私の思い違いかも知れませんが、ワオキツネザツネザルのように、海外にしかない生物に和名が与えられていることがありますよね。その地域で和名が通用するとは思えないのですが、これはどういう理由からでしょうか。研究者に命名権を与える恩恵的な制度なのでしょうか。

 一方ではシファカのように現地名が融通する場合もあるかと思います。現地名で呼んだり和名を与えたりする基準がどこかにあるということなのでしょうか。

 興味本位の質問で恐縮ですが、ご存じの方いらっしゃいましたらお暇なときで結構です、よろしくご教授下さいませ。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (2件)

う~ん・・・ゲリラのような質問ですね。

発想がユニークというか、思いもしない角度からの疑問です。日本に存在しないものに何故和名があるか、一言でいえば必用だからです。(あなたには関係なくても)

古代の日本人なら(日本人に限りませんが)あなたの疑問は納得できます。自分の住んでいるところに居ないもの、無いものの名前等必要ありません。縄文時代の人間にとって河馬もキリンも全く関係ない動物です。

植物でも動物でも世界共通の分類法に基づいて学名と各国語による名前がつけられています。世界に通じる共通の名前はラテン語による名前です。私はふくろうが好きで世界のふくろうについて勉強しましたが、「世界鳥類和名辞典」のお陰で140種類以上のふくろうの名前(学名、英語名、日本語名)が分かります。同じように有形無形のもので名前のついているもの全てに、日本語訳があります。適当な日本語が無いため原語のまま使われるケースもあります。(IT革命とかホール・イン・ワンなど)車や電気製品、アパートの名前などには、故意に外国の名前がつけられます。(マンション、カーサ、ビエント、グランデ、タウなど)子供の名前に外国語をカタカナでつける人もいます。(リカなど)

現地名を使うか和名を使うかは業界により違います。女性雑誌などでは現地名(外国語)を好んで使う(女性が好むから?)傾向があります。外国語を避け出来るだけ日本語を使う教科書でもコンピューターとかアイロンまでは日本語にしていないと思います。

南米南端にレンガという寒冷地に育つ木があります。秋になると紅葉が美しい木です。レンガについていくら説明をしてもイメージが湧かないと思いますが、レンガは「南極ブナ」と呼ばれる木である、といえばすぐイメージが湧く筈です。言葉によってイメージの共有が出来るわけです。(アメリカの)大統領、(台湾の)総統、(旧ソ連の)書記長・・・何れも日本には存在しない職名ですが我々は日本語訳のお陰で理解出来ます。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

 いつもながらの読み応えのある回答ありがとうございます。

 なるほど、日本人に対する啓蒙目的での命名ということですね。ただ、それによると例えば銀杏などは、どこかの国で「扇の形をした切れ目がはいった葉っぱの木」とかサンショウウオを「短い手足のある大きなオタマジャクシ」とかそんな命名をされているのかなと考えると楽しくなりますよね。

 世界中にどれだけ言語があるかしりませんが、言語の数だけ名前がつく可能性もあります。これは非常に面倒なことになるような気もしますね。ひねくれた解釈ですが。

 外来語の安易な定着に関してはおっしゃる通りの印象を私も持っています。おまけにそれらのカタカナ語の陳腐化は本来の意味を失ってしまうほど深刻な変化を言葉自体にもたらしてますよね。マンション(邸宅)とかスタッフ(参謀)とかは日米では互いに意味が通じない言葉になってしまったと感じています。

 そういえば、「経済」や「社会」といった言葉のように明治時代の先人が適切な漢字で外来語の訳語を残してくれたおかげで日本語は語彙を失わないで済んだばかりか、中国などの漢字圏も同じ言葉を使うことができ恩恵があったと、ものの本で本で読んだことがあります。

 それはともかく生物学では日本語の命名法には何らかのルールがあるような気もします(ないのかもしれませんが)。適切な解釈と幅広いトピックの提供いただき感謝います。
 

お礼日時:2001/12/26 23:47

ワオキツネザルに和名がついていなくて、現地呼称と学名だけだったら、その「○○○・・」という生き物がサルなのかウマなのかも解りませんから、キツネザルの仲間であることを特徴付けるために和名がいるのでしょう。

