批判に応えるという意味で非常に面白い曲であるので、選曲させていただきました。

この曲の聴きどころ、そして自分が持っている演奏(そしておすすめの演奏)などを、今後の参考のために教えてください。また、「好き・嫌い」だけの回答でも結構です。この曲を1度でも聴いたことのある方に参加していただければと思います。
「ショスタコーヴィチが種蒔きゃプラウダがほじくる」というような図式がこの質問でも起こらなければいいのですが・・・

なお、この質問は本質的に困っている質問とは言えないかもしれませんが、己の知識欲を充足させるためには必要不可欠なものであるとして立ち上げたものであります。

締めきりを2002年1月10日頃に設定します。ひょっとすると少し早まるかもしれないので、ためらわずにご回答ください。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (4件)

こんばんは。



中学生の時吹奏楽部でホルン奏者してましてコンクールでショスタコの5番
4楽章を演奏しました。

ショスタコーヴィチの5番は壮大でダイナミック、色彩と変化に富んだ曲で
数ある交響曲の中でも傑作だと感じています。

5番の中では1楽章が特にいいですし、金管楽器が一度も奏されない3楽章も
哀愁漂い好きです。
聴きどころですがこの曲の場合どの楽章も、またどの部分も聴いてほしいです。

お薦めの指揮者、演奏ですが。

カレル・アンチェル指揮/チェコ・フィルハーモニー管弦楽団
録音1961年11月(発売元:日本コロムビア)
録音古いですが40年前とは思えないほど音質はいいです。
滑らかな完成度高い演奏です。

エフゲニー・ムラヴィンスキー指揮/レニングラード・フィルハーモニー管弦楽団
録音1984年4月(発売元:ビクター音楽産業)
ライブ録音で演奏は荒いところがあるものの何か引き付けられる魅力ある演奏です。

でわ
    • good
    • 0
この回答へのお礼

アンチェルが入れていたとは知りませんでした。ぜひ聴いてみたいと思います。
ムラヴィンスキーはある程度定番ですよね。初演も任された人ですし。

コンクールでショス5の4楽章とは、 大変でしたね。僕も1度だけオケの中で初見吹き(ラッパ)をしたものです。あの時は死にました。

どうもありがとうございました。

お礼日時:2001/12/26 09:25

こんにちは



実は、ショスタコーヴィチの曲は聞いた事が無かったのでCDを買って聞いて見ました。
自分が購入したCDは次の3枚です。

■1.レナード・バーンスタイン/ニューヨーク・フィルハーモニック

この演奏が、自分には一番あっていて気持ちよく聞くことが出来ました。
自分の好きな響きが最初から最後まで聞こえてくるので、気に入りました。
不思議なのですが、演奏だけでなく、音が鳴っている時の響き方の質が自分にとってはとても大事なようです。
以前、ワルターが好きだと話をした時と同じ種類の話です。

■2.ユーリ・テミルカーノフ/サンクトペテルブルグ(レニングラード)・フィルハーモニー交響楽団

この演奏はバーンスタインの演奏とかなり似ています。
しかし、こちらの演奏は好きでは有りません。
演奏は似ているのだけれど、録音方法の関係で音そのものに差が出てしまっているのかと思い
いつの演奏か確認した所、バーンスタインが79年でテミルカーノフが95年でした。
昔の録音の方がいい音って事もないと思うので何か違うのでしょうね。

■3.ウラディーミル・アシュケナージ/フィルハーモニア管弦楽団

このCDは、解説にこれ以上の名演は無いような事が書いてあったので買ってしまいましたが、
自分にはとても聞けない演奏でした。
気にいらなかったのは、演奏のいろいろな所に気持ちが落ち着かなくなるような響きを感じる所が
たくさんあったからです。

この演奏を聞いていると、マーラーを思い出してしまいました。
マーラーが嫌いと言うことではなくて、すごく綺麗な音と不安定な音が共存しているところが
マーラーと似ているように感じました。

