【先着1,000名様!】1,000円分をプレゼント!

うちの会社(A)に他の会社(B)から出向として来ている人がいて、その人の給与はBから出てそこで年末調整などもしています。
うちの会社(A)でもその人に対して残業代や手当など年間何十万か支払っている分があるのですが、その場合給与支払報告書を市役所へ提出しなければならないのでしょうか?
いくつかの会社から何人か来ているのですが、相手先の会社にお願いして年末調整に含んでもらっている所もあれば、個人で確定申告してもらう人もいます。
確定申告する人の分は市役所に送るつもりなんですが、年末調整に含んでもらう人の分は市役所に送るのでしょうか?
また、途中で出向が解けてBへ帰った人に対しては、その時個人に対して源泉徴収票を送ったのですが、その人の分も市役所に送るのでしょうか?
その人が確定申告するか、年末調整に含めてもらっているのかが分からないのですが・・・

2つとも出向先から自分の会社へ帰任しただけなので、Bも前職分として源泉徴収票には記載しないと思うので、こっちが市役所へ送ったらなにかおかしくなるのかな?などと思いまして・・・

長々とすみませんがよろしくお願いします。

A 回答 (2件)

給与処理ご苦労様です。


一般的に2箇所から給与が支払われる場合、片方(A社)に扶養控除申告書を提出し甲欄で所得税を計算し、別の会社(B社)は乙欄で所得税を計算し納付し、給与支払報告書はそれぞれの会社が実際に支払った額を市役所に報告します。
御社の場合、一部の方についてはA社にB社での給与額を通知し合算して年末調整をしている訳ですから、A社からの報告にはB社分も含まれていますので、その方の分も報告すると誤った金額で住民税が計算されてしまいますので報告してはいけません。
処理誤りを防止する為にも、一般的な方法統一されることをお勧めします。
    • good
    • 0

わかる範囲内ですがお答えします。



ポイントは出向元との契約には関係ない金銭の発生で本人に直接給料を渡したなら提出は必要ですね。
確定申告でも提出が必要です。
出向契約料としてA会社がB会社に契約料(全て)を支払っているなら提出不要です。

>うちの会社(A)でもその人に対して残業代や手当など年間何十万か支払っている分があるのですが、
・・・これはBの会社を通さずの出向社員との直接契約で発生した給料ですか?
もしそうであれば、上記のように提出が必要です。
出向元との出向契約内のことであれば必要なし。
出向社員がどこから給料を受取ったかです・・・
    • good
    • 0

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q給与支払報告書の提出先と記載住所について

給与支払報告書の提出先と記載住所についての質問です。

給与支払報告書の提出先は、「住民票上の住所」ではなく、「翌年1月1日時点での現在居住地」の自治体(市町村)と認識しているのですが、間違いないでしょうか?

もしその認識が相違なければ、例えば12月31日までに転居し、住民票はそのままで翌年1月1日に別の市町村に居住することになった場合、給与支払報告書に記載する住所は「住民票上の住所」と「翌年1月1日時点での現在居住地」のどちらを記載しなければいけないのでしょうか?

ご回答のほど、よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

>給与支払報告書の提出先は、「住民票上の住所」ではなく、「翌年1月1日時点での現在居住地」の自治体(市町村)と認識しているのですが、間違いないでしょうか?

先ず、会社が給与支払報告書に記載する従業員の住所は、従業員が会社に申告した住所です。その住所が住民登録上の住所かどうかを確認する法的義務は、会社にはありません。ですから給与支払報告書を作成する段階の申告住所を書くことになります。

もし、会社が給与支払報告書を市町村役場に提出する日までに従業員から住所の変更に関する申告があった場合は、いったん記載した住所を訂正することになります。

次に、会社が給与支払報告書を提出するのは記載された住所地の市町村役場です。

Q他社分を立替払いした場合の源泉徴収義務者は?

すみません、どなたか教えてください!

他社A宛にきていた弁護士費用の請求書ですが、
当社にて立替払いすることになりました。
その場合、源泉所得税に関しても当社が納付することになると思いますが、
(1)「給与所得・退職所得等の所得税徴収高計算書」の「徴収義務者」の欄には、当社名を記載するのでしょうか。それともA社名でしょうか。
(2)毎年1月に提出する法定調書ですが、今回の分を記載するのは
当社でしょうか、それともA社になるのでしょうか。

ネットで調べていたのですが、なかなか回答が見つからず・・・
すみませんが、どなたか助けてください。。。

Aベストアンサー

>当社がA社の弁護士費用を立替払いした場合の源泉徴収義務者は?

