中学の数学などで
s;面積
v;体積
l;長さ
などを使うことが多いようですが
なぜ面積はsなのですか。
何かの頭文字と思いますが・・・・。
よろしくお願いいたします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (10件)

どちらかといえばSurfaceだと思いますよ。



SFやSMは単位ですよね。数学では単位は変数に含めて記述するのが普通ですから、
単位の一部を変数名に使うということはちょっと考えられません。
また、同様の理屈なら立体はCubic(立方)のCをつかうはずです。

ちなみにSは面積よりも曲面(含む平面)を定義するのによく使われますね。
転じてその面積を表すのによく使うようになったのではないでしょうか。

よく使われる変数名というのは厳密性はなくて大抵慣用的なものなのです。
特に変える理由がなければ最初に使われた文字が使われ続ける傾向があって、
特にこのようにいろいろな解釈ができるものがよく使われます。

論文なんかで変わった変数名が出てきたときになんでこの文字を使ったのか
という質問をすると結構いい加減な答えが返ってきます。
「Q:こっちの方が良かったのでは?」「A:特に深く考えてなかったのでどうでもいい」
「Q:こういう意味かと思った」「A:それも考えた」
というのが半ばお約束的な返答ですね。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

うーむ。
新しい回答が来るたびにそれが正しいと思えてしまい判断できません。
そもそも、面積をsで表すことが適当かどうかということが疑問ですね。

お礼日時:2002/01/04 02:54

こんにちは、good777さん。


S=Square です。
仕事上建築関係の書類を英訳、和訳しておりますが、よくそこに出てきます。

SF=Square feet(平方フィート)
SM=Square Meter(m2)  などなど・・・。

アメリカ人の方にも確認しましたが、Square だそうです。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

NO.10が来るまではこれを結論にしようかと思っていました。
はっきりいって私に結論を出す知識・能力はないのですが
一応、NO10がもっともらしいというように思います.
皆さんには本当に感謝いたします。
GOO様からそろそろ結論を出せとご指示をいただき
一応の結論と致します。
よろしくご容赦のほどをお願いいたします。

お礼日時:2002/01/13 06:18

squareです。


米国でオフィスなどを借りる場合、1square feet いくらの計算でします
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます。そうですか。
というか決定的でもないような気も

お礼日時:2002/01/13 06:11

> spaceとか


> squareとか言う人もいます
> 何とか確かめる方法はないものでしょうか。

英語のサイトで、数学の問題を載せているようなページだと、記号の説明があります。
例えば、参考URL。

以下、引用。

S = 2 ・ w ・ h + 2 ・ h ・ l + 2 ・ w ・ l, where S is the surface area.

参考URL:http://www.iln.net/html_p/c/53785/62088/62109/62 …
    • good
    • 0
この回答へのお礼

なるほど
S is the surface area.
とありますね。
ただしここではちょうど「表面積」をSとしているので
「表面積」でない普通の「面積」の時にSを使い、
Sはsurface areaの流用である。
などと書いたURLはないものでしょうか。

お礼日時:2002/01/12 14:26

我々、建築の力学では面積はA(area)ですが。

。。

微積で求める複雑な図形の面積なら、面積=最小単位面積(細い短冊状or小さい正方形)
の集合と考えると『sum(Summation)』かもしれないですね。
http://www.nikonet.or.jp/spring/integral/print3. …

ご参考までにどうぞ・・m(__)m
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます。
sumはまったく考えていませんでした。
起源としては多分違うような気がしますが
かんがえられないことはないですね。

お礼日時:2002/01/12 14:21

surfaceは表面積であるから Sで 表すと 高校の 数学で 習った 記憶が


あります
    • good
    • 0
この回答へのお礼

そうですか。
「表面積」は「面積」の概念の一部のような気も……

お礼日時:2002/01/12 14:17

surfaceは表面・表面積であると、参考URL(一番下)に載っています。


ただし、載っていることは事実ですが、すべて真実だと思わないでください。
まぁ、私はこれが正しいと思いますけどね^^

参考URL:http://www5a.biglobe.ne.jp/~bebeshi/main/diction …
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます。確認いたしました。
コレダ!といいがたいような気も……

お礼日時:2002/01/12 14:14

私は、spaceの頭文字だと思っていました。


中学校か高校の時に教えられたような。。。

私も気になったので調べてみます。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます。spaceともかんがえられますよね。

お礼日時:2002/01/12 14:11

surface (表面)に一票。



もう、中学校の記憶はないんですが、面積はAではなく、Sでしたか?
Aならば Area ですよね。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