■1楽章

出だしは特にいいと思います。
直後のバイオリンの微妙な音程の節回しもとてもいいですね。

■2楽章

出だしの弦は面白いのですが、この楽章はよく分からない楽章です。
どうも、高い音(フルート?ピッコロ?)が入ってくると違和感を感じてしまいます。

■3楽章

一番好きなのは、3楽章の前半の弦だけで演奏している所です。

■4楽章

後半に不思議なメロディーが入っているのが気になります。
非人間的な感じを受けてしまいます。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

この質問のためにわざわざ買っていただけて、光栄です。

バーンスタインとテミルカーノフの盤の差は、指揮者の差というより、むしろオケの差ではないでしょうか。特にブラスのサウンドは違うと思います。
アシュケナージは最近チェコ・フィルとも出したようですね。これは指揮者とオケの息が合わない部分があるかもしれません。
綺麗な音と不安定な音というと、やはりマーラー的ということになるんでしょうか。マーラーの演奏もそれぞれで、病理学的解釈をしたものもあります。これはひょっとすると一概には言えないかもしれません。

1楽章のバイオリンの歌い出しは、第4交響曲の第2楽章にすでに登場させたモチーフをちょっと変えたものだと思います。
2楽章は皮肉の利いたスケルツォということをよく言われますが、僕なぞもその通りかな、と思ってしまいます。
3楽章のムードはいいですね。特に弦だけで演奏している部分というのは、各パートをさらに3つに分割しているので、玄妙な響きが出るのだと思います。
4楽章の非人間的な感じというのはなんとなくわかりますね。どことなく機械的ですしね。刻みとかがそう思う要素です。

ありがとうございました。次もよろしくお願いします。

お礼日時:2002/01/05 20:37

お久ぶりです。

今回は「おすクラ」はやめたんですか?
さて、私が中学3年の夏休み、訃報が飛び込んできました。なんとショスタコーヴィチが死去したのです。その当時、彼の曲といえばこの曲しか知りませんでした。
NHKでは早速追悼番組を流しておりました。当然5番でした。
その当時聴いていたレコードは息子のマキシムが指揮をしたものでした。
ムラヴィンスキーの演奏はゲテモノ好きのわたしにしてはあっさりしすぎて好みにあいません。第4楽章の冒頭のあのテンポはいまではちょっと聴けない、例えばクライバーの運命のようなスピード感だと思います。対してバーンスタインなんか結構ゆっくりめにテンポをとり、コーダも同様にゆっくりめでなんかとってもショスタコらしくなくていいです。
昔はこの曲を録音するのに90分テープを使ったのですが、ムラヴィンスキーは大体42~3分なので一面にはいるのですが、ほかの演奏は47~8分なので録音できないのでこまりました。
聴き所は当然、第1楽章のビオラの二重奏の部分です。タララ~ですよ。あと第4楽章の練習番号119のバイオリンの旋律、特にあの3連符・・いいですね。
この曲はちょっとしかでてきませんが、木琴とチェレスタがいい効果を出していると思います。
あと、ホルンにとってはこの曲は地獄ですよね。特に第1楽章のソロなんかいつもどきどきしてきいています。(実際楽譜には1オクターブ下のEでかいてあるのですが、みんな括弧内の難しい方のEで演奏をやっていますね。)
最近5番はあまり聴いていませんが、久々に聴いてみようかと思います。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

スコアを手許に持っていない(あるにはあるのですが)ので、なんとも言えませんが、4楽章のテンポはいろいろと速いのやら遅いのがありますね。特にコーダはそういうことで。
木琴・チェレスタは確かに効果的に使われていますね。4番よりもずっと使い方を磨いたような感じがします。あえて言うなら、マーラーの6番を想起させます。
ホルンは難しいです。この曲は全体的に音程をとりにくいので大変ですね。

