を書くことを得意とし、東大に進学してからも、やはり小説を書いていました。彼の小説は、一種の人工の美の小説で、彼のコンプレックスの補償の一面があります。
 
  三島は、自己の美的志向と、自己の男性性の確認のため、「男性の美学」というものに憧れ、「おとこ」たる者、生まれ来てなすべきことは、最善には何かという問いで、それは国家のために自己の命を犠牲にすることだと考えました。国家あるいは、祖国、日本の伝統に殉じることこそ、男の本懐だと考えました。そのようにして国に殉じることで、自己の「男性性」がまっとうされると考えました。
 
  男性の優位性を法的にも承認したのは、明治天皇制国体でした。また、伝統の武士のエートスは、男性の「いさおし」を讃美するものとして、三島は、武士の理想の姿を自己に重ねようとしました。こうして、彼は、古い武士のいさおしの理想を語ると共に、国に殉じることこそ、男子の本懐で、その場合の「国、祖国」とは、彼の美意識からして、大衆が跋扈する近代・現代社会ではなく、身分制があり、優れた者が人々を指導する貴族制社会、モデルとすれば、明治の天皇制国体だと考えました。また「日本の古来よりの伝統」は、天皇制にあるとも考えました。
 
  これが、三島が「右翼思想家」と見做される理由ですが、三島は、理論的右翼というより、美的右翼ともいうべきで、西欧の美術や文学でも、男のいさおしを称え、生死の美学を語るものは、これを評価しました。例えば、古典ギリシアなどです。
 
  三島はまた、「老醜」というものを嫌いました。若い絶頂の美のなかで、国に殉じて死んで行くのが望ましく、美しく、べんべんとして年を取り、老醜の姿、人生を晒したくないとも願っていました。「神々に愛された者は若く死ぬ」ということは、三島には、理想でもあったのです。
 
  三島は非常に几帳面で、例えば、割腹自殺の前にも、依頼された原稿の最終原稿を、時間通りに仕上げ、これを、編集者に渡しています。
 
  三島は、自分の人生を自分で、美的に演出したかったのです。思想的に見れば、また価値があるかも知れませんが、三島自身にとって、右翼とか天皇制は、自分の美学を支えるための要素で、いさぎよく、美しい「死の機会と意味を与えてくれる」装置であったと言えます。三島は自分の手で、自分の意志で、自己の人生を美的に完成したかったのです。また、その死が、日本の伝統のなかで、意味を持つようにしたかったのでしょう。こういう訳で、色々複雑な動機があり、しかし、やはり、自己の死を自分で選び、夭折し、美的な人生を実現したかったというのが基本的な動機だと思います。
 
  >そして、その行動を当時の人はどう捉えていたのか。
 
  次の質問の答えと重なりますが、三島の思想や著書をよく冷静に読んでいた人や、世間一般の人は、驚くと共に、自己の美学に陶酔して、ぎりぎりの決断で死んだのだと捉えたでしょう。非常識あるいはアナクロニズムで驚いた人、理解できないと感じた人もいましたし、外国では、日本人はいまでも「ハラキリ」するのか、と驚いたとも言われています。
 
  他方、右翼の運動者たちには、三島の(美学的)国粋主義や憂国の考えに共鳴して、高く評価した人もいましたし、三島は時代が必要とする行為を、命を投げ出して、身をもって示した英雄だという捉え方もあったでしょうし、三島の自決を、うまく利用しようとする、右翼や国粋主義者もいたでしょう。
 
   >三島の割腹で世間にどんな影響をあたえたのか
 
  以上に述べた通りで、世間は驚いたのですが、三島の思想が大衆に浸透することはありえませんでした。三島は、自己の美学に殉じたので、アナクロニズムなところのある、一つの国粋の理想に殉じようとする者の見本とも取られましたが、広く共感を社会には得ることができず、大きな影響とはならなかったでしょう。(右翼思想の象徴としての役割は果たしましたが、いまは、その影響も小さくなったことでしょう)。
 