現地で和名は通用しないですが、現地名がわからないときに、「キツネザルの仲間で尻尾に輪っかのもようのあるやつ」といえば(もちろん現地語で)、地元の人も「ああ、○○ですね」と理解ができる。

パンダみたいに、来日する前から「こういうのがジャイアントパンダだよ」という紹介がされているものはパンダで通用しますね。

でも、たとえば、リュウグウノツカイなんて、日本人が見ても何の生き物か名前で判断しにくいですよね。

この回答への補足

 おっしゃる通り、パンダとかコアラとかは絶妙なネーミングだと思います。一度その生物を見てしまえば、名前を忘れることはないというくらい、印象深い名前ですよね。そういえば、リュウグウノツカイは南紀地方の水族館だったか、標本を間近で見たことがありますが、ほんとに不思議な生き物に見えます。名前も不思議ですが。

 アカデミックな分野では、生物の命名法に関しては、厳密な分類学とラテン語による命名法が確立している一方、一般名についてはルールはないようですね。

 お時間を割いて回答をいただき、ありがとうございました。

補足日時:2001/12/27 15:51
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q観葉植物がずっと動いています。 とても怖いです。 部屋にある観葉植物、サンセベリア(和名:トラノオ)

観葉植物がずっと動いています。
とても怖いです。
部屋にある観葉植物、サンセベリア(和名:トラノオ)の一部がずっと揺れてることに気がついたのです。

風吹いてません。窓閉まってます。風でなびく軽い葉ではありません。地震じゃないんです、だって写真の一番右の葉「だけ」が揺れてるんです。
ねっこからルンルンと揺れてます。

サンセベリアなどの観葉植物は、揺れたり動いたりすることがあるんでしょうか??
だれか知ってる人教えてください。。

Aベストアンサー

結構硬い葉ですよね。でしたら風よりも何かの振動と共振している可能性が高いです。近くに振動している物(葉のような大きなものとの共振なのでかなり低い周波数の振動なので振動として感じられないかもしれません)がありませんか?向きや場所を変えて動かなくなるかお試しください。
あと、昆虫の幼虫がいるなどの時もあります。

Q花の名前(和名と学名)

大至急知りたいです。
Sweet-scented osmanthus flower の
和名と学名を教えてください。

Aベストアンサー

標準和名:ギンモクセイ
学名:Osmanthus asiaticus

Q動物や植物の和名をカタカナで書くという決まり

どのカテゴリーで質問したらよいのか,迷いましたが,こちらで質問させてもらいます。
(適するカテゴリーのアドバイスもお願いします)

ヒト,アサガオ,ホンドギツネなど,(主として学術的文章の中で)動植物の名前(和名や標準和名)をカタカナで記す例が多いですが,この書き方のおおもとはどこにある決まりなのでしょうか?
例えば,文部省が何年に何という省令で定めている,などということを教えてください。

Aベストアンサー

 昭和二十一内閣訓令第三十二号「当用漢字表」に「使用上の注意事項」として

    ニ、外來語は、かな書きにする。

とあるのがいちばん最初の指定。しかしこれは昭和五十六年に「常用漢字表」に改められたときに削除されています。カタカナ書きはこれによる慣習でしょう。「かな書き」ですのでひらがなでもいいはずですが、実際にはカタカナを用いることが多かったようです。自然科学の学術論文では、掲載誌や学会の表記基準でカタカナと定めているところが多いようです。

Qオーストラリアの生物の和名について

オーストラリアの生物を調べているのですが、どうしても和名が分からない生物がありました。和名を教えていただけると助かります。また、和名がまだついていない生物である場合は、何科に属する生物なのかを教えていただけると大変参考になります。
どうぞ宜しくお願い致します。