バーンスタインのゆっくりしたテンポもそれでショスタコ像として素晴らしいものだと思いますよ。
ありがとうございました。

お礼日時:2002/01/05 10:54

ショスタコの5番は、いっぱいCD出てますよね。



私が持っているのは、
ビシュコフ指揮のベルリンフィルと
インバル指揮のウィーン交響楽団(確かこんな名)
あと、ハイティンク指揮のアムステルダム~ です。

それぞれの印象は、
(1)ビシュコフは、輪郭がはっきりしているわりに、派手すぎず、
 適度に「暗さ」もあるので、私は結構気に入っています。
 演奏もさすがベルリンフィル、うまい…
(2)インバルは、丁寧というか、なめらかというか…。でもそれが、力技の
 演奏とは一線を隔していて、新たな5番を再発見させてくれます。
 「証言」をいやがうえにも意識させてくれます。
(3)ハイティンク、一番期待していたんですが…
 なんか安定感に欠けるような気がします。

そのほかに、バーンスタインやアシュケナージ、ムラヴィンスキーのCDは聞いたことがありますが、どれもいまいちだったように記憶しています。
まぁこれらは人それぞれですので、私はそう思ったということですけれど…
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ビシュコフの演奏はいいかもしれませんね。
インバルは全集も出していますが、やはり「証言」的な演奏ですか。ユダヤ人的なものをマーラーの演奏でよく感じるのですが。
ハイティンクも物によってはいい演奏なんですがね。ショス5に関してはそうですか。参考になりました。

僕の持っているのは、ムラヴィンスキーとストコフスキーなので、どちらも快速演奏になっています。頭の中ではものすごく速いので、じとっとした演奏を聴くとどうもしっくりきません。
こういうのも、僕がそう思ったということで・・・

ありがとうございました。

お礼日時:2002/01/04 11:36

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qショスタコーヴィチ 交響曲10番

ショスタコーヴィチの交響曲第10番の連弾譜が
あると聞いたのですがどこで取り扱っているのでしょうか?
知っている方いらっしゃいましたらよろしくお願いします。

Aベストアンサー

いくつか心当たりを当たってみましたがなさそうですね。交響曲の連弾版というのはスケッチとして残されているものは多いのですが、商売にならないせいかなかなか出版されませんね。ベートーヴェンだと3種類くらいの編曲ものがあるのにモーツァルトもブラームスも一部しかなくて残念です。作曲家を深く知るためにピアノ弾きにとっても重要なレパートリーなんですけどね。

CDが出ているものに関してはなんとか調べがつくものの、ヨーロッパの図書館や大学にある楽譜なので入手は難しいですね。

Q若手演奏家の演奏会をプロデュースしてくるれる企業・・・。

はじめまして。uokizaです。

若手演奏家の演奏会をプロデュースしてくるれる企業を教えてください。

条件は200~300人程度のホールで若手のプレイヤーの演奏会を主催・企画してくださり、事務作業をすべてやっていただけるところです。

無名(同じ楽器の中ではそれなりに有名なのですが・・・)な
フルーティスト(国内大手コンクールファイナリスト)のリサイタルを京都にて今年の11月に企画中なのですが、独奏者・出演者が東京で活動中なので東京でも同様なリサイタルを同時期に企画していただきたいのです。

個人企画で2公演分の企画は負担が重過ぎるので事務作業をすべてやってくださるプロの企画会社を探しています。

プロの企画者を探しています。
アマチュアでプロ気分の方はお断りです。
(以前ひどい目にあいました。)

マネージングフィーの割合はお任せします。
出演者のギャラは安くてかまいません。
(最悪なくてもかまいません)
チケットノルマは出演者でさばけるのは60人程度です。
チラシのデザインは出演者でできます。

どういうところに相談すればよいのでしょうか?