早速の回答ありがとうございます
spaceとか
squareとか言う人もいます
何とか確かめる方法はないものでしょうか。

お礼日時:2001/12/26 13:44

square(2乗)の「s」だと思いますが・・・。


体積はvolumeの「v」
長さはlengthの「l」
単位を表す文字は、大体それを意味する英語の頭文字が多いと思います。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

早速の回答ありがとうございます。
出典などお知らせ願えませんか?
私自身が自分で確かめる方法はあるでしょうか。

お礼日時:2001/12/26 13:27

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q面積1の正n角形(n>=3)の周の長さL(n)とする。 (1)L(n)をnの式で表せ。 (2)lim

面積1の正n角形(n>=3)の周の長さL(n)とする。
(1)L(n)をnの式で表せ。
(2)lim n→∞ L(n)を求めよ。

この問題がさっぱりわかりません!解き方教えてください!

Aベストアンサー

多角形の外接円の半径をRと置きます。
多角形の隣り合う頂点をA,B,C,… として角ABCの大きさを求めます。これは中学の数学の知識で出せます。
次に正弦定理を用いて弦ACの長さをRを使って書き表します。
次に外接円の中心点をOとして四角形OABCの面積を求めます。OB=RとACを掛けて2で割れば面積は出ます。
これを半分にしたものが三角形OABの面積です。
これをn倍したものが多角形の面積です。
多角形の面積は1ですからRをnを使って書き表すことが出来ます。
これを使ってABの長さを求めます。
これをn倍すればL(n)です。

文章だけではピンと来ないかも知れませんが八角形なり十角形なり自分で描いてみて上の文章を図示してみてください。

(2)は面積1の円の円周を求めればそれが答えになるはずです。

Qある長方形の面積から60%も導き、さらにその60%の長方形の面積から2辺の長さを求めたい。

例えば、とある長方形の面積60%の値を求めて、さらにその60%の面積になる長方形の、
縦と横の辺の長さを求めたいです。
数学が苦手で、どの様に計算したら良いか、わかりません。。どなたか教えてください。
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

「2.9x1.7」の長方形の免責は 2.9×1.7=4.93 になります。
この長方形の面積の60%の60%は 4.93×0.6×0.6=1.7748 です。
長方形の縦横の比を同じにすると云う事は、同じ数で割ればよいのですから、
縦は 2.9×0.6=1.74 、横は 1.7×0.6=1.02 になります。
(確かめ算 1.74×1.02=1.7748 で、正しい事が解ります。)

>例えば、「2.9x1.7」の長方形の60%時の縦と横の辺を求めるには、

縦と横を掛けた値が元の60%ですから、一つ一つは0.6の平方根を掛けた物になります。
(2.9×√0.6)×(1.7×√0.6)=2.9×1.7×0.6 になり、実際に√0.6を計算する必要が無くなります。
(実際は0.6の平方根は無理数になり、約0.7746 です。)

エクセルで記入するには、それぞれのセルに計算式を入れるだけです。
セルA1の数字の平方根をA2に入れたい場合は、
A2のセルに関数SQRT(A1)と入力します。

Q中学数学の公式で、円の面積はS=πr2(2乗)、円周はl=2πrと息子

中学数学の公式で、円の面積はS=πr2(2乗)、円周はl=2πrと息子が習ってきたのですが、この公式に使われている文字の中で面積を表すSと円周を表すlには何か意味と聞かれました。円の半径を表すrはradiusの頭文字のrだろうと教えたのですが、Sとlについては辞書を引いてもわかりませんでした。どなたかご存じの方がいれば、教えていただけますか。

Aベストアンサー

Sがsquare measure(面積)で、Lがlap(周)だと思います。

Q三角形を分割したときの面積比と長さ など

下図の問題でなぜ
BM:MC=△ABQ:△ACQといえるのでしょうか?