1.Alexandria Toadlet
2.Alpine Tree Frog
3.Armoured River Froglet
4.Black Tiger Snake
5.Burrowing Frog
6.Eastern Mouse Spider
7.Eastern Robust Slider(Skink)
8.File Snake
9.Gould`s Long-eared Bat
10.Gould` Wattle Bat
11.Swamp Harrier
12.Mitchell`s Hopping Mouse
13.Dusky Horseshoe Bat
14.Large Inland Stick Insect
15.Inland Bent-winged Bat
16.Inland Broad-nosed Bat
17.Inland Free-tail bat
18.Inland Mastiff Bat
19.Jabiru Toadlet
20.Little Mastiff Bat
21.Narbarlek
22.Northern Blossom Bat
23.Northern Smelly Long-necked Turtle
24.Northern White-lipped Water Dragon
25.Olive Whipsnake
26.Ornate Burrowing Frog
27.Banded Lapwing
28.Red-capped Toadlet
29.Sand Swimmer (Skink)
30.Sandhill Frog
31.Eastern Mouse Spider
32.Blue Whaler
33.Bronze Whaler
34.Seven-gilled Shark
35.Sand Octopus
36.Olive-headed Sea Snake:
37.Stoke`s Sea Snake
38.Yellow-bellied Sea Snake
39.Unadorned Desert Skink
40.Unbanded Shovel-nosed Snake
41.Wood Gecko (Zig-Zag Striped Wood Gecko)
42.Yellow-bellied Snapping Turtle
43.Yellow-snouted Gecko
44.Yellow-spotted Sand Monitor
45.Zig-Zag Striped Wood Gecko

オーストラリアの生物を調べているのですが、どうしても和名が分からない生物がありました。和名を教えていただけると助かります。また、和名がまだついていない生物である場合は、何科に属する生物なのかを教えていただけると大変参考になります。
どうぞ宜しくお願い致します。

1.Alexandria Toadlet
2.Alpine Tree Frog
3.Armoured River Froglet
4.Black Tiger Snake
5.Burrowing Frog
6.Eastern Mouse Spider
7.Eastern Robust Slider(Skink)
8.File Snake
9.Gould`s Long-eared Bat
10.Gould` Wattle Bat
1...続きを読む

Aベストアンサー

英語名だと思ってなめてかかってはいけません。アメリカ人やイギリス人も
現地の固有種は、まずわからないですし、その辞書にもないのがほとんどです。
アマゾンやアフリカの生物と同じです。たまたま英語名なだけで、少数言語と
同様と思ってください。
まして和名は、輸入してるかたまたま日本人研究者がいるとかです。
ただし、鳥や魚は、海や空はつながっていて広く知られてる場合が多い。
英名でも和名でも地域や大きさで違ったり(出世魚のように)でローカルなため
学者さんが使う学名を手がかりに調べるといいでしょう。学名で引ければ、
日本語限定で和名にたどり着けたり、少なくとも学名の科名がわかります。
なお、日本に生息しない生物の和名は、専門機関による正式のものではないのが
ほとんどのはずです。