はじめまして。uokizaです。

若手演奏家の演奏会をプロデュースしてくるれる企業を教えてください。

条件は200~300人程度のホールで若手のプレイヤーの演奏会を主催・企画してくださり、事務作業をすべてやっていただけるところです。

無名(同じ楽器の中ではそれなりに有名なのですが・・・)な
フルーティスト(国内大手コンクールファイナリスト)のリサイタルを京都にて今年の11月に企画中なのですが、独奏者・出演者が東京で活動中なので東京でも同様なリサイタルを同時期に企画していた...続きを読む

Aベストアンサー

> 私は「名義主催」者ではなく、「主催」者を探して> いるので、しっかりとプロデュースして下さる企業> を探しています。(広告渉外・・・等)

残念ですが、その演奏家の活動を支援してくださるスポンサーが出てこない限り、難しいですよ。邦人のほとんどの演奏家は、自腹で演奏会を催しているのです。チケットが売れればそれだけ自己負担は減りますが、知名度が低ければ当然チケットだって売れませんから、現実的には困難な点が多々あると思います。

そのあたりも含めて一度音楽事務所に問い合わせてみてはいかがですか。その上で、どのように演奏会を開催するのがよいか、お決めになったらよいかと思います。

スポンサーもその演奏家あるいは演奏会を支援するのに何らかのメリットがないと、なかなかお金は出してくれません。

Q井上道義氏のショスタコーヴィチ交響曲全曲演奏会

11月に日比谷公会堂で井上道義氏が、ショスタコーヴィチの
交響曲全曲演奏会を行うとの情報を得ましたが、詳しいことが全く分かりません。
梶本のHPや井上氏の公式HPを見ても分かりませんでした。
詳細分かる方、教えて頂けませんでしょうか?
よろしくお願いいたします。m(_"_)m

Aベストアンサー

#1です。
失礼いたしました。

このガラコンサートを検索すると、
日露友好ショスタコーヴィチ交響曲全曲演奏会2007祝祭ガラ・コンサート
と記してあるものがあります。
もしかしたら、全曲演奏会そのものは、2007年に入ってから、ということかもしれないなと思いました。確認情報でなくてごめんなさい。

Q日本におけるショスタコーヴィチ受容について

今ショスタコーヴィチをとりあげて論文を書いております。
まだ資料を集めていない段階なのですが、ショスタコーヴィチの受容に関するデータ(演奏回数など)が載っている書誌やサイトはありませんでしょうか。

ついでに、ショスタコーヴィチの音楽を(1.聴いたことがない。2.聴いたが嫌い。3.聴いた上で好き。)、みなさんはどの手の人ですか?
また、その理由ももらえると嬉しいです。

アンケートの方だけでもいいので、ふるって参加をお待ちしております。

Aベストアンサー

先に回答したものです。9番は結果的に不評でしたが、無駄の無さはダントツです。5番は、ベートヴェンの第5と比較され、20世紀の運命とか言われたことがありましたが、そういうものを書いてしまったために、9番に寄せる期待はさぞ大きかったことでしょう。5番を書いたときのソビエトの政局と9番を書いた当時の
ショスタコーヴィチに対する政府の扱いは、歴史を探るしかありませんが、依然に出版された<証言>(死人に口無しですが、)、ドキュメンタリーなどを観ると、殺されかねない圧力が芸術家にまで及んでいたようです。曲が長すぎるとか、暗すぎるとか。想像ですが、ショスタコーヴィチの曲に出てくるアイロニーは、すべて、こういう政府への憤りかもしれません。曲が長いというなら短くしよう。暗いというなら、滑稽なものを書こう。5番では、自分を抑えて政府受けのするものを書いてしまったけれど、9番では開き直りが感じられます。一般人には、天才の考えることはわかりませんが、マーラーが長大な2番、3番を書いた後に、かわいらしい4番を書いたのや、ベートーヴェンの4番や8番のようなものを大作の前後に時折仕上げたくなるのかも知れません。7番、8番を仕上げた後、その反動が、次の9番という聖なる番号を持つシンフォニーで行われたのは、ショスタコーヴィチらしい気がします。9番への批判は、想像していたでしょうがうまくかわせるだけの強さ(憤り、覚悟)をその時持てていたためと思います。長くなりましたが、最後に、日本映画、松田優作主演の角川映画<野獣死すべし>のなかで主人公が、自宅のステレオで5番を聴いていたのが印象的でした。神経質な主人公の性格をうまく捉えた、選曲だと思いました。

