「継続取引の基本となる契約書」に該当する契約書を交わします。信用取引や商品取引の売買に関わる承諾書の類です。当然当事者は売買を取次ぐ会社と売買を委託する顧客ということになります。4000円の印紙税を会社が負担するのか、顧客から契約時に徴収するのか、どちらが適当でしょうか?根拠となる文言等があれば併せて教えていただきたいです。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (3件)

法的解釈は、先に回答されていますので省略しますが、通常の契約書の場合は契約書の最後に「この契約を証するために、契約書を2通作成し甲・乙それぞれ各1通を保有する。

」というような文面が入ります。

 互いに共同して契約書を2通作ります、ということですので作成した2通の契約書に対する印紙税の負担も、双方が連帯して納税義務者となりますので、一般的には1通づつの印紙税を互いに負担する事になります。

 が、商取引の中ですので、力関係もあって弱い立場のほうが2通分負担する場合もあるでしょう。法的には、どちらが負担しても印紙が貼付してあれば、問題はありません。

 又、官公庁との契約の場合は、官公庁が作成した契約書には印紙は不要ですので、官公庁側が保有する契約書のみに印紙が必要となりますので、この場合は業者が作成した契約書に印紙を貼付したものが官公庁側の保有となり、業者が保有する契約書は官公庁が作成したものですので、印紙の貼付がされていない契約書を保有することになります。
    • good
    • 0

印紙税法の規定によると、印紙税の納税義務者は課税対象となる文書を作成した者と規定されています。


また、一つの課税文書を二人以上で共同して作成した場合は、その当事者が全員が連帯して納税義務者となります。(印紙税法第3条)
参考URLをご覧ください。

ご質問の場合は、基本的には、双方で負担することになります。
また、通常は、契約書は2通作成しますから、双方が1通分ずつ負担することが多いです。

参考URL:http://www.nikka-net.or.jp/hiroba/zeisei/inshize …
    • good
    • 1

つい先ほどほぼ同趣旨の別の質問に回答いたしました。



印紙税法の定義では
(納税義務者)
第3条2  一の課税文書を2以上の者が共同して作成した場合には、当該2以上の者は、その作成した課税文書につき、連帯して印紙税を納める義務がある。

ということで、契約の当事者(甲、乙)が連帯して負担します。
とはいえ、実際問題としては立場の弱い方が負担することとなるでしょう。

参考URL:http://oshiete1.goo.ne.jp/kotaeru.php3?q=190446
    • good
    • 1

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q契約書の印紙税は、どちらが支払うの?

契約書の印紙税は、どちらが支払うの?

2者で契約書を2部作成し、共に持つという時があると思います。
収入印紙は、誰が、いつ貼るのでしょうか?
出来上がった後に、双方がそれぞれ貼るのでしょうか?

収入印紙を貼るべきところを貼っていないと、3倍の税額となる
と思いますが、相手の持っている契約書に貼っていない場合は、
自分にも課されるのでしょうか?


また、1つの契約書(印紙あり)をコピーして、原本をA、コピーをB
が持つとします。
これって有効ですか?そもそも印紙のついたものをコピーするのは、お金を
コピーするように法律違反ですか?

Aベストアンサー

> 収入印紙は、誰が、いつ貼るのでしょうか?

そもそも契約書が完成していなければ印紙をはる必要はありませんから,「出来上がった後に」です。
誰が貼るのかは,作成した人がはるのです。 当事者が2人であればどちらが貼っても良いし,両者で負担しても良いのですが,業界の慣行でどちらか片方が貼ることになっている例は多いです。

> 相手の持っている契約書に貼っていない場合は、自分にも課されるのでしょうか?

印紙を貼って消印をする義務があるのは,作成した人です。そのような契約書があれば両者の連帯責任です。両者の間の負担割合は両者で決めることであって,国に対しては連帯責任です。

> これって有効ですか?そもそも印紙のついたものをコピーするのは、お金をコピーするように法律違反ですか?

印紙があろうが無かろうが契約の有効性には関係がありません。またコピーは課税文書ではありませんから印紙をあらためてはる必要はありません。ただし「契約当事者の双方又は一方の署名又は押印があるもの」や,「正本等と相違ないこと、又は写し、副本、謄本等であることの契約当事者の証明(正本等との割印を含む。)のあるもの」であって「文書の所持者のみが署名又は押印しているもの」でないものは課税文書ですから,コピーにも印紙が必要です。
印紙のコピーは違法です。しかし「印紙に紛らわしい外観を有する物」とされないようにすれば違法ではありません。しっかり消印がされていれば多分大丈夫なんじゃないでしょうか。だめそうなものなら,普通のコピー機はコピーできないようになっているか,コピーしようとすると警告を発しますよね。

> 収入印紙は、誰が、いつ貼るのでしょうか?