以下調べた結果。>学名>和名or科名

1.>Uperoleia orientalis>カメガエル科
2.>Litoria verreauxii alpina>アマガエル科
3.>ヒットしない
4.>Notechis ater>コブラ科(タイガースネーク)
5.2種の生物が該当>Heleioporus australiacus & Opisthodon spenceri>カメガエル科
6.>>ヤノテグモ科
7.>Lerista punctatovittata>トカゲ科
8.>Acrochordus arafurae>(ヤスリヘビ)
9.>>グールドミミナガコウモリ
10.>Chalinolobus gouldii>ヒナコウモリ科
11.>Circus approximans>ミナミチュウヒ
12.>Notomys mitchellii>ミッチェルホップマウス
13.>>カグラコウモリ科
14.>>(Stick Insect=ナナフシ)
15.>>(ユビナガコウモリ)
16.>cotorepens balstoni>ヒナコウモリ科
17.>>オヒキコウモリ科
18.>>オヒキコウモリ科
19.>>カメガエル科
20.>>オヒキコウモリ科
21.>Petrogale concinna>ヒメイワワラビー
22.>>オオコウモリ科シタナガフルーツコウモリ亜科
23.>>ナガクビガメ
24.>>アガマ科
25.>Demansia olivacea>コブラ科
26.>Opisthodon ornatus>カメガエル科
27.>Vanellus tricolor>ムナオビトサカゲリ(チドリ科)
28.>ヒットしない
29.>Eremiascincus fasciolatus>サンドスイマー
30.>Arenophryne rotunda>カメガエル科
31.>>ヤノテグモ科
32.>Prionace glauca>ヨシキリザメ(メジロザメ科)
33.>Carcharhinus brachyurus>クロヘリメジロザメ
34.>Notorynchus cepedianus>エビスザメ
35.>Octopus kaurna>コモンシドニーオクトパス(マダコ属)
36.>Disteira major>ウミヘビ科フトウミヘビ属
37.>Astrotia stokesii>ハラナシウミヘビ
38.>Pelamis platurus>セグロウミヘビ
39.>Egernia inornata>トカゲ科イワトカゲ属
40.>Brachyurophis incinctus>コブラ科
41.>>(イシヤモリ)
42.>Elseya flaviventralis>ビクビガメ科カブトガメ属
43.>Diplodactylus occultus>イシヤモリ属
44.>Varanus panoptes>ヒャクメオオトカゲ
45.>ヒットしない

英語名だと思ってなめてかかってはいけません。アメリカ人やイギリス人も
現地の固有種は、まずわからないですし、その辞書にもないのがほとんどです。
アマゾンやアフリカの生物と同じです。たまたま英語名なだけで、少数言語と
同様と思ってください。
まして和名は、輸入してるかたまたま日本人研究者がいるとかです。
ただし、鳥や魚は、海や空はつながっていて広く知られてる場合が多い。
英名でも和名でも地域や大きさで違ったり(出世魚のように)でローカルなため
学者さんが使う学名を手がかりに調べるとい...続きを読む

Q植物のHebeについて教えてください

ニュージーランド原産のHebeという植物についての質問です。Hebe rakaiensis, Hebe pimeleoidos, Hebe pinguifoliaなどHebe種の植物に興味を持っています。和名や日本での入手が可能かどうかなどご存知でしたら教えてください。

Aベストアンサー

和名はトラノオノキのようです。
http://flower365.web.infoseek.co.jp/19/282.html

時期になると出回るようですよ。
http://www.rakuten.co.jp/gardensk/430279/438148/447485/

Qウミウシ:和名はどうやって?

いまやダイビングの普及に伴って、人間の活動限界といえる水深40メートル程度にいる生物はほぼ網羅されていると考えます(もちろん、ポイントの開拓が完全ではないこともあって、日本近海といえども新種が発見される可能性もなくはないのですが・・・)。
そんな中にあって、個体変化が著しいウミウシの仲間は、和名・洋名ともに、ダイビングがそれほど一般化していないころからそれらしい名前がつけられているものと推察されます。

水中を泳いでいるわけでもなく、正直捕獲しようとしないと採れない、この生き物たち。潜水技術が今ほど進歩していなかった時期でもこれらウミウシの研究はなされていたのでしょうか?
また質問にした、和名は、どのような経緯で決まっていき、その名前になっていくのでしょうか?

Aベストアンサー

昔から、海底(浅海底)の生物は底引き網などで採集していました。「底引き網 採集」で検索すると、現在もその方法などで研究していることが分かります。
「標準和名」を定める約束事は、「学名」のそれのようにはっきり決まっていません。それでも、方言に対して(事実上の)標準語があるように、地方によって異なる和名に対し、なるべく標準的な和名を取りまとめておいた方が便利です。採集調査および文献調査の積み重ねで、(事実上の)標準和名がだいたいまとまっているようです。

Qこの植物の名前分かりますか?2

今度はこの植物の名前分かりますか?
学名 科名 和名が知りたいです。

Aベストアンサー

葉の形と生え方からすると
http://www.ootk.net/cgi/shikihtml/shiki_2746.htm

これでしょうかね?

Qこの魚の和名教えてください。

この魚の和名教えてください。

http://www.youtube.com/watch?v=Zoygy-8PTtU&feature=channel

Aベストアンサー

なぜか?