先に回答したものです。9番は結果的に不評でしたが、無駄の無さはダントツです。5番は、ベートヴェンの第5と比較され、20世紀の運命とか言われたことがありましたが、そういうものを書いてしまったために、9番に寄せる期待はさぞ大きかったことでしょう。5番を書いたときのソビエトの政局と9番を書いた当時の
ショスタコーヴィチに対する政府の扱いは、歴史を探るしかありませんが、依然に出版された<証言>(死人に口無しですが、)、ドキュメンタリーなどを観ると、殺されかねない圧力が芸術家にまで...続きを読む

Qショスタコーヴィチ 交響曲第五番

ショスタコーヴィチ 交響曲第五番の四楽章をやりたいのですが、

クラリネットは何管でしょうか?
編成を見るとエスクラとコントラファゴットがあるようなのですが、
楽器がない場合、演奏することは不可能でしょうか!?

Aベストアンサー

#1です。
CFgですが、主旋律はありますがSOLIはないですね。
HrのSOLIをFgがユニゾンでなぞるように演奏する部分はあります。

再度スコアを眺めて改めて思いましたがCFgは重要ですね。
オクターブ上をFgでは明らかに問題アリです。
また、EsClも重要な役割を与えられています。

どうしても演奏するならバスクラ、バスサックス等で代用するしかないかもしれませんね。

Q演奏家の心情と演奏方法

こんばんは。
どんな楽器でも良いのですが、演奏家として、人前に立つ方に質問させて下さい。

極端な話ですが、楽しい曲を演奏しなくてはいけない直前に悲しい出来事がありました。
演奏会で楽しいはずの曲のなかにそれ以外の感情が出てしまう人は、
音楽家として良い事か悪い事かわからなくなりました。

歌詞の内容が怒りとか憤りを表現したい曲なのに、他の感情を出してしまう事を、表現が深いとか、人間味があって良かったと感じるのか、それともその曲を理解していない・雑念が多いと感じるのかどちらなのでしょうか?

そう言う心情を知りながら、表現したい本質と違う感情が入り混じった音楽を先日ライブで耳にしたのですが、とてもプロとは思えませんでした。

でも、解散コンサートで感極まって泣いてしまうのなんかは結構ぐっときたりもしますが。

支離滅裂ですみません。
なんでも良いので思いつくことがありましたら、是非ご回答ください。お待ちしています。

Aベストアンサー

アマチュアですが、(元)トランペッターです。

私自身はあまり好きなエンターティナーではありませんが、美空ひばりさんはどんな時にも「悲しい酒」を歌うときにはセリフの部分で涙を流しました。
これが<プロ>というものではないでしょうか?

自分の感情に雑念があろうとも、観衆の前では感動を与える演奏(とはかぎりませんが)をするのがプロフェッショナルだと思います。
5FFさんがご覧になったエンターティナーは、甘えを持った素人ではないかな、と思います。私ならば「入場料返せー!!」と怒鳴ったかも知れません。

聴衆は、エンターティナーが悲しいときに楽しい演奏を聞かせてくれたとき、より一層大きな感動を覚えます。
逆に、聞き手が落ち込んでいるとき、素晴らしい音楽はその人を元気付ける力を持っています。
だから、エンターティナーは、真剣に演奏に打ち込んで欲しいのです。自らの感情を捨てて・・・

メチャクチャな文章ですみません。以上が私の感想です。

なお、演奏家ではなく、指揮者ですが岩城宏之さんの著書の多くに指揮者の立場として、演奏中の感情や思いがたくさん綴られています。ご興味がありましたらご一読下さい。

アマチュアですが、(元)トランペッターです。

私自身はあまり好きなエンターティナーではありませんが、美空ひばりさんはどんな時にも「悲しい酒」を歌うときにはセリフの部分で涙を流しました。
これが<プロ>というものではないでしょうか?