そもそも契約書が完成していなければ印紙をはる必要はありませんから,「出来上がった後に」です。
誰が貼るのかは,作成した人がはるのです。 当事者が2人であればどちらが貼っても良いし,両者で負担しても良いのですが,業界の慣行でどちらか片方が貼ることになっている例は多いです。

> 相手の持っている契約書に貼っていない場合は、自分にも課されるのでしょうか?

印紙を貼って消印をする義務があるのは,作成した人です。そのような契約書があれば両者の...続きを読む

Q領収書の収入印紙代はどっちが負担?

領収書をもらう際に、「印紙代200円もください」と言われました。
印紙がなくても、税法的にはひっかかるけど、
領収書としては成り立つことは知っていましたので、
「印紙はいりません」と言って、印紙の貼っていない領収書をもらったんですが、
これって、私が払う義務があるんでしょうか?

>印紙税の納税義務者は課税対象となる文書を作成した者
という記述を過去ログから発見しました。
ここでいう【課税対象となる文書】とは、領収書のことと
考えて良いのでしょうか?
これとは別に「申込書」というのがありましたが、
金額や支払いに関することなどは一切書かれていなくて、
ただ、私の受けたいサービス内容の概要が書かれていただけです。

どうかよろしくお願いします。

Aベストアンサー

>ここでいう【課税対象となる文書】とは、領収書のことと
>考えて良いのでしょうか?

そのとおりです。
この場合、領収書の作成者が納税義務を負います。

なお、領収書の金額に消費税が含まれている場合で、
消費税額が明記されている場合は、消費税を含まない
金額で印紙税額を求めることとなっています。

http://www.taxanser.nta.go.jp/report-zeigakuinshi.htm
 1.印紙税の手引き(PDF) inshitebiki.pdf

Q契約書の印紙の消印は、甲乙2社が押すべき?

契約書の印紙の消印は、甲乙2社が押すべきなのでしょうか?
片方が押せばOKなのでしょうか?

Aベストアンサー

印紙の消印については、最初の回答者の述べるとおりだ。片方でよい(印紙税法基本通達64条)。印紙税法3条2項に定める連帯納税は、いずれかの者が全額を納税すればよいことを意味するのだから、ここからもいずれかの者が消印をおこなえばよいと結論づけることができる。社会通念上もこれで足りる。

なお、印紙を押印により消すことは、正確にはご質問のとおり消印と呼ぶ。割印ではない。また、契約書に貼付して印紙税を納税する場合の印紙については、消すことが法律上義務付けられている。「押しても押さなくても良い」にも「押してはいけないものもある」にも該当しない。

Q契約書2通作る場合、どちらも収入印紙が必要?

契約書を交わすとき、契約書を2通作り、自社と業者で1通づつ保管する旨が記載されています。
この時、自社の契約書には収入印紙を貼り、割印をしました。収入印紙はどちらの契約書にも貼り、割印をするものなのでしょうか?

Aベストアンサー

通常は、自らが保管する分の契約書には自ら負担して印紙を貼りますね。印紙税法上の問題であって、契約の効力とは無関係です。2通作っていれば、自分が保管するものには印紙を張りますね。

割印は切手と一緒で、剥がして使えないようになっていればよいことになります。

コピーといっても、原本と同様の効力が肯定される文書、証明文言付の文書に関しては印紙が必要です。

Q集金での収入印紙を仕入れ業者が払うのはOK?

私は以前とあるメーカーに集金に行きました。
その時なのですが、会社の方針がかわり集金する手形に貼って貰う収入印紙を仕入れ業者負担にすると言われました。
その場では「ケチな会社だなー」と思いながらも財布から現金200円払いましたが、よくよく考えるとそんなメーカーはその会社だけですし、手形をもらう時に渡す領収書にも収入印紙は自社で負担してるし… 変だと思いました。
払った200円の領収書も貰ってませんし、おかいしと思いませんか?