自分で考えても分からなかったので、教えてください。

Aベストアンサー

No.1やNo.2の方と同じことなのですが、ちょっと違う見方で説明します。

△ABQ と △ABM と △QBM は、底辺を、AQ、AM、QM と考えると、
高さが等しいと考えることができます。
△ACQ と △ACM と △QCM は、底辺を、AQ、AM、QM と考えると、
高さが等しいと考えることができます。

BM:MC=△ABM:△ACMですから(底辺をBM、CMと見て高さが共通)、
今度は、AMを共通の底辺と見た時、
△ABMと△ACMの高さの比がBM:MCというように考えられます。
そして、△ABQ:△ACQの比も、AQを共通の底辺と見れば、
三角形の高さの比に等しいです。

△ABQと△ABMで高さは等しく、△ACQと△ACMで高さは等しく、
そして、△ABMと△ACMの高さの比がBM:MCなんですから、
△ABQと△ACBの高さの比もBM:MCです。
よって、△ABQ:△ACQ=BM:MCになります。

----------------------
高1のときにチェバの定理を習っていませんでしょうか。
チェバの定理の証明を復習してみてください。
http://yosshy.sansu.org/theorem/ceva_mene.htm

----------------------

BM:MC=4:3 について 別解です。

ベクトルの矢印を以下省略します。
5QA+6QB+8QC=0 を変形します。

-5QA
=6QB+8QC
=14((6/14)QB+(8/14)QC
=14((3/7)QB+(4/7)QC)

(3/7)+(4/7)=1 に注目してください。
こうなるように変形しています。
合計1になるようにしているのは、
BCを内分する点を表したいからです。

(5/14)AQ=(3/7)QB+(4/7)QC

MはAQとBCの交点なので、
上記の右辺、(3/7)QB+(4/7)QCがQMを表します。

よって、BM:MC=(4/7):(3/7)=4:3 です。

----------------------
ついでに。
(5/14)AQ=QM ですから、
AQ:QM=14:5 です。

これは、△ABQ+△ACQ : △QBC に等しいです。
底辺の比ですから。

実際、解説図でも、(8)+(6) : (5) になっています。

5QA+6QB+8QC=0 のとき、AQ:QMを求めよ とか
典型的な問題ですので理解しておきましょう。

----------------------
解説で「右図のように描けるので」と最初にありますが、
これを証明するには、上記のように変形しますので、
解説はなんだか順序が逆な気がしてしまいます。
これよりも前にこのことをこの本で説明しているのですかね。

センター対策にはこういうことを暗記しておくのもいいとは思いますが、
そんなことよりも基本を忘れないほうがよいと思います。

なお、上記では5QA+6QB+8QC=0のまま、
つまりベクトルの始点をQにおいたまま変形しましたが、
ベクトルの始点をAに変えてももちろん解けます。
そちらの方が一般的かもしれません。
5QA+6QB+8QC=0
5(AA-AQ)+6(AB-AQ)+8(AC-AQ)=0
-5AQ+6AB-6AQ+8AC-8AQ=0
19AQ
=6AB+8AC
=14((6/14)QB+(8/14)QC
=14((3/7)QB+(4/7)QC)
AQ=(14/19)AM (MはBCを4:3に内分する点)

そして、このような基本がわかっていれば、これを立体に応用できます。
例えば、
http://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q1489834079
です。
余裕があれば理解しておいてください。

No.1やNo.2の方と同じことなのですが、ちょっと違う見方で説明します。

△ABQ と △ABM と △QBM は、底辺を、AQ、AM、QM と考えると、
高さが等しいと考えることができます。
△ACQ と △ACM と △QCM は、底辺を、AQ、AM、QM と考えると、
高さが等しいと考えることができます。

BM:MC=△ABM:△ACMですから(底辺をBM、CMと見て高さが共通)、
今度は、AMを共通の底辺と見た時、
△ABMと△ACMの高さの比がBM:MCというように考えられます。
そして、△ABQ:△ACQの比も、AQを共通の底辺と見れば、
三角形の高さの比に等しい...続きを読む

Q微積 体積と面積

直線y=8-xと曲線y=x^2とy軸が囲まれる図形の面積、この図形をx軸の周りに回転したときの回転体の体積を求めよ。

勝手ですが火曜日の夜までに回答をください、お願いします。

Aベストアンサー

>直線y=8-xと曲線y=x^2とy軸が囲まれる図形
がどこを指しているかわかりません。
問題文にミスがありますね。なので解答不能だよ!

[1]「直線y=8-xと曲線y=x^2で囲まれる図形」
[2]「直線y=8-xと曲線y=x^2で囲まれる図形のx≧0の部分」
[3]「直線y=8-xと曲線y=x^2で囲まれる図形のx≦0の部分」
のいずれかではないですか?

[1]なら
面積S=∫[-(1+√33)/2,(√33-1)/2] (8-x)-x^2 dx=(11√33)/2
回転体体積V=π∫[-(1+√33)/2,(√33-1)/2] {(8-x)^2-x^4} dx=(286√33)π/5


人気Q&Aランキング

おすすめ情報