自分の感情に雑念があろうとも、観衆の前では感動を与える演奏(とはかぎりませんが)をするのがプロフェッショナルだと思います。
5FFさんがご覧になったエンターティナーは、甘えを持った素人ではないかな、と思います。私ならば「入場料返せー!!」と...続きを読む

Qお薦めのショスタコーヴィチの交響曲全集は?

たびたびOKWAVEでお薦めCDを質問しているものです。
いつも回答していただいて、有難うございます。
今回はショスタコーヴィチの交響曲全集について、
お願いします。


昔買った1番と6番が入ったCDの記憶がよみがえり、
(誰の指揮かは思い出せないので)とりあえず
インバルのを買ってみましたが、正直あまり
良くなかったというか、音の大小が激しく、
自宅のステレオで聴くのが不向きでした…
http://www.hmv.co.jp/product/detail/1783539
音量を小さくすると、聞こえない部分があり、
大きくすると、大きくなりすぎて困るのです…
今まで買ったCDでこんなことはありませんでした。

皆さんのお薦めのCDをお伺いできればと思います。
全集でなくても構いません。それに音量の部分も
とりあえず無視して構いません。
あくまで皆さん個人の感想・お薦めで構いませんので、
どんどんお願いします!

Aベストアンサー

No.2の方が薦めておられるムラヴィンスキー(全集ではないけど・・・)、ロジェヴェン、コンドラシンはロシアらしい情熱的な演奏でショスタコの定番と言っていいと思います。
ザンデルリンクやバルシャイも定評ある演奏ですが、もう少し「しっとり」としたイメージをお探しなら、マリス・ヤンソンスはいかがでしょうか?
ヨーロッパやアメリカの色んなオケで指揮した音源の寄せ集めですが、ロシア物とは違った雰囲気で、私としてはショスタコ全集のベストはこの全集です。
単品で考えるなら、また別の話になりますけどね^^

Qスウィングガールズ演奏の「スウィングスウィングスウィング」。是非プロ演奏家の曲が聞きたい!

先日OKWEBで、スウィングガールズのサントラを教えていただき、早速聞きましたが、やっぱり「スウィング スウィング スウィング」はノリがよくて聞きほれてしまう曲でした。
あのスウィングガールズの演奏でも聞きほれてしまうのですから、きっとプロの演奏家たちが演奏したら、それはもっと素晴らしいのでしょう。
ということで、プロの演奏家達が演奏した「スウィング スウィング スウィング」が聞きたいのに、見つけても何処にもなく、探せません。
洋楽では、「スウィング スウィング スウィング」は何と言う曲で通っているのでしょう?まずカタカナじゃないことだけしか、私には察しがつきません。
教えて下さい。
それと、シングルでは多分難しいと想いますが、もしアルバムで挿入されているのならば、アルバム名を教えていただけるとありがたいです。

Aベストアンサー

3曲目です。
http://www.hmv.co.jp/product/detail.asp?sku=932742

こちらも見てね。
http://www.hmv.co.jp/chart/chart.asp?category=1&genre=800&style=803

わたしはどうしても「二木ゴルフ」CMを思い出してしまう・・・

参考URL:http://www.hmv.co.jp/product/detail.asp?sku=932742

Qショスタコーヴィチ

ショスタコーヴィチで交響曲第5番のような激しく壮大な曲って他にありますか?