法律的にはOKなのか解からないので文句はいわなかったのですがもしわかる方いらしたら教えて下さい。宜しくおねがいいたします。

Aベストアンサー

印紙税法の規定によると、印紙税の納税義務者は課税対象となる文書を作成した者と規定されています。
また、一つの課税文書を二人以上で共同して作成した場合は、その当事者が全員が連帯して納税義務者となります。

従って、契約書などは双方で契約しますから、両方で分担して印紙を張る必要がありますが、手形などは、発行者が貼ることになります。

ただ、この場合は力関係で、買い手の方が強い立場ですから、そのような無理を通そうとする場合もあるでしょう。
その場合、手形を受け取る方が納得して(渋々でも)貼ることは法的に問題はありません。
税法上は、どちらが貼っても、貼ってあれば問題ないのです。

納得しないで、貼らないままにしておけば、発行者の方が
貼るべき金額と、その2倍の額、つまり必要額の3倍の過怠金を取られることになります。

Q自社の収入印紙を貼った契約書は自社で保管?

お世話になります。
 弊社では、他社と契約書を取り交わす際に、
・他社の収入印紙を貼った契約書は他社で保管(印紙の消印は他社)
・自社の収入印紙を貼った契約書は自社で保管(印紙の消印は自社)
としています。
 しかし往々にして、他社に契約書を2通送り、1通送り返してもらう際に、他社の収入印紙を貼った契約書(印紙の消印は他社)を送り返されます。また、それが正しい、とおっしゃる他社の方もいらっしゃいました。

 果たして、「・自社の収入印紙を貼った契約書は自社で保管(印紙の消印は自社)」で正しいのかどうか、教えてください。
(印紙税を払った証明なのだから、自社側で保管すべきと思うのですが…)

Aベストアンサー

 契約書の内容は、自社保管分と他社保管分とは相違ありませんから(当然ですが)、収入印紙の消印を契約当事者が夫々押印すれば、どちらを保管するか迷う事はないと思います。
 つまり、契約書を2通作成し、夫々に署名押印する時に、夫々の印紙への消印も夫々押印すれば良いかと思います。(一枚の収入印紙に自社と他社の消印です。)
 又、消印一箇所にこだわるのでしたら、契約書は当事者間で取り交わす事ですから、収入印紙を自社印で消印した物は、相手方に渡します。
 相手方(他社)が収入印紙を消印した物は自社に渡されますから、それを保管すれば良いのではないでしょうか。

Q収入印紙代金を請求されました。

こんにちは。

先日買い物をした際、領収書の発行をお願いしましたところ、印紙代を請求されました。
領収書の発行で印紙代を求められたのは初めてだったのですが、
あまり自信がなかったので、素直に支払いその場を後にしました。

100,000円の支払いで、100,200円を支払ったわけです。
(領収書の金額は100,000円)

こちらが、請求書を求めなければ収入印紙も貼る必要が無いわけですから、
請求書を求めた私がそれに貼る収入印紙についても負担すべきだとも思うのですが、
これまで当たり前に貼って頂いていましたので、疑問にも思わなかったのです。
あれは、お店のサービスだったのでしょうか。

収入印紙は、誰が支払うのが正しいのでしょうか。

Aベストアンサー

>収入印紙は、誰が支払うのが正しいのでしょうか。

印紙税法にこういう条項があります。
『(納税義務者)第3条 別表第1の課税物件の欄に掲げる文書のうち、
第5条の規定により印紙税を課さないものとされる文書以外の文書(以下「課税文書」という。)
の作成者は、その作成した課税文書につき、印紙税を納める義務がある。』
http://www.houko.com/00/01/S42/023.HTM

つまり、領収書に印紙税を貼る義務を有し、納税する義務があるのは
領収書を作成するお店側にあるということです。

普段、領収書を発行しなければ、印紙も貼らなくてもいいのに、
お客さんが欲しいというなら、その分を客が負担せよという、
無知というより、客の無知に付け込んだ悪質な要求と言えます。

Q消費税の計算方法(小数点以下)について

とても無知な質問でスミマセン…(汗)
今まで気にしていなかったのですが、仕事で急遽知りたくて質問させていただきます。

消費税の計算をした場合に小数点以下の部分は四捨五入なのか切り捨てになるのかどちらなのでしょう?
少し検索してみたのですが、決定的なものが見当たらず(焦っているので見つけれないだけかもしれませんが…)

これは必ずしもどちらかに決まっていないのでしょうか?
もし決まっていないとしたら普通はどちらが多いのですか?