まだ、
表示されていないようですので・・


追記と言う事で・・
 ※ 内容は殆ど同じです。

その「魚」は以前に、
頭が透けている魚として話題になった深海魚「デメニギス」です。

検索するとすぐに判ります。



No.2で貼ったURLに問題があるのかなぁ・・
今回はURLは貼りません。
すみません・・

Q外国の生物の和名は誰が

子供の時から動物映画が好きで、いまでもNHKの自然番組をよく見ます。
不思議に思うのは、南米やアフリカ奥地の珍しい動物や植物に和名がついていることがありますが、これは誰がどのような権限で付けたのでしょうか、お尋ねします。

Aベストアンサー

生物の学名に関しては命名規定が存在しますが、和名に関してはありません。皆が認めたらそれで決まり、ということです。ただ、学名の命名規定と抵触する和名(単なる方言とか、普遍性のない分類)は標準和名とは見なされませんから、野放しではありません。
日本では、中国の本草学の影響か、昔から生物に事細かに名前を付けてきましたが、欧米では普通種なのに学名しかついていない生物は普通に存在します。普通種のほぼすべてに「和名」がついている日本の状況は、ある意味驚異的です。でも、権威があるのは学名の方なのです。
学名に関しては学会誌でのもっとも古い記載を優先する、という規則がありますので、有名だった学名が急に変わったりします。ブロントサウルスがアパトサウルスとして命名されていたものと同じだったことがわかり、いまはアパトサウルスと呼ばれているような例があります。また、鳥のアカヒゲとコマドリは間違って互いに逆の学名がついてしまいましたが、最初の記載が優先、ということでそのままになっています。
和名に関しては学名との対応関係がはっきりしていれば問題ないのですが、種名なのか亜種名なのかはっきりしない例が多く、混乱を招きますので、学術論文では必ず学名を用います。例えば日本にタイワンリスが増えている、と新聞などでは報道されますが、タイワンリスとはクリハラリスの台湾固有亜種で、日本で増えているのは台湾原産でないことがわかっているので、クリハラリスと記載すべきものです。しかし、クリハラリスは亜種のタイワンリスも含む名称なので、学術論文等では、「種」なのか、その中に含まれる「亜種」なのかが明確にわかる学名を使うべきなのです。

生物の学名に関しては命名規定が存在しますが、和名に関してはありません。皆が認めたらそれで決まり、ということです。ただ、学名の命名規定と抵触する和名(単なる方言とか、普遍性のない分類)は標準和名とは見なされませんから、野放しではありません。
日本では、中国の本草学の影響か、昔から生物に事細かに名前を付けてきましたが、欧米では普通種なのに学名しかついていない生物は普通に存在します。普通種のほぼすべてに「和名」がついている日本の状況は、ある意味驚異的です。でも、権威があるのは学...続きを読む

Q魚和名のバラとは バラムツ バラハタ バラフエダイ

バラムツ バラハタ バラフエダイはどれも食中毒の危険がある魚と思います。
これらに共通するバラは有毒なという意味があるのでしょうか?
バラ=薔薇の赤い色ではないかと思いますが (要するにバラムツ=ベニムツ、バラハタ=ベニハタ)
どうなのでしょうか?
偶然有毒なものがバラ○○という標準和名になっただけなのでしょうか?

Aベストアンサー

バラは植物の薔薇から取ったものと思います。薔薇には、棘があることから棘のあるものに「バラ」が使用されることがありますし、薔薇の花は赤系が原種ですから赤いものに「バラ」が付けられているケースがあるようです。

バラムツ(薔薇鯥)は、アブラムツとの対比で皮に棘があるものをバラムツ、皮に油を塗ったような感じのものをアブラムツとして区別したようです。毒とは関係ないのではと思います。

バラハタ(薔薇羽太)やバラフエダイ(薔薇笛鯛)は、ご推測の通りバラハタは赤いハタ、バラフエダイは赤いフエダイと思います。こちらも毒とは関係ないでしょう。


人気Q&Aランキング