Aベストアンサー

交響曲第5番ほど激しくて,そして,わかりやすいものは,
私の知る限り,ショスタコーヴィチでは他に思いつきませんが,
とっつきやすさという点でお薦めは,
・交響曲第9番
・交響組曲 カテリーナ=イズマイロヴァ
交響曲第9番の終楽章は一度聴けば覚えてしまうような曲で,
楽しく軽快な曲です。
他の番号の交響曲は暗いイメージがありますが,
旧ソ連体制下での抑圧によるものでしょうか。
交響組曲カテリーナ=イズマイロヴァもわかりやすい曲で,
ショスタコーヴィチ独特の雰囲気があります。

ショスタコーヴィチ以外なら
・サン=サーンス 交響曲第3番
・マーラー 交響曲第1番
・ベルリオーズ 幻想交響曲
・ブルックナー 交響曲第4番,第8番など,
大音響で聴くと壮大で迫力がある曲はいくつか思いつくのですが。

Qショスタコーヴィチの弟子

ショスタコーヴィチに作曲を師事した作曲家で、以下に挙がっていない、知っている作曲家がいれば教えてください。
B・ティシチェンコ
B・チャイコフスキー
G・ウストヴォルスカヤ
K・カラーエフ

Aベストアンサー

ゲオルギー・スヴィリードフ
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%B2%E3%82%AA%E3%83%AB%E3%82%AE%E3%83%BC%E3%83%BB%E3%82%B9%E3%83%B4%E3%82%A3%E3%83%AA%E3%83%BC%E3%83%89%E3%83%95

ユーリイ・レヴィチン
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%A6%E3%83%BC%E3%83%AA%E3%82%A4%E3%83%BB%E3%83%AC%E3%83%B4%E3%82%A3%E3%83%81%E3%83%B3

ワディム・ビベルガン
http://item.rakuten.co.jp/hmvjapan/1379259/

アトヴミヤーン
ペイコー
http://gligligliere.blog58.fc2.com/blog-date-200905.html

モイセイ・ヴァインベルク
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%A2%E3%82%A4%E3%82%BB%E3%82%A4%E3%83%BB%E3%83%B4%E3%82%A1%E3%82%A4%E3%83%B3%E3%83%99%E3%83%AB%E3%82%AF

ヴェニアミーン・フレーイシュマン
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%B4%E3%82%A7%E3%83%8B%E3%82%A2%E3%83%9F%E3%83%BC%E3%83%B3%E3%83%BB%E3%83%95%E3%83%AC%E3%83%BC%E3%82%A4%E3%82%B7%E3%83%A5%E3%83%9E%E3%83%B3

ソフィア・グバイドゥーリナ
http://www.anne-sophie-mutter.de/mj_index_bach.php

クシシュトフ・メイエル
http://www.hmv.co.jp/artist/detail/000000000167543/

ルドルフ・バルシャイ
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%AB%E3%83%89%E3%83%AB%E3%83%95%E3%83%BB%E3%83%90%E3%83%AB%E3%82%B7%E3%83%A3%E3%82%A4

ゲオルギー・スヴィリードフ
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%B2%E3%82%AA%E3%83%AB%E3%82%AE%E3%83%BC%E3%83%BB%E3%82%B9%E3%83%B4%E3%82%A3%E3%83%AA%E3%83%BC%E3%83%89%E3%83%95

ユーリイ・レヴィチン
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%A6%E3%83%BC%E3%83%AA%E3%82%A4%E3%83%BB%E3%83%AC%E3%83%B4%E3%82%A3%E3%83%81%E3%83%B3

ワディム・ビベルガン
http://item.rakuten.co.jp/hmvjapan/1379259/

アトヴミヤーン
ペイコー
http://gligligliere.blog58.fc2.com/blog-date-200905.html

モイセイ・ヴ...続きを読む


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング

おすすめ情報