ご存知の方、教えて下さい!!

Aベストアンサー

取引のときということでいいのでしょうか。それとも申告書の書き方?
申告の場合は端数はそれぞれの箇所で切捨てに関する規定があって、基本は切り捨てみたいですが、端数処理しないというところもあります。

参考URLは消費者向けの価格表示に関するものですが、
> なお、総額表示の義務付けに伴い税込価格の設定を行う場合において、 1円未満の端数が生じるときは、当該端数を四捨五入、切捨て又は切上げのいずれの方法により処理しても差し支えなく、また、当該端数処理を行わず、円未満の端数を表示する場合であっても、税込価格が表示されていれば、総額表示の義務付けに反するものではないことに留意する。

となっています。これは事業者向けでも同じだろうと思います。

普通はどうかといわれると、あくまで個人的な感触ですが、普通は切捨てじゃないかと・・・。そうあってほしい。
ただ、EXCELなどで請求書を作ると、端数処理せず、端数の表示もしない設定だと、自動的に四捨五入した数値が表示されるので、四捨五入の場合も結構あるのではないかと思います。

参考URL:http://www.nta.go.jp/category/tutatu/kobetu/syouhi/2323/01.htm

取引のときということでいいのでしょうか。それとも申告書の書き方?
申告の場合は端数はそれぞれの箇所で切捨てに関する規定があって、基本は切り捨てみたいですが、端数処理しないというところもあります。

参考URLは消費者向けの価格表示に関するものですが、
> なお、総額表示の義務付けに伴い税込価格の設定を行う場合において、 1円未満の端数が生じるときは、当該端数を四捨五入、切捨て又は切上げのいずれの方法により処理しても差し支えなく、また、当該端数処理を行わず、円未満の端数を表示する...続きを読む

Q契約書に貼る印紙の位置を教えて下さい

契約書に印紙を貼り先方へ提出します。
貼りつける位置は正式に決まってますか?
割り印の位置も教えてください。

Aベストアンサー

> 貼りつける位置は正式に決まってますか?

貼付位置については、法令の中で「様式」として定まっていない限り、法律上の決まりはありません。一般的な契約書については、法令上の「様式」は存在しないものです。

法律上の決まりがないときは、左上または右上に貼り付けるのが一般的です。契約書フォーマットに貼付位置が指定されている場合もあります。


> 割り印の位置も教えてください。

印紙に押す消印のことでよろしいでしょうか。

印紙の消印の位置については、法律上は、「課税文書と印紙の彩紋とにかけ、判明に」消印しなければならず、またそうである限り位置を問いません(印紙税法8条2項)。共同作成の契約書に貼り付けた印紙について、契約当事者の片方のみが消印をしても構いません(印紙税法基本通達64条)。

慣行としても、私の知る限り、特にこれと定まったものは無いようです。

Q建物の解体・取り壊し費用の科目名を教えて下さい。

表題の通りですが、
色々な例を調べていますと3通りあります。
1)解体・取り壊した建物の除却損に含める。
2)取り壊した後に改めて新築し建物の取得原価に含める。
3)修理費等の費用として処理する。

税理士の例題解答では
1と2が出てきます。
実務的には3もあるようです。

その使い分けを教えていただけませんか。
特に2について
解体された建物と新築された建物との関与の程度なのかな
とも思うのですが、いかがでしょう。

よろしくお願いします。

Aベストアンサー

#1です。

なるほど…問題を見た限り、回答が「除却損」となるポイントは…。

「老朽化したため、取り壊し」

の、一点のみです。

「老朽化したため、取り壊し」ということは、「既存の建物には資産価値が無い(評価額0円)」と解釈できます。
この「価値が無い資産」を帳簿から外す(処分する)行為は「固定資産の廃棄」と位置づけられ、処分時に発生した損失は費用に計上することができる…とされています。
故に、取り壊し後に新規に建物を取得する場合であっても、回答は「除却損」ということになります。

いやいや、なかなか良くできた例題ですね。
取引日付や経過日数は、おそらく減価償却費の算定や月数按分の算出。
それと「引っかけ」の意味もありそうです。

この例題のように、簿記の試験問題には余計な情報が含まれていることが多く、全体を見すぎてしまうと逆に訳が分からなくなってしまいます。
回答のポイントは、だいたい一つか二つですので、それを見極めることが重要になります。

以上、参考になれば幸いです。
長文、駄文ご容赦ください。


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング