最新閲覧日:

私はブッダは哲学者で、宗教家ではないと思うのですが、知識が中途半端でよくわかりません。
小乗、大乗は解りますが、いわゆる仏教はいつから宗教として何がきっかけで、成立したのでしょうか?少なくとも、ブッダは菩薩や阿弥陀などの存在を語ってなさそうだし、となれば後世の人が創作したように思えますが、そうなるとブッダの教えとは全く別のものです。ブッダその人を神聖化し「神」の様な存在として崇拝する事は、本来の教えからかけ離れたものと思います。
もしブッダがいきていたら死者を拝んでも、「奇跡など起きるはずもない」といいそうですが、なぜ、このように大きく変質してしまったのでしょうか?

A 回答 (11件中11~11件)

まず、最初にお詫び申し上げます。

何の知識もない身ですが、宗教も文化のうちであり、文化の変遷も宗教の変遷に繋がるとも考えられます。不変?の精神を無理に貫くことは、正しいことなのでしょうか?
『後世の人が創作したように思えますが、そうなるとブッダの教えとは全く別のものです』
とありますが、それは、いけないことなのでしょうか?例えば、禁欲をどうとらえるかは、その宗教に携わる人の心の内にあるものだと思います。1812さんが、何の知識も持たない私の意見に耳をかさないというのなら、それまでですが、宗教とは万民のものであり、哲学のような学問化を全てとするならば、庶民は何を理解すれば良いのか分からなくなります。勿論、宗教学は必要でしょう。否定しません。だが、嘘でも、仏教が仏陀の教えにそぐわない、仏陀の不本意になるような(言葉使いは相応しくないかもしれません、御免なさい)道を歩んでいるとしたら、万民は悲しみます。多くの方が見ていられるでしょう。勿論、仏陀の不本意になるような宗派もあったことでしょう。この問題には、慎重な御解答を皆様にして頂くよう御理解して戴きたく思います。申し訳御座いません。

この回答への補足

serotoninさん、ご回答有り難うございます。
色即是空というように、人の教えも変わっていきます。良い悪いもありません。
問題にしたいのは、本来哲学の開祖であった人物が、なぜ神聖神格化され神秘主義の加わった宗教に変わったか。ということです。
ギリシャの哲学者は神聖化されることはなかった。それは、ヒンズー教などの(何でも神にする)多神教の影響か、文化的なものか、あるいは深遠で並の人間には理解できないものがあるため、神秘化されたのか?もしくはインドでは哲学だったが中国にはいって神格化された(三国志の関羽も神にしてしまうお国柄)のためか?
しかし、後世に宗教として分化したさまざまなものは、その時代時代に合わせれば、適合しているようですが、シッダルタの解いたことは、そんなに変質する必要もないほど、基本的で根元的なものだと思いますが、いかがでしょうか?
 

補足日時:2001/12/26 23:26
    • good
    • 0

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード


このカテゴリの人気Q&Aランキング

おすすめ情報

カテゴリ