ラデイン・オマルはどこにいて(生きてるとすれば)何を考えてるまたは思ってるでしょうか。聖戦という(にせ)のことばで死んで行った同朋のこと、テロの事、これからの戦略のこと、アメリカへの思い、などなど。オマルは豪邸で好きな事をやっていたと一部報道がありました。ルーマニアの殺された大統領と同じよう感じます。ともかく何を思い、あのテロは(彼らがやったと仮定して)なんだったのか。私はただ、ことわざの「きちがいに刃物」としかうつりません。とくに、資金面で。資金で取り巻きを作りその上に『君臨」して自己満足を得るだけの人物。反米感情、純粋な宗教心を利用した俗物だったのでしょうか。私はかなり感情的になってまとまりのない文書になりました。みなさんのご意見をお聞きしたいです。すません。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (2件)

どこにいるかという問題には答える由もありませんが、彼らの行動について私なりに考えた結果の見解をまとめると以下のようになります。



「ビン・ラディンやオマルの活動は純粋な宗教的情熱からの行動と思われる。ただしその宗教は一般のイスラムとは無関係の”ラディン教””タリバン教”と呼ぶべきものである。その宗教理念はイスラム本来の持つ社会性・普遍性を欠き破壊的かつ極端な聖戦思想に特化した奇形的なものである。反米的な扇動や破壊活動もイスラム社会救済のための手段ではなく、おそらくそれ自体が目的化している。一部のイスラム教徒を含む支持者はその政治的立場や宗教心を利用された犠牲者である」

ラディンもオマルもいわゆるイスラム教徒ではなく一種のカルトというか狂信者だという見方です。そういう意味では「俗物」という批判はあたらないと思っていますが、本人たちが読んだらこれほど怒る文章もないかも知れませんね(笑)。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます。ラデインはカルトですね。大金持ちの。○○に刃物そのものの姿に見えます。

お礼日時:2002/01/19 10:59

だいぶ報道を参考になされた発言だと思います。

裏読みも必要では。
そんな人にどうして人がついてくるのでしょう。
カリスマ性というのは、イスにふんぞり返ってできるものではありません。

さらに真犯人であるかも疑わしいです。この間アメリカが公開した画像の汚いビデオは、ハリウッドにかかれば簡単にできますし、アルジャジーラに送られてくるビデオは画質が大変いいものです。もし、アピールビデオとして残そうと思ったらきれいに取れるカメラで撮るでしょう。さらに疑わしいのは、当初証拠としてブレア首相に示した証拠は”軍事上の機密(作戦に支障があるため)”として公開されませんでした。ところが軍事作戦は概ね終了した現在も公開されていません。もし真犯人なら、その証拠を世界に示しているでしょう。何せもう障害はないのだから。
現在、どこにいるかはわかりませんが、世界中の至る所に存在しているのでしょう。富、力の偏りが続く限り。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます。おしゃるとおり、富、力の偏りがあるかぎりつづくでしょうね。米の一方的な演出された報道が確かにあります。ラデインは何を思ってるのでしょう。自分の同志や関係ない人々を殺した事に。なにも生産的な事がないですか。

お礼日時:2002/01/19 10:55

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!


このカテゴリの人気Q&Aランキング