A社に「弁護士費用から源泉所得税を差引いた残額を当社が立替払いする。源泉所得税はA社が納付するように。」と通告して下さい。そして、所得税を差引いた残額を弁護士に支払って下さい。

>(1)「給与所得・退職所得等の所得税徴収高計算書」の「徴収義務者」の欄には、当社名を記載するのでしょうか。それともA社名でしょうか。

A社が源泉所得税を納付します。当社ではありません。

>(2)毎年1月に提出する法定調書ですが、今回の分を記載するのは
当社でしょうか、それともA社になるのでしょうか。

A社です。

Q障害者基礎年金と年末調整について教えてください。現在障害者基礎年金2級

障害者基礎年金と年末調整について教えてください。現在障害者基礎年金2級(精神障害)を受給しているものです。年金以外に収入はありません。20歳以降の発症です。
このたび結婚することになり配偶者(サラリーマン)の扶養に入るのですが、年末調整用紙に受給金額を記入しなければならないのでしょうか?
私は身体障害者手帳第2種5級も持っているので、できれば身体障害のみで障害者控除を受けたいと思っています。
また、ちょっとした事情があり配偶者にも年金を受給していることを2年間くらい伏せておきたいのですが、それは可能なのでしょうか?
今まで国民年金1号だったので3号に切り替えますが、その際は会社には年金手帳のみの提出でいいと社会保険センター(?)で確認したので会社には年金を受給していることは知られることはないと言われました。
よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

障害基礎年金・障害厚生年金・障害共済年金を問わず、
障害年金は、その全額が非課税所得です。
そのため、税法上の扶養の要件を考えるときの
年収103万円(所得にして38万円)の中には含みません。
したがって、税法上の確定申告や年末調整の必要もありません。

なお、障害者控除を受けるときには、
障害年金の受給の有無を申告する必要は全くないので、
身体障害者手帳の等級のみを示せばOKです。

一方、扶養には、社会保険上の扶養もあります。
税法上の扶養とは混同されないようにしてください。

社会保険上の扶養を考えるときには、
その収入が非課税所得であるかどうかとは関係なく、
障害年金であっても、年収にカウントします。
障害年金受給額が年180万円までであれば、
社会保険上の扶養(健康保険の被扶養者)になることができます。
このとき、障害年金の受給者であることを伏せた場合は、
年収130万円までが扶養条件となりますが、
質問者さんの年収(年収が障害年金のみだったとき)を考えれば、
いずれでもOKです。

健康保険の被扶養者になると、併せて届出を行なうことによって、
国民年金第3号被保険者となり、国民年金保険料の納付を要しません。
なお、この場合、保険料の納付を要さなくても、
障害年金1・2級を受ける国民年金第1号被保険者の法定免除とは違い、
保険料を納付したものとしてカウントされます。

その他、障害厚生年金であれば、
来年度から配偶者加給年金の加算要件が拡大されます。
受給開始後に婚姻した場合でも、新たに対象となるのです。
配偶者の年収が850万円未満であることを届け出る必要も生じ、
配偶者に受給の事実を隠す、ということは意味がありません。
(隠してしまうと、ご自身への加算もなくなってしまいます。)

同様に、障害基礎年金は来年度から、子の加算額の加算要件が拡大され、
受給開始後に子が生まれた場合であっても、新たに対象となります。
この場合も、やはり届け出る義務が生じますので、
正直申しあげて、同様に、受給の事実を隠す意味はあまりありません。
 

障害基礎年金・障害厚生年金・障害共済年金を問わず、
障害年金は、その全額が非課税所得です。
そのため、税法上の扶養の要件を考えるときの
年収103万円(所得にして38万円)の中には含みません。
したがって、税法上の確定申告や年末調整の必要もありません。

なお、障害者控除を受けるときには、
障害年金の受給の有無を申告する必要は全くないので、
身体障害者手帳の等級のみを示せばOKです。

一方、扶養には、社会保険上の扶養もあります。
税法上の扶養とは混同されないようにしてください。

社...続きを読む

Q給与支払報告書(総括表)の払込を希望する金融機関?

給与支払報告書(総括表)の払込を希望する金融機関って会社の口座という事でしょうか?

現状は記入無しで提出しに行こうと思っているのですが・・・
(期限は過ぎていますが、大丈夫と役所に言われました。)

金融機関の名称等は必ず記入しなければならないものなのでしょうか?

記入した場合、しなかった場合の差を教えてください。
無知で申し訳ありませんが、ご回答よろしくお願いします。

Aベストアンサー

会社の口座ではありません。(口座No.を記入する欄はありません)

「給与の支払をする事務所の所在する市町村以外の市町村に特別徴収税額を払い込む場合において、その払い込みを希望する金融機関の所在地および名称を記入する、」

ということになっています。わかりにくいですね。

貴方の事務所がA市で、その社員もA市に住んでいれば、記入しません。

その社員がB市に住んでいる場合、B市の属する都道府県に貴方が特別徴収した住民税を払い込む金融機関の本支店がない場合は取り扱いできないので、払い込みを希望する金融機関の所在地・名称をかいてください、ということです。

判らなければ無記入でかまいません。例えば全国に支店のある郵便局からならどんな場合でも払い込みできます。 

(自治体によって書式は若干違い、払い込みを希望するうんぬんの欄のない市区町村のものもあります。)


人気Q&Aランキング