 
  あまり三島については、詳しくないのですが、わたしの知っているというか、考えられることを述べます。
 
  >彼は、何故そういう行動にでたのでしょうか。
 
  三島由紀夫という人は、非常にナルシシズムの強い人でした。また、自己の性的同一性に不安感を抱いていました。非常に明晰な思考力があり、優れた感性の持ち主でしたが、論理的に思考すると言う点では、問題がありました。あるいは、もしかすれば、三島は敢えて、論理的に考えることを避けたのかも知れませんが、やはり、美的感性判...続きを読む

Q三島由紀夫初心者におすすめの小説を教えてください

現在、三島由紀夫著『音楽』を読んでいるのですが、三島文学にしては文体がくだけていて、にも関わらず美しい文章でストーリーも面白く、大変ハマっています。
そこで、他にもこの『音楽』ように読みやすい三島由紀夫の小説がありましたら是非教えていただきたいのです。
ちなみに『潮騒』も読みやすかったですが、こちらはストーリー的に魅力を感じませんでした。
それとは逆に『禁色』『美徳のよろめき』は内容的には大変惹かれたのですが、私にとっては難解な文章でわかりづらかったです。
(次はとりあえず『金閣寺』に挑戦してみようと思っています)
三島文学初心者にもわかりやすい作品、よろしくお願いします。
(随筆や戯曲より、やはり小説がいいです)

Aベストアンサー

こんにちは、私も最近になって三島文学に目覚めた者です。

初心者にもわかりやすい作品とのことですが、角川文庫から出版されている『夏子の冒険』をお薦めいたします。
非常に読みやすくて面白い!三島作品とは思えない程の爽快感をおぼえる一冊です。恋愛あり冒険活劇ありギャグ?ありの格調高い文体で書かれたコメディといった感じ。主人公が本ッ当に<良い>性格をしています。まるで現代の若者向けのライトノベルを読んでいるような気がしました。

もし三島由紀夫は苦手~と思っている方でもこれはすらすら読める程の内容だと思います。個人的に大プッシュさせて頂きますので、よろしければ手にとって見てください。

Q天井でカツカツ、カリカリ音がします…

新築で築8年、床面積20坪の総二階です。

ここ数日、茶の間の天井から不定期に

聞こえ、聞こえる場所も変わります。

外から生きものが天井裏に入るのは

あり得ないと思います。

椅子に上がって音源がある天井を

叩いてみましたが、生きものが逃げる

感じもありません。

同じような経験をされた方いらしたら…

と思い質問しました。

宜しくお願いします。

Aベストアンサー

ネズミではありませんか?

とんでもないところから、
入り込みますよ。


消しゴムカスのようなフンが、
台所や部屋の隅にあったら間違いありません。

Q「おおざと」と「こざとへん」の区別の起源

「おおざと」と「こざとへん」をよく間違います。

例えば、左にある「こざとへん」を「ひだりざと」、 右にある「おおざと」を「みぎざと」、などのように言えばわかりやすいと思います。

なぜ、「おお」と「こ」で区別することになったのでしょうか。

Aベストアンサー

そもそも「おおざと」と「こざと」では、それぞれの文字の起源が違い、まず「おおざと」があって、これに対して「こざと」という言い方になったようです。

「おおざと(邑)」は、
 「□(領地)+人の屈服したさま」で、人民の服従するその領地を表す。
 中にふさぎこめるの意を含む。
 のち阝(おおざと)の形となり、町や村、または地名に関する漢字の部首となった。

「こざと(阜)」は、
 もと、ずんぐりとした形に土を積み重ねたさまを描いた象形文字。
 「自+十(あつめる)」で、まるくふくれる意を含む。
 従って、ずんぐりとした形にふくれたおかのこと。

現在は、双方とも似た文字(阝)になっていますが
「おおざと(邑)」の名称は、大きな村里の意を文字通りに示すのに対して、
「こざと(阜)」の名称は、「おおざと(邑)」に対して付けられました。
阝の部首(旁ツクリ・扁ヘン)の位置関係ではないのです。


人気Q&Aランキング